ニーノ・ロータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニーノ・ロータNino Rota1911年12月3日 - 1979年4月10日)は、イタリア作曲家クラシック音楽映画音楽で活躍した。ロータ自身は「本業はあくまでクラシックの作曲であり、映画音楽は趣味にすぎない」と言っていたが、映画音楽の分野で多大な業績を上げており、死後クラシックの作品も注目を集めるようになった。

生涯[編集]

北イタリアミラノ出身。11歳でオラトリオ、13歳でオペラを作曲し、ミラノ音楽院聖チェチーリア音楽院で学んだ。その後米国に渡り、カーティス音楽学校に学んだ。帰国後ミラノ大学に入学し、文学哲学を並行して専攻。

大学卒業後音楽教師となり、その傍らクラシック音楽の作曲家として活動を開始。1942年以降、映画音楽の作曲も始めた。1951年、当時新進映画監督として注目を集めたフェデリコ・フェリーニと出会い、その後フェリーニの映画の殆どの音楽を手がけることになった。

フェリーニ監督以外の映画音楽も多数手がけ、フランシス・フォード・コッポラ監督の『ゴッドファーザー』の音楽はロータの代表作となり、『愛のテーマ』は日本でも尾崎紀世彦によってカヴァーされ、多くの人々に親しまれた。

心臓発作によりローマで死去、67歳。生涯独身だった。

主な作品[編集]

純音楽[編集]

  • 交響曲第1番ト長調(1935年 - 1939年
  • オペラ『フィレンツェの麦わら帽子』(1946年
  • 弦楽のための協奏曲(1964年 - 1965年)
  • 木管五重奏のための『小さな音楽の贈り物』(1943年
  • オーボエとピアノのための『エレジー』(1955年) 

映画音楽[編集]

フェリーニ監督作品[編集]

その他の映画音楽[編集]

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1975年 アカデミー作曲賞:『ゴッドファーザー PARTII
ノミネート
1973年 アカデミー作曲賞:『ゴッドファーザー

英国アカデミー賞[編集]

受賞
1973年 アンソニー・アスキス賞:『ゴッドファーザー
ノミネート
1969年 アンソニー・アスキス賞:『ロミオとジュリエット
1976年 アンソニー・アスキス賞:『ゴッドファーザー PARTII

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1973年 作曲賞:『ゴッドファーザー
ノミネート
1969年 作曲賞:『ロミオとジュリエット
1975年 作曲賞:『ゴッドファーザー PARTII

エピソード[編集]

  • 「自分は映画音楽の作曲家ではなく、純音楽の作曲家」と主張することが少なくなかった。
  • 時間にはとてもルーズで、締め切りを破ったり、時間に遅れたり、打ち合わせの時間を忘れたりしてきた。

文献[編集]

  • Pier Marco De Santi. le immagini & la musica. Roma, Edizioni Gremese, 1992. ISBN 88-09-20263-5
  • Simone Perugini. "Nino Rota e le musiche per il Casanova di Federico Fellini". Edizioni Sabinae, 2009. ISBN 978-88-96105-23-8 Volume pubblicato in occasione dei trent'anni dalla scomparsa di Nino Rota.

外部リンク[編集]