ナメック星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナメック星(ナメックせい)は、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』およびそれを原作としたアニメなどに登場する架空の惑星。本項では、ナメック星に住むナメック星人についても解説。

ナメック星[編集]

ナメック星人の故郷の惑星。空気や重力は地球と同程度で、「アジッサ」という樹木が育っている。ほとんどの家はナメクジのような半楕円状の形をしている。

地球の呼び方で方位はSU83、距離は9045YXの地点にあり、ブルマの父・ブリーフ博士の宇宙船だと地球から4339年と3ヶ月かかる距離だという。ブルマ、クリリン孫悟飯が乗っていったナメック星人の宇宙船では34日、孫悟空が地球に送られた時の宇宙船を改造したものでは6日で到着した。ナメック星のある場所は北の界王の担当区域ではない。

複数の恒星[1]の周りを回っているため、夜がないという特徴がある。また、ナメック星から見ると3つの太陽がそれぞれ昇ったり沈んだりする。

大昔、惑星規模の異常気象がおき、最長老と宇宙に逃れた者を除く全てのナメック星人が滅んだ。木々はまばらで地球に比べると生物の数が少なく、劇中に登場するのは蛙のような生物や両生類のような水生生物が中心。地球と物質組成などが根本的に異なるらしく、空の色は緑や黄色、水の色は紫や緑。しかし、地球人が生存するには特に問題のない環境のようである。過去には音声認識システムを搭載した超高速で移動できる宇宙船を製造できる科学力を持っていたが、異常気象後にこの技術は失われている[2]。これについては、異常気象後に機械の力によって奇跡を生み出すような科学技術を捨て去ったのが原因とされている[3]

その後、悟空とフリーザの戦いにより、ナメック星は故意に爆発させられて、ナメック星人達は違う星へと移住することになった。新しいナメック星の詳細については不明だが、地球からかなり遠く離れた位置にあり、悟空は界王に位置を調べて貰った上で移動せねばならなかった。環境はナメック星に似ているものの海、湖、川などの水面が少なく陸地の多い土が露出している辺鄙な土地で、ホウキのような綿毛の植物がまれに生えており、ナメック星人達が粘土で家を作っていた。

ナメック星人の名前は頭の角のイメージでナメクジからとったものであり、先住民たちの名称は全てナメクジに似たカタツムリから付けられている[4]。アジッサの苗はアジサイからとった名前であり、ナメック星人のモチーフ=カタツムリはアジサイが好きだからという理由で付けられた[5]

アニメでは、フリーザが宇宙船でナメック星の資源を調査しており、資源に乏しいつまらない星と言っていて島流しか願いを叶えた後破壊しようと考えていることが描かれた。

ドラゴンボール[編集]

ナメック星にも地球と同様にドラゴンボールがある。このドラゴンボールはナメック星人の特殊能力で作られたもので、ナメック語で夢の神を意味する「ポルンガ」と呼ばれる怪物の形をした神龍が登場する。地球のドラゴンボールが野球ボールほどの大きさであるのに対して、ナメック星のドラゴンボールはバスケットボールほど。一部媒体では「スーパードラゴンボール」とも呼称される[6]

ナメック星の神龍は3つの願いを叶えてくれるが、1つの願いにつき1人しか生き返らせることができないなどの制約があったが、後にムーリが最長老に新任してから死者の複数蘇生が可能になった。再度使用可能になるまでの時間は地球のものより早い130日である。これはナメック星での1年が130日であるためとされている[7]

ポルンガはナメック星の言葉、すなわちナメック語でないと願いを受け付けない。ただし、ポルンガの話す言葉は地球・宇宙での共通語である。ポルンガを呼び出すための呪文は「タッカラプト・ポッポルンガ・プピリット・パロ」であり、地球の言葉で「出でよ神龍、そして願いを叶えたまえ」という意味。

ナメック星人[編集]

顔には触角と尖った耳があり、体毛はない。体色は黄緑色で、老化すると緑色になる。かなりの体力を消耗する[8]が、頭部さえ無事であれば身体の一部分が損傷しても自由に再生できる特徴をもつ[9]。性質は概して温厚で穏やか。親切で礼儀正しく、無駄な争いを好まず平和的共存を願う者が多い[10]。頭脳明晰で知力、記憶力、推理力、判断力などが極めて良く、五感も地球人やサイヤ人と比べてはるかに高性能である。15代前界王神によると、真面目さでは宇宙屈指の種族だという。その外見からも地球人やサイヤ人とはタイプが異なるが、地球に近い自然環境で生活できることや民族衣装が地球のものと似ている点からも、体内組織の構造と文化面に対する感性は地球人と共通する部分も多い。暑さ寒さにも強く、極寒の地で薄着でいても大丈夫な体である[11]。ナメック星人の触角はナメクジをモチーフにしてデザインされている[5]

ナメック星人は龍族と戦闘タイプ[12]の二つの種族に分けられている。龍族は物を作り出す特殊な力が備わっており、戦闘タイプは護身や村の護衛のために高い戦闘能力が与えられ、お互い協力しながら生活している。また、特殊な例として神様が地球の空気に触れたことで魔族が誕生した例もある。

ナメック星人は生まれながらにして、どんな遠くにいても声を出すことなく会話ができるテレパシー能力を備えている[13]。魔族の力を持っているピッコロやスラッグにいたっては、腕の組織を変化させ伸ばしたり、容積を変え体を巨大化させることができる[13]。ゲームではネイルも腕を伸ばす能力を使用。

ナメック星人は地球人と違って食料を必要とせず、水を飲むだけで生きていくことができる。作者である鳥山明によると、これは「水を栄養に変える酵素を体内に持っているためだと思う」とのこと[5]。ただし、ナメック星人にも歯が生えているためアニメでは子供の頃のマジュニアが魚をかじっており、神様は子供の頃、ユンザビット高地で親を待っていたとき食べるものもろくに無く辛かったと語ったこともある。さらに、アニメではピッコロ大魔王の食事を用意するようにピアノがキングキャッスルで命令しているシーンがある。また、アニメにおいてはピッコロが孫悟飯との修行中に「ナメック星人は眠らない」と発言しているが、デンデやピッコロ大魔王が昼寝をしているシーンもある。

ナメック星人は卵により繁殖する。地球の人間でいう口に相当する器官から白色の卵を排出し、その卵から新たなナメック星人が誕生する。単性生殖であるため、地球人のような男女の性別はなく、恋愛という概念もない。ただし外見は地球人でいう「男性」に近く、他星人からも男性を指す語で呼ばれる。ピッコロは、天下一武道会の時ピッコロ大魔王を父と呼んでいた。卵を産めるのは龍族のみで、ナメック星は世襲制度があるため、原則的には各村の長老のみが卵を産むことが許されている。本来一人で産める卵の数は10〜20個ぐらいであり、誕生したナメック星人は長老とは純粋な親子関係にある。異常気象が起こった際には、唯一人生き延びた長老の一人で龍族である最長老は、種の絶滅の恐れもあったため100個以上の卵を産んでおり、6番目までの子供たちは長老として各村を治めさせた。ピッコロや神様、スラッグなどを除く生存しているナメック星人は、すべて最長老が産み出した子供であり本来は兄弟であるが、産み落とされたナメック星人は生みの親である最長老を「最長老さま」と呼び、デンデなどはムーリを「長老さま」、ネイルを「ネイルさん」と呼んでいる。またナメック星人が悪の心により変化した魔族であるピッコロ大魔王は、魔族の仲間を増やすと称しナメック星人の姿ではない魔族の卵を作中で4個生み、最初から成長した姿の魔族[14]を産んでいる。

映画版では口笛の音が弱点と設定されている。くもりガラスや黒板を爪でこする音のように、聴覚を刺激するため。

すべてのナメック星人は、原作では4本指だが[15]、アニメ版では放送コードの都合によって5本指になっている。また、血液が紫色であるのもナメック星人の特徴だが、Z以前のアニメではたびたび赤色の場合がある。

一部のナメック星人は高い戦闘力を有していて悟空たちと同じく自在に変化させられる。ムーリ長老の村の若者で3000前後あり[16]、これらはサイヤ人のラディッツや一般的なフリーザの部下たちを上回る戦闘力を持っている。アニメオリジナルで登場した一般的な戦闘タイプの若者の数値は10000前後[17]であり、ナメック星最強の戦闘タイプのネイルに至っては42000と、当時のベジータやフリーザの側近であるザーボン、ドドリアを凌駕している。中にはフリーザや超サイヤ人をも上回る戦闘力を持った個体もおり、作中では超ナメック星人と呼ばれている(ピッコロ、スラッグ)。

また、2体以上のナメック星人が融合を行う場合がある。

死亡した際、大抵は通常の生物同様に遺体が残るが、悟空に倒されたピッコロ大魔王のように遺体が爆発したり、ピッコロと共に死亡した際の神や、ムーリに継承を果たした際の最長老のように遺体を残さず消滅した例もある。いかなる条件でこの差異が生じるかは不明。

言語については、独自の言語「ナメック語」の他、クリリンやフリーザ一味にも理解できる言語を話すことができる。ナメック語は初代アニメではテープの逆再生と文字テロップで表現されている。また、「ピッコロ」はナメック語で「違う世界」という意味である。

高齢になると体力が衰え外見も皺が増えて老人になり、若返った時のピッコロ大魔王は老人の時よりも遥かに強くなったことが、作中で明らかにされている。さらに、高齢で卵を産むと死の危険すらある程とのこと。

宇宙でも屈指の高い戦闘力とこれらの特殊能力ゆえに、宇宙にもその存在は知られており、べジータも地球に来る前からナメック星のことは噂で聞いていた。

主なナメック星人[編集]

註:魔族となったナメック星人であるピッコロ大魔王と、その生まれ変わりである大魔王の子(マジュニア)に関してはピッコロ (ドラゴンボール)を、劇場版オリジナルのナメック星人・スラッグについてはドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空#ゲストキャラクターの項を、ゲームオリジナルのツムリーとマイーマについてはドラゴンボールZ 超サイヤ伝説#ナメック星人をそれぞれ参照のこと。

神様(地球の神)[編集]

声 - 青野武(無印、Z、改4話 - 51話)、島田敏(改66話 - 68話)

ナメック星の異常気象で地球に降り立ったナメック星人で、カタッツの子。(原作においては)異常気象時に最長老以外で唯一生き残ったナメック星人。ドラゴンボール、神龍を作った。最長老いわく龍族の天才児で、後の分離さえなければ相当な実力を持っており、超サイヤ人でないサイヤ人相手なら負けることはまずないとされる。地球に降りた際に事故で記憶の多くを失っており、ナッパがピッコロを「ナメック星人」と言うまでは、自分がナメック星人であることすら忘れていた。

アニメではかつてガーリックと神の座を競っていたが、先代の神がガーリックの野望を見抜いたことから、神の後継者として選ばれた[18]。本来ナメック星人は善の存在だが、地球人の邪悪な一面に触れたことにより、わずかな悪の心が芽生える。それを先代の神に見抜かれ、神になるため悪の心であるピッコロと分離。

初代ピッコロ大魔王よりも実力は上であり、初代ピッコロ大魔王を倒した当時の悟空を指一本で弾き飛ばすほどの実力者[19]。自分がピッコロを封じてしまえば、人々が「困ったときの神頼み」で「いざとなれば神様が何とかしてくれる」と考えるようになる可能性があるため、できれば人間たちの力でピッコロを退治して欲しいと考えていた。また、ピッコロとは命を共有しているため、神が自ら死ねばピッコロも死なすことができるが、「神が自殺をする訳にはいかない」という理由から、自殺できないでいた。彼自身は、ピッコロの死と同時に自分も命を落とすということを恐れてはいなかったが、「神だって命は惜しい」「自殺をしないですむ方法を人間が教えてくれた」とも語っており、初代ピッコロ大魔王の生まれ変わりであるマジュニアとの戦いでは、魔封波を使用してビンに封じ込めようとした。

人間達が余りにも私利私欲のためにドラゴンボールを利用しようとしているのを見て[20]ピッコロ大魔王が神龍を殺して、ドラゴンボールを使えなくした際には、もう神龍もドラゴンボールも復活させないでおこうと考えていた。だが、私利私欲のためではなく、ピッコロ大魔王達に殺された仲間達を生き返らせるために、ドラゴンボールを再度使用可能にしてもらおうとカリン塔から天界に登ってきた悟空を見て考えを改める。悟空のような者がわずかでもいる限りは、そうした者へのたった一つの最後の希望としてドラゴンボールを残しておこうと決意し、神龍を復活させた。人を生き返らせることは出来ないが、バラバラに木っ端微塵になった死体の肉体を再生させることは出来る。

カリン塔のさらに上空の神殿に住み、悟空を神殿で特訓させた。その後、1年後に控えたサイヤ人の襲来に備え、クリリン、ヤムチャ、天津飯餃子ヤジロベーたちの稽古もつけている。ピッコロがナッパに殺された際に消滅するが、ピッコロが生き返るまでの間は自分一人だけあの世に残った。人造人間編(セル編)で再びピッコロと融合したことで結果的に戦士型のナメック星人として生まれ変わった。

地球の神ではあるものの、ミスター・ポポの方が天界での職歴が長く、ポポより知識で劣るケースがいくつかあった。閻魔大王、界王、大界王、界王神など、神様より地位の高い人物が多く存在し、彼らを前に畏まる場面も多い。サイヤ人編以後は、コメディキャラクターとしての側面を強くしており、融合後のピッコロ(マジュニア)にもその影響がでている。自分が地球人と「ちょっと」ちがうことを少々気にしていた。

演じた青野は「感情の起伏の激しいピッコロ大魔王と違って、神様は静かな自然な感じだから、やるほうとしては演じ分けしやすかったと思う」、また「悟空が強くなりすぎて、神様といえども彼を引き立てるただの人みたいになってしまうんじゃないか」と語ったこともある(インタビューはサイヤ人編頃)[21]

カタッツ[編集]

名前のみの登場。神様とピッコロ大魔王が分裂する前のナメック星人の親で、龍族。ナメック星の異常気象の時、宇宙船に我が子を乗せて脱出させた。自分も宇宙船の後を追うと我が子に約束をするが、結局異常気象で死亡したため、その約束は実現しなかった。

デンデ[編集]

声 - 鈴木富子(Z全般)、結城比呂(Z青年期(魔人ブウ編の10年後のみ)、GT、ゲーム版少年期)、平野綾神と神

龍族タイプのナメック星人の子供。最長老108番目の子供で、ナメック星人の中ではかなり優秀な才能を持っている。村がフリーザ一味に襲われ、ドドリアに殺されそうになったところを悟飯に助けてもらったことで、彼らのドラゴンボール集めに協力するようになる。戦う力は持たないが他の者に手で触れることで、どんな重傷を負った者でも完治させることができる能力を持つ。またフリーザ軍から逃げるために最長老から力を引き出されており、人を抱えたまま空を飛ぶこともできる。ナメック語でポルンガを呼び出し願いを伝えたり、フリーザとの闘いで傷ついた彼らを治癒したりと活躍したが、その回復能力を危険視され、後にフリーザによって殺されてしまう。その後、間もなく地球のドラゴンボールによって生き返り、ポルンガに願いを言い、崩壊するナメック星から悟空とフリーザを除く全員を地球に避難させることに成功する。その後は他のナメック星人とともに新たなナメック星に移り住んでいたが、先代の神がピッコロと融合したため新たな地球の神となり、神龍とドラゴンボールを管理することになる。

ナメック星で新しい最長老となったムーリによれば、地球の新しい神の座についたのも悟飯やクリリンに会いたいというのが主な理由らしく、デンデは悟飯やクリリンのことも慕っている。また、フリーザ同様にナメック星で殺戮を繰り広げたベジータを当初は嫌悪し、フリーザ戦でベジータが重傷を負った際には治療を拒むほどだったが、魔人ブウ編においてそのわだかまりは緩和されており、魔人ブウ打倒のために策を講じるベジータと連絡を取り合い、ベジータが負傷した際には自らの意思で治療している。『神と神』においても、彼が変わったことをクリリンに説いていた。作者の鳥山は、友達になりたいキャラクターとして、悟飯、クリリン、ブルマ、亀仙人と共に、デンデの名を挙げていた[22]。魔人ブウ編初期では身長が伸び、神の装束を着ていたが[23]、後に登場した時にはナメック星編と同じ姿になっていた[24]

GTでは悟空によるウーブの修行のために宮殿に頑丈な訓練場を建設するが、2人の激しい修行により崩壊寸前になっていた。ベビー編では地球人同様ベビーに操られてしまい、ベビーに悟空たちの集めた究極のドラゴンボールを渡してしまう。その後、宮殿に超神水を取りに来た界王神をミスター・ポポと一緒に捕まえようとするが、すんでの所で浄化される。悟空が地獄に落ちた際に地獄にいたピッコロと力を合わせて悟空を地上に返した。

TVスペシャル『悟空外伝!勇気の証しは四星球』は100年後の話で、その頃110歳になるパン以外の悟空の仲間は誰も生きていないと作中のナレーションで語られているが、ドラゴンボールは存在している。約200年後のドラゴンボールを描いた『ドラゴンボールオンライン』では、存命中という設定が用意されている。

スーパーファミコン用ゲーム『超サイヤ伝説』では、怯えて戦闘に参加することはできないものの、成長することで仲間の回復ができるようになる。また、ゲームの展開によってはピッコロと同化する場合もある。

名前の由来は、カタツムリの他の呼び方のでんでんむし[4]

カルゴ[編集]

声 - 鈴木富子(Z)、佐藤聡美(改)

デンデの弟[25]。原作では登場して間もなくフリーザに殺されたが、アニメではドドリアに殺される。後に地球のドラゴンボールで生き返った。原作ではフリーザによって最初に殺されたナメック星人でもある。デンデと違い服に帯がなく、アニメでは若干色合いも異なる。

アニメでは地球に来た際、もう一人のナメック星人の子供(声 - 鶴ひろみ〈Z〉、相沢舞〈改〉)と遊んでいる子供が登場しているが、『改』においてはこれもカルゴとされていた[26]

スーパーファミコン用ゲーム『超サイヤ伝説』では本編とは若干ストーリーや設定が異なり、デンデの村とは別の村に住んでいて、家屋の中に隠れていたために事なきを得る。その後、やってきた悟飯たちによって保護され、最長老のもとに辿り着いた時点でパーティから外れるが、悟飯たちが不在の最中にフリーザの襲撃に遭い、結局殺されてしまう。作中ではデンデと違って成長することは無く、特殊能力も持たない完全なノンプレイヤーキャラクターである。

名前の由来は、エスカルゴ[4]

ネイル[編集]

声 - 森功至(Z)、楠大典(改)

ナメック星の戦士で、ピッコロと瓜二つ。最長老の護衛を役目とする戦闘タイプのナメック星人で、戦闘力は42000[27]。フリーザが最長老と遭遇した時点において、最長老から唯一の戦闘タイプと言われており[28]、ナメック星人の中でも特に高い実力を持つ。その戦闘力はフリーザも評価しており、「部下にほしいくらい」と言わしめた。

当初は最長老を守ることに専念して戦いに赴くことは無かったが、ギニュー特戦隊が来襲すると最長老の命令で悟飯たちの援護に向かうことになる。しかしその途中で、フリーザが最長老のもとへ向かっていることに気付くと来た道を引き返して最長老の救援に向かったため、結局悟飯たちと共闘することはなかった。その後は最長老の家でフリーザを待ち構え、悟飯とクリリンにポルンガを呼び出させるための時間稼ぎとしてフリーザに決死の戦いを挑む。結果は惨敗であり、まったく歯が立たず重傷を負ったものの、時間稼ぎとしての役目を充分に果たすことに成功する。ネイルは激昂したフリーザに放置され、その後に通りかかったピッコロの実力を認めて彼と同化することを願い出る。ピッコロをベースとして同化を行ったことで、ネイルの肉体と自我は基本的に消滅したが、彼の力と意志はピッコロへと受け継がれた[29]

ゲーム『ドラゴンボールZ Sparking! METEOR』では操作キャラクターとして使用可能。最強の戦士タイプとして、ピッコロ戦を楽しみにしていた様子が窺える。また初代ピッコロやスラッグの異常さを感じ取っていた。

名前の由来は、スネイル(カタツムリの英名)[4]

最長老[編集]

声 - 滝口順平(Z53話 - 75話、改)、佐藤正治(Z100話 - 105話)

かつてナメック星が異常気象に襲われた際、カタッツの子を除きただ一人生き残った龍族のナメック星人で当時はまだ7人の長老の内の1人だった。その後最長老となり、自ら100人以上のナメック星人を産み、再び繁栄に導いた。とても頭脳明晰で、民からの信頼も厚い。異星人についても詳しく、サイヤ人のみならず遥か遠い星に住む地球人の存在を認知しており、伝説の存在である超サイヤ人の名も口にした。頭に手を当てて人の記憶を探る、遠くから大概の予知が出来るなどの超能力を持つ。人の潜在能力を引き出すことができ、劇中では悟飯やクリリン、デンデの潜在能力を引き出した。ブルマ達がナメック星に来た時には死期が近づいており、手と口以外は玉座に座ったまま動かさなかった。他のナメック星人に比べて身体が非常に大きい。スカウターの「ポイント8829401」地点にある2階建ての家の2階に住んでいる。

デンデがポルンガに3つ目の願い事を言おうとした時に死亡したが[30]、地球のドラゴンボールにより、「フリーザ一味に殺された者を生き返らせる」願いによって、フリーザ襲来による圧力によって寿命が縮まったという解釈から、わずかに縮んだ寿命の分だけ復活。デンデらナメック星人と共に地球に脱出した後、ムーリに最長老の任を委ねてこの世を去る。2度目の死は1度目とは違い、自分を尊敬する多くのナメック星人に看取られながら天寿を全うして消滅した。

また、彼の座っていた椅子は手すりと背もたれにドクロの飾りがない以外はピッコロ大魔王が座っていた物とデザインが同じであり、作者は「ピッコロ大魔王の頭の中にナメック星にいた頃の記憶が少し残っていたためではないか」と語っている[31]

ムーリ長老[編集]

声 - あずさ欣平(Z)、西尾徳(Z100話)、田中亮一(改)

元々はデンデの村の長老で、最長老が異常気象で殆どのナメック星人が死に絶えた後、最初に生んだ子供。フリーザ一味に村が襲われた時、スカウターでナメック星人の居所を探っている事を見抜き、ドドリアのも含めて(ザーボンのはベジータの戦いを探っていて故障し、フリーザはギニュー特戦隊が到着するまでは装着していなかった)スカウターを全て破壊し、その後のフリーザたちのドラゴンボール探しに支障をきたさせ、さらにフリーザの部下や側近がベジータに襲われる要因にもなった。ドドリアによって殺されたが、地球のドラゴンボールで生き返る。最長老の没後、次代の最長老となった。魔人ブウの頃までにポルンガの願いを何人でも生き返れるようにパワーアップさせる。アニメでは、先代最長老から力を継承するシーンが描かれた。

名前の由来は、カタツムリ[4]

ツーノ長老[編集]

声 - 龍田直樹(Z50話)、里内信夫(Z51話)、平野正人(改)

ナメック星の長老の1人。ベジータに村を襲われ村人全員が皆殺しにされた。彼も最後は子供もろとも、ベジータに爆殺される。当時ベジータは既に「フリーザ一味」から離反していたため、後に地球のドラゴンボールで「フリーザ一味」に殺された者を生き返らせた際にも誰も生き返っていない[32][33]。アニメ版ではドラゴンボール探しに来た悟飯の手で村人全員の墓が作られた。

名前の由来は、カタツムリの角[4]

その他[編集]

老人
声 - 龍田直樹(Z)、園部啓一(改)
ムーリ村の老人。フリーザに従わないムーリに対し、ザーボンに見せしめに殺されてしまう。その後ドラゴンボールで復活。
若者
声 - 真地勇志佐藤浩之、龍田直樹(以上、Z)、藤本たかひろ石川和之松原大典(以上、改)
ムーリ村の若者3人組。平常時で1000、気を解放した状態で3000程の戦闘力を持ち[34]、フリーザ軍の下級兵を壊滅[35]させるが、出撃したドドリアによって全員殺される。その後ドラゴンボールで復活。
長老
声 - 岸野幸正(Z)、田中亮一(改)
ナメック星の長老の1人。本名は不明。フリーザ一味に村を壊滅させられ、2個目のドラゴンボールである五星球を奪われた際、「揃えたところで貴様等には願いは叶えられん」と忠告した。その後殺されたようである。フリーザはこのことを単なる負け惜しみと思っていて気にも留めなかったが、後に現実となり願いを叶えられなかった原因の一つとなり愕然とする。
戦士タイプのナメック星人
声 - 真地勇志、里内信夫、田中和実
アニメZにのみ登場するナメックの戦士。ネイルが時間稼ぎのためにフリーザと闘う直前に乱入。仲間3人で戦いを挑むが気で吹き飛ばされた。戦闘力は全員10000ほど。

脚注[編集]

  1. ^ 3重連星
  2. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「第2章 ワールドガイド DBの住人 3 ナメック星人」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874803-0、62頁。
  3. ^ ドラゴンボール大全集7巻 41項
  4. ^ a b c d e f ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER STORY 人造人間編〜魔人ブウ編 All BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158-159頁。
  5. ^ a b c ジャンプ・コミック出版編集部編「マンガ「DRAGON BALL」の真実 トリヤマはこう考えていたよスペシャル」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』91、94頁。
  6. ^ 東映アニメーションの最長老のキャラクター紹介など。
  7. ^ アニメ『ドラゴンボールZ』107話。
  8. ^ ドラゴンボール大全集2巻 50頁
  9. ^ 消耗は再生する範囲の大きさによって変わる。作中ではネイル、ピッコロ(マジュニア)が使用。
  10. ^ ピッコロ大魔王やスラッグなど、悪の心を持って生まれる個体は稀。
  11. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 7 ピッコロ ピックアップパーソナルデータ」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』18頁。
  12. ^ 戦士型とも呼ばれる。
  13. ^ a b 渡辺彰則編 「種族の章 六種族を完全考察 ナメック星人」『ドラゴンボール大全集 4巻』集英社、1995年10月9日、ISBN 4-08-782754-2、46-51頁。
  14. ^ ピッコロ大魔王が爆散する直前に産み落としたピッコロ(マジュニア)は子供の姿だったが、通常のナメック星人より成長が早かった。
  15. ^ ピッコロ大魔王のみ、1コマだけ5本指になっているシーンがある。
  16. ^ ドドリアが測定。『ドラゴンボール大全集』では3000は戦闘タイプの数値。フリーザが最長老と初対面した時点では、ネイルが唯一の戦士型だった。
  17. ^ 戦闘タイプのナメック星人の戦闘数値をフリーザがスカウターで測定した台詞より。
  18. ^ 劇場版第4作より。
  19. ^ 週刊少年ジャンプ1989年31号掲載「究極戦士大集合!!カード」には戦闘力220と掲載されている。ただし、このカード自体はマジュニア戦悟空の戦闘力がラディッツ戦悟空の戦闘力より高く表記されるなど作中の描写や大全集などとは戦闘力が一部異なっている。
  20. ^ アニメではそのために1個の球だったドラゴンボールを7つに分割して簡単に利用できないようにしたことを亀仙人が伝承として語る。
  21. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「ドラゴンボール&ドラゴンボールZ キャラクター大辞典」『ドラゴンボールZ アニメ・スペシャル』集英社、1989年10月18日、雑誌29939-10/18、97頁。
  22. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「マンガ「DRAGON BALL」の真実 トリヤマはこう考えていたよスペシャル」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド ストーリー編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月9日、ISBN 978-4-08-874803-0、93頁。
  23. ^ 鳥山明「其之四百二十六 天下一武道会」『DRAGON BALL 第36巻』集英社〈ジャンプコミックス〉1993年11月4日、ISBN 4-08- 851495-5、87頁。
  24. ^ 鳥山明「其之四百六十九 かすかな希望」『DRAGON BALL 第39巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1994年12月2日、ISBN 4-08-851498-X、131頁。
  25. ^ この時点で星に存在していたナメック星人は全員厳密には最長老が産んだ兄弟なのだが、ムーリ長老の村で子供はデンデとカルゴの二人だけで、カルゴは最長老の109番目の子供である。
  26. ^ 服の色合いが異なる。
  27. ^ 鳥山明「其之二百八十六 ナメック星の戦士ネイル」『DRAGON BALL 第24巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年11月10日、ISBN 4-08-851414-9、140頁。
  28. ^ 唯一という言葉の意味が、フリーザと遭遇した時点におけるものであるのかについては不明。
  29. ^ ネイルとしての記憶と人格はピッコロとの融合後も残り、ピッコロの基本的な人格に吸収された形となった。例えばそれまで界王も呼び捨てにしていたピッコロが最長老に様付けで呼称するようになったなど。アニメではフリーザに対し、ネイルの声色で話す場面もあった。
  30. ^ この時は遺体は消滅せずにそのまま残っている。
  31. ^ 渡辺彰則編 「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 4巻』169頁。
  32. ^ ただしアニメ版では、一人だけ負傷して生きていたところをフリーザ一味の雑兵・オーレンが殺したので、直接の描写はなかったものの条件的にそのナメック星人だけ生き返っているはずである。
  33. ^ しかしナメック星のドラゴンボールはムーリが複数の人間を生き返らせる事ができるように改良しており、死んでナメック星の1年(約130日)以上経過した者を復活させることができるため、ツーノ村のナメック星人は生きかえらせることは出来る。
  34. ^ 鳥山明「其之二百五十三 ある村の攻防戦」『DRAGON BALL 第22巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1990年7月10日、ISBN 4-08-851619-2、12・17頁。
  35. ^ 原作ではアプール一人を除いてほぼ全滅。

関連項目[編集]