カードダス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カードダス(CARDDASS)は、バンダイトレーディングカード、またはそれを販売する自動販売機の総称。同社の登録商標で、名前は1988年当時話題になっていたアメダスにあやかり、子供の情報源を目指して命名された[1]

漫画アニメなどのキャラクターを題材としているのが特徴。カードダスに書かれた箔マークは、どのカードにもプリズムのように高級感のある部分を入れたいという意図と、悪質なコピー製品を防止する目的で導入されている[2]。自動販売機は1枚20円の「カードダス20」や、1991年より使用された[2]15枚セット100円の「カードダス100」などがあり、駄菓子屋やスーパーマーケットなどに設置された。初期のブイジャンプにはカードダスを題材とした漫画「燃えろ武伊!」も掲載[2]。Vフェスなどのイベントでも大々的に取り上げられ、公式本も発売された。

歴史[編集]

初登場は1988年の「東京おもちゃショー」。当時、自動販売機を使ったカード販売は例が無かった[2]。1988年に初めて『聖闘士星矢』のカードダスが店頭に並ぶ。その後、『SDガンダム』や『ドラゴンボール』などのヒット作品と連携し、1994年にはカードダスの展示販売イベント「カードダス究極博」が開催されるなどブームとなった。1990年から東南アジアでも発売が開始。台湾、香港、韓国、タイ、シンガポールのアジア圏、オランダ、フランス、スペインのヨーロッパ圏、アメリカにおいても各国の言葉で書かれた海外版が販売され、香港の文化傅信有限公司(ぶんかでんしんゆうげんこんす)刊「EX-am」など香港などにおける雑誌でも毎号特集記事が掲載された[2]

1992年度からはカードダスの最新情報、小冊子「カードダスコレクション・アドベンチャー」も店頭で配布された。1994年10月からは週刊少年ジャンプのキャラクターと中心とした展示、販売、イベント、オリジナルグッズ、プレゼント大会などが行われ、ドラゴンボールカードダス本弾の全種類の再発売も行われた「カードダス究極博」も開催。このイベントは1995年にも開催されている。1991年には累計14億枚を突破しており[2]、累計販売数は、2008年3月末時点で約87億5000万枚。自動販売機カードダスマシンの設置台数は約10万台に上る[3]

マジック:ザ・ギャザリング』などトレーディングカードゲームが話題になると、カードダスもゲーム性の高いデータカードダスなどへと進化していった。また2008年9月より、カードダス20周年を記念したオリジナルのTCG「バトルスピリッツ」(バトスピ)を展開している。同カードゲームはMTGの主要スタッフであるマイケル・エリオットが原案として関わっており、一部MTGの要素を受け継いでいる。

種類[編集]

  • プリズム(キラ)
  • 隠れプリズム
  • 両面プリズム
  • カードダスハーフ
  • ジャンボカードダス(カードのサイズが下敷きほどになっている)
  • スーパージャンボカードダス(カードのサイズがA3程度になっている)
  • カードダスマスターズ
  • シールダス
  • ネットカードダス
  • ARカードダス

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プレスリリース」バンダイ、2004年5月24日。
  2. ^ a b c d e f 「完璧解説!カードダス パーフェクトヒストリー」『DRAGON BALL大全集別巻ドラゴンボールカードダスパーフェクトファイルPART1』集英社、1996年2月18日、128-131頁。
  3. ^ バンダイ、カードダス「ドラゴンボール」シリーズを20年ぶりに復刻”. 日経トレンディネット (2008年12月9日). 2011年10月27日閲覧。

外部リンク[編集]