山本健司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山本 健司
基本情報
出生 1958年7月1日(55歳)
ジャンル J-POP
アニメ特撮
職業 作曲家編曲家

{{{Influences}}}

山本 健司(やまもと けんじ、1958年7月1日 - )は、作曲家編曲家日本作編曲家協会(JCAA)会員。

芸能事務所「オフィス・トゥー・ワン」に所属していたが、下記のBGM盗作問題発覚後に事務所のサイトの所属者一覧からプロフィールが削除されている。一部の曲は「Kenz」名義で収録されており、盗作問題発覚後も「Kenz」名義で活動している。

主な担当作品[編集]

作曲[編集]

編曲[編集]

  • 影山ヒロノブ
    • Strings of Love〜運命の糸(「Cold Rain」収録)
    • 銀河の星屑 作曲:影山ヒロノブ(「Super Survivor」収録)
    • Dragon Ball Party 作曲:cAnON(「光のさす未来へ!」収録)

映像作品[編集]

アニメ[編集]

  • キテレツ大百科
    • お嫁さんになってあげないゾ(初代OP)
    • ボディーだけレディー(2代目OP)
    • 夢見る時間(3代目OP)
    • マジカルBoy マジカルHeart(初代ED)
      • (作詞: 神原冬子/作曲: 池毅/歌: 守谷香)
    • コロ助ROCK(3代目ED)
      • (作詞: 森雪之丞/作曲: 林哲司/歌: 内田順子)
    • フェルトのペンケース(4代目ED)
(この他挿入歌も数曲担当)
(この他TVSPのED、挿入歌も数曲担当)
(この他挿入歌も数曲担当)

特撮[編集]

音楽[編集]

BGM盗作問題[編集]

2011年3月9日付で、山本が音楽を担当していた『ドラゴンボール改』のBGMに「第三者の権利への抵触の可能性が疑われる楽曲」が複数存在しているとして、制作会社である東映アニメーションは問題の楽曲を差し替えると発表[1]。実際の放送では音楽担当が菊池俊輔となって全曲が菊池の曲に差し替えているため、実質的な降板である[2]

なお、盗作の指摘自体は2010年5月の時点で既にネット上で存在し、動画投稿サイトで検証動画が投稿されていた[3]

出典[編集]

  1. ^ アニメーション「ドラゴンボール改」背景音楽について(PDFファイル)(東映アニメーション、2011年3月9日)
  2. ^ 菊池の曲になるのは『ドラゴンボールZ』以来15年ぶりであるが、『ドラゴンボール』の前身で、1981年開始の『Dr.スランプアラレちゃん』から15年に渡って担当していた。
  3. ^ 「ドラゴンボール改」BGMにパクリ疑惑。比較検証動画が公開(にゅーあきば.こむ、2010年5月31日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]