ジャン・ジロドゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジロドゥ、1927年

ジャン・ジロドゥJean Giraudoux)は、フランスの外交官・劇作家・小説家。1882年10月29日オート=ヴィエンヌ県の小都邑ベラックに生まれ、1944年1月31日ナチス占領末期のパリに没した。

経歴[編集]

1882年、土木監督の父レジェ(Léger)と母アンヌ・ラコスト(Anne Lacoste)との間に生まれ、父の転勤にしたがう。

1887年アンドル県ペルヴォアザン(Pellevoisin)の小学校へ入る。

1893年アンドル県シャトールーリセ(現在のリセ・ジャン・ジロドゥ・シャトールー(Lycée Jean Giraudoux Châteauroux))に進む。戯曲作りをこころみる。

1898年、シャルル=ルイ・フィリップ(Charles-Louis Philippe)とエドモン・ロスタンとから、励ましの返書をもらう。

1900年パリのリセ・ラカナル(Lycée Lakanal)に、給費生として移る。1901年、リセを卒業して兵役につき、1903年除隊後、パリ高等師範学校に進む。ドイツ語の優等賞を受け、1905年首席で卒業、給費生としてミュンヘンに留学し、ついで東欧・南欧に遊ぶ。

1906年ハーヴァード大学のフランス語教師として渡米し、1907年帰国し、ル・マタンフランス語版英語版紙の文芸担当記者に就職する。小説を書き進める。

1909年、小説集『田舎の人々』を出版。売れ行きはよくなかったが、アンドレ・ジッドの目にとまる。

1910年、外務省政治経済局副領事見習生となり、かたわら小説を発表し、注目され始める。

1914年、第一次世界大戦に出征して負傷、入院する。1915年ダーダネルスで諜報活動にしたがい、ふたたび負傷、パリに戻る。レジオン・ド=ヌール勲章五等を受ける。1916年、教導士官としてポルトガルへ、ついでアメリカへ派遣される。

1918年、大戦終結、結婚。

1919年、外務省に復帰する。長男誕生。1920年、フランス海外事業局(Service des Œuvres Françaises Etrangère)に入り、翌1921年、局長となる。1922年、小説『ジークフリートとリムーザン人』を出版し、バルザック賞を受ける。

1924年、駐独大使館秘書官としてベルリンに赴任。短期間で戻り新聞情報局長となる。1926年 - 1933年、連合国損害評価委員会(Commission d'évaluation des dommages)委員を勤める。

1927年、演出家・俳優のルイ・ジューヴェを知る。ジューヴェは当時、シャンゼリゼ劇場内のコメディ・デ・シャンゼリゼに一座を構えていた。ジロドゥは、ジューヴェに励まされながら、『ジークフリートとリムーザン人』をもとに台本を練り、1928年5月3日、初戯曲『ジークフリード』の初演に漕ぎつけた。成功であった。「この芝居はジューヴェと一座の人々とが作り上げた。台本は無署名がふさわしい」とジロドゥは記した。

以降ジロドゥは、次々と戯曲を書き、殆どをジューヴェ一座が上演し、さながら同座の座付作者であった。殆どが好評であった。台本にト書きが少ないのは、一座の意見を入れては訂正を重ねたためという。ギリシア神話旧約聖書などを下敷きにした反リアリズムの、新鮮な作風であった。上演の記録は、次項の「戯曲」にある。

1934年、外交官・領事の監督官となる。1936年、世界一周旅行をする。

1939年第二次世界大戦の勃発と共に、ダラディエ首相に乞われ情報局長となり、ラジオ放送でナチスと対抗するが、1940年3月、ドイツ軍侵入による内閣の退陣とともに、辞職する。6月のフランス降伏後、いちじ地方に疎開して、間もなくパリに戻る。

1940年 - 1944年の被占領中は、レジスタンスに協力し、ルイ・アラゴンらとも通じていた。

1941年ゴーモン映画会社(Gaumont)の文芸部長となり、シナリオ2本を書く。

1942年、『マルザックのアポロ』(のち『ベラックのアポロ』と改題)の草稿を、大戦を避けて南米を巡業中のジューヴェに送り、リオ・デ・ジャネイロで初演される。1943年、『ソドムとゴモル』を、ジューヴェ不在のパリで、ドゥキング(Georges Douking)の演出により初演する。

1944年1月31日、尿毒症のため、パリ1区のホテルで急死。61歳。サン・ピエール・グロ・カイユー教会(St Pierre du Gros Caillou)に葬儀を営み、パッシー墓地に葬る。

1945年12月22日、遺作『シャイヨの狂女』を、帰国したルイ・ジューヴェが初演する。

1951年7月1日、故郷ベラックに「ジャン・ジロドウ記念碑」が建ち、ジユーヴェらが故人の作品の抜粋を演じた。

作品[編集]

小説[編集]

列の右端の括弧は、出版年。

  • 田舎の人々(Provinciales)(1909)
  • 無頓着学校(L'École des indifférents)(1911)
  • 幽霊教育(Lectures pour une ombre)(1917)
  • 悲壮なシモン(Simon le Pathétique)(1918)
  • エルペノール(Elpénor)(1919)
  • アミカ・アメリカ(Amica America)(1919)
  • 素晴らしいクリオ(Adorable Clio)(1920)
  • シュザンヌと太平洋(Suzanne et le Pacifique)(1921)
  • ジークフリートとリムーザン人(Siegfried et le Limousin)(1922)
  • 男の国のジュリエット(Juliette au pays des hommes)(1924)
  • ベラ(Bella)(1926)
  • エグランティーヌ(Églantine)(1927)
  • バルディーニの冒険(Aventures de Jérôme Bardini)(1930)
  • センチメンタルなフランス(La France sentimentale)(1932)
  • 天使との戦い(Combat avec l'ange)(1934)
  • 選り抜きの女たち(Choix des élues)(1939)
  • 舷側の幽霊(L'ombre sur les joues)(遺作)(1952)
  • 嘘つき女(La Menteuse)(遺作)(1958)

随筆・評論[編集]

列の右端の括弧は、出版年。

  • ラ・フォンテーヌの五つの「誘惑」(Les cinq Tentations de La Fontaine)(1938)
  • 文学(Littérature )(文芸評論など)(1941)
  • ヴィジタシオン(Visitations)(以下遺稿)(1947)
  • 全権力と無権力(Pleins pouvoirs et Sans pouvoirs)(対外放送の原稿)(1951)
  • 夜の黄金(Or dans la nuit)(文芸評論など)(1969)

戯曲[編集]

題名、(原題)、(初演年月日)、劇団、劇場の順序に列記。

  • ジークフリート(Siegfried)、(192.5.3)、ジューヴェ一座、コメディ・デ・シャンゼリゼ
  • アンフィトリオン38(Amphitryon 38)、(1929.11.8)、ジューヴェ一座、コメディ・デ・シャンゼリゼ
  • ユディット(Judith)、(1931.11.5)、ジューヴェ演出、ピガール劇場
  • 間奏曲(Intermezzo)、(1933.3.1)、ジューヴェ一座、コメディ・デ・シャンゼリゼ、フランシス・プーランク
  • テッサ(Tessa)、(1934.11.14)、ジューヴェ一座、アテネ劇場(Théâtre de l'Athénée
  • トロイ戦争は起こらない(La guerre de Troie n'aura pas lieu)、(1935.11.22)、ジューヴェ一座、アテネ劇場、モーリス・ジョベール
  • クック船長航海異聞(Supplément au voyage de Cook)、(1935.11.22)、ジューヴェ一座、アテネ劇場
  • エレクトル(Électre)、(1937.5.13)、ジューヴェ一座、アテネ劇場
  • パリ即興劇(L'Impromptu de Paris)、(1937.12.4)、ジューヴェ一座、アテネ劇場
  • 雅歌(Cantique des cantiques)、(1938.10.13)、ジューヴェ演出、コメディ・フランセーズ
  • オンディーヌ(Ondine)、(1939.5.4)、ジューヴェ一座、アテネ劇場、アンリ・ソーゲ
  • マルザックのアポロ(L'Apollon de Marsac)、(1942.6.16)、ジューヴェ一座、リオ・デ・ジャネイロ、(戦後『ベラックのアポロ』と改題)
  • ソドムとゴモル(Sodome et Gomorrhe)、(1943.10.11)、ドゥキング演出、エベルト劇場(Théâtre Hébertot)、アルテュール・オネゲル
  • シャイヨの狂女(La Folle de Chaillot)、(1945.12.22)、ジューヴェ一座、アテネ劇場、アンリ・ソーゲ
  • ルクレチアのために(Pour Lucrèce)、(1951)、(1953.11)、ルノー=バロー劇団、マリニー劇場(Théâtre Marigny

シナリオ[編集]

  • ランジェーの侯爵夫人(La Duchesse de Langeais)(1942)
  • 大罪の天使(Les Anges du péché)(1943)

戯曲の日本初演[編集]

外題、初演日、劇団、演出者、劇場の順序に列記。

  • クック船長航海異聞:1950.9.15、文学座芥川比呂志矢代静一、文学座アトリエ
  • 間奏曲:1954.12.17、劇団四季浅利慶太、飛行館ホール
  • アンフィトリオン38:1955.11.8、劇団四季、浅利慶太、神田一橋講堂
  • トロイ戦争は起こらない:1957.6.15、劇団四季、浅利慶太、神田一橋講堂
  • ジークフリート:1958. 8.23、劇団四季、浅利慶太、第一生命ホール
  • オンディーヌ:1958.12.16、劇団四季、浅利慶太、俳優座劇場
  • シャイヨの狂女:1961.3.14、俳優座演劇研究所、木村鈴吉、俳優座劇場
  • エレクトル:1962.7.15、劇団四季、浅利慶太、第一生命ホール
  • ユディット、1964.7.1、東京都学生演劇連盟、森千二、紀伊国屋ホール
  • リュクレース(ルクレチア)のために:1968.9.10、劇団四季、浅利慶太、第一生命ホール
  • テッサ:1973.7.31、劇団四季、浅利慶太、西武劇場
  • ベラックのアポロ:1987.1.23、劇団四季、浅利慶太、第一生命ホール
  • パリ即興劇:
  • ソドムとゴモル:

翻訳書[編集]

新しい版のみを記す。

参考図書[編集]

  • 川島順平:ジャン・ジロードゥーの戯曲、白水社(1959)
  • 諏訪正:ジュヴェの肖像、芸立出版KK (1989)ISBN 4-87466-050-9
  • 江川卓:新潮世界文学辞典、新潮社(1990)ISBN 978-4107302090

外部リンク[編集]