ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラゴンボール > ドラゴンボールZ > ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴
ドラゴンボールZ
銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴
監督 上田芳裕
脚本 小山高生
原作 鳥山明
製作総指揮 今田智憲、安齋富夫
ナレーター 八奈見乗児
出演者 野沢雅子
古川登志夫
田中真弓
草尾毅
古谷徹
堀川亮
鶴ひろみ
渡辺菜生子
宮内幸平ほか
音楽 菊池俊輔
主題歌 CHA-LA HEAD-CHA-LA」(影山ヒロノブ
編集 福光伸一
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗1993年7月10日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 13億5千万円
前作 ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
次作 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』(ドラゴンボールゼット ぎんがギリギリ ぶっちぎりのすごいやつ)は、1993年7月10日に公開された「ドラゴンボール」シリーズの劇場公開作第12弾である。監督は上田芳裕。

夏休みの東映アニメフェアの1作品として上映された。同時上映作は『Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村より愛をこめて』『幽☆遊☆白書』。

解説[編集]

邦画配給収入13億5千万円、観客動員数330万人[1]。1996年初頭時点におけるビデオ販売本数は3万7千本[1]

主役は孫悟空ではなく孫悟飯。悟飯はそれまでのピッコロの道着ではなく、悟空と同じ道着を着用。『地球まるごと超決戦』以来3年ぶりにレギュラーキャラクターがほぼ全員登場する。『ドラゴンボール大全集』には「劇中で、未来のトランクス人造人間17号達を撃破したと語られている。このことから、ボージャック戦はセルゲーム終了から数ヵ月後の事件と推定できる」と書かれている[2]

ストーリーでは人造人間18号との対決の後に所在が不明となっていたトランクスの剣がベジータによって保管され、修復されていたことが明らかとなった。さらにセルゲーム後、カカロット(悟空)と決着を付ける目標を失い、戦うことをやめたベジータが戦意を取り戻す経緯が描かれている。

エンディングは、悟飯の成長を回顧したものとなっている。

1995年6月2日に宮内幸平が死去したため、宮内が演じる亀仙人が登場する映画は本作が最後になった。

あらすじ[編集]

賞金1億ゼニーと世界温泉めぐりが懸ったギョーサン・マネー主催の天下一大武道大会に出場した悟飯たち。かつて父・悟空も今の自分のように亀仙流の道着を着て修行に励んでいたと、優勝を目指し次々と勝ち進む悟飯。未来から人造人間を倒したことを報告しに来たトランクスや、いきなりピッコロと闘う羽目になってしまったが、ピッコロがくだらなさを感じ棄権したために勝ち進んでいくクリリンもそれに続いていた。しかし、ベジータは悟空が死んだショックから立ち直りきれておらず、トランクスの試合をつまらなさそうにテレビで観戦していた。あの世では大会の様子を悟空や界王様も見物していた。同時に会場にいたミスター・サタンが地球を救ったことになっていたことも知ったようである。

ついに決勝の組み合わせが決定した大会では、バトルゾーンで銀河戦士と戦い勝って一番初めに戻ってきた選手が優勝というルールで試合が開始された。銀河戦士は東西南北それぞれの銀河を代表する戦士という振れ込みだが、実はサタンの弟子。しかし、本来現れるはずの彼らと入れ替わった謎の銀河戦士たちが出現した。

通常の選手との違いを感じ取ったクリリンだったが、なすすべなく敗れてしまう。悟飯もほかの選手との違いを感じて戦闘を開始。別の場所で何とか一味の一人を討ち取ったトランクスであったが、その直後に別の仲間に襲われてしまう。

それを見ていた界王様はかつて銀河中を荒らしまわったボージャック率いるヘラー一族であることを確信する。東西南北4人の界王によって封印されていたが、セルとの闘いで北の界王が死んでしまったために封印が解けてしまったという。悟空が不在の地球を守るべく、悟飯の戦いが始まる。

ゲストキャラクター[編集]

ボージャックとその仲間たちのコスチュームは海賊風のデザインで統一されており、特にズボンや身に着けている金具のデザインは全員同じ。また、全員濃い緑色の肌と橙色の髪をしている。

ボージャック
その昔、銀河を荒らし回っていたヘラー一族のリーダー。4人の界王により封印されていたが、北銀河の界王が死んだことで封印が解けて復活した。ゴクア、ザンギャ、ビドー、ブージンの計4人の配下を引き連れて武道大会を乗っ取った。
途中でパワーアップ形態へと変身し、その時は黄緑色の肌と赤色の髪になる。圧倒的な戦闘力で悟飯やベジータ、ピッコロとトランクスらを凌駕するも、激怒して瞬間移動で一瞬下界に戻った孫悟空に一撃を見舞われ、その孫悟空に叱咤され超サイヤ人2に覚醒した悟飯によって倒された。
のちの劇場版『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』では、フリーザの部下として登場している。
名前の由来は「傍若無人」の「傍若」から[3]

ゴクア
剣を駆使して戦う銀河戦士。劇中ではほかのメンバーとは唯一合流しなかった。ボージャックと同様にパワーアップ形態に変身してトランクスを圧倒するが、超サイヤ人に変身したトランクスに剣を砕かれ、直後に腹を拳で貫かれて倒された。
名前の由来は「極悪」から[4]

ザンギャ
天下一大武道大会の決勝バトルゾーンで対戦相手の銀河戦士とすり替わり、クリリンを一瞬にして倒した実力を持つ女性戦士。終盤に超サイヤ人2に覚醒し、ブージンとビドーを一掃した悟飯の実力を目の当たりにして怯んでいるところを、ボージャックに捨て駒にされて死亡した。
のちの劇場版『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』では、フリーザの部下として登場している。
ボージャックの手下で唯一多くボージャックと共に出演しており、スーパーファミコンゲーム『ドラゴンボールZ 超武闘伝2』に登場している。この作品の対戦モードで2人を戦わせてボージャックが勝利した際に隠しコマンドを入力することで、本作でのボージャックのザンギャへの行為に対する謝罪の言葉が聞ける。
名前の由来は「残虐」から[4]

ビドー
モヒカン頭、口ひげにイヤリングと、野生的な外見が特徴。ボージャックの部下の中では一番の巨漢で、巨漢のドスコイを片手で軽々と持ち上げ、そのまま絞殺するほどの怪力の持ち主。終盤に超サイヤ人2に覚醒した悟飯の一撃で倒された。
名前の由来は「非道」から[4]

ブージン
紫色のターバンのような布を被った戦士。小柄で身のこなしがすばやく、糸のような結界で相手の動きを束縛して封じるなど、超能力を自在に操る。この技は他の戦士も使用できる。天津飯を倒すものの、超サイヤ人2となった悟飯にはかなわずビドーと共に倒された。
名前の由来は「傍若無人」の「無人」から[3]
ギョーサン・マネー
世界一の大富豪。息子・ドルの10歳の誕生日のために天下一大武道大会を開く。妻はオッカネー・マネー。
プロデューサー
武道大会の大会責任者。ギョーサン・マネーやサタンに振り回される。
ウドー
天下一大武道大会に出場した選手。悟飯の数倍はある大柄な体格で、一回戦の相手である悟飯を舐めきっていたが、足払いを食らってはるか彼方まで蹴り飛ばされた。
ドスコイ
天下一大武道大会に出場した力士。悟飯たちを除いて決勝に進出した選手。砂漠のバトルステージにて地中から突如現れたビドーに首を掴まれ、抵抗ができないまま絞殺された。
カンフーン
天下一大武道大会に出場した武道家。予選を勝ち残るが準決勝にてうっちゃりでドスコイに敗れる[5]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「CHA-LA HEAD-CHA-LA」
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 清岡千穂 / 編曲 - 山本健司 / 歌 - 影山ヒロノブ
エンディングテーマ - 「銀河を超えてライジング・ハイ」
作詞 - 佐藤大 / 作曲 - 清岡千穂 / 編曲 - 山本健司 / 歌 - 影山ヒロノブ

映像ソフト[編集]

いずれも東映ビデオより発売。

  • VHS・LD
1994年2月11日に発売。
  • DVD
    • DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES
      2006年4月14日発売。
    • DRAGON BALL THE MOVIES #09 ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴
      2008年12月12日発売。

関連書籍[編集]

  • ジャンプ・アニメコミックス ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 - 集英社、1993年11月24日、ISBN 4-8342-1188-6

脚注[編集]

  1. ^ a b 『予約特典・ドラゴンボール最強への道・劇場版ご近所物語A5サイズ前売特典冊子』8頁。
  2. ^ 渡辺彰則編「DBZ THE MOVIE BATTLE STORIES」『ドラゴンボール大全集6巻』集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、114頁。
  3. ^ a b 渡辺彰則編「'93memorial」『ドラゴンボール大全集6巻』集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、122-123頁。
  4. ^ a b c 渡辺彰則編 「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART2・TVスペシャル&劇場版編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、68頁。
  5. ^ 戦闘描写は無い。
  6. ^ a b c 劇場版公式サイト 劇場版ドラゴンボールヒストリー マル秘ノート。ギョーサン・マネーは八奈見乗児とあるが、実際には龍田直樹が担当している。

関連項目[編集]

ドラゴンボールの映画・イベント用アニメ
通番 題名 公開時期
第1作 神龍の伝説 1986年 グルメス王一味
第2作 魔神城のねむり姫 1987年 ルシフェル一味
第3作 摩訶不思議大冒険 1988年 鶴仙人・桃白白兄弟
第4作 オラの悟飯をかえせッ!! 1989年 ガーリックJr.一味
第5作 この世で一番強いヤツ 1990年 Dr.ウィロー一味
第6作 地球まるごと超決戦 1990年夏 ターレス一味
第7作 超サイヤ人だ孫悟空 1991年 スラッグ一味
第8作 とびっきりの最強対最強 1991年夏 クウラ一味
第9作 激突!!100億パワーの戦士たち 1992年 メタルクウラ
第10作 極限バトル!!三大超サイヤ人 1992年夏 人造人間13号、14号、15号
第11作 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 1993年春 ブロリー
第12作 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 1993年夏 ボージャック一味
第13作 危険なふたり!超戦士はねむれない 1994年 復活ブロリー
第14作 超戦士撃破!!勝つのはオレだ 1994年夏 バイオブロリー
第15作 復活のフュージョン!!悟空とベジータ 1995年 ジャネンバ
第16作 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる 1995年夏 ヒルデガーン
第17作 最強への道 1996年 レッドリボン軍
JF08 オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!! 2008年 アボとカド
実写 EVOLUTION 2009年 ピッコロ大魔王
JF12 エピソード オブ バーダック 2011年 チルド一味
第18作 神と神 2013年 ビルス
第19作 復活の「F」 2015年 フリーザ一味