69 sixty nine

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

69 sixty nine』(シクスティ・ナイン)は、1987年に出版された村上龍の長編小説。また、それを基にした2004年の映画作品。

1969年長崎県佐世保市舞台に村上自身の実体験を基にした青春小説である。

2004年に主演妻夫木聡、脚本宮藤官九郎、監督李相日で映画化された。

あらすじ[編集]

ベトナム戦争学生運動に揺れた1969年、基地の町・佐世保北高校に通う、高校三年生の矢崎剣介<あだ名はケン>がいた。彼は退屈とレールに敷かれた人生を何よりも嫌う自分を含めた生徒達を管理の檻に押し込めようとする教師達に反抗するため(本当は同級生のマドンナ、"レディ・ジェーン"こと松井和子の気を惹くため)に、親友のアダマこと山田正らと共に映画演劇ロックがごちゃ混ぜになった「フェスティバル」の開催を企画する。人生は楽しんだ者勝ちというモットーの具体的意義もあったが、“レディ・ジェーン”松井和子を主演女優に据えれば自分は主演俳優兼監督として堂々と彼女とイチャつけるという煩悩に塗れた野望もあった。更には彼女の発した「デモやらバリケードやらする人の気持ち、分かるような気がする」という言葉を勝手に脳内妄想で肥大化させ、「デモやらバリケードやらする人大好き」という彼女の理想(本当は違う)を叶えるために、校内の全共闘を言いくるめて学校をバリケード封鎖する事に決めたのだが、話はどんどん膨れ上がり、テレビ局や報道陣まで出動する騒ぎになる。警察沙汰になりケンとアダマは停学処分となったが、松井に接近することができた。復帰後はさらにフェスティバル「朝立ち祭」の準備を進める。途中、長山ミエを誘ったことによって工業高校の番長に因縁を付けられるも、友人の助けで窮地を脱する。フェスティバルは成功を収め、松井とのデートで冷血を観て1969年は終わった。

特徴[編集]

小説では主人公の行動や言動の印象を深くするため、通常よりも大きな文字で書かれている部分が多い。また、登場する映画や漫画などは全て実在のもので、中には本作を出版した集英社一ツ橋グループ)のライバル会社である講談社(音羽グループ)の作品もある。

映画[編集]

69 sixty nine
監督 李相日
脚本 宮藤官九郎
原作 村上龍
製作 横溝重雄
黒澤満
早河洋
伊達寛
出演者 妻夫木聡
安藤政信
金井勇太
太田莉菜
井川遥
原日出子
柴田恭兵
主題歌 CHEMISTRYいとしい人
撮影 柴崎幸三
編集 今井剛
製作会社 東映
テレビ朝日
TOKYO FM
WOWOW
朝日放送
カルチュア・パブリッシャーズ
スターダストピクチャーズ
長崎文化放送
配給 東映
公開 日本の旗 2004年7月10日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 約6億円
テンプレートを表示

受賞とノミネート[編集]

キャスト[編集]

その他のキャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]