車田正美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
車田正美
生誕 1953年12月6日(60歳)
日本の旗 日本 東京都中央区月島
国籍 日本
活動期間 1973年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 聖闘士星矢
リングにかけろ
B'T-X
風魔の小次郎
公式サイト 車田正美オフィシャルサイト 生々流転
テンプレートを表示

車田 正美(くるまだ まさみ、男性1953年12月6日 - )は、日本漫画家東京都中央区月島出身。血液型A型。

略歴[編集]

本宮ひろ志の漫画『男一匹ガキ大将』に感銘を受けて漫画家を志す。漫画を本格的に描き始めた当初は画材を知らず、青インクでペン入れをしたという。高校3年生の時、初作品を『週刊少年ジャンプ』の「ヤングジャンプ賞」に投稿したが落選。編集部に落選理由を尋ねに行ったのがきっかけで、当時『侍ジャイアンツ』を連載していた井上コオアシスタントとなる(一時的に本宮ひろ志のアシスタントも兼ねた)。

20歳の時、『週刊少年ジャンプ』にて『スケ番あらし』でデビュー。『リングにかけろ』『風魔の小次郎』『男坂』『聖闘士星矢』『SILENT KNIGHT翔』を同誌で連載し、荒唐無稽ながらも独特の作風でジャンプの看板漫画家の一人として活躍する。

このうち『リングにかけろ』『聖闘士星矢』の人気は絶大なものであり、『リングにかけろ』連載当時集英社ビルの改装を行った際は「車田ビル」「リンかけビル」と呼ばれ、車田自身も「ジャンプが300万部突破出来たのは私の漫画のおかげ」とネタにしていた[1]。『聖闘士星矢』は少年読者のみならず、女性にも人気が高く、自分の子に「星矢」と名づけたという報告のファンレターが届いたと、車田がコメントしている。グッズの売上も大変なもので、聖闘士のフィギュア聖闘士聖衣大系は1987年度男子玩具最大のヒット作となった[2]。また、日本国外で問題視されがちな残酷描写という点でも、『聖闘士星矢』は他の日本のアニメ作品と比較して描写がマイルドであるため、欧州でも受け入れられ世界中で人気を博すことになった。フランス出身の映画監督ルイ・レテリエはアニメの大ファンだったと明かし、『タイタンの戦い』は『聖闘士星矢』のオマージュであると述べている[3]

しかし大ヒット作を生み出した反面、物語が途中のまま最終ページに「未完」(『男坂』)や「NEVER END」(『SILENT KNIGHT翔』)といった言葉を載せて事実上完結する作品も数多い。車田自身も、「自分にこの職業を与えてくれたことは感謝するが、自分は本当に漫画家に向いているかどうかはわからない」とコメントしている。

『SILENT KNIGHT翔』終了後、『スーパージャンプ』で新選組を題材とした『あかね色の風』を連載する。コミックスには「1巻」の表示があるが、7話以降の連載は再開されないままである。その後集英社を離れ、創刊まもなかった『月刊少年エース』に迎えられて始めた『B'T-X』は、人気作品となりアニメ化された。

2014年現在は『週刊少年チャンピオン』にてフルカラーで『聖闘士星矢』の続編である『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話』を不定期連載中。
2014年、デビューから40年を迎えたのを機に「車田正美 熱血画道40周年」と題した各種記念企画を展開中。男坂の連載を週刊プレイボーイ公式サイトの『週プレNEWS』内で29年ぶりに再開し、北の大地編を収録した4巻が10月に発売され12月に新章が開始予定。またWEBコミック誌『チャンピオンクロス』で雷鳴のZAJIの特別編が26年ぶりに掲載予定。

作風[編集]

根性や友情、兄弟愛、仁義をキャラクターに語らせる熱血漫画を得意とする。本宮ひろ志に影響されたと語る大ゴマや大胆な見開きなどを多用し、ダイナミックな必殺技の応酬を描くのが特徴。その一方で、作中に古人の名言を引用したり、物理学の知識を応用した展開を見せる。

リングにかけろ』の中盤あたりから「リングを切り裂く、窓をぶち破る、建造物を破壊する」などの荒唐無稽なパワーを宿すボクサー、また神々の力を宿す奇跡のボクサーなどが登場し始め、「SFボクシング」とでもいうべき新しいジャンルを開拓。同作のトーナメント式団体戦は後の『週刊少年ジャンプ』の格闘漫画の先駆けとなった。島本和彦は『アオイホノオ』において『リングにかけろ』の一場面を引用し「これは車田正美が長い年月をかけて作り上げた様式美。本人だけが許されるオリジナリティー」と評価している。

描線は一見太く力強いが、かぶらペンで引いた細い線を重ねて太く見せている。「SHWOK」「ZZRAK」「BAKCOOON」などのアルファベットの擬音や、墨を飛び散らせたような黒い吹き出しなどは車田独特の様式として頻繁に使われる。

『週刊少年ジャンプ』連載中は激しい生存競争の中、「面白いと思ったアイディアはすぐ使う」という考えからの怒涛のストーリー展開が多く、突然突飛な設定を持ち出したり、謎の人物として登場したシルエットが正体を現すと全く違うデザインだったり、死亡した人気キャラクターを蘇生させた。車田は「自分の漫画に必要なのは起承転結ではなく、いかに読者を驚かせるかだ」と語っている[4]

その他[編集]

  • 車田自身は自らを「漫画家」ではなく「漫画屋」と称していた。理由は「漫画家などと呼ぶべきなのは手塚治虫のような巨匠であり、自分はその呼称には値しない」と述べていた。
  • 熱心な車田ファンは「マサミスト」と呼ばれ(命名者は島村春奈)、公式サイトでも閲覧者をそう呼称している。
  • 正装は白のスーツを愛用しており、誌面やOVA『聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編』試写会[5]で着用していた。
  • 『聖闘士星矢』連載時、車田は文化人所得税第一位になり、所有する車も外車数台と豪華絢爛の豪遊生活を送っていた(現在は国産車と二本の足と本人は語る)。
  • 多くの格闘家との親交を持つ。これが影響して、車田当人の希望で格闘家が自身のアニメ作品にゲスト声優として参加したり、本人がキャラクターとして登場している。単行本コメント、雑誌対談企画など、その他格闘家関連の話題には事欠かない。
  • かつては一日に五箱も煙草を吸うヘビースモーカーだったが、30代の頃にスパッと辞めたとのこと。
  • 『聖闘士星矢』に登場するオブジェ状のプロテクター、聖衣(クロス)、鱗衣(スケイル)、冥衣(サープリス)は、複数のアシスタントがデザインと作画(描写に形状の知悉が要求されるため)を兼任している。
  • 近年は秋田書店との交流が深く、HP上でも多くの親睦が示されている。
  • 『週刊少年チャンピオン』で『聖闘士星矢THE LOST CANVAS 冥王神話』を執筆している手代木史織は『聖闘士星矢』など車田漫画の影響で漫画家を志した。
  • コミックゲーメスト』でゲーム『真・サムライスピリッツ』のイラストを描き下ろした。読者からの要望があれば連載をする、とのことだったが連載には至らなかった。なお、描き下ろしイラストは公式サイトのギャラリーに掲載されている。
  • アニメ版『聖闘士星矢』の続編として、2003年より冥界編がOVAとして作成されていたが、2005年、制作続行中でありながら古谷徹をはじめとした主役声優陣を降板させた。ただ車田は古谷を降板させる気はなく、古谷以外の声優陣の変更を希望したが、他のベテラン声優陣と長年育てたチームワークを重視した古谷は自ら降板したという。聖闘士星矢 冥王ハーデス編#声優交代の波紋を参照。
  • 酒井法子のファンだった。『聖闘士星矢』にて蟹座のデスマスクにのりピー語を喋らせたこともある。
  • 『神輪会』の名前は当時の公式ファンクラブ『神話会Jr』の名前の元にもなった。
  • 『実録!神輪会』に収録されている短編「愛読者賞には手を出すな!!」では本宮ひろ志をスーパーヒーローとして描いている。なお本宮も『俺の空』カジノ編にて車田および神輪会メンバーをゲストキャラクターとして登場させている。

作品リスト[編集]

画集[編集]

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『実録!神輪会』第2話『リングにこけろ』
  2. ^ ワールドフォトプレス『フィギュア王』No.95 34ページ。
  3. ^ 「タイタンの戦い」は「聖闘士星矢」へのオマージュ
  4. ^ 『聖闘士聖衣大全』122-125頁。
  5. ^ SuperJUMP特別編集読者全員プレゼント『リングにかけろ!』スペシャルDVDでも同じ服装をしている場面がある。
  6. ^ 4巻分からは週プレNEWSに連載中

関連項目[編集]

外部リンク[編集]