利根健太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とね けんたろう
利根 健太朗
プロフィール
愛称 トネケン、もじゃ、けだま
性別 男性
出生地 日本の旗 日本広島県
生年月日 1982年5月29日(32歳)
血液型 A型
職業 声優
事務所 アイムエンタープライズ
活動
活動時期 2006年 -
デビュー作 茨城県近代美術館『真夜中の美術館』展示用PCコンテンツ[1]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

利根 健太朗(とね けんたろう、1982年5月29日 - )は、日本の男性声優アイムエンタープライズ所属。広島県出身[2]血液型はA型[2]東京外国語大学卒業。愛称はトネケン、もじゃ[1]

来歴[編集]

1982年5月29日広島県に生まれる。小学校3年生から5年生まで、父親の仕事の関係でアメリカに住んでいた[1]。日本に帰国後、中学校と高校では放送部に所属[1]

広島城北高校[3]を卒業後、東京外国語大学に進学し、フィリピン語を専攻[1]。東京外国語大学では放送部がなかったため、演劇サークルに入る[1]。その後、大学2年生のときに日本ナレーション演技研究所に通い始め、入所4年目(研修科2年目)でアイムエンタープライズへの所属が決まる[4]。なお、大学の方は7年かけて卒業している[4]

2006年茨城県近代美術館の『真夜中の美術館』展示用コンテンツの仕事でデビュー[1]

人物[編集]

アフロヘアーと間違えられるほどの天然パーマ[1]がトレードマークで、愛称の1つ「もじゃ」もこの髪型に由来する[1]。本人曰く、昔ストレートパーマをかけたが、新しく生えてきた毛が以前と変わらず天然パーマだったため髪型が凄いことになり、以来天然パーマを貫いているらしい。かつて髪の毛の中にカナブンが入り込み、そのまま出てこなくなったこともある。

小学生のときにアメリカに住んでいたこともあり、英会話が得意。英検準1級の資格を持つ[2]

音響機器が好きで[1]、趣味に「効果音作り」、特技に「舞台音響」を挙げている[2]

自身の性格については「根に人を楽しませたい、喜んでもらいたいという気持ちがある」と発言している[4]。加えて、『もじゃ先輩とさくら君』の番組内で、新しく購入したパソコンに接着剤などを使って悪戯をされるというドッキリをされても、最終的には笑って許す寛大な心の持ち主。

生徒会役員共のラジオでパーソナリティ達にトレジャーハンターと呼ばれている、トレジャーとは成人向けの本の事である。 また本人がいないにも関わらずたびたび会話に登場し、同期の日笠や先輩の矢作紗友里にコテンパンにいじられたり、元先輩の白石稔に女性遍歴を暴露されるなどされたが、特に気にしていない模様。

俳優鈴木亮平とは大学の同期で、在学中は同じ演劇サークルに所属していた。また、藤田咲丹沢晃之成家義哉中村公子大西望は日本ナレーション演技研究所の研修科時代の同期[4]

アイムエンタープライズの同期に日笠陽子[4]折戸マリ早見沙織[4]がいる。日笠や折戸とは歳が近いこともあって特に仲が良く、日笠の引っ越しを手伝ったりもしている。

日笠白石によるとかなりモテるとのこと(実際女性に関するエピソードが多い)。 また白石は「女性に対する情熱は演技に対するそれと同じかそれ以上」と語っている。

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター

テレビアニメ[編集]

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

OVA[編集]

2009年

劇場アニメ[編集]

2009年

2010年

2012年

2013年

ゲーム[編集]

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

  • AKIBA'S TRIP PLUS(ヤタベさん[8]

2013年

2014年

  • 俺の屍を越えてゆけ2(鹿島中竜、十六夜伏丸、入谷朝近、木霊ノ寝太郎、虫寄せ花乱[11]
  • ヤタガラス Attack on Cataclysm(アナウンス)

吹き替え[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

CD[編集]

ドラマCD[編集]

ラジオCD[編集]

  • ラジオCD もじゃ先輩とさくら君 シリーズ
    • vol.1 アニたま高校はじめての遠足 〜浅草編〜
    • vol.2 アニたま高校課外授業 〜銀座の女編〜
    • vol.3 アニたま高校特別授業 〜もじゃ落下編〜
    • vol.4 アニたま高校保健室 〜放課後はジューシーピンク編〜

BLCD[編集]

  • 愛かもしれない ―山田ユギバンブーセレクションCD2―(柳の兄)
  • 愛と欲望は学園で 4(忍屋伸太朗)
  • アオゾラのキモチ -ススメ-(中山、批評家A、通行人A)
  • イロメ(男子A)
  • YEBISUセレブリティーズ 5(バーテン)
    • YEBISUセレブリティーズ 6(大城崇(英語))
  • 3シェイク(カメラマン)
  • 手を伸ばせばはるかな海(客)
  • NightS(第3話リプライ:マネージャー)
  • 秘書育成中。(城戸篤史)
  • 秘密のゴミ箱でキスをして(神之園)
  • 不機嫌で甘い爪痕(明智伸行、野川、店員、テレビ音声A)
  • P.B.B. 2(中内)
  • ラッキードッグ1 SPRING CHANCE(司会者)

舞台[編集]

  • 劇団大富豪第2回公演 「また逢おうと竜馬は言った」(2006年12月22日‐24日、浅草橋アドリブ小劇場)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 日本ナレーション演技研究所 利根健太朗さん 前編”. アニメイトTV. 日本ナレーション演技研究所. 2012年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c d 利根健太朗”. アイムエンタープライズ公式サイト. アイムエンタープライズ. 2012年1月17日閲覧。
  3. ^ もじゃ先輩とさくら君』2012年8月30日放送分
  4. ^ a b c d e f 日本ナレーション演技研究所 利根健太朗さん 後編”. アニメイトTV. 日本ナレーション演技研究所. 2012年1月17日閲覧。
  5. ^ スタッフ・キャスト”. テレビ東京・あにてれ ガイストクラッシャー. 2013年8月2日閲覧。
  6. ^ 「団地ともお」の声優発表、小田扉の故郷を歩く特別番組も”. コミックナタリー. 2013年3月4日閲覧。
  7. ^ ドラゴンマガジン』2013年3月号、富士見書房、2013年1月19日
  8. ^ キャラクター ヤタベさん”. AKIBA'S TRIP PLUS. 2012年4月9日閲覧。
  9. ^ 『エクスブレイズ コード:エンブリオ』蒼を軸に交錯するさまざまな勢力”. ファミ通.com. 2013年6月19日閲覧。
  10. ^ キャラクター”. CAPCOM : ガイストクラッシャー ゲーム情報サイト. 2013年8月2日閲覧。
  11. ^ 声優情報”. 俺の屍を超えてゆけ2. 2014年8月10日閲覧。
  12. ^ “『海賊とよばれた男』オーディオドラマ版”. http://www.febe.jp/documents/special/kaizoku/ 2013年12月20日閲覧。 
  13. ^ 四百二十連敗ガール|FBonline”. 2013年5月6日閲覧。

外部リンク[編集]