大自然の魔獣バギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大自然の魔獣バギ』(だいしぜんのまじゅうバギ)は、1984年8月19日日本テレビ系列のチャリティー番組24時間テレビ「愛は地球を救う」(第7回)のワンコーナーとして放映されたアニメーション番組。製作は手塚プロダクション

概要[編集]

遺伝子組換えという21世紀の社会が抱えることになった問題の一つを既にこの当時に取りあげていた、手塚治虫の先見の明が光る作品である。

遺伝子操作で生まれた魔獣バギを主人公リョウが退治にむかう現代パートは、映画『真昼の決闘』のようにアニメ内時間と実際の(初回)放送時間がほぼシンクロしている。11時40分に現れる魔獣を待ち伏せる1時間半の間に、主人公の語りの形で過去の経緯が次々とインサートされる、という造りの作品である。

本作品では手塚作品作品に特徴的なスター・システムは意図的に封印されており、他作品でおなじみのキャラクターは一切登場しない。この作品にかけた手塚治虫の意欲は強く、製作作業は放送開始時間ギリギリまで続けられた。結果、ラッシュフィルム同然の不完全な状態でテレビ放映がなされたが、後に手直しが加えられた完全版が作られている。

原作は『大地の顔役バギ』だが、『バギ』という名前だけが共通しており、原作のバギは雄のジャガーである等かなり異なった内容となっている。

ストーリー[編集]

日本を遠く離れたクカラチア共和国。そこに、1人の日本人ガンマン、リョウがいた。「悪魔の乗り移った獣」と人々が恐れる魔獣退治のため、バギが現れる場所を知るという少年チコを案内人として、その場所に向かった。チコにバギのことを問われたリョウは、バギとの経緯を回想するのであった。

石神良介(リョウ)は、遺伝子工学者の母と新聞記者の父を持つ息子だが、両親ともに仕事で不在のことが多く独りぼっちだった。寂しさを紛らわすため暴走族の仲間に入りバイクを走らせていたある日、ジャガーの様な姿をした女性と出会う。彼女は、リョウがかつて育てた子猫の『バギ』だと名乗る。リョウは半信半疑になりながらも、バギの出生の秘密を暴くため、かつての母親の職場であり、子猫を拾った場所である「超生命センター」に忍び込む。超生命センター所長に会い、バギがアメリカライオンに人間の遺伝子を組み込んで作った実験動物であり、9年前に地震で逃げ出した実験動物であることを知る。所長はバギを殺そうとするが、バギの催眠によって、バギを産み出す実験の主体であったリョウの母親がいるクカラチア共和国に送り届けるよう指図する。

トラブルを乗り越え、バギとリョウはクカラチア共和国にたどり着き、リョウの母親に会うが意見の相違からリョウは隔離され、バギは知性を失う薬を投与される。リョウの母親は、高収穫の米を作るために遺伝子組み換え実験を行っていたが、できたものは強力な毒性がある米だった。毒性米を失敗品として処分しようとするが、共和国大統領は毒性米を反逆者に食べさせるために量産しようとする。これを拒否したことでリョウの母は大統領に殺されるが、死ぬ前に毒性米をボール状に固め、誰にも渡さないようにとバギに持たせて逃がした。そこへ見張り役のセメン・ボンドを説得したリョウがやって来て、母親を殺したのがバギだと勘違いしてしまう。リョウは仇を討つと近い、セメン・ボンドに弟子入りする。

そして5年が経ち、バギを撃てという依頼がリョウに舞い込んでくる。リョウとチコは、バギを探してある村にやってきが、そこで、人や村を襲ったのはバギではなかったことが判る。

現れたバギにリョウは銃を向け、ついにはバギを刺してしまう。バギが首につけていたライスボールとペンダントの中に隠されていた母の手紙を読み、リョウは真相を知った。

翌日、バギの遺体は消えていて、死んでいなかったことが示唆される。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原案、構成、演出、キャラクターデザイン、作画監督、原画、動画、色指定 - 手塚治虫
  • 企画 - 都築忠彦
  • プロデューサー - 堀越徹松谷孝征
  • 音楽 - 羽田健太郎(音楽ディレクター - 鈴木清司
  • 効果 - 倉橋静男
  • 製作 - 日本テレビ、手塚プロダクション

外部リンク[編集]