千田是也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
せんだ これや
千田 是也
千田 是也
1948年
本名 伊藤 圀夫
生年月日 1904年7月15日
没年月日 1994年12月21日(満90歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市
死没地 日本の旗 日本東京都港区
職業 演出家俳優
ジャンル 舞台映画
配偶者 イルマ(? - 1939年)
岸輝子(1942年 - )
著名な家族 父:伊藤為吉
長兄:伊藤道郎
四兄:伊藤熹朔
孫:中川安奈
主な作品
日蓮と蒙古大襲来
陽のあたる坂道
受賞
第3回芸能選奨受賞

千田 是也(せんだ これや、1904年7月15日 - 1994年12月21日)は、日本演出家俳優東京市出身、建築家・伊藤為吉の五男。本名は伊藤 圀夫。

略歴[編集]

東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)ドイツ語科在学中から土方与志の舞台美術研究所に通い始める。1922年大正11年)に府立一中卒業後、早大独文科聴講生を中退して演劇の道に入る。関東大震災後の1924年、土方与志、小山内薫らによる築地小劇場の第一期研究生となり、第1回公演の『海戦』で初舞台を踏んだ。1926年村山知義佐野碩らと前衛座を結成した。

1927年昭和2年)にドイツへ渡る。渡欧前の4月29日松平里子田谷力三、壇治衛(ジェームス・ダン)、石井漠石井小浪、人形座、前衛座が出演して千田是也を送る会が築地小劇場で開催された[1]。ドイツのラインハルト演劇学校に入学し演劇を勉強。卒業後、ドイツ共産党に入党した。ベルリンでは同じくドイツ共産党員となった元東京帝大医学部助教授の国崎定洞らとともにドイツ共産党日本語部を設立。「ベルリン反帝グループ」とよばれる在独日本人メンバーの一人として活動し、小林多喜二の『一九二八年三月十五日』など日本のプロレタリア文学をドイツ語訳している[2]

1931年、ドイツ人女性・イルマとともに帰国。同年に東京演劇集団を結成し、ブレヒト作『三文オペラ』を翻訳した『乞食舞台』を第一回公演として上演した。1934年には新築地劇団に参加し演出・俳優の両方で活躍し、左翼演劇のリーダー的存在となった。1940年5月、新築地劇団を脱退。同年8月19日の新劇弾圧により治安維持法などで検挙され、拘留された。1942年に出獄し、女優の岸輝子と結婚。また、築地警察署で拷問死した小林多喜二の遺骸を引き取り、デスマスクを製作した[2]

1944年東野英治郎小沢栄太郎青山杉作らと俳優座を創立、亡くなるまで同座代表を務めた。1949年に俳優座養成所、1954年に俳優座劇場を開設し、俳優座のリーダー的存在として活躍した。

千田が新劇界に与えた功績はとても大きいものであり、西欧の近代劇や古典劇の上演の基盤をつくるとともに、日本の現代演劇において最初のまとまった実践的な演技論でリアリズム演技の名教科書といわれる「近代俳優術」(1949年)を著して、近代的な演技術・俳優術を理論化した。また、ベルトルト・ブレヒトの戯曲を翻訳紹介・上演も行なった。

1957年にテレビドラマへの出演はほとんど皆無に等しいが、1940年代から1970年代頃まで約100本の映画に出演している。

1979年ドイツ民主共和国芸術アカデミーの会員となった。1987年にはチェルノブイリ原発事故を扱った『石棺』を演出した。

1994年12月21日、肝臓癌のため東京都港区済生会中央病院で死去。90歳。その2日前に国崎定洞生誕100周年の集いに出席したのが公の場に姿を見せた最後の機会であった[3]

1998年から、毎日芸術賞で目覚ましい活躍をした演出家に与えられる「千田是也賞」が設けられた。

人物[編集]

関東大震災直後に、千駄ヶ谷において自警団朝鮮人と間違われ暴行された経験があり、芸名をつける際にこの体験から「千駄ヶ谷でコーリア」をもじって「千田是也」とした[4]。その際、先輩の土方与志が「朝鮮とコーリャン(高麗)」を文字ってつけた、とする説もある[5]。友人であり築地小劇場の創立同人である浅利鶴雄によると、ほとんどの人が「これや」と呼ぶのに対し、本人は「これあ」と発音していたという[4]。一方、東宝の助監督である梶田興治が「これやさん」と呼びかけたところ「これなりです」と訂正された[6]など、「これなり」と読むのが正しいとする意見もある[7][8]

1950年代の東宝特撮映画に多数出演していたが、特技監督の中野昭慶によれば千田は「特撮大好きおじさん」だったといい、SF・特撮映画の企画があると、当時助監督だった中野に、熱心に出演オファーを出してきたという[9]

家族[編集]

役職[編集]

受賞[編集]

出演[編集]

映画[編集]

  • 空想部落(1939年、南旺映画) - 横川大助
  • 女優須磨子の恋(1947年、松竹) - 武田正憲
  • わが恋は燃えぬ(1949年、松竹) - 稲垣大助
  • 真昼の円舞曲(1949年、松竹) - 坂崎義樹
  • 善魔(1951年、松竹) - 北浦剛
  • 恋人(1951年、東宝) - 父恵介
  • 慟哭(1952年、東京プロ) - 五味晃
  • 加賀騒動(1953年、東映) - 前田土佐
  • 韋駄天記者(1953年、東映) - 市岡教授
  • 旅路(1953年、松竹) - 瀬木博士
  • 広場の孤独(1953年、新東宝) - 編集局長
  • 地獄門(1953年、大映) - 平清盛
  • 太平洋の鷲(1953年、東宝) - 大本営陸軍大佐
  • 思春の泉(1953年、俳優座) - 住職
  • 女の一生(1953年、近代映画協会) - 父教信
  • 黒い潮(1954年、日活) - 浜崎編集局長
  • 叛乱(1954年、新東宝) - 軍法会議判士長
  • 勲章(1954年、俳優座) - 三島善五郎
  • 女人の館(1954年、日活) - 住職
  • 青春怪談(1955年、日活) - 奥村敬也
  • うちのおばあちゃん(1955年、日活) - 佐貫博士
  • 新・平家物語三部作(大映)
    • 新・平家物語(1955年) - 左大臣頼長
    • 新・平家物語 静と義経(1956年) - 大江広元
  • 大地の侍(1956年、東映) - 神山外記
  • 夕日と拳銃(1956年、東映) - 王鳳閣
  • 森は生きている(1956年、独立映画) - 総理大臣
  • 月形半平太(1956年、大映) - 姉小路公知
  • 女優(1956年、近代映画協会) - 保田
  • 花まつり男道中(1957年、東映) - 三本松の吉兵衛
  • 多情仏心(1957年、東映) - 桑木博士
  • 大菩薩峠(1957年、東映) - 権田丹後守
  • 欲(1958年、松竹) - 黒河博士
  • 陽のあたる坂道(1958年、日活) - 田代玉吉
  • 美女と液体人間(1958年、東宝) - 真木博士
  • 日蓮と蒙古大襲来(1958年、大映) - 重忠
  • 大怪獣バラン(1958年、東宝) - 杉本博士
  • 第五福竜丸(1959年、近代映画協会) - 木下博士
  • 宇宙大戦争(1959年、東宝) - 安達博士
  • 親鸞(1960年、東映) - 月輪兼実
  • 松川事件(1961年) - 上村弁護人
  • 釈迦(1961年、大映) - スッドダーナ
  • 白と黒(1963年、東宝) - 宗方治正
  • 五番町夕霧楼(1963年、東映) - 鳳閣寺和尚
  • 宮本武蔵シリーズ(東映) - 本阿弥光悦
  • 徳川家康(1965年、東映) - 雪斉禅師
  • スパイ(1965年、大映) - 加藤首相
  • けものみち(1965年、東宝) - 香川敬三
  • とべない沈黙(1966年、日本映画新社) - ホテルの大物
  • トラ・トラ・トラ!(1970年、20世紀フォックス) - 近衛文麿首相
  • さくら隊散る(1988年、近代映画協会) - 証言者

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 千田是也を送る会ポスター
  2. ^ a b 千田是也『もうひとつの新劇史 -千田是也自伝-』筑摩書店 1975年
  3. ^ 川上武・加藤哲郎『人間 国崎定洞』勁草書房、1995年[1]
  4. ^ a b 浅利慶太『時の光の中で』第11回「新劇団の季節」文藝春秋、2004年3月号
  5. ^ 高木隆史『大震災、1923年東京』原書房、1983年、p161
  6. ^ 『宇宙大戦争』DVDの梶田助監督のコメンタリーより
  7. ^ Pioneers of Sino-Japanese Relations: Liao and TakasakiMayumi Itoh、Palgrave Macmillan, 2012
  8. ^ 安藤 紀典、2011、「「作品」で読む関東大震災(2)千田是也=築地小劇場と芸名の由来」、『先駆』(878)、先駆社
  9. ^ 『ゴジラ対メガロ』DVDの中野監督のコメンタリーより

出典・参考文献[編集]

  • 千田是也 『もうひとつの新劇史 千田是也自伝』筑摩書房、1975年
  • 千田是也 『千田是也演劇対話集』上.下 未來社、1978年
  • 千田是也 『千田是也演劇論集』 未來社 全9巻、1980年-1992年
  • 千田是也、藤田富士男 『劇白千田是也』 オリジン出版センター、1995年
  • 杉山直樹 『血をわたる』 自由国民社2011年発行 ISBN 978-4-426-10888-5
  • 中川モモコ『ベルリン あなたは私を思う -父・千田是也とわたし』モーニングデスク 2008年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]