魔訶不思議アドベンチャー!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
魔訶不思議アドベンチャー!
高橋洋樹/(橋本潮) の シングル
B面 ロマンティックあげるよ
リリース 1986年3月1日
規格 シングル
ジャンル J-POP
アニメソング
ゲームソング
時間 15分06秒
レーベル コロムビア
作詞・作曲 いけたけし(作曲)
森由里子(作詞)
吉田健美(作詞)
高橋洋樹 年表
魔訶不思議
アドベンチャー!

(1986年)
橋本潮 年表
ロマンティックあげるよ
(1986年)
テンプレートを表示

魔訶不思議アドベンチャー!」(まかふしぎアドベンチャー!)は、高橋洋樹/(橋本潮)のシングル

概要[編集]

フジテレビおよび系列各局で放送されたテレビアニメドラゴンボール』の主題歌。カップリング曲には、橋本潮が歌う「ロマンティックあげるよ」が収録されている。「魔訶不思議アドベンチャー!」はオープニングテーマ、「ロマンティックあげるよ」はエンディングテーマとして、『ドラゴンボール』の第1話(1986年2月26日)から最終話(1989年4月19日)までそれぞれ使用された。

曲名を「訶不思議アドベンチャー!」と表記されることが多いが、当て字の「訶不思議」が正しい[1]

1986年3月1日のEPレコード発売後、番組アルバムやアニメオムニバスCDなどに数多く再録。テレビアニメの放映開始から12年を経た1998年3月21日には、改めてシングルCD(8cm)としても発売された。2008年にリリースされた高橋と橋本によるミニアルバム『イナズマchallenger』では、「ロマンティックあげるよ」と共に新録音のアレンジ曲「21st century ver.」も収録された。

その他、2005年にレーベルを移籍した高橋自身による「2005ver.」、『pop'n music 13 カーニバル』で使用された新録音版などのセルフカバーバージョン、『ドラゴンボールZ』のアルバムに収録された「ニュー・リミックス・ロング・ヴァージョン」などの別バージョンが制作されている。

収録曲[編集]

  1. 魔訶不思議アドベンチャー! [3:42]
    歌:高橋洋樹
    作詞:森由里子 作曲:いけたけし 編曲:田中公平
  2. ロマンティックあげるよ [3:45]
    歌:橋本潮
    作詞:吉田健美 作曲:いけたけし 編曲:田中公平
  3. 魔訶不思議アドベンチャー!(オリジナル・カラオケ) ※CDのみ収録
  4. ロマンティックあげるよ(オリジナル・カラオケ) ※CDのみ収録

2005 ver.[編集]

魔訶不思議アドベンチャー!(2005 ver.)
高橋洋樹 の シングル
リリース 2005年7月20日
規格 マキシシングル
録音 2005年
ジャンル J-POP
(アニメソング)
時間 35分56秒
レーベル ティー ワイ エンタテインメント
作詞・作曲 いけたけし(作曲)
森由里子(作詞 #1)
吉田健美(作詞 #2)
泉鬼角(作詞 #3)
高橋洋樹 シングル 年表
- 魔訶不思議
アドベンチャー!(2005 ver.)

(2005年)
-
テンプレートを表示
収録曲
  1. 魔訶不思議アドベンチャー!(2005 ver.) [3:49]
    作詞:森由里子 作曲:いけたけし 編曲:酒井ミキオ
  2. めざせ天下一 [3:43]
    作詞:吉田健美 作曲:いけたけし 編曲:松永宏紀
  3. ドラゴンボール伝説 [3:58]
    作詞:泉鬼角 作曲:いけたけし 編曲:酒井ミキオ
  4. 青き旅人たち [4:05]
    作詞:森由里子/作曲:いけたけし/編曲:松永宏紀
  5. 魔訶不思議アドベンチャー!(DJ Dr.Knob Remix) [4:46]
    作詞:森由里子 作曲:いけたけし 編曲:酒井ミキオ リミキサー:DJ Dr.Knob
  6. 魔訶不思議アドベンチャー!(2005 ver.)(Instrumental
  7. めざせ天下一(Instrumental)
  8. ドラゴンボール伝説(Instrumental)
  9. 青き旅人たち(Instrumental)

カバー[編集]

魔訶不思議アドベンチャー!
『pop'n music』で使用された石原慎一版や、キングレコード版(オムニバスCD収録)が存在。キング版は「訶不思議アドベンチャー」の表記で藤井健の歌唱となっているが、歌唱者は誤記載で、実際は同社のオムニバスで『科学戦隊ダイナマン』のカバー版なども歌った屋敷修が歌唱している。
ロマンティックあげるよ

脚注・出典[編集]

  1. ^ Blog (2010年3月31日). “魔訶不思議アドベンチャー!”. 池 毅 オフィシャルウェブサイト. 2013年4月15日閲覧。