聖闘士星矢 Legend of Sanctuary

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖闘士星矢 > 聖闘士星矢 Legend of Sanctuary
聖闘士星矢
LEGEND of SANCTUARY
監督 さとうけいいち
脚本 鈴木智尋
原作 車田正美
製作 『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』製作委員会
製作総指揮 車田正美
出演者 石川界人
赤羽根健治
小野賢章
岡本信彦
野島健児
音楽 池頼広
製作会社 東映アニメーション
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 2014年6月21日公開予定
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 未発表
興行収入 未発表
前作 聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜
テンプレートを表示

聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』(セイントセイヤ レジェンド オブ サンクチュアリ)は、2014年6月21日公開予定の『聖闘士星矢』シリーズの劇場公開作品第6弾である。

キャッチコピーは「SAVE YOUR ATHENA」、「君は小宇宙(コスモ)を感じたことはあるか―」、「燃えろ、小宇宙(コスモ)。」。

概要[編集]

2011年の聖闘士星矢誕生25周年記念作として制作が発表され、2013年10月に題名が公表された。『聖闘士星矢』シリーズの劇場作品としては『聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜』以来10年ぶりの作品である。公式サイト公開時より「車田正美 熱血画道40周年」記念作品と位置付けられている。シリーズ屈指の人気を誇る「聖域十二宮編」をフル3DCGアニメーションで製作する予定。

登場キャラクター[編集]

星矢
- 石川界人[1]
天馬星座(ペガサス)の青銅聖闘士。必殺技はペガサス流星拳。
紫龍
声 - 赤羽根健治[1]
龍星座(ドラゴン)の青銅聖闘士。必殺技は廬山昇龍覇。
氷河
声 - 小野賢章[1]
白鳥星座(キグナス)の青銅聖闘士。必殺技はダイヤモンドダスト。
声 - 岡本信彦[1]
アンドロメダ星座の青銅聖闘士。必殺技は星雲鎖(ネビュラチェーン)。
一輝
声 - 野島健児[1]
鳳凰星座(フェニックス)の青銅聖闘士。必殺技は鳳翼天翔。
城戸沙織
声 - 佐々木彩夏[2]
アテナの化身である少女。ブレザーを着用している。
城戸光政
声 - 大杉漣
辰巳徳丸
教皇

黄金聖闘士[編集]

獅子座(レオ) アイオリア
声 - 井上剛
獅子宮を守護する。激情的だが高潔で真面目な性格をしている。必殺技はライトニングボルト。
牡牛座(タウラス) アルデバラン
声 - 小山力也
金牛宮を守護する。大食漢で無骨な男。必殺技はグレートホーン。
山羊座(カプリコーン) シュラ
声 - 川田紳司
磨羯宮を守護する。血の気が多く好戦的な性格をしている。必殺技は聖剣(エクスカリバー)。
乙女座(バルゴ) シャカ
声 - 真殿光昭
処女宮を守護する。仏陀の生まれ変わりとも、最も神に近い男とも称され鋭い洞察力を併せ持つ。必殺技は天魔降伏。
水瓶座(アクエリアス) カミュ
声 - 浪川大輔
宝瓶宮を守護する。責任感が強く任務を忠実に遂行し、冷徹に見られがちだが内面には情を秘めている。必殺技はオーロラエクスキューション。
蟹座(キャンサー) デスマスク
声 - 平田広明
巨蟹宮を守護する。鬚を生やしている。残酷な性格でサディスト。黄金聖闘士の内でも殺戮を至上の喜びとする異端な男。必殺技は積尸気冥界波。
牡羊座(アリエス) ムウ
声 - 宮本充
白羊宮を守護する。眼鏡を掛けている。考え深く冷静な判断を下す現実主義者で戦闘は好まず物静かな性格。必殺技はクリスタルウォール。
魚座(ピスケス) アフロディーテ
声 - 桐本琢也
双魚宮を守護する。薔薇を操り、全ての聖闘士の中で最も美しい男。必殺技はロイヤルデモンローズ。
蠍座(スコーピオン) ミロ
声 - 浅野真澄
天蠍宮を守護する。仮面を装着している。聡明で聖域への忠誠が人一倍高く戦士としての誇りを持つ。必殺技はスカーレットニードル。
射手座(サジタリアス) アイオロス
声 - 森川智之
かつて人馬宮を守護していた。温和な物腰と正義感の強い性格から多くの人間から慕われていたが、反逆者として落命した。
双子座(ジェミニ) サガ
声 - 山寺宏一
双児宮を守護する。清廉な心を持つ有徳の人物であるが、同時に自尊心の強い野心家という二面性も持つ。必殺技はギャラクシアンエクスプロージョン。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「Hero (Yoshiki Classical Version)」
YOSHIKI feat. Katie Fizgerrald from Violet UK(作詞・作曲:YOSHIKI)[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]