美少女仮面ポワトリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東映不思議コメディーシリーズ > 美少女仮面ポワトリン
東映不思議コメディーシリーズ
通番 題名 放映期間
第10作 魔法少女
ちゅうかないぱねま!
1989年7月
- 同年12月
第11作 美少女仮面
ポワトリン
1990年1月
- 同年12月
第12作 不思議少女
ナイルなトトメス
1991年1月
- 同年12月
美少女仮面ポワトリン
ジャンル 特撮ヒロイン、コメディ
テレビドラマ
原作 石ノ森章太郎
監督 佐伯孚治村山新治坂本太郎
三ツ村鐵治岩原直樹
制作 フジテレビ東映
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1990年1月7日 - 同年12月30日
話数 全51話
テンプレート - ノート

美少女仮面ポワトリン』(びしょうじょかめんポワトリン)は、1990年1月7日から同年12月30日までフジテレビ系列で放送された特撮テレビ番組、及び主役登場人物の名称。東映不思議コメディーシリーズ第11作。全51話。

概要[編集]

1989年から東映不思議コメディーシリーズは女性アイドルを起用した美少女路線に方向を転換し、その第3作となった。

“ポワトリン”とは、フランス語で“胸(Poitrine)”を意味する語。またポワトリンのコスチュームは、『好き! すき!! 魔女先生』のアンドロ仮面をプロトデザインとし[1]、フランスの俳優アラン・ドロンの名作『怪傑ゾロ』を意識して作られた。ラフデザイン段階でのタイトルは「美少女仮面イグレック」[2]。イグレックとはフランス語でYのことである。「イグレック」「ポワトリン」「オリュード」「ディアブル」とフランス語が多用されているのは、フジテレビの企画担当であった原岡健一郎の決定である[1]

ポワトリンに変身する時の呪文「コスモ・マジック!メタモルフォーゼ!!」、ポワトリン登場時の「愛ある限り戦いましょう。命、燃え尽きるまで。美少女仮面! ポワトリン!!」「たとえ○○が許しても、この美少女仮面ポワトリンが許しません!」(○○には、世界の偉人や有名人、物等が入る)、退場時の「ごきげんよう〜」という決め台詞もブレイクし、平均視聴率15%を出す人気番組となった。

同局系列のバラエティー番組『あっぱれさんま大先生』や『鶴太郎のギャグハラスメント』にも、花島優子本人がポワトリンとして出演。当番組以外でも人気を博したという。

東映不思議コメディーシリーズを一手に支えた浦沢義雄であるが、本作では、原作者の石ノ森章太郎をして「僕が担当するのは基本となる路線、デザイン、そしてヒロイン像ですね。あとはうち(石森プロ)の担当が脚本の浦沢さんのところにいって奇妙な脚本が出来上がってくるというわけです」[2]と言わしめる程に、浦沢のセンスが作品を成功に導く重要な要因となった。浦沢は、本作から『うたう!大龍宮城』まで3作連続で全話を書き上げた。また本作品の前期オープニングおよびエンディングは、同時期放送されたメタルヒーローシリーズの『特警ウインスペクター』と兼任したため、本編の演出が2本に留まっている三ツ村鐵治が手がけている[3]。前年の『仮面ライダーBLACK RX』までプロデューサー補を務めていた髙寺成紀が正規プロデューサーとなった作品でもある[4]

次回作だった『不思議少女ナイルなトトメス』とのコラボレーションによる映画作品の計画があり、脚本も完成していたが諸般の事情で製作は中止された。ただし、その脚本に関しては『ナイルなトトメス』第31回「クレオパトラのお漬け物」として放送された。

あらすじ[編集]

年明けの新学期。極普通の女子高生、村上ユウコは、忘れていた初詣を済まそうと立ち寄った近所の神社で、神様に出会う。そして、宇宙を絶望と暗黒から救った伝説の女神の名を持つ戦士、美少女仮面ポワトリンに変身する力を授けられ、持病の胃カタルの治療に出かけたい神様に代わって、ご町内(とついでに宇宙)の平和と安全を守るために戦う羽目になってしまう。奇妙な犯罪者たちによる事件が次々と巻き起こっていくその度に、コスモブレスの力でポワトリンに変身し、ユウコは悪に立ち向かっていく。

登場人物[編集]

村上ユウコ / ポワトリン
本作の主人公。楽天的で元気な正義感の強い高校生の女の子。村上家の長女で、三人姉弟の一番上。高校2年生。近所の神社に住む神様から唐突にご町内と宇宙の平和と安全を守る仕事を押し付けられ、美少女仮面ポワトリンとして町内に蔓延る怪人たちと戦う羽目になってしまった。正体が周囲にバレるとカエルにされてしまう。
村上モモコ / ポワトリンプティット
ユウコの妹で、三人姉弟の末っ子。小学校1年生(中盤より2年生)。暗黒の帝王ディアブルの襲来後、ポワトリンのサポート役として神様に変身能力を授けられ、ポワトリンプティットとなって参戦する。ポワトリンとは互いにライバル意識を持ちつつ共闘しているが、ユウコと同じく正体がバレた際のペナルティを課されているため(ザリガニにされてしまう)お互いの正体は知らない。
村上タクト
村上家の長男でユウコの弟。小学校5年生(中盤より6年生)。ポワトリンに憧れを抱き、友達のカズヤ・シンスケ・ケンジと共にポワトリンクラブを作ってリーダーとなる。ポワトリンクラブの活動はポワトリンの仕事を助け、ポワトリンの活動を減らす事だがトラブルの原因になってしまう。
本田カズヤ
体格の小さなタクトの友達。スポーツが得意で華麗なバク転を披露する。交番勤務で巡査の父と本田律子警部の息子。
竹内シンスケ
太った体のタクトの友達。ポワトリンクラブでは新兵器の開発を手掛ける。薬局の息子で、幼い頃に父親を亡くしており母子家庭。
渋谷ケンジ
丸メガネをかけたタクトの友達。似顔絵が得意。とんかつ屋の息子。ポワトリンクラブ内では一番頭がいい。
本田警部
警視庁西本町署に勤める敏腕刑事。階級は警部。警察の仕事をポワトリンに取られているとして、警察の面目躍如のためポワトリンを逮捕しようとする。ユウコとは息子のカズヤを通じて親しい関係である。
神様
近所の神社に住む神様。たまたま神社を訪れたユウコに変身能力を与え、ご町内の平和と安全を守る仕事を押し付け、持病の胃カタルの治療名目でイタリアへ温泉旅行に行く。愛車はリアウイングの付いた真っ赤なスポーツカー。時々帰ってきて、トラブルを持ちこんだり、ポワトリンに助言を与える。
ディアブル
古代ローマ帰りの神様にくっついて太古の時代から現代にやってきた暗黒の帝王。世界一位である現代日本の経済力と技術力を軍事力に変え宇宙を征服するため日本支配を企み、邪魔なポワトリンを始末しようと付け狙う。人を自在に操る力を持つ。
名前の由来はフランス語で悪魔を意味するディアブルより。

ポワトリンの能力・武器[編集]

オルゴールペンダント
前期の変身アイテム。コスモマジック・メタモルフォーゼの呪文でユウコをポワトリンへと変身させる。変身後はポワトリンの胸にブローチとなって装着されている。なお、劇中でこの名称で呼ばれる事はない。
コスモブレス
ユウコが変装をする際に使用するアイテム。普段は腕時計の形をしている。オリュードの呪文で能力を発揮する。腕時計の時には蓋を開ける事で、遠くの映像を映したり遠くの音を聞くことができる。「オ・リュー・ド」とはフランス語で「in place of」(~に代わって)を意味する。
ベルサーベル
短剣型の武器。先端から光線を発射したり、色々な物を出すことが可能。それを使ったポワトリンフラッシュが必殺技。事件が解決すると光線で「P」の文字を書き残す。一度タクトの勘違いで、子供会のおもちゃ回収に出されたことがある。劇中では「短剣」や「ステッキ」と呼ばれる場合もある。
メリーオルゴーランド
中盤でポワトリンが神様からもらったオルゴール。金色のペガサスがまわるメリーゴーランドの形をしている。怪人の過去を映し出したり改心・更生させたりする機能がある。普段はユウコの部屋に置いてある。劇中では「神様のオルゴール」と呼ばれる場合もある。
コンパクト
後期の変身アイテム。神様から宅配便で送られた。事件が起こっている場所を示す能力がある。変身の呪文に変化はないが、変身ポーズが若干変わり、最初にコンパクトを手のひらの上に出現させ、宙に浮かせた状態からポーズを取る。

ポワトリンプティットの能力・武器[編集]

ステッキ
変身アイテム兼専用武器。コスモブレスの機能も有している。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

放送リスト[編集]

放送日 Stage サブタイトル ゲストキャラクター 脚本 監督
1990年
1月7日
1 神様の贈り物
  • 怪盗テレビゲーム小僧(花房徹
浦沢義雄 佐伯孚治
1月14日 2 警視庁の女敏腕刑事
1月21日 3 進学塾の秘密 村山新治
1月28日 4 ナポレオンの亡霊
2月4日 5 犯罪者ドクター・ブー 坂本太郎
2月11日 6 清く正しいバリカン婆々
2月18日 7 アイドルじゃない・・・ 佐伯孚治
2月25日 8 ある代議士の陰謀
3月4日 9 七色の声のスター 村山新治
3月11日 10 エジソンバンドを探せ!
3月18日 11 ザ・恐怖の紡績工場 坂本太郎
3月25日 12 大統領の息子
4月1日 13 秘密のニセ札工場 三ツ村鐵治
4月8日 14 不思議な呼び笛
4月15日 15 ダイジョーブ博士の来日 佐伯孚治
4月22日 16 新井家の守護霊
4月29日 17 消えた鯉のぼり 坂本太郎
5月6日 18 優しい脱獄囚
5月13日 19 涙の新兵器 村山新治
5月20日 20 神様のオルゴール
5月27日 21 超能力者はお化けが好き? 佐伯孚治
6月3日 22 アパレラ公国の王子
6月10日 23 ノリコの一日本田警部 坂本太郎
6月17日 24 シュミット将軍の店
6月24日 25 てんぷら屋さんの町おこし 村山新治
7月1日 26 私のエネルギーを返して
7月8日 27 哀愁の幽霊蚊取り線香
  • 新井家のご先祖(森下哲夫)
  • 閻魔大王(ドン貫太郎
  • 新井礼子(田中麻世)
佐伯孚治
7月15日 28 アポロンの戦士の恋人
7月29日 29 ディアブルの野望
  • 国際犯罪団ボス(岡田勝)
坂本太郎
8月5日 30 ディアブルの野望Ⅱ
8月12日 31 スイカ割り大会の恨み
  • スイカの霊(木村修
  • 新井礼子(田中麻世)
村山新治
8月19日 32 夏休みの宿題強盗・勉強くん
  • 宿題強盗勉強くん(及川ヒロオ)
8月26日 33 一挙公開?愛ある限り名場面集 岩原直樹
(構成)
岩原直樹
9月2日 34 尊敬されたカツパン 浦沢義雄 佐伯孚治
9月9日 35 かぐや姫の宝
9月16日 36 お彼岸ライダーの謎 坂本太郎
9月23日 37 ふしあわせ王子の犯罪
9月30日 38 ぼくはリーサルウェポン 村山新治
10月7日 39 本田警部のある作戦
10月14日 40 おまじない博士のグッズ 佐伯孚治
10月21日 41 虫歯が恐い・・・
10月28日 42 風流な宇宙人 坂本太郎
11月4日 43 愛しの義経さま
11月11日 44 タクトの甘え 村山新治
11月18日 45 ヤマモトは教育ママが嫌い
11月25日 46 冬の星座の嘘 岩原直樹
12月2日 47 花咲か爺さんの宝
  • 看護婦(大島蓉子
  • 新井礼子(田中麻世)
12月9日 48 タクトの恋人 坂本太郎
12月16日 49 ミステリーサークルの謎
  • 乾物屋(山浦栄)
12月23日 50 クリスマスの悲劇
  • 広域暴力団員・岡田(岡田勝)
佐伯孚治
12月30日 51 大晦日の幸福[5]

視聴率[編集]

  • 最高視聴率:18.9%(東映不思議コメディーシリーズ歴代4位)

ビデオリサーチ調べ、関東地区

映像ソフト化[編集]

  • 2005年9月21日2006年5月21日にかけて初ソフト化となるDVD東映ビデオから発売された。全5巻の各2枚組で各巻10話(Vol.5のみ11話)収録。毎月のリリースではなく2ヶ月おきのリリースとなった。
  • 2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」に第1話が収録されている。

コミカライズ[編集]

その他[編集]

  • ポワトリンの衣装は元は20センチほどスカートが長かったが、花島が最初に来た際にスタッフがその場でハサミを入れて作中での長さとなった[6][2]
  • ユウコ役の花島優子は同人誌で漫画を描いていた経験もあり、第33話でユウコが描いたという設定の漫画は花島自身が執筆したものである[2]
  • 神様役に鈴木清順が起用された理由について、弟子筋の浦沢義雄はプロデューサーに鈴木のファンがいてキャスティングされたと証言している[7]
  • 漫画家の武内直子は、代表作『美少女戦士セーラームーン』を連載する上でこの作品に影響を受けたことを語っている[8][2]
  • 2014年9月29日より、Youtubeの「東映特撮 YouTube Official」にて配信が行われている。

関連作品[編集]

バラエティー番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『愛ある限り戦いましょう!~不思議美少女コレクション~』(2004年 主婦と生活社)
  2. ^ a b c d e 「ヒーローファイル 美少女仮面ポワトリン」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』 Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、90頁。ISBN 978-4-05-610166-9
  3. ^ 『東映ヒーローMAX』Vol.29(2009年、辰巳出版)
  4. ^ 浦沢と髙寺は後に『激走戦隊カーレンジャー』を手がける上で欠かせないコンビとなった。
  5. ^ 最終回は1時間枠の放送のため、「年末の納豆マン」「大晦日の幸福」の2回に分けて放送の地域有り。フジテレビの再放送でも2回に分割された。DVD、東映チャンネルの放送、フジテレビオンデマンド等のネット配信でも分割放送(収録・配信)されている。
  6. ^ 東映ヒーローネット|special fanclub toeihero.net”. 2014年2月20日閲覧。
  7. ^ オペレッタ狸御殿 脚本家インタビュー 浦沢義雄」、『宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ2005年5月1日、 85頁、 雑誌コード:01843-05。
  8. ^ 『不滅の戦隊ヒーロー大全集』(1995年3月21日放映、テレビ朝日

外部リンク[編集]

フジテレビ 日曜朝9時台前半枠(1990年1月 - 12月)
前番組 番組名 次番組
美少女仮面ポワトリン