武内直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武内 直子
本名 冨樫 直子(旧姓:武内)
(とがし なおこ)
生誕 1967年3月15日(47歳)
日本の旗 日本山梨県甲府市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
イラストレーター
活動期間 1986年 -
ジャンル 少女漫画
代表作 美少女戦士セーラームーン
コードネームはセーラーV
受賞 第17回講談社漫画賞少女部門受賞(『美少女戦士セーラームーン』)
テンプレートを表示

武内 直子(たけうち なおこ、本名:冨樫 直子(とがし なおこ、旧姓:武内)、1967年(昭和42年)3月15日 - )は、日本漫画家イラストレーター作詞家山梨県甲府市出身。うお座血液型A型

美少女戦士セーラームーン』シリーズで知られる。講談社漫画雑誌なかよし』で活躍した。

夫は同じく漫画家冨樫義博(詳細は下記)、義弟の冨樫も漫画家。

経歴[編集]

山梨県甲府市出身。うお座、A型山梨県立甲府第一高等学校共立薬科大学薬学部(現・慶應義塾大学薬学部)卒。平成元年薬剤師免許を所得し、現在も薬剤師名簿には武内直子の旧姓のままで登録されている。薬剤師および臨床検査技師の資格を保有している。大学卒業後、半年間、慶應義塾大学病院中央検査部に勤務していた。

高校在学中は天文部に所属。一高祭実行委員会でも重要人物として活躍。当時の同級生と共作した一高祭ポスターは高校生の作品とは思えぬクオリティの高い作品として評価されていた。

高校時代から『なかよし』に投稿を始め、大学在学中に描いた「LOVE CALL」が1986年(昭和61年)第2回なかよし新人まんが賞に入選し、デビュー。

コードネームはセーラーV』で一躍有名になり、『美少女戦士セーラームーン』シリーズが大ヒットを収める。同作品で第17回講談社漫画賞受賞。

趣味は、ドライブ家具調度品集めのほか、スケート水泳も好きだという。おまじないや各種の占いにも詳しい。作家の三島由紀夫を尊敬している。

非常に裕福な家庭に生まれ育っていたらしく(実家が宝石店)、『セーラームーン』連載開始当初すでにポルシェを愛車にしていたという。

ネームが詰まるとよく地元の山梨宝石博物館に行っていたこともあり、上述のとおり実家が宝石店であることもあって鉱物マニアとしても知られているほど宝石類にも詳しい。そのせいか作中のキャラクターキラル・アキラルなど化学用語やネフライトカオリナイトなど、鉱物の名前で命名することもある。

漫画アニメ特撮が大好きで、『美少女戦士の研究 セーラームーン最後の秘密』(十番街イレギュラーズ・スーパーズ著、データハウス刊)によると志賀公江の『スマッシュをきめろ!』の大ファンであるらしい。テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』は、特撮マニアである武内がアニメ化の話が進んでいる頃からやりたかったと言っていた[1]

本人曰く、「中学生の頃は『宇宙戦艦ヤマト』のファンだった」という。『戦場まんがシリーズ』や『宇宙海賊キャプテンハーロック』なども好きだった。武内の描く女の子は松本零士に強く影響を受けているという[2]。また『劇場版美少女戦士セーラームーンS』で同作の名夜竹姫子が宇宙飛行士なのは「ヤマト」の世代である武内の憧れから出てきたという[3]

オタクやオタク文化にも興味を示している。また、『セーラームーン』関連の同人誌の蒐集を行っており、自らもコミケにサークル参加し、同人誌を発行したこともある。

『セーラームーン』のアニメ版に関しては、レイのキャラクター改変、外部戦士の扱いなどに苦言を残している。しかし、作画に関しては満足であったとメインのアニメーター(作画監督)との対談で語っている。また、時期は不明ながら、畑健二郎が彼女のアシスタントをしていたこともある。

著名な友人としては吉住渉が知られている。

結婚[編集]

1999年(平成11年)に結婚。夫は、同じく漫画家の冨樫義博。結婚式の司会は、声優三石琴乃(『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎ役)と、佐々木望(『幽☆遊☆白書』の浦飯幽助役)が行った。冨樫との交際のきっかけは、同じく漫画家・萩原一至の紹介とされている。

休業中に冨樫義博のアシスタントを行っていた。新婚生活や、出産、さらには子育ての様子は集英社漫画雑誌ヤングユー』に掲載された一連のエッセイ漫画(詳細は[1]を参照)に詳しい。また、これには、講談社での『PQエンジェルス』突然終了のいきさつや原稿紛失事件なども描かれており、発表当時は大きな話題と波紋を呼んだ。

作品リスト[編集]

読み切り・短編[編集]

  • プリズムタイム(全2巻)
    • ごめんね ウエンズデイ(第1巻に収録)
    • レイン・キス(第2巻に収録)
    • 夢見るRainy Button(第2巻に収録)
    • Secretな片想い(第2巻に収録)
    • LOVE CALL(デビュー作、第2巻に収録)
    • 夢じゃないの・ね(第2巻に収録)
  • ミス・レイン(短編集)
    • ミス・レイン(表題作)
    • ぼくのピアス・ガール(「ミス・レイン」に収録)
    • まいごのスウィング(「ミス・レイン」に収録)
    • 7月マーマレード・バースデー(「ミス・レイン」に収録)
    • いつもいっしょね(「ミス・レイン」に収録)

連載漫画[編集]

挿絵(小説イラスト)[編集]

画集・資料集[編集]

  • 美少女戦士セーラームーン設定資料集(全1册) ISBN 978-4-06-324521-9
  • 美少女戦士セーラームーン 原画集(全6册)
  1. 美少女戦士セーラームーン原画集 Vol.I ISBN 978-4-06-324507-3
  2. 美少女戦士セーラームーン原画集 Vol.II ISBN 978-4-06-324508-0
  3. 美少女戦士セーラームーン原画集 Vol.III ISBN 978-4-06-324518-9
  4. 美少女戦士セーラームーン原画集 Vol.IV ISBN 978-4-06-324519-6
  5. 美少女戦士セーラームーン原画集 Vol.V ISBN 978-4-06-324522-6
  6. 美少女戦士セーラームーン原画集 Vol.∞

絵本[編集]

作詞[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 美少女戦士セーラームーンLD版特典映像より
  2. ^ 『アニメージュ』1993年(平成5年)5月徳間書店1993年(平成5年)、43頁。
  3. ^ 『アニメージュ』1995年(平成7年)1月徳間書店1994年(平成6年)、6頁。