森は生きている

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

森は生きている』は、ロシア人児童文学作家である、サムイル・ヤコヴレヴィチ・マルシャークSamuil Marshak 1887年-1964年)作の戯曲であり、ソビエト連邦時代の1943年の作である。1953年湯浅芳子が翻訳し岩波書店(岩波少年文庫)から出版された。原題は『十二月』(ロシア語: Двена́дцать ме́сяцев; 同ラテン文字表記: Dvenadtsat mesyatsev)。

あらすじ[編集]

新しい年を迎える大みそか、わがままな女王が、真冬のさなかに春の四月に咲くマツユキ草がほしいと言い出したため、国じゅうは大騒ぎ。持ってきたものに褒美の金貨を与えるというお触れを出す。ほうびの金貨に目がくらむ継母と姉娘のいいつけで、一人の娘が吹雪の中マツユキ草を採ってくるようにと夜中の森に追いやられる。

森の中で娘はたき火を囲む十二月の月の精たちに出会う。娘の話を聞いた四月の精は、他の月たちに頼んで一時間だけ「時」をゆずってもらう。冬の森はたちまち春へと季節をかえ、娘は凍えることなく無事マツユキ草を手に入れて帰ることができた。

娘の帰りを待っていた継母と姉娘はマツユキ草を取り上げ、宮殿の女王の元へ行く。女王にマツユキ草を届け、褒美をもらうが、継母の話を聞いた女王は継母と娘と家来たちを連れて自らマツユキ草を探しに森に入る。そこで待ち受けていたものは…。

日本での上演[編集]

日本では俳優座1954年に初演したのが最初の上演。その後1959年から劇団仲間が上演を引き継ぎ、同劇団の代表的な作品として上演を重ねている。現在その上演回数は1900回を超える。また1992年林光が台本・作曲をしてオペラ版を完成させ、オペラシアターこんにゃく座によって上演され続けている。

映画[編集]

1956年ソ連版[編集]

同名タイトルで1956年ソ連にてアニメーション映画として公開された。

スタッフ[編集]

  • 監督:イワン・イワノフ=ワノ
  • 原作:S・マルシャーク
  • 脚本:S・マルシャーク、N・エルドマン
  • 美術:A・ベリャーコフ、K・カルボフ、A・クリツィン
  • 撮影:N・ヴォイノフ、E・ペトロワ
  • 音楽:M・ワインベルグ

声の出演(日本語吹替版)[編集]

1956年日本版[編集]

同名タイトルで1956年に、日本にて実写映画として公開された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

1980年版[編集]

世界名作童話
森は生きている
監督 矢吹公郎
脚本 隆巴、矢吹公郎
原作 サムイル・ヤコヴレヴィチ・マルシャーク
製作 今田智憲
出演者 大竹しのぶ
音楽 レニングラード・シンフォニック・オーケストラ
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗 1980年3月15日
上映時間 65分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 龍の子太郎
次作 世界名作童話 白鳥の湖
テンプレートを表示

世界名作童話 森は生きている』というタイトルで1980年3月15日に、日本にてアニメーション映画として「東映まんがまつり」内で公開された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

同時上映[編集]

すべて劇場用新作。

ミュージカル[編集]

2003年[編集]

7月30日 - 8月3日までアートスフィアにて上演。

キャスト[編集]

2004年[編集]

8月21日 - 8月29日までアートスフィアにて上演。

キャスト[編集]

2005年[編集]

7月8日 - 7月12日までアートスフィアにて上演。

キャスト[編集]

2006年[編集]

7月26日 - 7月30日まで全労済ホールスペース・ゼロで、8月12日 - 8月13日まで新神戸オリエンタル劇場で上演。

キャスト[編集]

2007年[編集]

8月2日 - 8月5日までシアター1010で上演。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]