神戸みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かんべ みゆき
神戸 みゆき
本名 神戸 美有紀(読み同じ)
生年月日 1984年5月7日
没年月日 2008年6月18日(満24歳没)
出生地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
血液型 O型
職業 女優タレント歌手
ジャンル 舞台テレビドラマ映画CM
テレビアニメ
活動期間 1999年 - 2007年
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダー響鬼

映画
バトル・ロワイアルII 鎮魂歌


舞台
美少女戦士セーラームーン

備考
バラエティ:ウッチャンナンチャンのウリナリ!!

歌手活動:2003年にシングル2作をリリース

神戸 みゆき(かんべ みゆき、1984年5月7日 - 2008年6月18日)は、日本女優タレントである。本名、神戸 美有紀(読み同じ)。

神奈川県川崎市出身。ルージュに所属していた。資格自動二輪日本音楽高等学校卒業。

身長:161cmスリーサイズB83cm - W59cm - H85cm、靴のサイズ:23.5cm。

来歴

1999年テレビ東京オーディション番組『夢☆おうえん隊』にて選抜され、同番組のアイドルグループ『ゆめっこ☆娘』の一員として、岡部玲子らと共に活動。ミュージカル美少女戦士セーラームーン』の主役である3代目の月野うさぎ / セーラームーン役に約500名のオーディションから選ばれる。 郷ひろみとのコラボ企画だった『HYPER GO号(ハイパーゴーゴー)』にも参加していた。また『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』などのバラエティ番組で陽気な個性を発揮した。

しかし2007年、出演予定だったミュージカル『レ・ミゼラブル』を体調不良を理由に降板。その後入退院を繰り返していたが、2008年6月18日4時8分に心不全のため死去。24歳没[1]。6月20日・21日にこすもす川崎会館で通夜と告別式が行われ、かわさき南部斎苑で荼毘に付された。

主な出演作品

太字主演

テレビドラマ

連続ドラマ

単発ドラマ

テレビアニメ

バラエティ / 他

映画

CM

  • JT 桃の天然水 (2000年6月 - 2001年2月)
  • JR東日本 コンビニエンス「GO!GO! JCキャンペーン」 (2001年9月)
  • キンキホーム・シティホーム (2002年11月 - 12月)
  • エバラ食品工業 鍋の素(2005年8月20日 - 2006年2月)- 新なべ研究会のメンバー 役
    • 「パウチタイプだと思います篇」
    • 「マーラー篇」
    • 「寄せ鍋篇」
    • 「まめちち篇」
    • 「はずかしい篇」

舞台

ポスター

ディスコグラフィ

SINGLE
  1. 太陽の楽園〜Promised Land〜(2003年4月16日発売、ポニーキャニオン
    • テレビ愛知・テレビ東京系アニメ『マーメイドメロディぴちぴちピッチ』前期オープニングテーマ
  2. Rainbow Notes♪(2003年10月16日発売、ポニーキャニオン)
    • テレビ愛知・テレビ東京系アニメ『マーメイドメロディぴちぴちピッチ』後期オープニングテーマ

出版

写真集

デジタル写真集

  • 神戸みゆきデジタルアート写真集 (2001年12月、ウェブタウン)

DVD

  • 神戸みゆき〜MOON Letter〜 (2000年6月21日発売、ポニーキャニオン)
  • THE COMPLETE 神戸みゆき (2001年4月25日発売、ビームエンタテインメント
  • Metamorphose! (2004年11月25日発売、フロンティアワークス
  • Amaretto〜危険な香り〜 (2006年5月20日発売、コンパスティービー)

エピソード

大谷允保とは桃の天然水のCMや『京都地検の女』第3シリーズなどで共演しており親交が深かった。大谷は『週刊プレイボーイ[2]誌の追悼記事で、2人の絆の深さと神戸の人柄を表す楽屋でのエピソードを明かしている。

*「よく好きな音楽の話をしていました。みゆきとはiPodで音楽を聴いていたのですが、私が寝ちゃうとロックだった音楽がバラードになってて。そんな気遣いのできる人でした」

最後の連続ドラマレギュラーとなった『京都地検の女』公式ページには、撮影終了後のメッセージが残されている[3]

関連項目

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ ZAKZAK (2008年6月21日). “3代目セーラームーン・神戸みゆきさん急死”. 2012年5月18日閲覧。
  2. ^ 週刊プレイボーイ」2008年7月14日第28特大号 NewsFile#003「追悼!神戸みゆき急逝、アイドル仲間たちが涙で語る“ヘンな素顔”
  3. ^ テレビ朝日「京都地検の女」第3シリーズ公式HP内“京都地検の女通信” [リンク切れ]

外部リンク