ドラゴンボールヒーローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラゴンボールヒーローズ』(DRAGON BALL HEROES)は、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』及びそのテレビアニメ『ドラゴンボール』、『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』、『ドラゴンボール改』を題材としているトレーディングカードアーケードゲーム2010年11月11日より稼動開始。2012年3月22日より第2シリーズ『ドラゴンボールヒーローズ ギャラクシーミッション』(DRAGON BALL HEROES -GALAXY MISSION-)にリニューアル。また、稼動3周年を記念して2013年11月14日から第3シリーズ『ドラゴンボールヒーローズ 邪悪龍ミッション』(ドラゴンボールヒーローズ じゃあくりゅうミッション)がスタートした。

概要[編集]

データカードダス初の派生シリーズで、ドラゴンボールシリーズのアーケードカードゲームでは初めてデータカードダスの名を冠していない作品であると同時にカードにバーコードを一切使わず、フラットパネルリーダーというステージに配置させて操作するという、『ポケモンバトリオ』のようなシステムを採用されている(なお、フラットパネルに水などが触れたら故障の原因にもなるため、飲食物の持ち込みは禁止されており、筐体にも詳しく書かれている)。そのため、過去のデータカードダスシリーズのカードの連動はない。モニターはワイド画面になっている。『ヒーローライセンスセット』に付いている『ヒーローアバターカード』を使うと、プレイヤーの分身のキャラクター(ヒーローアバター)がゲームに登場できる。また、『ヒーローライセンス』と呼ばれるメモリーカード(最大400回セーブ可能)を使ってヒーローアバターのデータやバトルデータをセーブできる。また、タイトル画面でヒーローライセンスを差し込むと、データを閲覧できる。

遊び方[編集]

お金を投入すると、まずメニュー選択画面が現れる。『ゲームで遊ぶ~エイジミッション~』を選ぶと一人用でゲームが開始される。『ふたりで対戦』を選ぶと別の台のプレイヤーと対人戦で遊ぶ事が出来る(相手の台が一人用ゲーム中の時は選択出来ず、対戦機能をオンにしていない台の場合はそもそもメニューに表示されない)。ゲームをプレイせずカードだけ購入する場合には『カードを買う』を選択するとその場でカードが払い出される。最大9枚まで連続買いが可能。 ヒーローライセンスを所持している場合、画面モニター右下の挿入口に奥まで差し込んでデータを読み込ませ、読み込みが完了すると、矢印のランプが赤色に変わり、自動的にロックが掛かる。未使用のカードの場合(データが引き継いである物を除く)、アバターの名前と年齢の登録が必要。その後カードが1枚排出される。その際に連続購入もでき(1プレイにつき5枚まで購入可能)、HPやアバターの経験値アップなどのボーナスも獲得できる。次に戦いたいエイジ(時代)を選択し、その次に戦いたい敵を選択する(敵によって難易度が異なる。)。その後、使用するカードの表面(カードのイラストが描かれている面)を上にしてパネルに配置して登録する(カードを裏返しに置くと、カードが認識されない)。ヒーローアバターカードを登録する場合は、3種類のタイプから戦いたいタイプを選択できる。カードは5枚まで同時に使用することができる。カードの読み込み枚数が2枚以下の場合、3人になるようにユニットが補充される。

ヒーローアバター[編集]

ゲームに登場させるプレイヤーの分身。ヒーローライセンスカードで登録させ、ヒーローアバターカードを使うことでそのアバターが登場する。戦うことでレベルが上がり、技を覚えていく。レベルが上がるとステータスが上がり、最初から選択できる「ヒーロータイプ」の他にも、レベル8以上で「エリートタイプ」、レベル12以上で「バーサーカータイプ」を選ぶ事ができるようになる。また仲間との友情レベルを上げると、ステータスが上がったり技を覚えたりする。

アバターの種族[編集]

サイヤ人 声:入野自由(ヒーロータイプ) 阪口大助(エリートタイプ) 森田成一(バーサーカータイプ)
稼動開始時から使用可能だったアバター。尻尾を生やした黒髪のサイヤ人少年タイプ。全員の一人称は、「俺」。各ステータスがバランス良く成長する。第1~2弾でヒーローアバターを登録した場合はこのアバターからの開始となっていた。後述の女アバターの登場により、サイヤ人(おとこ)とも呼ばれる。専用アビリティは、サポーターにした時に効果が発動するもの。第7弾以降は神龍の願いにより「超サイヤ人」のアビリティを取得する事で、カードアクションアビリティ『チェンジ』により超サイヤ人への変身が可能になった。
魔人族 声:山口勝平(ヒーロータイプ) 松野太紀(エリートタイプ) 野島健児(バーサーカータイプ)
第3弾より使用可能となったアバター。魔人ブウに似たキャラクタータイプ。HPが重点的に成長する。専用アビリティは、カードアクションアビリティ『ロックオン』。敵を指定して弱体化しつつ攻撃が可能。
サイヤ人(おんな) 声:松岡由貴(ヒーロータイプ) 園崎未恵(エリートタイプ) 鈴木麻里子(バーサーカータイプ)
第4弾より使用可能となったアバター。黒髪のサイヤ人の少女タイプ。成長スピードが少し遅めだが、戦闘力バトルに勝利し先攻を取った際に毎回発動可能な専用アビリティが強力。男アバター同様、神龍の願いにより「超サイヤ人」のアビリティを取得する事で、カードアクションアビリティ『チェンジ』により超サイヤ人への変身が可能。尚、女性の超サイヤ人の登場はこのゲームが初。全員の一人称は、「あたし」だが、バーサーカータイプのみ「うち」である。
フリーザ一族 声:三木眞一郎(ヒーロータイプ) 羽多野渉(エリートタイプ) 中井和哉(バーサーカータイプ)
第5弾より使用可能となったアバター。フリーザ、クウラ等に似たキャラクタータイプ。パワーが重点的に成長する上、専用アビリティであるカードアクションアビリティ『バースト』により必殺技でも大ダメージを与える事が可能な攻撃特化タイプ。一人称は、エリートのみ「僕」で、ヒーローとバーサーカーは「俺」である。
ナメック星人 声:私市淳(ヒーロータイプ) 下野紘(エリートタイプ) 日野聡(バーサーカータイプ)
第8弾より使用可能となったアバター。ピッコロ、ネイル等に似たキャラクタータイプ。ガードが重点的に成長する。専用アビリティであるカードアクションアビリティ『合体』によって、自分チームのピッコロと同化する事でパワーアップする。
人造人間 声:阿部敦(ヒーロータイプ) 浅野真澄(エリートタイプ) 千葉一伸(バーサーカータイプ)
ギャラクシーミッション第9弾より使用可能となったアバター。ヒーロータイプは少年型、エリートタイプは少女型、バーサーカータイプはバイオロイドとなっている。専用アビリティは、カードアクションアビリティ『ダブル』。特定のタイミングでパートナーとのダブルアタックを行える。更にお互いのバトルタイプが一致していると特別な効果が発動する。

ヒーローロボ[編集]

GM1弾から登場した、プレイヤーのサポートロボット。GM1弾以降でヒーローライセンスの新規登録又は最初に読み込みを行う際にヒーローロボの名前入力画面が出現し、好きな名前を登録する事が出来る。ヒーローロボには戦闘終了時かカード購入後に入手するロボパーツを装備させることによって、ロボパーツに設定されたチームボーナスをバトル前に得ることが出来る。ロボパーツにはレアリティが存在し、高レアリティの物ほど入手確率が低いが、1つのパーツで得られるチームボーナスの種類が多くなっている。ロボパーツのパーツスロット数は初期で3つだが、究極神龍の願いによりGM4弾の時点で最大7つまで増やすことが可能。また、バトル前のユニット登録後に装備したロボパーツのうち1つを選択することによって、パーツによって指定されたラウンドに特殊効果が自動で発動される。ロボパーツには3種類のタイプが存在し、選択したパーツによってヒーローロボの姿とサポート内容が変化し、SR+のパーツを選択すると、金色の装甲が追加される。既にロボパーツがいっぱいになると、不要なロボパーツを捨てざるを得なくなってしまうが、不要となったロボパーツと引き換えに経験値を手に入れることができる。また、特定のプロモカードで出現する物やイベント限定で入手出来るパーツの中には、鳥山ロボやV龍へ姿を変える物も存在する。声はドラゴンボールGTのギルと同じ里内信夫が担当している。JM5弾以降、これまでロボスキルが使用できなかった邪悪龍ミッションで、ロボスキルが使用可能になった。

サポートタイプ
特別な装飾の無い、白いボディの「サポートフォーム」になる。指定ラウンドで味方ユニット全員の気力回復・戦闘力アップ・ヒーローエナジーアップ・体力回復を行う。
アタックタイプ
両腕にトゲ付き鉄球、背中にミサイルを装備した赤いボディの「アタックフォーム」になる。指定ラウンドの自分チームの攻撃終了時に、固定ダメージの追加攻撃を行う。パーツによっては気力ダメージも追加される。
ディフェンスタイプ
両腕に盾を装備した青いボディの「ディフェンスフォーム」になる。指定ラウンドに1回だけ相手の攻撃を自動で防御し、ダメージを減らす。敵が複数回の攻撃を行う場合、どの攻撃を防ぐかはランダムで決まる。

エイジ選択[編集]

JM5弾現在、挑戦できるエイジは、エイジミッションではサイヤ人編、人造人間セル編、ボージャック編、ブウ・バビディ編、フリーザ編、スラッグ編、魔人ブウ編、 ブロリー編、ヒルデガーン編、ドクターミュー編、ジャネンバ編、ベビー編、ターレス編、スーパーベビー編、サイヤ人・フリーザ軍 決戦編、ビルス編、ガーリックJr.編、超人造人間編、ハッチヒャック編の19種類、邪悪龍ミッションではレッドリボン軍編、Z戦士の激闘編、外界からの侵略者編、邪悪龍編、ビッグゲテスター編、魔人誕生編、武道会編、バビディの逆襲編の8種類である。ベビー編においては「ギャラクシークエスト」となる。ハッチヒャック編では真・覚醒ルートがある。スペシャルミッション・チャレンジミッション開催中は、スペシャルも選択できる。第7~8弾においてはヒーローズロードも選択可能。

バトル[編集]

フラットパネルのアタックエリアに攻撃を行うカード、サポートエリアに残りのカードを置き、赤いボタンを押して作戦決定となる。

  • アタックエリアにいる戦士の気力が位置に応じて消費され(最前部では3メモリ、真ん中では2メモリ、最下部では1メモリ)、サポートエリアにいる戦士の気力が約2メモリ回復する。
  • 消費された気力に応じた戦闘力が溜まる(気力1メモリにつき1000、1メモリ未満0.5メモリ以上で500、0.5メモリ未満で100)。その合計値の高いチームが先攻となる。決定ボタンを押すまでに掛かった時間によって、自分又は相手チームの気力が499プラスされる為、絶対に同点にはならないようになっている。
  • 攻撃・防御の際にはチャージインパクトが発生。増減するゲージを制限時間以内によりゲージの量が多くなるようにボタンを押す事で止めるとゲージ量が多い方が勝者となり、攻撃側が勝った場合ダメージが増え、追撃、又は必殺技も発動する。敵側の攻撃でチャージインパクトに勝利した場合はガードしてダメージが軽減される。エリートタイプなど、気弾で攻撃する場合には気力も減らす事が出来、気力が0になるとガード・攻撃が出来なくなる(ただし気絶している状態で再び攻撃を受けると、2倍のダメージをうけるが、気絶が解け、気力が全快する)。
  • 同じタイプのキャラクターが同時に攻撃をする場合、連携攻撃となりダメージが増加する。但し、攻撃回数が減る為チャージインパクトに負けるとダメージが非常に少なくなってしまう。連携攻撃でパーフェクトで勝利すると、タイプによって違う連携パーフェクトボーナスが発生する。
ヒーロータイプ
(連携参加人数-1)×500ポイント戦闘力がアップし、戦闘ダメージを上昇させる事が出来る。戦闘力が2000の倍数に達すればヒーローエナジーも上昇する。
エリートタイプ
連携に参加したユニットの気力が、(連携参加人数-1)メモリ分回復する。参加人数が多いほど回復量が増え、次のラウンドでも先攻を取り易い。
バーサーカータイプ
敵チームのヒーローエナジーを(連携参加人数-1)個分ダウンさせる。必殺技を発動不可能にしたり、次のラウンドでのアルティメットユニット発動阻止に使える。
  • 一人のキャラクターでの攻撃に成功した場合、追撃チャンスが発生することがある。カードを左右にこすることで追撃を成功させ、更にダメージを与える事が出来る。必殺技が発動可能な場合は発生せず、CPUは使用しない。
  • 画面左上部にあるのはヒーローエナジーと言い、結晶のような形で表現されている。毎ターン戦闘に参加させるユニットの合計戦闘力2000毎に1個ずつ溜まり、これが一定量以上溜まるとユニットは必殺技を使用する事が出来る。必要なヒーローエナジーの数は、カードの必殺技名の右側に記載されている。必殺技が撃てる場合、画面左側のユニットアイコンに「必」マークが表示される。この状態のユニットを戦闘に参加させ、チャージインパクトに勝利すると必殺技が発動する。連携攻撃の場合、撃てるメンバーが一斉に必殺技を発動する。但し、ヒーローエナジーが必殺技の発動条件を下回る量に減った場合は再度溜まるまで必殺技を使用できなくなる。
  • アルティメットユニットが発動可能なカードには、発動に必要なユニットと消費するヒーローエナジー数が記載されており、その条件を満たしているチームである場合、必要なヒーローエナジーが溜まった時にラウンド開始時にアルティメットユニットチャンスが発動。カードに記載されている通りにリーダーをサポートエリア中央部、メンバーをリーダーの両サイドに置く事で発動し、必要なヒーローエナジーが消費され、ユニット効果が発動する。アルティメットユニットの中には、原作で関連するユニットを集めた特殊演出や強力な効果を持つ超ユニット効果、さらに特定の組み合わせによる確定大ダメージ攻撃となる超ユニット技も存在する。尚、同キャラで複数の変身段階を持つユニットが存在するが、カードに記載されている変身段階と一致していない、もしくはチェンジアビリティで別の変身段階へ変化してしまった場合はアルティメットユニットの発動条件を満たせない。
  • ラウンド数は5ラウンドあり(第5ラウンドでは『FINAL ROUND』となる)、敵チームのHPを0にして勝利となり、第5ラウンド終了後も敵チームのHPが0にならなかった場合は、全ラウンド終了後に判定し、HPが多いチームが勝利となる。

ドラゴンボール争奪バトル[編集]

第3弾から登場したシステム。ドラゴンボールが付いたミッションを選択すると味方ユニットがドラゴンボールを所持した状態でバトルが開始され、持ったままの状態で勝利するとそのドラゴンボールを入手する事ができる。ドラゴンボールの所持状態はヒーローライセンスに保存することができ、7つ集めることによって神龍が登場、願いが選択できる。ドラゴンボールを持ったキャラは光り、チャージインパクトで勝利すると神龍が登場しより高い攻撃力・防御力の超ドラゴンパーフェクトが出ることがある。ドラゴンボールを持ったユニットをサポートエリアに下げると自チームのアタックエリアに残り、作戦決定時にアタッカーとなっているユニットに所有権が移る。チャージインパクトに負けると敵に奪われてしまうが、逆に所持している敵にチャージインパクトで勝つと奪い返す事が可能。ドラゴンボールを奪ったユニットは、25%気力が回復する。

神龍で叶えられる願い[編集]

経験値アップ
経験値が300プラスされる。そのバトルで取得した経験値として扱われる為、ミッション等で経験値アップボーナスが発生している場合は、このポイントが加算された上で倍率計算される。
友情パワーアップ
仲間キャラクターの友情レベルボーナスを3人分アップする。自分で直接キャラ選択は出来ず、友情レベルの低いユニットから優先して自動選択されるが、時間内であればキャラの入れ替えが可能。
アバターチェンジ
ヒーローアバターの種類を変更する。初回登録時に選択した以外のアバターへの変更手段はこれのみ。レベルは1に戻ってしまうが、元のアバターのレベルに応じて成長ボーナスが付く。
必殺技をおぼえる
強力な必殺技を覚える事が出来る。習得出来る必殺技は複数あり、決まった順番で習得していく。現在習得可能は技は以下の通り(括弧内はその技を使用する元キャラ)。
  • ファイナルエクスプロージョン(破壊王子ベジータ)
  • 元気玉(孫悟空)
  • デスボール(フリーザ)
  • スピリッツソード(ベジット)
  • ギガンティックミーティア(ブロリー)
  • リベンジャーカノン(ハッチヒャック)
  • バニシングボール(魔人ブウ:純粋)
  • ソウルパニッシャー(ゴジータ)
  • リベンジブラスト(ベビー:少年体)
  • キルドライバー(ターレス)
  • リベンジデスボール(スーパーベビー2)
  • リべリオントリガー(バーダック)
  • デスインパクト(ガーリックJr.)
  • バーニングアタック(トランクス:未来)
  • 電撃地獄玉(超17号)
  • 旋風回転刃(六星龍)
  • スーパーノヴァ(メタルクウラ)
  • スピリッツエクスカリバー(ベジット)
  • ファイナルシャインアタック(べジータ:GT)
  • フルチャージギガンティック・オメガ(破壊王ブロリー)
アビリティをおぼえる
サイヤ人(おとこ・おんな)アバターのみ出現する選択肢。「超サイヤ人」「超サイヤ人2」「超サイヤ人3」のアビリティを習得出来る。
神龍メダルがほしい
「神龍メダル」を1枚入手する。少ない枚数では何の効果も無いが、一定枚数以上を集める事で「神龍のご加護」というアビリティがバトル開始時に発生し、チームのHPがアビリティレベル×1000ポイント上昇する。レベル6以降はHP上昇値が5000で固定されるが、ミラクルパーフェクト発生率がアップしていく。(このアビリティは対人戦では発動しない)

究極ドラゴンボール[編集]

GM1弾より、特定のエイジミッションにて究極ドラゴンボールが出現するようになった。通常のドラゴンボールとは入手状態が別として扱われ、叶えられる願いも通常のドラゴンボールの上位のものとなっている。究極ドラゴンボールを所持したユニットは、自分チーム攻撃時の最初に必ず単体攻撃を行う事になり連携攻撃に参加できなくなるが、チャージインパクトに勝利すると発生する究極ドラゴンルーレットによるダメージアップが可能。制限時間内に高速で反時計周りで回転するルーレットをボタンを押して止めたパネルによって敵に与えるダメージがアップする(小アップ1.1倍、中アップ1.2倍、大アップ1.5倍、究極アップで2倍ダメージ&敵のヒーローエナジー5個破壊)。通常のドラゴンボールと違い、所持ユニットがチャージインパクトに負けても敵に奪われる事は無い為、入手条件がバトル勝利のみとなっている。対人戦の場合は、両チームが究極ドラゴンボールを1個所持した状態で戦う。GM5弾からは究極ドラゴンボールは大会モードでは出現しなくなる。
究極神龍で叶えられる願い[編集]
経験値超アップ
経験値が500プラスされる。そのバトルで取得した経験値として扱われる為、ミッション等で経験値アップボーナスが発生している場合は、このポイントが加算された上で倍率計算される。
友情パワー超アップ
通常の神龍より、友情パワーが多く増える。仲間キャラクターの友情レベルボーナスを3人分アップする。自分で直接キャラ選択は出来ず、友情レベルの低いユニットから優先して自動選択されるが、時間内であればキャラクターの入れ替えが可能。
アバタークラスアップ
ヒーローアバターをクラスアップさせる。レベルは1に戻るが、コスチュームが変わる。また、LVアップに必要な経験値が増えるが、ステータスの伸びがアップする。クラスアップをすると、究極神龍でアビリティ「超サイヤ人2」を覚えられる。JM3弾は超クラスアップができ、超クラスアップをすると、神龍と究極神龍でアビリティ「超サイヤ人3」を覚えられる。しかし、「超サイヤ人2」はなくなる。
アビリティをおぼえる
アバタークラスアップを行うと選択できる。サイヤ人(おとこ・おんな)アバターのみ出現し、「超サイヤ人2」のアビリティを習得できる。ただし、先に、通常のドラゴンボールで、「アビリティをおぼえる」を選択しないと出現しない。超クラスアップを行うと「超サイヤ人3」のアビリティを習得できるようになる。
バッジスロットを増やす
バッジスロットを1つ増やすことができる。最高6回(合計9つ)まで増やすことができる。
レアパーツをゲットする
バッジをゲットすることができる。レアリティは必ずレア以上になる。
アバターチェンジ
JM3弾より究極神龍でも選択可能に。通常の神龍のと同様。

ポルンガドラゴンボールバトル[編集]

GM7弾から登場したシステム。ポルンガの顔アイコンがついたミッションでチャージインパクトに勝利すると、その攻撃時のアタッカーの人数と同じ個数のポルンガドラゴンボールを取得出来る。ミラクルパーフェクトで勝利した場合は、取得数がさらに+2される。7つのポルンガドラゴンボールを集めると、次のターン開始時に「ポルンガバトルスロットチャンス」が発生する。制限時間以内に高速で回転するスロットをボタンを押して止め、その時に出た目によって自分チームを有利にするか相手チームを不利にする強力な効果が発動する。
通常のドラゴンボールや究極ドラゴンボールとは違い取得状況が記録されるような事は無く、そのバトルで集めたポルンガドラゴンボールはバトル終了時に全て破棄される。GM7弾では7つ集めた場合のみ、バトル終了時にドラゴンボールゲットボーナスでスコア1万点が加算されるようになっていたが、GM8弾よりバトル勝利時にボーナスとしてポルンガドラゴンボールを2個入手出来るようになり、さらに7つ集められなかった場合でもドラゴンボール1つにつき1千点のボーナスが加算されるようになった。また、KOボーナスとして1個追加されるようになっている。
ポルンガドラゴンボールを7つ集め、さらにバトルに勝利した場合、「ポルンガビッグボーナスタイム」が発生。回転するルーレットが表示されたらボタンを押してボールを投下し、止まった目に応じて経験値・レアパーツ・友情パワーボーナスを取得出来る。また、GM7弾より各筐体にて1クレジット毎にタイトル画面に表示された「ポルンガビッグボーナス」のボーナス経験値が加算されていき、ルーレットで「BIG BONUS」の目に止まった場合その時点でのボーナス経験値を全て取得することが出来る。一度BIG BONUSが出るとリセットされ、初期値の100まで戻る。GM9弾より、BIG BONUSのボーナス経験値の上限が1000に設定された。

ダークドラゴンボールバトル[編集]

JM3弾から登場したシステム。ダークドラゴンボールアイコンがついたミッションで、持っているキャラはバトルに不利な効果をつけられる。チャージインパクトに勝利すると、移し返すことができる。誰が最初にダークドラゴンボールを持たせるかは1ラウンド目の戦闘力バトルで後攻になったとき、後攻になったチームのアタッカーのどちらか持つことになる。しかし、サポートに入っても取り換えることはできない。
通常のドラゴンボールや究極ドラゴンボールと同じくバトル終了時にドラゴンボールか究極ドラゴンボールのどちらか1つゲットしてもドラゴンボールゲットボーナスのスコアは変わらない。なお、相手がダークドラゴンボールを持っていても手に入れることができる。

カードアクションアビリティ[編集]

第3弾から登場したシステム。通常のアビリティとは別に存在する、カード操作を行う事で発動させるアビリティ。カード右側にアビリティの種類を示すアイコンが記載されたカードか特定のヒーローアバターのみ使用可能。JM2弾までに9種類のアビリティが存在している。
チェンジ
第3弾より追加。アイコンの形状はカードを上下に動かすイラストの下に、変身前と変身後の形態が描かれたもの。指定のラウンド以降でアタッカーになった際に強制的に発動し、カードをアタックエリア内で上下に大きく動かし続ける事で画面に表示されたゲージを溜め、成功するとキャラクターが変身する(例:通常→超サイヤ人)。変身に成功したキャラクターはステータス上昇・HP回復等の効果を得られる。発動は各カード毎に1回限り。カードを一度もこすらないと、変身できず、そのままの状態になる。(例:通常⇒(変身失敗)通常)。第4弾以降では『チェンジ-超覚醒-』を持つカードが登場。アイコンの変身後の形態が『?』になっており、ゲージを最上部まで溜め切る事で「大成功」となり、通常の成功時より強力な形態へと変身しステータスも大きく上昇、さらに気力も全回復する。変身後の形態が1種類しかないカードでも大成功は発生するが、その場合追加効果は気力全回復のみ。7弾からはサイヤ人(おとこ)(おんな)アバターにも「チェンジ」の能力を身に付けられるようになる。GM10弾キャンペーンカードでは、「チェンジバースト」が登場。このアビリティを持ったキャラが各ラウンドにチェンジモードに入った時、チェンジに成功にした時、カードアクションアビリティ『バースト』を使用可能にする。
ロックオン
第3弾より追加。アイコンの形状は円形の照準モニターのような画像上でカード上部の向きを操作するイラスト。必殺技が発動可能な状態でアタッカーにすると発動する。カード上部から赤色のラインが出現し、それを敵ユニットに合わせて赤ボタンを押す事で発動を確定。そのラウンドはロックオンした敵アタッカーを狙って攻撃する事が出来る。アビリティによっては攻撃の際に相手の弱体化・気力減少等の追加効果が発生する。但し、ロックオンアビリティを使用したアタッカーは必ず単独攻撃となりそのラウンドでは連携攻撃に加わる事が出来ない。同タイプのアタッカーが同じ敵をロックオンしたとしてもそれぞれが単独で攻撃を行う。発動は各カード毎に1回限りだが、発動時に青か緑のボタンを押すとそのラウンドでの発動をキャンセルする事が出来る。JM4弾のキャンペーンカードでは、「ロックオンバースト」が登場。必殺技が発動可能な状態でロックオンした敵アタッカーを狙って攻撃し、チャージインパクトに勝てば、カードアクションアビリティ『バースト』を使用可能にする。
バースト
第5弾より追加。アイコンの形状はカードを左右に動かすイラストの周りに、飛び散る紫色の気のエフェクト。必殺技の発動時に強制的に「バーストモード」画面に移行し、カードをアタックエリア内で大きく左右に大きく動かし続ける事で画面中央に表示されたポイントを上昇させる。数値は0%~MAX(1000%)までの間で上昇し、このポイントが大きい程必殺技のダメージが上昇する。また、800%以上までポイントを上昇させると「超(スーパー)バースト」となり、追加アビリティが発動するカードもある。発動回数の制限は無く、連携アタック参加ユニットに複数のバーストアビリティ持ちがいた場合は1回のカードアクションで纏めてアビリティが発動する。
合体
第6弾より追加。アイコンの形状は2枚のカードを引き寄せるイラストの下に、合体する2人のユニットと合体戦士が書かれたもの。2ラウンド以降の開始時に「合体モード」画面に移行する。一度全ユニットをアタックエリアに出し、その後合体アビリティを持つユニットをサポートエリア左端に、さらに指定されたパートナーユニットを右端に置く。その後2枚のカードをサポートエリア中央に左右から引き寄せるように移動させることで合体成功となり、合体アビリティを持っていたユニットが合体戦士となり、戦闘力2倍・気力自動回復の効果を得ると同時に強力なアビリティを得てパワーアップする。パートナーユニットのカードは「合体中」と表示され、以降バトル終了までユニットとして扱われなくなる。一度合体したユニットはバトル終了まで元の2人のユニットに戻る事は出来ない。アビリティは、メインユニットのアビリティが適用される。尚、1度の合体モードで合体出来るのは1回のみであり、合体可能なユニットが2組以上ある場合は次のラウンド開始時に再度合体モードが発動する。また、発動時に青か緑のボタンを押すとそのラウンドでの発動をキャンセルする事が出来る。GM2弾のキャンペーンカードでは、最強合体バーストが登場。このアビリティを持ったユニットをメインにして出した合体ユニットが、カードアクションアビリティ『バースト』を使用可能になる。
スパーキング
GM3弾より追加。アイコンの形状はカードを大きく左右に動かすイラストの上に、徐々に大きくなる青い気弾が書かれたもの。カード裏に記載されたラウンドの自分チームの攻撃終了時に「スパーキングモード」画面に移行し、スパーキングアビリティ持ちのユニットが巨大な気弾を出現させる。まず一度全ユニットをサポートエリアに戻すことで0%~500%のスパーキングボーナスを得ることが出来、最大ボーナス時にアビリティによっては超スパーキングボーナスの追加効果が発生する。その後全ユニットをアタックエリアに戻し、画面下にゲージが表示されたらアタックエリア内でカードを大きく左右に擦り続けることで、自分チーム側の青いエリアが相手側の赤いエリアより広くなるようにゲージを押し込んでいく。一定時間後、自分エリア側が広ければ攻撃成功。気弾を相手チームに撃ち込みHP&気力ダメージを与える。相手エリア側が広いと失敗となり、気弾を弾き返されてダメージが大きく減少する。発動は各カード毎に1回限りで、各ラウンドで1回のみ。同じラウンドで複数のスパーキング発動ユニットがいたとしても、発動出来るのは1ユニットに限られる。尚、相手に先攻を取られて気絶してしまったユニットがいる場合は、そのユニットはスパーキングボーナスとして加算されず、最大ボーナスとならない為追加アビリティが発生しない。
巨大化
GM6弾より追加。アイコンの形状はカードを時計回りに回すイラストの下に、巨大化前後のユニットの顔が書かれたもの。2ラウンド以降の開始時に「巨大化モード」画面に移行する。一度全ユニットをサポートエリアに下げ、その後巨大化アビリティを持つユニットをアタックエリア中央に置くとカードアクションが発生。カードをアタックエリアでゆっくり回し続けることで画面左上に出現する円形ゲージの中央から青い円形のエネルギーが広がっていく形でパワーチャージされ、最大までチャージするとユニットが巨大化し、画面左側のフィールド外に配置された状態になり、以降はバトル時に他の自チームユニット全員の攻撃後に敵に襲い掛かる形で攻撃し、単独でチャージインパクトを行う。最大までチャージ出来ないと巨大化せずそのままの状態になる。一度のバトルで巨大化できるユニットは1人のみであり、一度巨大化したユニットはそのバトル中元の姿に戻ることは出来ず、別の巨大化アビリティ持ちユニットがさらに巨大化することもできない。但し、他の巨大化アビリティを持つユニット1体につき、巨大化したユニットのパワーが1000アップする。巨大化したユニットは相手に与えるダメージがアップし、自チームのヒーローエナジーの数に関係なく必殺技を発動する事が可能になり、さらに必殺技に追加効果が付く。但し、巨大化したユニットは以降画面上のカードが「巨大化中」と表示され、置いたエリアに関わらず戦闘力に加算されなくなり、連携攻撃にも参加できない。ドラゴンボールを所持することも不可能な為、ドラゴンボールを持つ敵ユニットを攻撃してチャージインパクトに勝利しても奪うことができない。
Z(ゼット)
GM7弾より追加。アイコンの形状はドラゴンボールZロゴのZマークのイラスト上を沿うように動かすカードが書かれたもの。2ラウンド以降の開始時に「Zモード」画面に移行する。一度全ユニットをアタックエリア最上段まで持って行き、Zアビリティを持つユニット(サポーターでも可)を画面上に「1」と表示された場所(開いたエリアの左上)に移動させる。その後「2」(右上)→「3」(左下)→「4」(右下)の順に、Zの字を描くようにカードを動かす事で効果が発動する。Zアビリティを持つユニットが複数いる場合、1回のカードアクションで全員のアビリティが纏めて発動する(気絶しているキャラを除く)。発動時は各カード毎の固有効果がZアビリティ持ちユニット全員に適用され、そのラウンドのみ気絶無効となる。さらに自分チームのバトルの最後に「Z必殺技」で追撃しダメージを与える。発動は各カード毎に1回限りだが、発動時に青か緑のボタンを押すとそのラウンドでの発動をキャンセルする事が出来る。
W(ダブル)
GM9弾より追加。アイコンの形状は2枚のカードをWの文字の形に合わせてスライドさせるもの。2ラウンド目以降の自分チームの攻撃終了後に「ダブルモード」画面に移行する。一度全ユニットをサポートエリアに下げ、その後ダブルアビリティを持つユニットをアタックエリア中央左側に置き、さらにそのラウンドのアタッカーの中から1枚をパートナーに選択してアタックエリア中央右側に置く。この時点で2枚のカードのタイプが同じ場合、タイプ一致ボーナスが発生する。さらに2枚のカードを左右に動かすことでパワーを最大100%まで溜め、その後画面指示の通りに2枚のカードを動かすことでさらに最大100%のパワーを溜めることが出来る。この時指定位置に2枚のカードを移動させるタイミングがずれるとパワーが減少してしまう。合計パワーが200%に達した場合、さらにカード毎の超ダブル効果が発生する。その後2人のユニットが相手に攻撃を行いダメージを与える。カードの動かし方及び攻撃方法はタイプ毎に異なり、全部で4種類存在する(ヒーロー・エリート・バーサーカー・タイプ不一致)。発動は各カード毎に1回限りで、各ラウンドで1回のみ。同じラウンドで複数のダブル発動ユニットがいたとしても、発動出来るのは1ユニットに限られる。2名での連携技である為、アタッカー1名のみの場合や他のアタッカーが全て気絶している場合は発動出来ない。
バトルカプセル
JM1弾より追加。アイコンの形状はホイポイカプセルの形に合わせてスライドさせるもの。2ラウンド目以降の自分チームの作戦終了時に「バトルカプセルモード」画面に移行する。一度全ユニットアタックエリアの一番上に上げ、その後バトルカプセルアビリティを持つユニットをサポートエリアの中央に置き、味方は左端に敵は右端のどちらかを選んで発動。チェンジモードと同じくアタックエリア内で上下に大きく動かし続ける事で画面に表示されたゲージを溜め、ゲージによって本数が決まる。ゲージが溜まったら、アタックエリア4か所でランダムに落ちる。ホイポイカプセルを投げることで、自分チームに有利、または敵チームに不利な効果を発動できる。同じバトルカプセルアビリティを持つユニットが複数いればその効果と一緒に加える。
マインドブレイク
JM5弾より追加。アイコンの形状は振り子の形に合わせて横にスライドさせるもの。2ラウンド目以降の自分チームの攻撃終了後に「マインドブレイク」画面に移行する。一度全ユニットをサポートエリアに下げ、その後サポートエリアにいたマインドブレイクを持つユニットだけをアタックエリア中央に置いて発動。振り子のように動かし続ける事で画面に表示されたゲージを溜め、100%になればマインドブレイク成功になり操った敵を攻撃することができ、同士討ちにできる。その後操った敵にさらにダメージを与え、不利な効果を加える。ただし、敵の誰かを操ることができるのは自分チームが攻撃する時、最後に狙った敵だけしか操ることができない。さらに相手が一人だけだった場合、敵を操らず、ダメージを与え、不利な効果を加えるだけになる。

超アビリティ[編集]

時空転送
第8弾より追加。アイコンの形状はアビリティ発動に必要な2人のユニットと、時空転送により呼び出されるキャラクター及び発動するアビリティの名称が書かれたもの。自分チームにヒーローアバター(種類・タイプは問わず、発動時のアタッカー・サポーターの位置も問わない)がいる時に、時空転送アビリティを持つユニットをカード毎に指定されたラウンド以降にアタッカーにする事で、自分チームの攻撃開始時に発動。カード毎に指定されたキャラクターが時空転送で呼び出され、攻撃を行う。効果はカードによって違い、気力ダウン・気力ダメージ・直接ダメージ・ダメージ+追加効果など。発動は各カード毎に1回のみ。発動条件を満たすユニットがアタックエリアに2人以上いる場合、ユニット上部に表示されたホイポイカプセル型アイコンが赤く点滅しているユニットのみがそのターンに時空転送を発動出来る。発動権を持つユニットをサポートエリアに入れると、アタックエリアに残った別のユニットに発動権を移す事が出来るが、再度アタックエリアに戻すと元のユニットに発動権が戻ってしまう。尚、相手に先攻を取られて時空転送アビリティ持ちのユニットが気絶してしまうと、そのターンは発動出来なくなる。
時空転送S
JM3弾より追加。発動方法は通常の時空転送と同様だが、発動モーションが異なり、時空転送S発動時に自分チームのヒーローエナジーが6個以上あると、追加効果を発動することができる。

不具合[編集]

  • 第6弾で一部カードにおいて通信対戦時に不具合が起こる問題が発生。第7弾で修正される。
  • GM1弾で不具合が見つかったため、修正されるまで究極神龍での「アバタークラスアップ」は選択しないよう呼びかけられていた。Phase5.1にバージョンアップしている筐体及びGM2弾以降では修正済み。
  • GM6弾で、2月7日より配信のスペシャルミッション「東西エリア討伐決戦」でもらえる限定パーツの効果が発動しない不具合が起こる問題が発生。お詫びとして、限定パーツを持っている場合に限り、GM7弾稼働時に1回限り、経験値1000と究極ドラゴンボール6個をプレゼントする。
  • HG6-53セリパのアビリティ効果に、カードには表記されていない効果が存在している。(GM9弾より修正)
  • カードをスキャンした時に、稀にスキャンしたカードと別のキャラクターのカードが出現することがある。
  • JM2弾でチャージインパクトがズレることがある。
  • HJ2-14ヤムチャのアビリティが発動しないことがある。
  • 超六星龍戦において、チャージインパクトがカクカクになることがある。
  • 「合体」後のキビト神においてゲーム内のアビリティ効果の表記が間違っている。

豆知識[編集]

  • エナジーが溜まらずに残った2000未満の戦闘力は、次のラウンドに持ち越される。
  • チャージインパクトスピードはチームの中で最もスピードが遅いキャラのスピードになる。
  • チャージインパクトに負けるほどにミラクルパーフェクトが出やすい。

主な登場キャラクター[編集]

歴代のデータカードダスに登場したキャラは全員、前回と同じ声を流用しており、サタンのように逝去した者も既に収録済みなため。対象となっている。歴代のゲームシリーズを含め、本作で初参戦するキャラが多く、ほとんどは原作と同じ声優が担当しているが一部は「ドラゴンボール改」のキャストを起用されたり、声優が逝去したキャラや大人の事情で起用できなかったキャラは別の声優が担当している。(声優名はドラゴンボールヒーローズアルティメットミッションより)他にも孫悟空GTやベジータGTのように原作には登場しなかった超サイヤ人2も本作から登場しており、超サイヤ人2のバーダックやセル吸収の超17号やキビト神吸収の魔人ブウ、洗脳された劇場版キャラなど本作オリジナルの形態も多数ある。

  • 第1弾
孫悟空(声 - 野沢雅子)、孫悟飯(幼年期、少年期、青年期)(声 - 野沢雅子)、孫悟天(声 - 野沢雅子)、ベジータ(声 - 堀川りょう)、トランクス(幼年期、青年期)(声 - 草尾毅)、クリリン(声 - 田中真弓)、ピッコロ(声 - 古川登志夫)、ヤムチャ(声 - 古谷徹)、天津飯(声 - 真殿光昭)、餃子(声 - 江森浩子)
ラディッツ(声 - 千葉繁)、ベジータ王(声 - 佐藤正治)、ナッパ(声 - 飯塚昭三)、栽培マン(声 - 沼田祐介)、ミスター・サタン(声 - 郷里大輔[1])、人造人間16号(声 - 緑川光)、人造人間17号(声 - 中原茂)、人造人間18号(声 - 伊藤美紀)、人造人間19号(声 - 堀之紀)、ドクター・ゲロ(声 - 矢田耕司)、セル(声 - 若本規夫)
TVSP『たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』より‐バーダック(声 - 野沢雅子)
映画第10作『極限バトル!!三大超サイヤ人』より - 人造人間13号(声 - 遠藤守哉)、人造人間14号(声 - 江川央生)、人造人間15号(声 - 小林俊夫)
  • 第2弾
セルJr.(声 - 鈴置洋孝[1])
映画第10作『極限バトル!!三大超サイヤ人』より - 合体人造人間13号(声 - 遠藤守哉)
映画第12作『銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』より - ボージャック(声 - 玄田哲章)、ビドー(声 - 江川央生)、ザンギャ(声 - Chiko)、ゴクア(声 - 森川智之)、ブージン(声 - 龍田直樹)
OVA『サイヤ人絶滅計画』『超サイヤ人絶滅計画』より - ハッチヒャック(声 - 石川英郎)
  • 第3弾
グレートサイヤマン(声 - 野沢雅子)、ビーデル(声 - 皆口裕子)、マイティマスク(声 - 野沢雅子・草尾毅)、界王神(声 - 三ツ矢雄二)、魔人ブウ:善(声 - 塩屋浩三)、ダーブラ(声 - 大友龍三郎)、プイプイ(声 - 麻生智久)、スポポビッチ(声 - 江川央生)、ヤムー(声 - 龍田直樹)、ゴテンクス(声 - 野沢雅子・草尾毅)
  • 第4弾
ネイル(声 - 楠大典)、ギニュー(声 - 堀秀行)、リクーム(声 - 内海賢二)、バータ(声 - 小野坂昌也)、ジース(声 - 岸尾だいすけ)、グルド(声 - 高戸靖広)、ザーボン(声 - 三浦祥朗)、ドドリア(声 - 長嶝高士)、フリーザ(声 - 中尾隆聖)
  • 第5弾
メカフリーザ(声 - 中尾隆聖)、コルド大王(声 - 大友龍三郎)
映画第7作『超サイヤ人だ孫悟空』より - スラッグ(声 - 屋良有作)、アンギラ(声 - 難波圭一)、ゼエウン(声 - 桐本琢也)、ドロダボ(声 - 宝亀克寿)、メダマッチャ(声 - 堀之紀)
映画第8作『とびっきりの最強対最強』より - クウラ(声 - 中尾隆聖)、サウザー(声 - 速水奨)、ドーレ(声 - 佐藤正治)、ネイズ(声 - 平野正人)
映画第9作『激突!!100億パワーの戦士たち』より - メタルクウラ(声 - 中尾隆聖)
  • 第6弾
魔人ブウ:悪(声 - 塩屋浩三)、ベジット(声 - 野沢雅子・堀川りょう)、キビト神(声 - 三ツ矢雄二)
PS2ドラゴンボールZ2』より[2] - ゴタン(声 - 野沢雅子・郷里大輔)
外伝漫画『エピソード オブ バーダック』より - チルド(声 - 茶風林)
  • 第7弾
ウーブ(声 - 浦和めぐみ)、ミスター・ブウ(声 - 塩屋浩三)、魔人ブウ:純粋悪(声 - 塩屋浩三)、魔人ブウ:純粋(声 - 塩屋浩三)
映画第11作『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』より‐ブロリー(声 - 島田敏)、パラガス(声 - 宝亀克寿)
映画第14作『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』より - バイオブロリー(声 - 島田敏)
  • 第8弾
グレートサイヤマン2号(声 - 皆口裕子)
外伝漫画『エピソード オブ バーダック』より - トービ(声 - 平井啓二)
映画第16作『龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』より - タピオン(声 - 優希比呂)、ヒルデガーン(声 - 青森伸)
  • ギャラクシーミッション 1弾
ドラゴンボールGT』より - 孫悟空:GT(声 - 野沢雅子)、ベジータ:GT(声 - 堀川りょう)、トランクス:GT(声 - 草尾毅)、パン(声 - 皆口裕子)、ウーブ:青年期(声 - 私市淳)、Dr.ミュー(声 - 増谷康紀)、スーパーΣ(声 - 佐藤佑暉)、リルド将軍(声 - 梁田清之)、ハイパーメガリルド(声 - 梁田清之)
  • ギャラクシーミッション 2弾
パイクーハン(声 - 緑川光)
映画第15作『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』より‐ゴジータ(声 - 野沢雅子・堀川りょう)、ジャネンバ(声 - 玄田哲章)、ベクウ(声 - 野沢雅子・堀川りょう)
ドラゴンボールGT』より - メタルリルド(声 - 梁田清之)、ベビー:少年体(声 - 沼田祐介)
  • ギャラクシーミッション 3弾
映画第6作『地球まるごと超決戦』より‐カカオ(声 - 里内信夫)
ドラゴンボールGT』より - 孫悟飯:GT(声 - 野沢雅子)、孫悟天:GT(声 - 野沢雅子)、ミスター・サタン:GT(声 - 郷里大輔)
  • ギャラクシーミッション 4弾
映画第6作『地球まるごと超決戦』より - ターレス(声 - 野沢雅子)、ダイーズ(声 - 真地勇志)、アモンド(声 - 銀河万丈)、レズン(声 - 内海賢二)、ラカセイ(声 - 佐藤正治)
ドラゴンボールGT』より - ベジータベビー(声 - 沼田祐介)
ヒーローズオリジナルより - ジャネンバベビー(声 - 沼田祐介)
  • ギャラクシーミッション 5弾
TVSP『絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス』より‐孫悟飯:未来(声 - 野沢雅子)、トランクス:未来(声 - 草尾毅)
ドラゴンボールGT』より - スーパーウーブ(声 - 私市淳)、スーパーベビー(声 - 沼田祐介)、スーパーベビー2(声 - 沼田祐介)
  • ギャラクシーミッション 6弾
キュイ(声 - 竹本英史)
TVSP『たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』より‐ベジータ:幼年期(声 - 堀川りょう)、ナッパ:青年期(声 - 飯塚昭三)、トーマ(声 - 稲田徹)、セリパ(声 - 三田ゆう子)、パンブーキン(声 - 増谷康紀)、トテッポ(声 - 塩屋浩三)
  • ギャラクシーミッション 7弾
映画第18作『神と神』より - ビルス(声 - 山寺宏一)、ウイス(声 - 森田成一)
  • ギャラクシーミッション 8弾
ドラゴンボール』より - ピッコロ大魔王(声 - 青野武)
映画第4作『ドラゴンボールZ』より - ガーリックJr.(声 - 神谷明)、ジンジャー(声 - 増谷康紀)、ニッキー(声 - 千葉繁)、サンショ(声 - 堀之紀)
  • ギャラクシーミッション 9弾
ガッシュ(声 - 緑川光)、ビネガー(声 - 星野充昭)、ゾルド(声 - 高戸靖広)、タード(声 - 佐藤正治)
ドラゴンボールGT』より - ヘルファイター17号(声 - 中原茂)、超17号(声 - 中原茂)
  • ギャラクシーミッション 10弾
OVA『サイヤ人絶滅計画』『超サイヤ人絶滅計画』より - Dr.ライチー(声 - 岩崎ひろし)
  • 邪悪龍ミッション 1弾
パン:幼年期(声 - 皆口裕子)
ドラゴンボール』より - 孫悟空:少年期(声 - 野沢雅子)、クリリン:少年期(声 - 田中真弓)、亀仙人(声 - 佐藤正治)、ブルー将軍(声 - 古川登志夫)、ムラサキ曹長(声 - 飛田展男)、海賊ロボ(声 - 利根健太朗)、ピラフマシン(声 - 千葉繁)、黒煙の龍(声 - 稲田徹)
映画第9作『激突!!100億パワーの戦士たち』より - ロボット兵(声 - 荒井聡太)
ドラゴンボールGT』より - 六星龍(声 - 勝生真沙子・大友龍三郎)
ヒーローズオリジナルより - ゴテンクス:青年期(声 - 野沢雅子・草尾毅)
  • 邪悪龍ミッション 2弾
ドラゴンボール』より - 桃白白(声 - 大塚周夫)
映画第9作『激突!!100億パワーの戦士たち』より - メタルクウラ・コア(声 - 中尾隆聖)
ドラゴンボールGT』より - 二星龍(声 - 茶風林)
ネコマジン』より - クリーザ(声 - 菊池正美)
  • 邪悪龍ミッション 3弾
キビト(声 - 青森伸)、大界王神(声 - 辻村真人)、北の界王神(声 - 堀之紀)、西の界王神(声 - 鶴ひろみ)、南の界王神(声 - 増谷康紀)、ビビディ(声 - 山崎たくみ)
ヒーローズオリジナルより - 魔人ブウ:純粋(キビト神吸収)(声 - 塩屋浩三)
  • 邪悪龍ミッション 4弾
バビディ(声 - 島田敏)[3]
ドラゴンボール』より - ジャッキー・チュン(声 - 佐藤正治)、鶴仙人(声 - 永井一郎)
ドラゴンボールGT』より - 三星龍
ネコマジン』より - ネコマジンミックス、ネコマジンZ、ネコマジンみけ
  • 邪悪龍ミッション 5弾
ドラゴンボール』より - サイボーグ桃白白(声 - 大塚周夫)
映画第2作『この世で一番強いヤツ』より - Dr.コーチン
ドラゴンボールGT』より - 七星龍(声 - 青森伸)
ヒーローズオリジナルより - 破壊王ガーリックJr.(声 - 神谷明)、破壊王ターレス(声 - 野沢雅子)、破壊王スラッグ(声 - 屋良有作)、破壊王合体13号(声 - 遠藤守哉)、破壊王ボージャック(声 - 玄田哲章)、破壊王ハッチヒャック(声 - 石川英郎)、破壊王ジャネンバ(声 - 玄田哲章)、破壊王ジャネンバベビー(声 - 沼田祐介)、破壊王ヒルデガーン(声 - 青森伸)、魔人ブウ:純粋(バビディ吸収)(声 - 塩屋浩三)
  • 邪悪龍ミッション 6弾
映画第2作『この世で一番強いヤツ』より - Dr.ウィロー(声 - 中田浩二)
ドラゴンボールGT』より - 四星龍(声 - 山口健)

ゲームオリジナルのキャラ[編集]

ドラゴンバトラーズから初登場
  • 超サイヤ人3ブロリー 
ドラゴンボール レイジングブラストから初登場
  • 超サイヤ人3ベジータ 
ドラゴンボール エピソード オブ バーダックから初登場
  • 超サイヤ人バーダック
  • チルド
  • トービ 
ドラゴンボールヒーローズから初登場
  • 超サイヤ人3トランクス:青年期
  • 超サイヤ人3トランクス:未来 
  • 超サイヤ人3トランクス:GT
  • 超サイヤ人2ベジータ:GT
  • 超サイヤ人3ベジータ:GT
  • 超サイヤ人2孫悟空:GT
  • 超サイヤ人3孫悟飯:未来
  • ゴテンクス:青年期
  • 超サイヤ人ゴテンクス:青年期
  • 超サイヤ人2ゴテンクス:青年期
  • 超サイヤ人3ゴテンクス:青年期
  • 超サイヤ人2バーダック
  • 超サイヤ人2ゴジータ
  • 超サイヤ人3ゴジータ
  • 超サイヤ人2べジット
  • 超サイヤ人3ベジット
  • 超サイヤ人4ブロリー
  • ジャネンバベビー 
  • 超17号(人造人間吸収)
  • 超17号(セル吸収)
  • 超六星龍(巨大化)
  • 破壊王子超サイヤ人3ベジータ(バビディ洗脳)
  • 破壊王ジャネンバ(バビディ洗脳) 
  • 破壊王ジャネンバベビー(バビディ洗脳) 
  • 破壊王合体人造人間13号(バビディ洗脳) 
  • 破壊王ハッチヒャック(バビディ洗脳) 
  • 破壊王スラッグ(バビディ洗脳) 
  • 破壊王ボージャック(バビディ洗脳) 
  • 破壊王ガーリックJr.(バビディ洗脳) 
  • 破壊王ターレス(バビディ洗脳) 
  • 破壊王ヒルデガーン(バビディ洗脳) 
  • 破壊王超サイヤ人3ブロリー(バビディ洗脳) 
  • 魔人ブウ:純粋(キビト神吸収)
  • 魔人ブウ:純粋(バビディ吸収)

特殊ミッション[編集]

第1期[編集]

  • ハッチヒャック討伐ミッション
2010年11月20日から12月20日までハッチヒャックと戦えるミッションが開催。
公式サイトでの人気投票『もう1度プレイしたいミッション人気投票』で第1位になり、2011年11月1日から11月16日まで再配信。クリアボーナスは88,888ptになる。
  • 栽培マン100万匹討伐ミッション(サイバイマンチャレンジ)
2010年12月18日から27日まで開催。スペシャルの「栽培マンをとうばつせよ!」選択しバトルスタート。ミッション配信終了後の2010年12月28日から2011年1月5日の期間中、討伐数によって、100万匹達成で経験値ボーナスが2倍アップ、50万匹で1.5倍、38万匹で1.2倍となる。最終討伐数は82万匹となった。
  • 大猿ベジータをたおせ
2011年1月6日から1月12日まで開催。第1弾のサイヤ人編の超ボスである大猿ベジータのパワーアップバージョンと戦えるミッション。
  • 友情パワー1.2倍キャンペーン
2011年2月11日から2月17日の期間中、ヒーローライセンス&アバターを使用すると獲得友情パワーが1.2倍になる。
  • 超(スーパー)セルゲームに挑め!
2011年2月21日から3月16日まで開催の5体のセルと戦うチャレンジスペシャルミッション。セルチームの勝利数が5,000勝を超えると3月17日から23日まで経験値1.5倍キャンペーンが開催。また期間中、全国を6エリアに分けマシン別ベストスコアランキング各エリアTOP5合計スコアも発表、第1位のエリアには経験値2倍キャンペーンが行われる。
5,000戦ミッションは6,218勝で達成となり1.5倍キャンペーンは行われたが、エリアのランキング発表および2倍キャンペーンは2011年東北地方太平洋沖地震の影響で延期となった。
  • 超(スーパー)サイヤ人3達に挑め!
2011年4月7日から5月8日まで開催の超サイヤ人3の孫悟空、べジータ、トランクスと戦うスペシャルチャレンジミッション。
  • 洗脳戦士達をたおせ
2011年4月21日から28日まで開催のバビティミッション。洗脳された破壊王子ベジータ、スポポビッチ、ヤムー、プイプイ、ダーブラと戦い、バトル勝敗結果に応じキリメーターが貯まり、ポイントに応じた経験値キャンペーンが4月29日から5月8日(当初予定)まで実施。最終ポイントは10万Pt(109,501Pt)を突破し経験値2倍キャンペーンが実施された。ただし一部店舗で経験値キャンペーンが正しく配信されなかったトラブルが起こったため5月15日まで期間延長された。
  • 伝説の魔人をたおせ
2011年5月9日から18日まで開催の前回のミッションに続くボスミッションで、キリメーターが10万Ptになって復活した魔人ブウと戦う。
  • ヒーローズスタジアム限定経験値1.3倍キャンペーン
2011年5月19日から26日まで、全国ヒーローズスタジアム限定のキャンペーン。
  • アッキーナアバター率いる女の子チームに挑め!
2011年5月28日から6月12日までの『サキよみ ジャンBANG!』連動企画のスペシャルチャレンジミッション。アッキーナアバター、ビーデル、人造人間18号、ザンギャのチームとバトルし、勝数に応じた経験地ボーナスキャンペーンが行われる。最終勝数は3万勝(30,712勝)を突破し経験値2倍キャンペーンが実施された。
  • ナメック星人を解放せよ!
2011年6月21日から7月6日までのスペシャルチャレンジミッション。メタルクウラ軍団(3体から5体のランダム)と戦い。1体撃退に付きナメック星人10人を開放しその数によって7月7日から13日まで経験値ボーナスキャンペーンが配信される。最終で1,035,207体撃退、10,352070人開放でボーナス2倍キャンペーンが実施された。
  • 伝説の超サイヤ人を倒せ!
2011年7月15日から9月14日までのスペシャルボスミッション。バーダックが超サイヤ人に覚醒し、孫悟空、孫悟飯少年期の親子三代の超サイヤ人チームと対戦。
  • 巨大スラッグをたおせ!
2011年8月5日から8月18日までのスペシャルボスミッション。超ナメック人スラッグを倒すミッション。
  • 惑星プラントを救え!
2011年8月20日から9月7日までのスペシャルチャレンジミッション。Vジャンプドラゴンボール エピソード オブ バーダック』と連動したコラボ企画で、惑星プラントを征服に来たチルドとトービを倒し惑星プラントを開放させる。開放率によって9月8日から9月14日まで経験値ボーナスキャンペーンが配信される予定であったが、最終開放率は57%となり最低ランクの70%を下回ったため実施されなかった。
  • 魔人ブウ達をたおせ
2011年10月5日から11月16日までのスペシャルボスミッション。魔人ブウ:悪とピッコロ(神と融合)、ゴテンクス(超サイヤ人3)、孫悟飯:青年期(潜在能力開放)との対戦で、ラウンドが進むごとにブウが仲間の吸収を繰り返しパワーアップしていく。
  • ジャンBANG!チームに挑め
2011年10月21日から11月8日までの『サキよみ ジャンBANG!』連動企画のスペシャルチャレンジミッション。ジャンBANGチームであるアッキーナアバター、アメザリ戦闘員(アメパイ、ザリパイ)と戦う。勝利数に応じ2011年11月9日から11月16日まで経験値ボーナスキャンペーンが配信される予定であったが、規定勝利数に満たなかった為実施されなかった。
  • フリーザ一族をたおせ
2011年12月17日から2012年1月18日までのスペシャルボスミッション。チルド、コルド大王、フリーザ、クウラ、メタルクウラのチームと対戦する。
  • ブロリー達をたおせ
2011年12月22日から2012年1月10日までのスペシャルチャレンジミッション。ブロリー&パラガス親子と対決する。勝利数500,000pt以上達成でに応じて2012年1月12日から1月18日まで経験値1.2倍のボーナスキャンペーンを実施。
  • ヒルデガーンにいどめ
2012年2月9日から3月21日までのスペシャルボスミッション。ヒルデガーンと対決。チーム全員が必殺技を発動させた上で勝利するとウルトラクリアとなる。
  • 最凶ボスチームをたおせ
2012年2月23日から3月13日までのスペシャルチャレンジミッション。ブロリー・超サイヤ人3、セル完全体、フリーザ最終形態フルパワー、魔人ブウ:悪・孫悟飯吸収、ハッチヒャックの最凶ボスチームと対戦する。1勝で10pt、1敗で3pt、ウルトラクリアで20ptのポイント計算で、50万pt以上の917,018ptを獲得し2012年3月15日から3月21日まで経験値ボーナス2倍キャンペーンを実施。

ギャラクシーミッション[編集]

  • 破壊神ルードをたおせ
2012年4月5日から4月24日までのスペシャルチャレンジミッション。ルード教信者や味方キャラを吸収する破壊神ルードロボと対決する。破壊状況に応じて2012年4月26日から5月2日まで経験値ボーナスキャンペーンを実施され、完全破壊で経験値2倍+レアなロボパーツの入手確率が上がる。完全破壊を達成し経験値2倍ボーナスキャンペーンが配信された。このミッションをクリアすると稀に、ロボパーツ「ルードチャレンシパーツ」がもらえる。
  • ベビーをたおせ
2012年5月3日から5月16日までのスペシャルボスミッション。マシンミュータント・ベビー(少年体)を倒すミッション。
  • 地獄からよみがえった敵をうて
2012年5月31日から6月19日までのスペシャルチャレンジミッション。かつての敵たちとの対決に挑戦する。敵は「ギニュー特戦隊」、「栽培マン」、「ボージャック一味」、「フリーザ・クウラ・ボージャック・スラッグ」からランダムで出現する。地獄におくりかえした人数に応じて2012年6月21日から6月27日まで経験値ボーナスキャンペーンを実施され、すべての敵を地獄におくりかえすと経験値2倍+2012年6月28日から7月4日までレアなロボパーツの入手確率が上がる。このミッションをクリアすると、ロボパーツ「よみがえった強敵チャレンジパーツ」がもらえる。30万人撃破に成功し2つのボーナスキャンペーンが配信された。
  • ジャネンバをたおせ
2012年6月28日から7月11日までのスペシャルボスミッション。ジャネンバを倒すミッション。
  • みんなでベビーから日本を守れ
2012年7月19日から8月21日までのスペシャルチャレンジミッション。日本を襲撃するベビーによって洗脳された戦士を倒すミッションで、全国4エリア毎に別のミッションが配信される。開始直後、他の3エリアにも関東ミッションを配信してしまうというトラブルが発生した。
ステップ1『自分の住むエリアを開放せよ!』 - 各4エリア毎の敵を倒すことでエリアを開放させる。幻のロボパーツが入手できる。
  • 北海道・東北 - ベビー(少年体)、ナッパ、ラディッツ、栽培マン(緑色)×2
  • 関東 - ベビー(少年体)、フリーザ(最終形態)、クウラ(通常形態)、コルド大王、チルド
  • 中部・近畿 - ベビー(少年体)、人造人間16号、人造人間17号、人造人間18号
  • 中国・四国・九州 - ベビー(少年体)、セル(超完全体)、合体13号
ステップ2『未開放のエリア開放に向かえ!』 - 自分のエリア解放後、他のエリア開放に協力する。そのエリアでもらえる幻のロボパーツが入手できる。
ステップ3『全エリア開放でボス出現!全力で挑め!』 - 全エリア解放後に現れる超ボス(ベビー少年体、孫悟飯GT、孫悟天GT、トランクスGT)を倒す。勝利すれば全エリアの幻のロボパーツが入手できる。全エリア開放に伴い2012年8月10日より配信開始、開放率に応じて2012年8月23日から8月29日の経験値ボーナス、8月30日から9月5日までのレアなロボパーツゲット率アップのボーナスが変動する。結果は開放率100%完全開放を達成している。
  • 伝説の超サイヤ人3を倒せ!
2012年8月8日から8月16日までのスペシャルボスミッション。孫悟空(SS3)、ベジータ(SS3)、ゴテンクス成功(SS3)と対戦する。
  • 迫りくる大猿をやっつけろ!
2012年9月21日から10月3日までのスペシャルチャレンジミッション。これまでにボスとして登場した大猿軍団とのバトルに挑む。敵は「大猿ベジータ」「大猿悟飯」「黄金大猿悟空」の3種類がランダムで登場。経験値アップ、レアなロボパーツ出現率アップのごほうびゲージが別々に設定されており、大猿悟飯を倒すと経験値アップ、大猿ベジータを倒すとレアなロボパーツ出現率アップ、黄金大猿悟空を倒すと両方のゲージがアップし、達成率によって最大で経験値3倍&レアなロボパーツ出現率アップのボーナスを得られる。また、ミッション限定のSレア+ロボパーツを戦闘終了時に入手出来る可能性もある。
  • トランクス・ザ・ストーリー もうひとつの未来編
2012年12月14から2013年1月7日までのスペシャルチャレンジミッション。STEP1では、未来のトランクスがいた世界の人造人間17号、18号との対戦。STEP2では、セルと人造人間13号、14号、15号との対戦。カードは3枚しか登録できず、後の2人は、STEP1では、孫悟飯:未来とトランクス:未来、STEP2では、孫悟空とトランクス:青年期が仲間として入る。STEP1が100%になるとSTEP2へと移行する。STEP1とSTEP2の達成率に応じて、2013年1月9日から1月15日の経験値ボーナスを得られる。また、ミッション限定のSレア+ロボパーツを戦闘終了時に入手出来る可能性もある。さらに、STEP1限定で、孫悟飯:未来の友情度を上げると、全バトルタイプ共通の必殺技「爆裂砲火弾」を習得できる。結果はSTEP1、STEP2共にクリアで最大ボーナスを達成。また、STEP1がかなり早くクリアされた為、STEP2を12月中にクリア出来ればSTEP1が再配信されるチャレンジが急遽行われた。結果は12月中クリア達成、残りのミッション配信期間中はSTEP1が再配信された。
  • 大猿化の猛威!スーパーベビー2を倒せ!
  • 東西エリア討伐決戦!
2月7日から2月25日までのスペシャルチャレンジミッション。東日本・西日本に分かれて4種類の敵と戦い討伐ポイントを溜めていき、それぞれの敵ごとに討伐ポイントが高かった方が勝利。「クウラ&フリーザ」「ギニュー特戦隊」「魔人ブウ(善&純粋悪)」は1勝、「大猿ベビー」は2勝分となり、勝利数の多かったエリアに経験値3倍・友情パワー1.5倍ボーナス、敗北したエリアにも経験値1.5倍・友情パワー1.2倍のボーナスが配信される。結果は東日本の勝利となった。また、このミッション限定のSRレア+ロボパーツを戦闘終了時に入手出来る可能性もあったが、不具合によりバトル中にパーツ効果が発動されないようになっていた為、このパーツを入手しGM7弾開始まで持っておいた人に限り、修正及び不具合のお詫びとして究極ドラゴンボール6個と経験値のボーナスが配信された。
  • 宇宙の帝王一族をたおせ!
2013年3月1日から3月10日までのスペシャルボスミッション。フリーザ(第一形態)、クウラ(第一形態)、コルド大王と対戦する。
  • 最強への道のり
2013年3月30日から4月24日までの映画公開記念スペシャルチャレンジミッション。エイジミッション「ビルス編」にスペシャルミッションルートが追加され、「超完全体セル&超サイヤ人孫悟空」・「魔人ブウ(純粋)&超サイヤ人3孫悟空」・「超サイヤ人ゴッド孫悟空」の3種類のミッションに挑み、勝利することでポイントを溜めていき、達成率により最大で経験値2倍&レアパーツボーナスを得られる。結果は75%達成により経験値1.8倍ボーナスが配信。100%に達しなかった為、レアパーツボーナスは無しとなった。また、このミッション限定で手に入るSR+アタックパーツ「鳥山ロボパーツA」を戦闘終了時に入手出来る可能性もあった。
  • ウイスの真の実力に挑め!
2013年4月26日から5月6日までのスペシャルボスミッション。ウイスとビルスと対戦する。
  • ブロリー超サイヤ人3チームに挑め!
2013年5月9日から5月14日までのスペシャルボスミッション。ブロリー(超サイヤ人)、ベジータと対戦する。
  • ガーリック城でお宝ゲット大作戦!
  • ガーリックJr.率いる劇場版ボスチームに挑め!
2013年6月28日から7月7日までのスペシャルボスミッション。ガーリックJr.、ブロリー(伝説の超サイヤ人)、スラッグ、ボージャック、合体人造人間13号と対戦する。
  • 未来からやってきた挑戦者に挑め!
2013年8月1日から8月24日の人造人間アバター誕生記念のスペシャルチャレンジミッション。人造人間アバターチームと対決する。
  •  ヒーローチームは人造人間アバター(ヒーロー)、ゴクア、ダイーズ、人造人間17号、サウザー
  •  エリートチームは人造人間アバター(エリート)、ビーデル、ザンギャ、人造人間18号
  •  バーサーカーチームは人造人間アバター(バーサーカー)、合体人造人間13号、セル(初期形態)、フリーザ(第3形態)、バイオブロリー

達成率により最大で経験値2倍&友情度アップを得られる。 STEP1は人造人間アバターのヒーローチームとエリートチームと対戦。勝利することでポイントが溜めていき、経験値ボーナスが1.5倍に達したら、STEP2のバーサーカーチームが配信される。結果は経験値1.8倍と友情度アップが配信され、最大経験値2倍にはいたらなかった。 なお、このミッションをクリアすると超人造人間編の地獄ステージの地獄クリアポイントが溜まる。また、このミッション限定で手に入るSR+サポートタイプ「ライバルアバターパーツ」を戦闘終了時に入手出来る可能性もあった。

  • 人造人間アバター最強チームに挑め!
2013年8月28日から9月3日までのスペシャルボスミッション。人造人間アバター全員と対戦する。
  • 超17号達をたおせ!
2013年9月4日から9月10日までのスペシャルボスミッション。超17号、人造人間16号と対戦する。
  • デストロンガスの脅威! 絶滅へのカウントダウンをとめろ!
2013年10月1日から10月24日までのスペシャルミッション。ゴースト戦士と対戦し、デストロンガス装置を破壊するミッション。

STEP1は指定されたゴースト戦士と戦う。

  •  フリーザチームはフリーザ(最終形態)、ターレス、ドドリア、アモンド
  •  クウラチームはクウラ(通常)、サウザー、スラッグ、アンギラ

達成率に応じて、経験値ボーナスとレアパーツゲット率が得られる。 勝つごとに撃退数が溜まってゆき、STEP1のHPゲージがなくなれば、Dr.ライチーチームが配信される。

  •  Dr.ライチーチームはDr.ライチー、フリーザ(最終形態)、クウラ(最終形態)、ターレス、スラッグ

このミッション限定で手に入るSR+サポートタイプ「ゴースト戦士パーツ」を戦闘終了時に入手出来る可能性もあった。結果は経験値1.8倍とレアパーツゲット率アップが配信され 、最大経験値2倍には、いたらなかった。

  • ハッチヒャック超チームに挑め!
2013年10月27日から11月3日のスペシャルボスミッション。ハッチヒャック3体と対戦する。
  • 地獄に潜む、孫悟空 抹殺チームに挑め!
2013年11月4日から11月10日までのスペシャルボスミッション。超人造人間編の地獄ステージのエクストラ、超17号(セル吸収)、合体人造人間13号、Dr.ミュー、Dr.ゲロと対戦する。

邪悪龍ミッション[編集]

  • 激闘!超マッスルタワー!
2013年11月29日から12月23日までのスペシャルチャレンジミッション。超マッスルタワーに立ちはだかる敵を倒して上り最上階を目指すミッション。

各階によって経験値ボーナスが違い、勝敗関係なく、もらえるが3Fからは勝敗に応じてもらえる。しかし、負けてしまった場合、1Fからやり直しになる。

  •  1Fはブルー将軍、ムラサキ曹長×3
  •  2Fはブルー将軍、Dr.ゲロ
  •  3FはDr.ゲロ、人造人間アバター全員(クラスアップ)

クリアすることでポイントが溜まり、クリア数により最大経験値2倍と友情度ボーナス1.5倍が得られる。このミッション限定で手に入るヒーローバッチ「マッスルタワーバッチ」を戦闘終了時に入手出来る可能性もあった。途中からバトルナビゲーターの新カリスマ、ツバサとももちゃんのクリスマスプレゼントで経験値ボーナスが伸び、最大経験値3倍となった。結果は経験値3倍と友情度ボーナス1.5倍が配信された。

  • 亀仙人フルパワーに挑め!
2013年12月27日から2014年1月5日までのスペシャルボスミッション。亀仙人と悟空:少年期と戦うミッション。
  • ピラフマシンに挑め!
2014年1月8日から2014年1月14日までのスペシャルボスミッション。ピラフマシンと戦うミッション。
  • ヒーロー特戦隊!入隊テスト
2014年1月31日から2014年2月23日までのスペシャルチャレンジミッション。ヒーロー特戦隊に入隊し、各クラスの教官と戦うミッション。順番で敵を倒してゆき、次々と勝てばクラス入隊認定される。入隊認定されば各クラスの経験値ボーナスがもらえる。Sクラスになればタックボーナスが特大になる。
  •  Bクラスはフリーザ一族アバター全員(クラスアップ)
  •  Aクラスはナメック星人アバター全員(クラスアップ)
  •  Sクラスはバーサーカーサイヤ人アバター(クラスアップ、超サイヤ人2)、エリートフリーザ一族アバター(クラスアップ)、エリート魔人アバター(クラスアップ)、バーサーカーナメック星人アバター(クラスアップ)、バーサーカー人造人間アバター(クラスアップ)

クリアすることで合格ポイントゲージが溜まり、クリア数により最大経験値2倍とレアバッジ獲得率が得られる。このミッション限定で手に入るヒーローバッチ「ヒーロー特戦隊バッチ」を戦闘終了時に入手出来る可能性もあった。結果は経験値1.8倍とレアバッチ獲得率アップが配信されたため、最大経験値2倍にはいたらなかった。

  • メタルクウラ・コアに挑め!
2014年2月26日から3月4日までのスペシャルボスミッション。メタルクウラ3体と戦うミッション。
  • 桃白白チームに挑め!
2014年3月5日から3月11日までのスペシャルボスミッション。桃白白、ブルー将軍、ムラサキ曹長、海賊ロボと戦うミッション。
  • 破壊神ビルスとウイスに挑め! 伝説の超サイヤ人ゴッドに挑め!
2014年3月21日から3月23日の緊急スペシャルミッション。映画ドラゴンボールZ 神と神がフジテレビで地上波放送決定記念としてビルスとウイスのミッションと孫悟空(超サイヤ人ゴット)のミッションと戦うミッション
  • 魔人復活計画
2014年4月3日から5月6日までのドラマチックミッション。ドラゴンボール改2回目の放送記念としてドラゴンボール改の魔人ブウ編のアニメに合わせ、全エンディングを制覇するミッション。今回のミッションはいつものスペシャルミッションは違い、1回目のバトルで勝利し、自分でストーリー選んで、各エンディング到達でエンディングによってボーナスがもらえる。エンディングは4つある。エンディング達成に応じて、達成回数ゲージが溜まり、クリア数により最大経験値2倍が得られる。このミッションが配信中の時は経験値1.2倍もらえる。エンディングに応じて、このミッション限定で手に入るヒーローバッチ「ドラマチックミッションバッチ」と全エンディング制覇の「全エンディング制覇バッチ」を戦闘終了時に入手出来る。その後はランダムで入手可能。4月24日から5月6日までゴールデンウィークボーナスとして経験値1.2倍から1.5倍になる。通信障害の影響で6日から8日に変更した。結果は経験値1.5が配信されたため、最大経験値2倍にはいたらなかった。
  • 魔人ブウチームに挑め!
2014年5月9日から5月13日までのスペシャルボスミッション。魔人ブウ:純粋(南の界王神吸収)、大界王神、ビビディと戦うミッション。
  • ヒーローズ武道会
2014年5月29日から6月22日までのスペシャルミッション。天下一武道会で剛腕チームを倒し、優勝するミッション。敵チームはランダムで登場し、トーナメント式で始める。負ければ最初からやり直しになる。なおチームは大会優勝者のデッキを再現している。
  •  よみがえる復活U(ユニット)チームはエリート人造人間アバター(超クラスアップ)、孫悟空(超サイヤ人)、ミスター・サタン、魔人ブウ:善、ハッチヒャック
  •  非情なる気絶破壊チームはバーサーカー魔人アバター(超クラスアップ)、Dr.ミュー、トランクス;GT(ベビー寄生超サイヤ人)、スーパーベビー、スーパーベビー2
  •  制御不能の超パワーチームはヒーローフリーザ一族アバター(超クラスアップ)、ブロリー(超サイヤ人3)、バーダック(超サイヤ人)、パラガス、ビルス

勝利するごとによって、勝利ポイントゲージが溜まり、勝利すれば1pt、優勝すれば3ptとなり、勝利ポイント数により最大経験値3倍が得られる。優勝すれば経験値100もらえる。このミッション限定で手に入るヒーローバッチ「武道会優勝バッチ」を戦闘終了時に入手出来る。なお、このミッションをプレイすれば経験値30もらえる。結果は経験値2倍が配信されたため、最大経験値3倍にはいたらなかった。

  • ジャッキー・チュンチームに挑め!

2014年6月26日から7月8日までのスペシャルボスミッション。ジャッキー・チュン、孫悟空:少年期、クリリン:少年期、ヤムチャと戦うミッション。

  • 超六星龍に挑め!

2014年6月26日から7月8日までのスペシャルボスミッション。超六星龍と戦うミッション。

  • バビディのふしぎな宇宙船を攻略せよ!

2014年7月24日から8月17日までのチャレンジミッション。バビディのふしぎな宇宙船に待ち構える敵を倒し、攻略するミッション。

  •  地下一階はプイプイ、スポポビッチ、ヤムー
  •  地下二階は魔人ブウ:善、ダーブラ、バビディ
  •  地下三階は破壊王子べジータ、破壊王ターレス、破壊王合体人造人間13号、破壊王スラッグ、破壊王ハッチヒャック
  •  地下四階は破壊王ブロリー

勝利するごとによって、クリアポイントゲージが溜まり、地下一階、二階は1ptで三階、四階は2ptとなり、クリアポイントゲージによって最大経験値2倍が得られる。今回のミッションはチャレンジミッションスタンプが登場。チャレンジミッションを遊ぶだけで、スタンプを一つもらえる。集めるごとにボーナスがもらえる。全部集めればコンプリートボーナスとして経験値100もらえる。なお、このミッションをプレイすればミッション限定で手に入るヒーローバッチ「バビディの宇宙船バッチ」を戦闘終了時に入手出来る可能性も。またもう一つ最深部(地下四階)制覇で手に入るヒーローバッチ「最深部制覇バッチ」を戦闘終了時に入手出来る。なお、地下三階をクリアすれば経験値50もらえ、最深部(地下四階)をクリアすれば経験値80もらえる。結果は経験値2倍と友情度ボーナス1.5倍が配信された。さらに好評につき8月31日まで延期になった。しかし、クリアポイントは加算されないが限定ヒーローバッチはゲット可能

  • ドラゴンウィーク開催!

2014年8月20から8月31日までの夏休みスペシャルミッション。黒煙の龍、二星龍、六星龍のどちらかを選んで戦うミッション。

リリース[編集]

  • 2010年10月2日 ロケーションテスト実施。ロケーションテストカード全15種。
  • 2010年10月21日 『Vジャンプ』12月号に付録カードセット『ファーストヒーローズセット』付録。
  • 2010年11月11日 『ドラゴンボールヒーローズ』第1弾稼働。
  • 2010年11月11日 『ヒーローライセンスセット』などの関連グッズが発売開始。
  • 2010年11月14日 『小学生以下限定ドラゴンボールヒーローズ トライアルヒーローライセンス&ヒーローアバターカードが無料でもらえる!!』でトライアルヒーローライセンスカード(通常のヒーローライセンスカードとは違い、100回セーブ可能)とヒーローアバターカード無料配布(1日限定・先着または抽選)
  • 2010年11月20日-12月20日 期間限定『ハッチヒャック討伐ミッション』開催。
  • 2010年12月3日 『最強ジャンプ』に『孫悟空』カード付録。
  • 2010年12月18日-12月27日 期間限定『栽培マン100万匹討伐ミッション』開催。
  • 2010年12月25日 ドラゴンボールヒーローズスターターセット発売。
  • 2010年12月28日-2011年1月5日 『経験値1.5倍ボーナスキャンペーン』実施。
  • 2011年1月6日-1月12日 スペシャルボスミッション『超巨大!!大猿ベジータをたおせ!』開催。
  • 2011年1月13日 第2弾稼動。一部スキャンが読みにくいカードが存在した。
  • 2011年1月13日 『セルゲーム開幕!超戦士キャンペーン!』カード配布。第2弾専用アビリティが発動。
  • 2011年1月13日 『ドラゴンボールヒーローズ ヒーローズガイド』発売。『孫悟空』カード付録。
  • 2011年2月3日 『ドラゴンボール改 アルティメット武闘伝』に初回特典として『ベジータ』カード同梱。
  • 2011年2月11日-2月17日 『友情パワー1.2倍キャンペーン』開催。
  • 2011年2月21日-3月16日 スペシャルチャレンジミッション『超セルゲームに挑め!』開催。
  • 2011年3月17日 第3弾稼動。新種族として魔人アバターが登場。オフィシャルバインダー2発売。
  • 2011年3月17日 『第3弾超戦士覚醒キャンペーン!』実施。キャンペーンカード全8種。
  • 2011年3月17日 『店頭でカード配布キャンペーン!』実施。CAAチェンジ「孫悟飯:少年期」店頭配布。
  • 2011年3月21日 『Vジャンプ』5月号に「孫悟空」カード付属。
  • 2011年4月7日-5月8日 スペシャルボスミッション『超サイヤ人3達に挑め!』開催。
  • 2011年4月11日 『最強ジャンプ春号』に「べジータ」カード付録。
  • 2011年4月15日 マクドナルド・ハッピーセットでカードとシールを配布。
  • 2011年4月21日-4月28日 スペシャルチャレンジミッション『洗脳戦士達をたおせ』開催。
  • 2011年4月15日 ドラゴンボールヒーローズカードグミ発売。
  • 2011年5月9日-5月18日 スペシャルボスミッション『伝説の魔人をたおせ』開催。
  • 2011年5月19日 第4弾稼動。新アバターとしてサイヤ人(おんな)が登場。アビリティ「チェンジ-超覚醒-」登場
  • 2011年5月19日 ドラゴンボールヒーローズスターターセット2発売。
  • 2011年5月19日 『ドラゴンボールヒーローズ ヒーローズガイド2』発売。『[ゴテンクス]』カード付録。
  • 2011年5月19日-5月26日 『ヒーローズスタジアム限定経験値1.3倍キャンペーン』開催。
  • 2011年5月20日 『Vジャンプ』7月号に「トランクス・青年期」カード付属。
  • 2011年5月28日-6月12日 スペシャルチャレンジミッション『アッキーナアバター率いる女の子チームに挑め!』開催。
  • 2011年6月12日 公式サイトにて、レジェンドヒーローが誕生した。
  • 2011年6月21日 『Vジャンプ』8月号で「バーダック」「孫悟空」「孫悟飯」の3枚組のアルティメットパック応募者全員サービス実施。
  • 2011年6月21日-7月6日 スペシャルチャレンジミッション『ナメック星人を解放せよ!』開催。
  • 2011年7月14日 第5弾稼働。新アバターとしてフリーザ一族が登場。新カードアクション「バースト」登場。
  • 2011年7月14日 ランダムミッション登場。『サイヤ人クロニクルキャンペーン』実施。キャンペーンカード全8種。
  • 2011年7月14日 『店頭でカード配布キャンペーン』。CAAバースト付き「孫悟空」配布。
  • 2011年7月14日 ヒーローライセンスセット3、オフィシャルバインダー発売。
  • 2011年7月15日-9月14日 スペシャルボスミッション『伝説の超サイヤ人を倒せ!』開催。
  • 2011年7月21日 『Vジャンプ』9月号に「孫悟飯・青年期」カード付属。
  • 2011年8月5日 DRAGONBALLZ SPECIAL SELECTION DVDに「バーダック」「トランクス・青年期」カード付属。
  • 2011年8月5日-8月18日 スペシャルボスミッション『巨大スラッグをたおせ!』開催。
  • 2011年8月5日-8月16日 『ヒーローズスタジアム限定経験値1.2倍キャンペーン』開催。
  • 2011年8月11日 『最強ジャンプ夏』に「フリーザ」カード付属。
  • 2011年8月20日-9月7日 スペシャルチャレンジミッション『惑星プラントを救え!』開催。
  • 2011年9月15日 第6弾稼働。カードアクションアビリティ「合体」登場。
  • 2011年9月15日 『合体戦士キャンペーン』実施。
  • 2011年9月15日 『ドラゴンボールヒーローズ ヒーローズガイド3』発売。『魔人ブウ:悪』カード付録。
  • 2011年9月15日 ドラゴンボールヒーローズスターターセット3発売。
  • 2011年10月5日-11月16日 スペシャルボスミッション『魔人ブウ達をたおせ』開催。
  • 2011年10月21日-11月8日 スペシャルチャレンジミッション『ジャンBANG!チームに挑め』
  • 2011年11月1日-11月16日 スペシャルボスミッション『ハッチヒャックをたおせ』再配信。
  • 2011年11月17日 第7弾稼働。サイヤ人(おとこ)(おんな)が超サイヤ人に。
  • 2011年11月17日 『ブロリー撃破キャンペーン』実施。キャンペーンカード全8種。
  • 2011年11月17日 新モード「ヒーローズロード」登場。
  • 2011年11月17日 ヒーローライセンスセット、オフィシャルバインダーセット4発売予定。
  • 2011年11月21日 『Vジャンプ』1月号に合体つき「孫悟空」「ベジータ」カード付属。
  • 2011年12月17日-2012年1月18日 スペシャルボスミッション『フリーザ一族をたおせ』配信。
  • 2011年12月22日-2012年1月10日 スペシャルチャレンジミッション『ブロリー達をたおせ』開催。
  • 2012年1月7日 ヒーロースタジアム限定アバターカード店頭配布キャンペーン
  • 2012年1月19日 第8弾稼働。『時空転送キャンペーン』実施。キャンペーンカード全8種。
  • 2012年1月19日 新アビリティ「時空転送」登場。新アバターとして、ナメック星人が登場。
  • 2012年1月19日 『ドラゴンボールヒーローズ ヒーローズガイド4』発売。『ブロリー』、『孫悟飯:幼年期』カード付録。
  • 2012年1月21日 『Vジャンプ』3月号に超アビリティ:時空転送付き「ピッコロ」カード付属。
  • 2012年2月3日 『最強ジャンプ3月号』に「バーダック」カード付属。
  • 2012年2月9日-3月21日 スペシャルボスミッション『ヒルデガーンにいどめ』開催。
  • 2012年2月23日-3月13日 スペシャルチャレンジミッション『最凶ボスチームにいどめ』開催。
  • 2012年3月21日 『Vジャンプ』5月号に「孫悟空:GT」カード付属。
  • 2012年3月22日 『ドラゴンボールヒーローズ ギャラクシーミッション』にリニューアル。1弾稼動開始。『いきなり銀河のヒーローキャンペーン』実施。スターターセット発売。
  • 2012年4月5日-4月24日 スペシャルチャレンジミッション『破壊神ルードをたおせ』開催。
  • 2012年5月3日-5月16日 スペシャルボスミッション『ベビーをたおせ』開催。
  • 2012年5月17日 ギャラクシーミッション2弾稼動。最強合体キャンペーン実施。
  • 2012年5月17日 『ドラゴンボールヒーローズ ヒーローズガイド5』発売。付録カード「ベジット」付。
  • 2012年5月21日 『Vジャンプ』7月号に「ゴジータ」カード付属。
  • 2012年5月31日-6月19日 スペシャルチャレンジミッション『地獄からよみがえった敵をうて』開催。
  • 2012年6月21日『Vジャンプ』8月号で「孫悟空」「ベジータ」「ゴテンクス」の3枚組のアルティメットパック応募者全員サービス実施予定。
  • 2012年6月28日-7月11日 スペシャルボスミッション『ジャネンバをたおせ』開催。
  • 2012年7月12日 ギャラクシーミッション3弾稼動。新ミッション「ギャラクシークエスト」登場。『ゴジータSS3爆誕!スパーキングキャンペーン』開催。
  • 2012年7月13日-7月18日 銀河戦士友情結束キャンペーン実施。友情パワーが1.5倍になる。
  • 2012年7月19日-8月16日 ヒーロースタジアム限定経験値1.3倍キャンペーン実施。
  • 2012年7月19日-8月21日 スペシャルチャレンジミッション『みんなでベビーから日本を守れ』開催。
  • 2012年8月8日-8月16日 スペシャルボスミッション『伝説の超サイヤ人3を倒せ!』開催。
  • 2012年9月13日 ギャラクシーミッション4弾稼動。
  • 2012年11月4日 公式サイトにて、LIVE配信開催。
  • 2012年11月11日 ドラゴンボールヒーローズ稼働2周年。
  • 2012年11月15日 ギャラクシーミッション5弾稼働。時空転送キャンペーン実施、全8種。
  • 2012年11月15日 『ドラゴンボールヒーローズ ヒーローズガイド6』発売。付録カード「ゴテンクス」付。
  • 2012年12月14日-2013年1月7日 スペシャルチャレンジミッション『トランクス・ザ・ストーリー もうひとつの未来編』配信。
  • 2012年12月15日 『DRAGONBALLHEROES ギャラクシーミッションスペシャルバインダーボックスセット』発売。9枚の超強力バトルカードが付いてくる。
  • 2013年1月17日 ギャラクシーミッション6弾稼働。新カードアクションアビリティ「巨大化」登場。巨大化キャンペーン実施、全8種。
  • 2013年1月17日 ギャラクシーミッション6弾稼働期間中、ヒーローライセンスを使うと、初回限定でドラゴンボールが6個集まった状態でプレイできる。
  • 2013年3月14日 ギャラクシーミッション7弾稼働。新カードアクションアビリティ「Z(ゼット)」登場。Z戦士キャンペーン実施、全8種。
  • 2013年3月14日 『ドラゴンボールヒーローズ ヒーローズガイド7』発売。付録カード「孫悟空」付。
  • 2013年5月16日 ギャラクシーミッション8弾稼働。 歴代劇場版ボス大集結キャンペーン実施、全8種
  • 2013年7月11日 ギャラクシーミッション9弾稼働。新カードアクションアビリティ「ダブル」登場。ダブルアタックキャンペーン実施、全8種
  • 2013年9月12日 ギャラクシーミッション10弾稼働。新カードアクションアビリティ「チェンジバースト」登場。怒り爆発!チェンジバーストキャンペーン実施、全8種。
  • 2013年9月12日 『ドラゴンボールヒーローズ ヒーローズガイド8』発売。付録カード「孫悟飯:少年期」付
  • 2013年11月14日 『ドラゴンボールヒーローズ 邪悪龍ミッション』にリニューアル。1弾稼働。新カードアクションアビリティ「バトルカプセル」登場。驚異炸裂!バトルカプセルキャンペーン実施、全8種
  • 2014年1月16日 邪悪龍ミッション2弾稼働。宇宙最強一族キャンペーン実施、全8種。
  • 2014年3月13日 邪悪龍ミッション3弾稼働。新超アビリティ時空転送S登場。超撃!時空転送Sキャンペーン実施、全8種。
  • 2014年5月15日 邪悪龍ミッション4弾稼働。新カードアクションアビリティ「ロックオンバースト」登場。直撃炸裂!!ロックオンバーストキャンペーン実施、全8種。
  • 2014年7月10日 邪悪龍ミッション5弾稼働。新カードアクションアビリティ「マインドブレイク」登場。

関連商品[編集]

ヒーローライセンスセット
2010年11月11日発売
ヒーローライセンスとヒーローアバターカードがセットになった初心者キット。
オフィシャルバインダー
2010年11月11日発売
カードを収納出来るバインダー。スペアのカードダス公式4ポケットリフィルの追加も可能。ヒーローライセンスとヒーローアバターカードが付いている。
オフィシャルカードスリーブ
2010年11月11日発売
右上にロゴ、右下にフレームが書かれている。
スターターセット
2010年12月25日発売
ヒーローライセンスとヒーローアバターカード、孫悟空、孫悟飯、ベジータ、トランクスの特製キラカードがセット。これらの4枚でオリジナルアビリティが発動される。
ドラゴンボールヒーローズ ヒーローズガイド
2011年1月13日発売
第1弾、第2弾、アバターカードの全146枚を全網羅し、アルティメットユニット、アビリティなども載った情報満載の本。付録カード「孫悟空」付き。
オフィシャルバインダー2
2010年3月17日発売
カードを収納できるバインダー。スペアのカードダス公式4ポケットリフィルの追加の可能。
ヒーローライセンスと魔人族が描かれたヒーローアバターカードがついている。前作に加えIC専用リフィルが付いている。
ヒーローライセンスセット2
2011年3月17日発売
ヒーローライセンスと魔人族がデザインされたヒーローアバターカードがセットになった初心者キット
ドラゴンボールヒーローズスナック
好評発売中
バーベキュー味のスナックに、全10種類の第2弾の再録カード一枚がついたセット。
ドラゴンボールヒーローズカードグミ
2011年4月25日発売
グミと、全12種類のカード一枚のセット。
ドラゴンボールヒーローズ ヒーローズガイド
2011年5月19日
第1弾~第4弾の全309枚を全網羅し、アルティメットユニット、アビリティなども載った情報満載の本。カードアクション「チェンジ」が付いた付録カード「ゴテンクス」付き。
スターターセット2
2011年5月19日発売
ヒーローライセンスとヒーローアバターカード、バーダック、孫悟空、孫悟飯、孫悟天の特製キラカードがセット。これらの4枚でオリジナルユニットが発動される。
ドラゴンボールヒーローズコレクション
好評発売中
全8種の第3弾の再録カードに連動したフィギュアとラムネ菓子のセット。
オフィシャルバインダー3
2011年7月14日発売
カードを収納できるバインダー。スペアのカードダス公式4ポケットリフィルの追加の可能。ヒーローライセンスとフリーザ一族アバターが描かれたヒーローアバターカードがついている。
ヒーローライセンスセット3
2011年7月14日発売
ヒーローライセンスとフリーザ一族アバターがデザインされたヒーローアバターカードがセットになった初心者キット。
ドラゴンボールヒーローズカードグミ2
2011年8月28日発売
全4種のグミと、全12種類のカード一枚のセット。
ヒーローズガイド3
2011年9月15日発売
第1弾~第6弾の全479枚を全網羅し、アルティメットユニット、アビリティなども載った情報満載の本。カードアクション「合体」が付いた付録カード「魔人ブウ:悪」付き。
スターターセット3
2011年9月15日発売
ヒーローライセンスとヒーローアバターカード、トランクス:幼年期、孫悟天、孫悟空、ベジータの特製キラカードがセット。これらの4枚全てがカードアクション持ち。
ヒーローライセンスセット4
2011年11月17日発売
ヒーローライセンスと超サイヤ人アバターが描かれたヒーローアバターカードがセットになった初心者キット。
オフィシャルバインダーセット4
2011年11月17日発売
カードを収納できるバインダー。スペアのカードダス公式4ポケットリフィルの追加の可能。ヒーローライセンスと超サイヤ人状態のサイヤ人(おとこ)アバターが描かれたヒーローアバターカードがついている。
ドラゴンボールヒーローズカードグミ3
2011年12月28日発売
全4種のグミと、全12種類のカード1枚のセット
ヒーローズガイド4
2012年1月19日発売
第1弾~第8弾までのカードデータ、攻略情報、アルティメットユニット、アビリティ等の情報が記載されている。カードアクションアビリティ「チェンジ」を持つブロリーと、超アビリティ「時空転送」を持つ孫悟飯:幼年期の2枚のカードが付録。
スターターセット(GALAXY MISSION)
2012年3月22日発売
ヒーローライセンスとヒーローアバターカード、孫悟空:GT、トランクス:GT、パン、ベジータ:GTの特製キラカードがセット。
ドラゴンボールヒーローズカードグミ4
2012年4月中旬発売
全4種のグミと、全12種類のカード1枚のセット
ドラゴンボール改(魔人ブウ編) オープニング・テーマ《限定盤》
2014年6月18日発売
孫悟空のカードと特製DVDが付属。このDVDには第1、第2シリーズのオープニングアニメーション、第3シリーズのゲーム映像、そして各シリーズのテーマソングが全てフルサイズで収録されている。

人気[編集]

稼動2周年には1億枚を突破し2013年10月18日段階で累計プレイヤー人数90万人、累計出荷枚数は2億枚を突破し2013年度の売上見込みは関連商品を含め100億円を上回り[4]、デジタルキッズゲーム400億円の市場規模のうちの4分の1を占めるなど圧倒的NO.1の人気を誇っている[5]

情報番組[編集]

『DRAGONBALL HEROES ヒーローズロード』
2011年3月26日よりアニマックスで放送のゲーム情報番組。バトルナビゲーターのソラと一般参加者がバトル勝負をする。『ギャラクシーミッション』へのリニューアルに伴い、2012年3月24日放送分より、『DRAGONBOLL HEROES ヒーローズロードG』にリニューアルした。そして『邪悪龍ミッション』へのリニューアルに伴い、2013年11月より『DRAGONBOLL HEROES ヒーローズロードV』にリニューアル。

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 系列
日本全域 アニマックス 2011年3月26日 - 土曜 19時25分 -
日曜 14時25分 -
CS放送

ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション[編集]

ニンテンドー3DSで2013年2月28日に発売の、ドラゴンボールヒーローズを家庭用ゲーム向けに移植したカードバトルアドベンチャーゲーム。すれ違い対戦も可能になっている。2012年11月21日に公式サイトがグランドオープンした。初回封入特典として、ヒーローライセンスとヒーローアバターカード、新キャラクター2種含めた4枚のカードが付いてくる。

アルティメットミッション2[編集]

2014年8月7日に3DS第2弾『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション2』が発売予定。邪悪龍ミッション3弾までの21作を収録、収録カード総数も2000枚以上となる。新モードとして、ストーリー冒険モードに当たる『アルティメットユニバースモード』、難易度が高い『バーストリミットミッション』、すれちがい通信による対戦&協力プレイを追加。初回封入特典として特製カードセットを付属。

脚注[編集]

  1. ^ a b ライブラリ出演
  2. ^ 原作ではイメージのみ登場
  3. ^ 邪悪龍ミッション2弾まではバビディの洗脳ユニットのバビディの声は初代の八奈見乗児が担当していたがカード化される前にキャスト変更されてバトルキャラとして参戦した邪悪龍ミッション3弾以降から島田の声に置き換えられている
  4. ^ デジタルキッズカードゲーム市場で圧倒的人気 No.1 タイトルの新シリーズ『ドラゴンボールヒーローズ 邪悪龍ミッションシリーズ』2013年10月18日
  5. ^ カード出荷枚数2億枚突破!鳥山先生のメッセージも公開された「ドラゴンボールヒーローズ 邪悪龍ミッションシリーズ」発表会をレポート2013年10月18日

外部リンク[編集]