宮崎恭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みやざき やすこ
宮崎 恭子
本名 仲代 恭子(旧姓・宮崎
別名 隆 巴(りゅう ともえ)
生年月日 1931年5月15日
没年月日 1996年6月27日(満65歳没)
出生地 日本の旗 日本, 長崎県長崎市
民族 日本人
ジャンル 女優脚本家
活動期間 1950年 - 1996年

宮崎 恭子みやざき やすこ1931年5月15日 - 1996年6月27日)は、日本演出家女優脚本家無名塾創設者。本名・仲代 恭子(旧姓・宮崎)。脚本家としての筆名(別名)として隆 巴(りゅう ともえ)を持つ。夫は俳優の仲代達矢、妹は元フジテレビアナウンサーニュースキャスター宮崎総子

来歴・人物[編集]

両親とも広島県呉市の出身[1][2][3]。母方の祖父は第九代呉市長・勝田登一[4]裁判官だった父親の赴任先・長崎県長崎市で生まれ、父親の転任により、4歳まで長崎で、その後小学校二年生まで福岡市で、三年生のとき大分市で、四年生から小学校卒業まで再び福岡市で育った[3][5]1944年、父親が裁判所を辞め弁護士に転身したため、一家で東京に移る[1][3][6]1945年東京大空襲で、父を東京に残し、母・妹とともに呉の伯父宅に疎開[1][3][7][8]。同年8月、広島原爆を見る[9]。同年9月17日枕崎台風による呉の大洪水で、実家が土石流に流され怪我を負うが生き延びる[3]。この年の暮れ、母・妹とともに東京に戻った[3]

女子学院卒業後、1950年俳優座養成所に入る。卒業後は、同期の小沢昭一らと劇団新人会を結成。女優として活躍する。

1957年に、俳優座養成所の後輩だった仲代達矢と舞台の共演をきっかけに結婚。以後は、脚本家に転じ、舞台演出も手がけた。1975年に夫とともに俳優を育成する無名塾を主宰した。イプセン作の『ソルネス』の演出で1980年芸術祭優秀賞受賞。

1995年夏の無名塾の全国公演中に体調不良を訴え、膵臓がんと判明。1996年6月27日に死去した。65歳没。

脚本[編集]

  • 東芝 日曜劇場 (TBS)
    • 第718回「釣忍」(1970年)
    • 第757回「鶴は帰りぬ」(1971年)
    • 第780回「三十ふり袖」(1971年)
    • 第785回「すぎし去年 」(1971年)
    • 第806回「あだこ」(1972年)
    • 第835回「あによめ」(1972年)
    • 第857回「つゆのひぬま」(1973年)
    • 第929回「ちゃん」(1974年)
    • 第939回「愛すれどいのち哀しく」(1974年)
    • 第1072回「白い闇」(1977年)
    • 第1089回「愛のゆくえ・・・ 」(1977年)
  • 砂の器(1977年・フジテレビ・仲代達矢主演) ※脚本と同時に、劇団の事務員役として出演
  • 樅ノ木は残った(1983年・フジテレビ・仲代達矢主演)

主な出演[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 特集 生産者と消費者の架け橋を築く女性たちの役割 - インタビュー宮崎 総子さん 農業協同組合新聞
  2. ^ 宮崎恭子『大切な人』、1996年、講談社、52、53、67、87、134-171頁
  3. ^ a b c d e f 高橋豊『幻を追って 仲代達矢の役者半世紀』1998年、毎日新聞社、34-38頁
  4. ^ 『大切な人』、68頁
  5. ^ 『大切な人』、100-111頁
  6. ^ 宮崎総子『宮崎総子のわが家の食卓』、2007年、角川学芸出版、53、141、142、155頁、中国新聞、2007年2月1日、11面
  7. ^ 『大切な人』、134-171頁
  8. ^ 2011年06月のブログ|仲代奈緒オフィシャルブログ「ココロの部屋
  9. ^ 『幻を追って 仲代達矢の役者半世紀』16、38頁

関連項目[編集]