ブラック・ジャック21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラック・ジャック > テレビアニメ > ブラック・ジャック21

ブラック・ジャック21』(ブラック・ジャック トゥウェンティ ワン)は、手塚治虫による同名の漫画を原作とするテレビアニメ『ブラック・ジャック』の続編にあたるテレビアニメ。

概要[編集]

讀賣テレビ放送手塚プロダクション制作。讀賣テレビ放送・日本テレビ放送網系にて2006年4月10日から毎週月曜日19時00分-19時30分の枠で放送開始、2006年9月4日で放送終了。全17話。監督は前作『ブラック・ジャック』から引き続いて手塚眞が担当した。前作と同様にハイビジョンアニメとして製作されている(一部の日本テレビ系列局は地上デジタルHD放送)。改変時期特番放送の為『ブラックジャック』終了(2006年3月6日)から一カ月以上空いてスタートしている。

前作『ブラック・ジャック』は原作同様一話完結のオムニバス形式ストーリーだったが、本作より「ブラック・ジャックに登場したキャラクターと、既存の作品を流用したオリジナルアニメーション作品」とも表現できうる、“謎の組織の陰謀をBJが世界各地を駆け巡り、解き明かす”という内容の、連続性を持たせたシリーズ構成となっている。内容はシリアスさを増し、また、前作と比較して作画の質が格段にアップした(CGの多用でリアルさをより演出している)。

一方でBJの恩師・本間丈太郎やBJの父・影三に対しては原作と異なる設定が付加されている。

前作『ブラック・ジャック』は月に1巻のペースでavex modeよりDVD化されてきたが、本作は7枚組のDVD-BOXとして発売された。このDVD-BOXには、2006年7月17日に『ブラック・ジャック 秘蔵版スペシャル』として放送されたエピソード2話も収録されている。なお、レンタルDVDの巻数は前作『ブラック・ジャック』および『秘蔵版スペシャル』からの連番になっている(第21巻までが前作、第22巻が『秘蔵版スペシャル』、第23巻以降が本作)。

登場人物[編集]

『ブラック・ジャック』から引き続きの登場人物[編集]

ブラック・ジャック(BJ)=間 黒男(はざま くろお)
無免許の天才外科医。自宅を爆破され九死に一生を得て、自らの出生の秘密を解き明かすため、世界中を巡る。 母親・みおと自分を捨てた影三を憎んでいたが、真実を知り以後は影三の事を憎まないようになる。
ピノコ
BJの唯一の家族であり助手であり自称「おくたん」(奥さん)。
『21-3:悲しみのピノコ』ではBJの計らいで子供のいない医師の家に養子に出されたが、結局はBJと共に世界中を巡る事になり、終盤、フェニックス病にかかってしまう。
最終回にBJが手術中に見た幻に8頭身の姿で現れる。
写楽(しゃらく)
ピノコの友人。本格的に登場したのは『21-2:BJ父親との再会』、『21-3:悲しみのピノコ』、『21-13:ピノコ、日本へ帰れ!』、最終回の4回のみだが、実は毎回本編の中に同じ姿の人物が紛れている。これは本編終了後の『写楽をさがせ』のコーナー(後述)でどこにいたかが分かるようになっている。元は『三つ目がとおる』の主人公。
和登(わと)
写楽の姉。
『21-2:BJ父親との再会』『21-3:悲しみのピノコ』と最終回に登場。同じく『三つ目がとおる』から出演。
マスター
喫茶店「Tom」のマスター。
『21-2:BJ父親との再会』『21-3:悲しみのピノコ』と最終回に登場。
本間 久美子(ほんま くみこ)
BJの恩師・本間丈太郎の娘。
『21-2:BJ父親との再会』『21-3:悲しみのピノコ』と最終回に登場。
ラルゴ
BJの飼い犬。近くにいる人間に迫っている危機を本能的に察知することが出来、『21-2:BJ父親との再会』でもその設定を思わせるような描写がなされていた。
BJとピノコが外国に渡った後はマスターの元で暮らしていると思われる。
友引警部(ともびきけいぶ)
警視庁の警部。『21-1:医師免許が返る日』と『21-3:悲しみのピノコ』に登場。『21-1〜』では獅子面病におかされた息子を治す代わりに無罪放免し、医師免許もとらせるとBJに約束したが、日本医師連盟がそれを許さず、その後無免許で逮捕されたBJを救おうとした。
また『21-3〜』では謎の組織に狙われるBJを守るため、マスターや久美子たちにBJが死んだなどと言い、スパイをごまかした。
ブラッククィーン=桑田 このみ
女医。『21-5:ロボットの腕』と『21-15:BJ父親の真実』に登場。
『21-5〜』では勉強のためにシュタイン総合病院を訪れ、BJらと再会、自分が受け持つ患者の手術を依頼した。『21-15〜』では足を怪我したBJの手術を手伝った。
ちなみに、『21-5〜』ではBJに好意を持っていると思われる描写がされている(原作ではBJがこのみに思いを寄せていたと思われる描写がある)。なお『ホスピタル』の登場人物の辰巳の代役をつとめた。
本間丈太郎(ほんま じょうたろう)
BJの恩師で、「ノワール・プロジェクト」の一員だった医者。
「本間血腫」という心臓病の治療に挑んだが、患者を生体実験にかけたとして非難を受け引退し、その後死去した。

(「ノワール・プロジェクト」や「本間血腫」については後述)

『ブラック・ジャック21』からの登場人物[編集]

間影三(はざま かげみつ)
原作では名前が不明であったBJの父親。
劇中で原作とは扱いが最も違う人物で「ノワール・プロジェクト」でシュタインと共に人工臓器開発を担当した。
妻とBJを捨てたとしてBJに恨まれているが、それは2人の事故が「ノワール・プロジェクト」の黒幕・全満徳の仕業だと気づき、2人を守るためだった。
30年前、みおや友人のベン・バート、キャサリンと共に働いていたニューヨークのバート病院をプロジェクトへの参加を理由に突然去るが、数か月後、キャサリンが心筋梗塞で倒れた際、他言無用を条件に高精度の人工心臓を提供するため再会した。その後、みおと結婚し日本に帰国後、黒男(=BJ)が生まれた。BJとは和解ができないまま息を引き取ってしまったが、BJは真実を知り、父の想いを知ったことで体の皮膚の一部は怪我を負ったBJの足に移植され、BJ、みお、影三はそれを通して一緒になることが出来た。
帰国時にみおに送ったペンダントに人工心臓の設計図の入ったマイクロフィルムを隠した。この2枚のマイクロフィルムを重ねることで組織の顧客名簿が浮き出てくる仕掛けになっている。
最終回でBJが見た幻に若い姿で現れ、若い時期はBJそっくりの容姿だった。
間みお(はざま みお)
影三同様、原作では名前が不明だったBJの母親。
30年前、バート病院に勤務していて影三に好意を持っていたが告白できず、影三はあるプロジェクトへの参加を理由に突然去り落ち込んでしまうがキャサリンが倒れた際、影三が人工心臓を持ち戻ってきたため遂に告白した。その後、日本に帰国し黒男(BJ)を産む。
21年前に黒男を不発弾(実際は、全満徳が仕組んだ爆弾)から庇って重傷を負い影三に捨てられたが最後まで影三を許し絶命した。影三から貰った彼女のペンダントには、彼が設計した人工心臓の設計図が描かれたフィルムが隠されていた。最終回でBJが見た幻に現れる。
蓮花(れんか)
「ノワール・プロジェクト」の統括者だった父親の全満徳の計略により、影三と結婚したが満徳の計略とはいえ影三への愛情は本物だった。その後顔に火傷を負い(原作ではハンセン病)、BJに顔を整形してもらうが、その顔はかつての影三の妻、みおの顔だった。そのため影三にみおを忘れさせる事ができなくなったとして、BJに恨みを抱いている。
影三が倒れた際にチンピラ達を雇い、彼を手術しようとしたBJを妨害し、BJに全満徳の治療を要求したのは、彼を殺すためであった。また、娘の紅蜥蜴を殺し屋に仕立て上げた全満徳に恨みを抱き、彼を組織から追放し、自分が組織のボスに成り代わろうとしていた。最後はスカイ・ホスピタル内で満徳を射殺するが、同時に自らも満徳に反撃を受け、瀕死の重傷を負う。
このアニメで、最後にBJが手術した人物でその後SH着陸後に逮捕されたと思われる。
小蓮(しょうれん)
影三と蓮花の娘、つまりBJの腹違いの妹。原作にも登場している。しかし、アニメには、『21-15:BJ父親の真実』にしか登場していない。
父親である影三の命よりも彼が持つ莫大な遺産に拘っており、BJが影三に会いに来たのも遺産が目当てなのではないかと考えている。BJが、全満徳から逃げた際に足に銃弾が当たり、影三の遺体を皮膚移植の際に渡してほしいとの連絡を知り、遺体を持ってきたときに自分達の前から二度と姿を現してほしくないと彼に言う。なお、自分に姉がいた事には気づいていない。
原作では真実を知るが、直後兄を庇って銃弾に倒れ、死亡。兄妹だと名乗りあうことができなかった。
紅蜥蜴(べにとかげ)
BJの自宅を爆破した犯人で、その後も彼らを追い続けていたことから、BJの命を狙っている殺し屋とされていたが、実は影三と蓮花の娘で、小蓮の実の姉、BJの腹違いの妹にあたっていた。
影三を嫌う全満徳によって2人から引き離され、命令に忠実な殺し屋に育て上げられていたが、最終的には真実を知ってBJの味方になり、彼を守るために敵が放った銃弾から彼を庇って、死亡。正に悲劇的とも言える最期を迎えた(この死に方は原作の小蓮と同じである)。
最終回でBJが見た幻に現れる。
蒼龍(そうりゅう)
紅蜥蜴の部下。玄武と違い、満徳を退けようとする蓮花と行動していたところから、ボスであれば誰でも従う主義だったようだ。
北極に着陸したスカイホスピタルに蓮花と共に侵入し、白拍子を人質にとったが、彼にセキュリティーシステムを起動させられてしまい、侵入者撃退のレーザー機銃で胸を撃たれ死亡した。
玄武(げんぶ)
紅蜥蜴の部下で、全満徳に絶対的な忠誠を誓っている。そのため蓮花が満徳を追放しようとする策略を妨害するため、スカイホスピタルへの侵入を試みたが、セキュリティーシステムが作動し、レーザーに攻撃され、機外へ追い出される。
その後、彼がどうなったのかは不明だが事件解決後、逮捕されたと思われる。
クロイツェル博士
「ノワール・プロジェクト」に参加していた癌治療のスペシャリスト。北欧の小国で院長を勤めていたが交通事故で仮死状態となり地下室に隔離されており、他のものにはスイスで療養中と言われている。後にBOPを投与されたことが判明するが、死亡するまでには至っていない(仮死状態のままになっている)。
フェニックス病の治療法が見つかった後、本間血清を投与されたと思われる。
シュタイン博士
「ノワール・プロジェクト」で影三と共に人工臓器開発を担当し、「ノワール・プロジェクト」の参加者として満徳の組織から多くのサポートを受けている。
後にフェニックス病を発病し命を落とす。
ドクター・ジョルジュ
「ノワール・プロジェクト」で薬品開発を担当し、フェニックス病を生み出した張本人でキリコとユリの父親でもある。
フェニックス病を発病しBJとキリコの手術を受けるも亡くなってしまう。
ドクター・クーマ
「ノワール・プロジェクト」に本間の助手として臓器移植を担当していたが、全満徳に騙され、フェニックス病が世界中に発祥する原因を作ってしまい、その事の自責感に苛まれていた。
黒ヒョウに襲われ重傷を負ったが、BJによって助けられ、メンバーの中で唯一、一命を取り留めた。その後、BJ達がフェニックス病に冒された上に隔離されてしまった際、BJがフェニックス病を治療できるようにするよう尽力し、事件解決後は、師である本間丈太郎の名誉回復の為、BJが発見したフェニックス病治療の方法に「本間血清」と名付け、世界中に無料で提供する事を発表した。
全満徳(ぜん まんとく)
本作の黒幕。世界を牛耳るVIP専門医療組織「九蛇」のボス。影三が持ちだした組織の顧客名簿を取り戻すべく暗躍する。
かつて不死の研究「ノワール・プロジェクト」を統括した中国の医学博士。中国マフィアを従え、山奥の巨城に居を構える。蓮花の父親、つまりBJの義祖父にあたる。また、プロジェクトを離れた影三を呼び戻す脅しとして21年前の爆発を仕組み、孫である紅蜥蜴を殺し屋に育て上げ、ドクター・クーマを騙しフェニックス病を世界中に蔓延させた張本人でもある。
「ノワール・プロジェクト」を立ち上げたきっかけも詳細は語られていないが、過去に戦争で沢山の死を目の辺りにし、永遠の命を求めるようになったという。
父親に劣らぬBJの医療技術に目をつけ組織に加わるよう勧誘するが、BJによって九蛇の顧客名簿を流出させられ失脚の危機に晒された上、自身もフェニックス病にかかってしまう。フェニックス病の治療に挑戦するBJに無謀だと忠告するが、自身が不死に挑戦したことを引き合いに出され、「あんたと同じさ、挑戦するのは嫌いじゃない」と言い返される。
最期はBJを殺そうとする蓮花に立ちはだかるが、彼を庇うようにして額を撃たれ死亡する。
ドクター・ホワイト=白拍子 泰彦(しらびょうし やすひこ)
医療機関を兼ねた飛行機「スカイ・ホスピタル」(SH)を開発した医師でBJをライバル視する。
SH内でフェニックス病が蔓延し、BJらと共に感染してしまうが最後は自分の身を挺してスカイホスピタルを操縦し、向かって撃たれた滅菌ミサイルを間一髪でかわす活躍を見せた。
西川 史子(にしかわ あやこ)
女医で白拍子の同僚。美人であるためピノコにライバル視されている。
SH内でフェニックス病に感染する。
容姿は医師・タレントの西川史子がモデルとなっている。
ドクター・キリコ
原作でもおなじみのBJのライバル。実はドクター・ジョルジュの息子であり、ユリの兄でもある。
父ジョルジュを射殺しようとしたが、BJに止められて止む無く手術をするも父親は死亡してしまう。
最終回のBJが手術中に見た幻に現れる。
ユリ
ドクター・キリコの妹で自然保護団体に所属している。
しかし怪我をした動物に対して助かる命なら放って置いても助かるといったキリコと同じような考え方をするようなキャラに変更されている。
如月めぐみ(きさらぎ めぐみ)
BJの学生時代の恋人。『21-1:医師免許が返る日』の回想シーンに登場している。それによるとBJは病に侵された彼女の手術を勝手に行い、医師免許を剥奪されたらしい。

ノワール・プロジェクトの影響[編集]

プロジェクトの始動[編集]

「ノワール・プロジェクト」の組織について
ノワール・プロジェクト」は、本間、影三、クロイツェル、シュタイン、ジョルジュ、クーマが参加していた、神をも恐れぬ永遠の命を求めるための組織で、6名の医者を全満徳博士が統括していた。
「BOP」の発見
その研究過程で、ジョルジュが発電ウイルスを発見し、このウイルスを「ブラッド・オブ・フェニックス(BOP)」と命名、新型人工臓器の電源に使用した。
医療組織「九蛇」
不死身の蛇・ヒュドラの名を持つ裏の医療組織。ノワール・プロジェクトが裏の医療組織としてひそかに存続、政治的な力を強め世界を牛耳るほどの組織となった。本部は中国にあり、かつてのプロジェクト統括者・全満徳が権力を握っている。世界のトップ、VIP専門の医療組織であり、彼らを助ける為なら違法な手術を行い時として他者を犠牲にしてでも彼らを助ける。組織の顧客リストの流出により全満徳が失脚、崩壊した。

「本間血腫」と「フェニックス病」[編集]

BOPによる悪影響
BOPは細胞に取りつき老化を防ぐ力を持っており、それを利用することで不老の薬は完成した。しかし、BOPは不老作用だけでなく癌などの不純物を磁石のように集める力も併せ持っていたため、移植手術を受けた患者は心臓周辺の血管に血の塊ができる奇病症状を起こし、この病気を本間は「本間血腫」と名づけ、治療に挑んだ。
一方、クーマは満徳に騙され、彼の命令通りにアフリカの村で野生動物を使いBOPの研究を開始し、それから1年後、その地の動物や村人が原因不明の病気で次々に倒れ、これがBOPが進化して引き起こす病気「フェニックス病」だったとされている。
「本間血腫」治療への試み
「本間血腫」は原作(『本間血腫』)にも登場しており、ここではBJが人工心臓の故障による病であると確認し、自らが製造した人工心臓を患者に移植し治療しようとしたが挫折した(このエピソードは『21-9:心臓(ハート)の刻印』『21-10:紐育(ニューヨーク)の奇跡』で取り上げられたが、人工心臓は影三が造ったとしており、治療用の人工心臓はBJが外部から取り寄せたものに変更されている。また、手術は成功させている)。
「フェニックス病」の治療法
この「フェニックス病」は、放射線によってウィルスの成長を促進、進化させてしまうことが後に判り、同時にウィルスそのものの電気極性が、進化する以前のものと後のものでは正反対であることが判明し、これらの交配より、「血清」を作成し、ウィルスそのものを体内から除去し、「フェニックス病」を治癒させることが可能となり、この血清は「フェニックス病」に勇敢に立ち向かった本間に敬意を表し、「本間血清」と名付けられることとなった。

本編終了後のコーナー[編集]

「写楽をさがせ」
毎回本編に紛れている写楽がどのシーンにいたか発表されるコーナー。ちなみに『21-13:ピノコ、日本へ帰れ!』では写楽が本編にメインで登場したため、『ヒョウタンツギをさがせ』に変更された。毎回コーナー終了時に、写楽の「次回もぼくを見つけてね。」が決めゼリフ(第16話では、次回が最終回で登場するため、セリフが「また会おうね。」となっていた)。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 手塚治虫(秋田書店刊)
  • 企画 - 諏訪道彦、清水義裕
  • 監督 - 手塚眞
  • シリーズ構成 - 隅沢克之
  • チーフディレクター - 桑原智
  • メインキャラクターデザイン - 神村幸子
  • プロップデザイン - 中川航
  • 美術監督 - 斉藤雅巳、柴田正人
  • 撮影監督 - 高橋智弘
  • デジタルテクニカルディレクター - 高橋賢太郎
  • 編集 - 森田清次
  • 音響監督 - 井澤基
  • 音楽 - 松本晃彦
  • 音楽制作 - avex entertainment
  • 医学アドバイザー - 竹下俊隆
  • 制作統括 - 小石川伸哉、松谷孝征
  • プロデューサー - 斎藤朋之、宇田川純男
  • チーフプロデューサー - 諏訪道彦、久保田稔
  • アニメーションプロデューサー - 大石光明、大澤宏志
  • 制作 - よみうりテレビ、手塚プロダクション

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Destiny -太陽の花-」(21-1〜21-17)
歌 - 島谷ひとみ
エンディングテーマ「careless breath」(21-1〜21-8)
歌 - EXILE
  • 前シリーズ『ブラック・ジャック』から引き続き使用。
新エンディングテーマ「Silence whispers」(21-9〜21-17)
歌 - TRF
最終回挿入歌「月光花 -Black Jack Mix-」
歌 - Janne Da Arc
  • 番組テーマ曲で使用された際のクレジットは「月光花」であるが、この挿入歌に対するクレジットはない。

各話リスト[編集]

  • 作画監督が単独名義の場合、キャラクターデザイン兼任
各話 放送日 サブタイトル 原題 シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督
(キャラクターデザイン)
21-1 2006年
4月10日
医師免許が返る日 報復 獅子面病 手塚眞 吉村文宏 内田裕
21-2 4月17日 BJ父親との再会 えらばれたマスク 隅沢克之 桑原智 瀬谷新二
21-3 4月24日 悲しみのピノコ ピノコ再び 西田正義
21-4 5月8日 北欧の黒い天使 身代わり 森田浩光 竹内啓雄 杉野昭夫
21-5 5月15日 ロボットの腕 ホスピタル 桑原智 牧野吉高 金子匡邦
21-6 5月22日 空飛ぶ病院 腫瘍狩り 加藤陽一 森田浩光 鈴木卓夫 中川航
神村幸子
21-7 5月29日 百億円 命の約束 助け合い 森田眞由美 桑原智 吉村文宏 片山みゆき
21-8 6月5日 65年後の目覚め 浦島太郎 手塚眞 桑原智 瀬谷新二
21-9 6月12日 心臓(ハート)の刻印 本間血腫 隅沢克之 森田浩光 竹内啓雄 杉野昭夫
21-10 6月26日 紐育(ニューヨーク)の奇跡 ある老婆の思い出 内田裕 吉村文宏 内田裕
21-11 7月3日 黒い医者の宿命 弁があった! 吉村文宏 片山みゆき
21-12 7月10日 オーロラの彼方に 殺しがやってくる 竹内啓雄 桑原智 鈴木卓夫 中川航
(神村幸子)
21-13 7月24日 ピノコ、日本へ帰れ! ピノコ愛してる 森田眞由美 西田正義
21-14 7月31日 恐怖のフェニックス病 ブラック・ジャック病 桑原智 森田浩光 堀内直樹 松田芳明
安藤幹彦
(神村幸子)
21-15 8月14日 BJ父親の真実 骨肉 手塚眞 竹内啓雄 杉野昭夫
21-16 8月28日 破滅への挑戦 きたるべきチャンス・腫瘍狩り 加藤陽一 吉村文宏 内田裕
21-17 9月4日 生命(いのち)の尊厳 99.9%の水・2人目がいた 隅沢克之 桑原智 吉村文宏 片山みゆき

5月1日、6月19日、8月7日、21日は特別番組、7月17日は『ブラック・ジャック 秘蔵版スペシャル』放送の為休止。

原作との相違点[編集]

  • 21-1:医師免許が返る日
    • ボッケリーニはマフィアの設定が省かれ殺し屋に依頼に変更。
  • 21-6:空飛ぶ病院
    • 白拍子泰彦が開発したキャンサーハンター(カンサーハンター:Cancer hunter)がスカイホスピタルに導入されている(このキャンサーハンターは破滅への挑戦でも使われている)。原作では白拍子が勤務する病院に、海外から取り寄せた医療機器として試験導入されていた。
  • 21-9:心臓(ハート)の刻印
    • メアリーの名前がキャサリンに変更されている。

アニメの設定の元となった原作タイトル[編集]

  • 不発弾(原作版ブラックジャックの真相)
  • 落下物(ブラックジャック病の後半)

キャスト[編集]

メインキャラクター[編集]


主なゲスト[編集]


映像ソフト化 [編集]

  • 2006年12月20日に全話収録のDVD-BOXが発売された。「ブラック・ジャック 秘蔵版スペシャル』として放送されたエピソード2話も収録されている。
  • 2013年上記の現在単巻DVDは未発売。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

よみうりテレビ 月曜19時台前半
前番組 番組名 次番組
ブラック・ジャック21