聖闘士星矢 Legend of Sanctuary

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖闘士星矢 > 聖闘士星矢 Legend of Sanctuary
聖闘士星矢
LEGEND of SANCTUARY
監督 さとうけいいち
脚本 鈴木智尋
原作 車田正美
製作 『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』製作委員会
製作総指揮 車田正美
出演者 石川界人
赤羽根健治
小野賢章
岡本信彦
野島健児
音楽 池頼広
製作会社 東映アニメーション
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 2014年6月21日公開
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 ¥4,000,000,000[1]
興行収入 未発表
前作 聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜
テンプレートを表示

聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』(セイントセイヤ レジェンド オブ サンクチュアリ)は、2014年6月21日封切られた『聖闘士星矢』シリーズの劇場公開作品第6弾である。

キャッチコピーは「君は小宇宙(コスモ)を感じたことはあるか―」、「燃えろ、小宇宙(コスモ)」 。

概要[編集]

2011年の聖闘士星矢誕生25周年記念作として制作が発表され、2013年10月にタイトルが公表された。『聖闘士星矢』シリーズの劇場作品としては『聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜』以来10年ぶりの作品である。公式サイト公開時より「車田正美 熱血画道40周年」記念作品と位置付けられている。シリーズ屈指の人気を誇る「聖域十二宮編」をフル3DCGアニメーションで製作。

劇場前売券は2014年3月8日から発売され、購入特典として「特製クリアファイル」(全2種)がプレゼントされ、入場者限定特典として1週目が原作連載時の聖衣装着分解図及び今作の設定資料が掲載された「新・聖衣大全」、2週目が「クルセイド プロモーションカード」(全5種)、3週目がキャストのサインが入ったポストカードが配布された。

なお、本作は8月香港(7日)や台湾9月11月には北中米南米ブラジルチリ(9月11日)・ペルー(9月25日)・メキシコ(9月18日)・アメリカ(9月21日)・エクアドル(10月10日)・コスタリカ(10月16日)・ホンジュラス(11月)〉、今秋にはイタリアフランスヨーロッパ諸国での上映も決定している。

登場人物[編集]

今作では、原作及び旧TVアニメ版の星矢達青銅聖闘士4人と沙織の設定年齢・設定身長が引き上げられている他、その他のキャラクターの容姿なども大幅にリファインされており性別が変更されたキャラクターもいる。

メインキャラクター[編集]

星矢
- 石川界人吉永拓斗(子供時代)/ モーションアクター - 山崎勝之[2]
技:ペガサス流星拳、ペガサス彗星拳
16歳。175㎝[3]。陽気かつ単純な性格で時折オーバーアクションをする面もある。孤児であったが彼の小宇宙の素質を見出した城戸光政に引き取られ紫龍達と共に聖闘士の修行地へ送り出される。子供時代、窮地に陥った沙織を救出したことがあり、その時負った傷を彼女の小宇宙で治癒してもらった。
「アテナを護るため戦い、生きる」という確固たる強い信念を持つ。幾度地を舐めても這い上がる様は紫龍をして「立ち上がる度に強くなる」と言わしめる。
沙織を狙う敵方の青銅聖闘士を蹴散らし彼女と出会い、城戸邸では来襲したアイオリアとの戦闘で歯が立たなかったが、アテナを護り聖域へ向かう決意をさらに固める。沙織を奉じ到達した十二宮では金牛宮でアルデバランの角を折り、獅子宮でアイオリアを押し込む活躍を見せたが、人馬宮ではミロとの激戦で彼女のマスクを破損させるも敗れる。沙織の小宇宙を受け瀕死の状態から回復した後は、正体を現したサガとの激闘を繰り広げる。最終決戦では射手座の黄金聖衣を纏いケルベロスと化したサガの攻撃を避けつつ沙織と共に射手座の矢を放つ。
紫龍
声 - 赤羽根健治
技:廬山昇龍覇
16歳。177㎝[3]。信念のために命を投げ出すことも厭わない「義」の男。小宇宙が最大に燃焼すると自らの背中に昇龍が発現する。非常に真面目な性格をしているが天然な面もある。常に敵との遭遇を念頭に入れ、日常的に聖衣を装着しているなど「聖衣並みの頭の固さ」と仲間から呆れられた。
星矢達と共に沙織を狙う青銅聖闘士を蹴散らし彼女と出会う。城戸邸では来襲したアイオリアとの戦闘で歯が立たなかったが、光り輝く小宇宙を放った沙織を真のアテナと確信する。沙織を奉じ到達した十二宮では巨蟹宮でデスマスクを倒す。
氷河
声 - 小野賢章
技:ダイヤモンドダスト、オーロラエクスキューション
16歳。178㎝[3]。シベリアで黄金聖闘士カミュの弟子として修行した。師を超えることを宿願としている。クールで口数は少ないが内面には熱き思いが宿っている。劇中、バイクに乗る姿を披露した。
星矢達と共に沙織を狙う青銅聖闘士を蹴散らし彼女と出会う。城戸邸では来襲したアイオリアとの戦闘で歯が立たなかったが、光り輝く小宇宙を放った沙織を真のアテナと確信する。沙織を奉じ到達した十二宮では、巨蟹宮でデスマスクにより積尸気へ落とされそうになるがカミュによって宝瓶宮へ引き寄せられ師と対峙する。序盤は劣勢に陥るが、覚悟を持った後は相討ちに持ち込む。
声 - 岡本信彦
技:星雲鎖(ネビュラチェーン)
16歳。170㎝[3]。潜在能力は高いが、戦闘を嫌い敵といえども傷つけることに躊躇いを持つ優しい性格をしている。兄である一輝とは強い絆で結ばれている。
星矢達と共に沙織を狙う青銅聖闘士を蹴散らし彼女と出会う。城戸邸では来襲したアイオリアとの戦闘で歯が立たなかったが、光り輝く小宇宙を放った沙織を真のアテナと確信する。沙織を奉じ到達した十二宮では、星矢と共に進み獅子宮でアイオリア、人馬宮ではシュラと相対する。
一輝
声 - 野島健児
技:鳳翼天翔
20歳。180㎝[3]。瞬の兄で青銅聖闘士最強。髪型はオールバック。群れるのを嫌い常に単独行動をしているが、弟の危機の際は何処からともなく現れる。沙織に矢を放ち逃走したトレミーの前に現れ彼を一撃で葬り、十二宮では人馬宮に炎と共に現れシュラへ果敢に挑む。
城戸沙織
声 - 佐々木彩夏こおろぎさとみ(赤ちゃん)、諸星すみれ(子供時代)
16歳。160㎝[3]アテナの化身である少女。ブレザーを着用している。16歳になった時、自らの出自を聞かされ戸惑いながらも自身の宿命を確かめるため、青銅聖闘士達と共に聖域へ向かう。

黄金聖闘士[編集]

射手座(サジタリアス) アイオロス
声 - 森川智之
かつて人馬宮を守護していた。温和な物腰と正義感の強い性格から多くの人間から慕われ次期教皇候補と目されていた。16年前、アテナを亡き者としようとする教皇の魔の手から、赤子であった沙織を救い連れ出したため、反逆者としてサガやシュラの追撃を受ける。ヒマラヤ山脈の洞窟にて遭遇した城戸光政に真実を伝え[4]沙織を託し落命した。
獅子座(レオ) アイオリア
声 - 井上剛
技:ライトニングボルト、ライトニングプラズマ
獅子宮を守護する。激情的だが高潔で真面目な性格をしている。反逆者とされているアイオロスの弟。
教皇から勅命を受け射手座の黄金聖衣の奪還と城戸沙織の殺害を実行するため城戸邸に襲来する。星矢達青銅聖闘士4人の抵抗を物ともせず沙織に迫るが、光り輝く小宇宙を放った沙織を見た後は教皇の行動に疑念を抱き、沙織を手に掛けることはせず「教皇に真意を尋ねる」と言い残し射手座の聖衣だけ持ち帰った。聖域でムウにはこのことを伝えたが教皇へ報告の際、教皇の放つ禍々しい小宇宙[5]をその身に受け人が変わってしまう。
星矢達が獅子宮に到来した時は、前述の教皇の力のせいで「教皇は正義」と猛襲を掛ける豹変ぶりに混乱する星矢や瞬を尻目に、強大な力で彼らを圧倒する。処女宮より出向いたシャカに治された後は、シャカやムウと共に十二宮を駆け上がり人馬宮でシュラやミロに真実を伝え、本性を露わにした教皇の作動させた巨大石像を自らを含めた黄金聖闘士6人で破壊する。
牡羊座(アリエス) ムウ
声 - 宮本充
技:クリスタルウォール
白羊宮を守護する。眼鏡を掛けている。考え深く冷静な判断を下す現実主義者で戦闘は好まず物静かな性格。
アイオリアから城戸邸で沙織の光り輝く小宇宙のことを聞いていたため白羊宮で自らが沙織を直接見た際、真のアテナと確信、彼らを先へ通す。金牛宮から矢の影響から疲弊して行く沙織を抱えるアルデバランと共に十二宮を駆け上る。人馬宮でミロやシュラに真実を伝え、本当の敵である教皇が本性を露わにし巨大石像を作動させた際は自らを含めた黄金聖闘士6人で破壊する。
牡牛座(タウラス) アルデバラン
声 - 小山力也
技:グレートホーン
金牛宮を守護する。大食漢で無骨な男。
沙織を奉じ十二宮へ到来した星矢達の前に立ち塞がる。友であるムウから進言を受けていたが自分の認めた者以外は宮の通過を許さないと、星矢達の力量を計りながらセブンセンシズの存在を教える。彼らを認め宮を通過させた後は、矢の傷によって小宇宙の流出の著しい沙織を抱えながらムウと共に十二宮を駆け上がる。人馬宮でミロやシュラが真実を知った後、本性を露わにした教皇の作動させた巨大石像を自らを含めた黄金聖闘士6人で破壊する。
事あるごとに星矢から「おっさん」と呼ばれていたが本人曰く「おっさん」ではない模様。
蟹座(キャンサー) デスマスク
声 - 平田広明
技:積尸気冥界波
巨蟹宮を守護する。右目のみの隻眼である。残酷な性格かつサディストで黄金聖闘士の内でも殺戮を至上の喜びとする異端の男。黄金聖闘士も青銅聖闘士も差別はしないと謳うが、その実、自分以外の聖闘士の価値を「鉄くず以下」と考えている。
巨蟹宮で星矢達の前に現れた際、ミュージカルのように自ら歌い、宮の壁や床など一面にある死者の顔にコーラスをさせるという独特な演出で登場する。星矢と瞬を先へ行かせた氷河と紫龍と対峙、積尸気で冥界の入口へと送り[6]紫龍を痛めつける。しかし、沙織を「ほら吹き娘」と侮辱したため紫龍の怒りを買う。その直後、黄金聖衣に見放され形勢は逆転。最期は、聖闘士としての矜持をも捨て、なりふり構わない卑怯な手段に出たことで、更なる怒りを買い渾身の昇龍覇を撃ち込まれ死亡する。
デスマスク自身の背中・胸部には漢字で「蟹」と彫ったタトゥーがある。
水瓶座(アクエリアス) カミュ
声 - 浪川大輔
技:オーロラエクスキューション
宝瓶宮を守護する。氷河の師匠。責任感が強く任務を忠実に遂行し、冷徹に見られがちだが内面には情を秘めている。左肩の水瓶は可動する。
巨蟹宮で積尸気に落とされそうになった氷河を宝瓶宮へ引き寄せて教皇に疑念を抱きながらも対峙する。序盤は力量の差を見せつけ氷河を圧倒するが、覚悟を持った彼と互いにオーロラエクスキューションを打ち合った後、氷河へ「アテナの…元へ…行け」と言い遺し絶命する[7]
乙女座(バルゴ) シャカ
声 - 真殿光昭
技:天魔降伏
処女宮を守護する。仏陀の生まれ変わりとも、最も神に近い男とも称され鋭い洞察力を併せ持つ。
獅子宮で星矢と瞬と戦うアイオリアの前へ現れ彼を元の状態に治す。真実を確認した後、人馬宮へ向かい戦闘中のミロやシュラに本来の敵の存在を伝え、教皇が本性を露わにし巨大石像を作動させた際は自らを含めた黄金聖闘士6人で破壊する。
天秤座(ライブラ)の聖闘士
紫龍の師。本編での登場は無いが、星矢達が白羊宮へ到着した際、ムウの口から知己であることが語られる。
蠍座(スコーピオン) ミロ
声 - 浅野真澄
技:スカーレットニードル
天蠍宮を守護する。原作と違い素顔は深紅の髪をした美女。聡明で聖域への忠誠が人一倍高く戦士としての誇りを持つ。
天蠍宮を勝手に抜けようとする星矢と瞬に洗礼を与え人馬宮へ吹っ飛ばし星矢と相対する。果敢に挑む星矢を強大な力で激しく猛襲し彼を下す。星矢との戦闘中に破壊された壁からアイオロスのメッセージを目撃し、遅れて現れたシャカやアイオリアから真実を聞かされる。本来の敵である教皇が本性を露わにし巨大石像を作動させた際は自らを含めた黄金聖闘士6人で破壊する。
本人曰く、戦いの最中よそ見をする男は「いい度胸をしている」ため嫌いではない模様。
山羊座(カプリコーン) シュラ
声 - 川田紳司
技:聖剣(エクスカリバー)
磨羯宮を守護する。血の気が多く好戦的な性格をしている。16年前、反逆者とされ空を飛び逃亡するアイオロスをサガと共に追撃し彼をヒマラヤへ墜落させた。
一つ前の無人となった人馬宮に出向き天蠍宮からミロにより吹っ飛ばされてきた瞬と対峙。あっという間に彼を地に舐め伏せ、続けて現れた一輝と交戦する。序盤は彼のスピードや技に翻弄されることもあったが、自らの本気を出して以降は「手こずらせやがって」とは言うものの実力の違いを見せつけ一輝を下す。遅れて現れたシャカやアイオリア達からミロと共に真実を聞かされ、さらに瀕死の状態の星矢の治療を試みる沙織の小宇宙を見て驚愕する。真実を知った後は、本性を露わにした教皇の作動させた巨大石像を自らを含めた黄金聖闘士6人で破壊する。
魚座(ピスケス) アフロディーテ
声 - 桐本琢也
技:ロイヤルデモンローズ
双魚宮を守護する。薔薇を操り、全ての聖闘士の中で最も美しい男。教皇に青銅聖闘士達が迫っていることを報告し、同時にアテナを安全な場所に移すことを進言するが突如教皇の放ったアナザーディメンションを受け死亡する。戦わずして退場したため、その実力を披露することはなかった[8]
双子座(ジェミニ) サガ
声 - 山寺宏一
技:ギャラクシアンエクスプロージョン
双児宮を守護する。清廉な心を持つ有徳の人物であるが、同時に自尊心の強い野心家という二面性も持つ。アイオロスとの次期教皇の指名争いに敗れている。16年前、反逆者とされたアイオロスをシュラと共に追撃、その戦闘で死亡したと思われていた。
偽のアテナを作り本当のアテナである沙織を亡き者にしようと企んでいた教皇の正体である。矢から流出したアテナの小宇宙を蓄積した火時計からその小宇宙を吸収、星矢達の前に本来の姿を現し「全宇宙の新たな創造の主」となることを宣言。それを防がんとする星矢と激闘を繰り広げ、最後は巨大石像の残骸や聖域の瓦礫を合わせた合成体の巨大な蛇を彷彿とさせる化け物「ケルベロス」となり絶大な力を見せつける。

白銀聖闘士[編集]

矢座(サジッタ)のトレミー
声 - 沼田祐介
教皇から沙織に矢を射る指令を受けた聖闘士。城戸邸にいた彼女に矢を射ることに成功後は、その場から逃亡。とある街の路地に逃げ込み追っ手である紫龍を撒くが、突如現れた一輝に敗れ灰燼と消える。

青銅聖闘士[編集]

沙織を襲撃した青銅聖闘士
声 - 藤本たかひろ金本涼輔服巻浩司
守護星座や名前は不明。計4人の青銅聖闘士が教皇から沙織抹殺の指令を受け彼女を襲撃するが、現れた星矢・紫龍・氷河・瞬の各必殺技を受けて敗れる。

その他[編集]

城戸光政
声 - 大杉漣
グラード財団創始者であり冒険家。辰巳らと共にヒマラヤ山脈を踏破していたところ、洞窟の中でまだ赤子であった沙織やアイオロスと出会う。サガやシュラの追撃を受け絶命間際のアイオロスから、沙織がアテナという女神の化身であること・16年後に沙織を守る少年達が現れることを伝えられ彼女を託された。生前、独自の調査で小宇宙の素質を持つ少年達を引き取り聖闘士とするべく修行地へ送り出していた。また、辰巳には沙織が16歳になった時に真実を話すよう指示していた。
辰巳徳丸
声 - 島田敏
城戸家の執事。熱血漢で律儀な性格であるが、相手を思いやり過ぎるきらいがある。沙織に献身的に仕え、自身がアテナと聞かされ聖域へ向かう彼女の無事を祈る。
教皇
技:アナザーディメンション
アテナ不在時の聖域の指揮を執る人物。全聖闘士を束ねる。本当のアテナである沙織を亡き者にしようとしていた。青銅聖闘士達や沙織の十二宮侵入・一部の黄金聖闘士の裏切りが発生するも、時が満ちたことを感じるとアフロディーテを殺害し目下に揃う沙織や星矢達に正体を見せる。

用語説明[編集]

聖闘士(セイント)
女神アテナを守護する戦士達。武器を持たず自らの肉体のみで戦いその拳は空を裂き、蹴りは大地を割るという。聖闘士には、十二宮を守護する最上位の黄金聖闘士、中級の白銀聖闘士、最下級の青銅聖闘士と3階級がある。また、各々の守護星座に対応した聖衣を纏う。
聖衣(クロス)
聖闘士の纏う防具。劇中では小宇宙を支えるという追加設定もある。平常時は聖衣箱(クロスボックス)と呼ばれる聖域に置かれた大型の箱に収納されている。聖衣箱を召喚するためには青銅聖闘士はドッグタグ、黄金聖闘士はレリーフを使うことにより召喚できる。
アテナ
聖闘士を率いる戦いの女神。アテナ自身は戦いを好まず、アテナの関与する戦争は全てアテナを守る戦いであったと伝えられている。
小宇宙(コスモ)
人間の体内に存在する宇宙的エネルギー。聖闘士は小宇宙を燃焼させることにより途轍もない破壊力を生み出すことができるが小宇宙を全て失うと死に至る。また、アテナの小宇宙は特殊で傷を癒す力を持つ。
セブンセンシズ
小宇宙を人間の第六感と置き換えるならば、セブンセンシズは第七感。セブンセンシズは神の力とも云えるもので、黄金聖闘士はセブンセンシズに到達している。
聖域(サンクチュアリ)
アテナや教皇、聖闘士が居住する世界。原作ではギリシアにあるが今作では異世界にある。十二宮や教皇の間、アテナ神殿などがある。聖域は結界が敷かれているため一般の人間には認識することもできない。
十二宮
アテナ神殿を守護するように螺旋状に配置された宮殿。黄金聖闘士が守護している。
火時計
教皇の使用するアイテム。アテナの小宇宙を吸収・蓄積することができ、小宇宙量と時間経過をカウントしつつ火を灯してゆく。火時計を通じて聖域内部や地上の様子を窺うこともできる。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「Hero (Yoshiki Classical Version)」
YOSHIKI feat. Katie Fizgerrald from Violet UK(作詞・作曲:YOSHIKI)[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.animenewsnetwork.com/encyclopedia/anime.php?id=14017
  2. ^ @chan_YAMA/ 2014年6月30日のTwitter
  3. ^ a b c d e f 「映画化記念スペシャルBOOK」。
  4. ^ 自らの記憶を眼を通じて転写した。
  5. ^ クルセイドカードでは幻朧魔皇拳と表記されている。
  6. ^ 氷河はカミュに引き寄せられ宝瓶宮へ落ちた。
  7. ^ 宝瓶宮で倒れたはずの氷河が沙織達が巨蟹宮に到着した際、巨蟹宮で倒れていたことからカミュが最期の小宇宙で氷河を巨蟹宮へ送った可能性もある。
  8. ^ パンフレットの彼の項には「その強さは計り知れない」との記載がある。
  9. ^ 世界待望の新生『聖闘士星矢』主題歌を世界的アーティスト・YOSHIKIが書き下ろし!!世界で1番熱いコラボレーションが遂に実現!”. 東映アニメーション. 2014年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]