ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ONE PIECE > ONE PIECE (アニメ) > ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち
ONE PIECE
エピソードオブアラバスタ
砂漠の王女と海賊たち
監督 今村隆寛
脚本 上坂浩彦
出演者 田中真弓
中井和哉
岡村明美
山口勝平
平田広明
大谷育江
渡辺美佐
山口由里子
音楽 田中公平
配給 東映
公開 2007年3月3日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9億円
前作 ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵
次作 ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜
テンプレートを表示

ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』(ワンピース エピソードオブアラバスタ さばくのおうじょとかいぞくたち)は、2007年3月3日に公開された、漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第8作目。

概要[編集]

『ONE PIECE』映画シリーズでは初の原作のストーリーで、人気の高い「アラバスタ編」を映画化した。テレビシリーズでも同編は放送されたが、本作は再編集ではなく全編新作で制作。宣伝・ポスター等でも「娯楽作」であることを強調していた従来の劇場版とは違い、「感動作」であることを強調している。

3作目以来に他作品(『Dr.スランプ Dr.マシリト アバレちゃん』)と同時上映された(ただし、『Dr.スランプ』は5分の短編である)。劇場での本編の上映終了後には、麦わらの一味(本編には登場しなかったフランキーをも含む8人)の手配書を見せながら「2008年次回作公開決定」と次回作の予告も流れた。

2008年に公開された次回作『エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜』も、「ドラム編」の映画化という本作と同じ路線で制作された。

本編のDVD版は特別編共に2007年7月21日発売。「ワンピース」映画化10作を記念してBlu-ray Disc版が2010年1月21日発売。

2011年8月20日の『土曜プレミアム』では、新作カットを加えた特別編が放送された。新作カットは、ウイスキーピークでビビが麦わらの一味の船に乗る経緯を描いている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

キャッチコピー[編集]

  • 最後に涙を流したのはいつですか…
  • ルフィ、敗れる!
  • それでも守りたい仲間がいる

主題歌[編集]

compass
作詞・作曲 - 川嶋あい / 編曲 - 宗本康兵 / 歌 - 川嶋あい

原作との相違点[編集]

  • 冒頭でMr.2・ボン・クレーがルフィ達に釣り上げられた際、サンジと顔を合わせている(ボン・クレーはコピーしようとするも、拒否された)。
  • TVアニメでは使われなかった「オカマ」という言葉が使われている。
  • ボン・クレーのマントの字は、TVアニメでは「盆暮れ」であったが、映画では原作と同じ「おかま道」になっている。
  • カルーが、ユバを目指すルフィ達と共に行動している。
  • 緑の町・エルマルとレインディナーズが登場しない。
  • ナノハナ焼き討ちの際、ボン・クレー扮するコブラと、反乱軍のリーダー・コーザが対面していない。
  • ナノハナ焼き討ちを決行した、コブラに扮したボン・クレーが王宮にまで潜入し、直々にチャカとペルに命令を下している。
  • ヒッコシクラブのハサミを使っての移動中、クロコダイルに捕まった際にペルが駆けつける。
  • ルフィがクロコダイルに干乾びさせられた体の部分が、腕ではなく脚になっている。
  • アルバーナでビビを反乱軍の前に向かわせるためにバロックワークスを撹乱させる際、ハサミから脱出している。その代わり、超カルガモ部隊はカルーが傷付けられた際に登場する。
  • ナミがミス・ダブルフィンガーを倒すときぶっ飛ばしたところが壁の向こうではなく道の先。
  • ルフィとクロコダイルの本編における2戦目の舞台が地下宮殿になっている(本来の2度目の戦闘はカット)。
  • ロビンによる20年前のオハラの回想シーンが登場する(その際にサウロも登場する)。同時にロビンがメリー号に乗り込む直前のシーンが描かれている。
  • 原作で主要人物であったイガラムが登場しない(背景として1度だけ姿が確認できる。特別編では冒頭部に登場している)。そのため、妻のテラコッタがビビに変装していた。
  • スモーカー、たしぎ、エースなどは登場しない。
  • 特別編ではウイスキーピークの時点でチョッパーが加入している。

関連項目[編集]