深夜アニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

深夜アニメ(しんやアニメ)とは、主に深夜番組として放送されるテレビアニメ全般の呼称である。

概要[編集]

この呼称は特に明確な定義が定められたり、命名者ないし提唱者が知られているわけではないが、公式に用いられている例としては、アニメ制作会社ゴンゾ(深夜アニメも多く手がける)の携帯電話向けウェブサイトの名称「深夜アニメGONZO」、NHK BSプレミアムで放送のアニメ枠「BS深夜アニメ館」がある。また、ソニー製のDVD/BDレコーダースゴ録/BDZシリーズ)の番組予約のジャンルに「深夜アニメ」の項がある[1]

当項では主に地上波およびBSテレビ局各局で23時-28時台に本放送されたもの、および、放送局や製作元などによって深夜アニメであると称されているものを対象とする。ただし、独立放送局系やBS各局においては夜22時台(プライムタイム)についても23時台以降のアニメ枠と一体となった編成が組まれるケースも見られることや、製作・放送体制も深夜アニメに準ずる形態となっている事例が多いため、独立局やBS各局で22時台に放送されているアニメについても便宜上これに含めるものとする[注釈 1]。なおTOKYO MX公式サイト内のアニメ番組表における時間帯別ゾーンの色分けについては、23時を境に色が分けられている[2]

また、「深夜アニメ」の対義語として本項では「全日枠アニメ」という言葉を便宜上使用するが、24時(午前0時)よりも前に放送される深夜アニメはその両方に該当する(=深夜アニメでもあり、かつ全日枠アニメでもある)点に留意する必要がある。

日本では1990年代後半から深夜帯の青年向けアニメが広まり始めた[3]。1998年頃から需要を見込んだ深夜アニメの採算性が注目されるようになり[4]、テレビアニメの放送形態として一般化していった。この動きには、1990年代に製作委員会方式がアニメでも採用されだしたことが一因であると言われる。製作委員会方式はその性質上、出資する企業(アニメ制作会社出版社、ゲームメーカー、玩具メーカーなど)の多さが資金調達には有利とされているが、出資企業の立場から見れば、1社が1作品から得られる利益は相対的に小さくなるため、より多くの作品からの利益を求めるようになった結果だというわけである[5]

2000年代半ば頃には少子化子供向けアニメの需要が低下する中、アニメファン向けの映像ソフトなどの販売や世界展開などを見込んで製作側が時間帯を買い取るという形での深夜アニメが数多く作られ、アニメバブルとも形容された[6]。その結果、2006年には全日帯のアニメ製作分数と深夜帯のアニメ製作分数がほぼ互角となるほどにまで深夜アニメが広がることとなった[5][注釈 2]。また製作本数の観点では、2006年には深夜帯アニメが全日枠アニメを越えていると分析しているものもある[7]

その後は粗製乱造やインターネットによる違法配信の広がりもあり[3]、2007年頃を境に増減を繰り返す傾向にある[5][3]

なお、主に独立局(TOKYO MXなど)で放送される新作テレビアニメ全般については「UHFアニメ」という通称があるが、本項では独立局において主に深夜帯に放送するアニメを便宜上「独立局系深夜アニメ」と取り上げることにする。

特徴[編集]

現在の関東圏民放局(在京キー局、独立局)の詳細な放送動向については、本項次節などを、BS放送の状況についてはBS放送における深夜アニメの状況を参照。

インターネットにおける深夜アニメ配信の状況については、テレビアニメのインターネット配信などを参照

主にアニメファンや一般若年層(高校生・大学生から20代若年層)を対象として放送されている。後日発売されるDVDBlu-ray Discおよび関連商品の販売促進を主な目的としており、製作費回収の収益源でもある[3]番組スポンサーも原作単行本や原作ゲーム(近年ではトレーディングカードゲームも少なくない)などといった関連商品を販売する出版社やソフトメーカーなどのコンテンツ系会社が多くを占める。

製作においては「放送局主導」より、むしろ「製作委員会方式」が主流であり、製作側にとっては映像ソフトの販売による収益が見込めることに加えて放送権料を安くあげることができ、テレビ局側にとっても深夜枠を有効に活用できるというメリットがあることが製作本数の増加に繋がった[3]三大都市圏の独立局で放送される新作アニメも深夜帯放送が大半を占めるため、これらを加えると、三大都市圏における地上波での放送数はいっそう増加する。

一方でローカル局の場合は、一部の深夜アニメの放送を継続している局や、フジテレビ系列で放送されている「ノイタミナ」レギュラーネット局(後述)などを除いて、放送実績が(年に数作程度と)非常に少ない放送局が大半を占めている。

テロップでの注意喚起やオープニング・エンディングの歌詞テロップ表示にも違いがある。子供向けアニメでは「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見るように」と注意を促すテロップやオープニング・エンディングでの歌詞テロップがよく見られる。これに対し、深夜アニメではほとんどの作品で「インターネットでの違法アップロードが多発している」「番組のアップロードは違法である」「この作品はフィクションであり、実在の人物、事件とは一切関係ない」旨の注意テロップを表示しており、オープニング・エンディングでの歌詞表示を実施する作品は少数に留まる。

放送期間は1クール(3か月、11 - 13回)か2クール(6か月、22 - 26回)のものがほとんどであり、中には計3回の超短期作品も存在する。継続して3クール以上放送された作品は数えるほどに過ぎないが、分割クール制によって「シリーズ合わせて3クール以上になった」作品が一部には存在する(テレビ東京系列夏目友人帳』シリーズ、『黒子のバスケ[注釈 3]など)。

視聴率は深夜であるため[注釈 4]、2.0%以上もあれば「合格点」であるといわれ[9]、4.0%以上で「高視聴率」といわれる[10][11][12]。しかしフジテレビの『ノイタミナ』枠[13][14][11]毎日放送(MBS)土曜深夜の『アニメシャワー』枠[10][15]では高視聴率の作品も見られる。

深夜番組放送でのブロック編成に名称商標)を付けるように、アニメ番組を集中編成して独自の名称をつけることがある。2014年10月現在では

が存在する。

歴史[編集]

日本の深夜アニメ第一号は、1963年から1964年にかけて水曜夜23時40分 - 23時55分にフジテレビ系列で放送された『仙人部落』(小島功原作の、週刊アサヒ芸能の連載漫画)である(第1-8話。第9話よりプライムタイムに移行)。1969年の『六法やぶれクン』(名古屋テレビ。史上初のローカル局製作深夜アニメ。当時はクロスネットの関係で日テレ系列で放送)の後、15年以上途絶えていた[16]

1980年代に入ると1986年の『ハートカクテル』(日本テレビ)、1987年の『レモンエンジェル』(18禁OVAくりいむレモン』の流れを汲むライトアダルトアニメ。フジテレビ)、1989年の『小松左京アニメ劇場』(MBS)、『セイシュンの食卓』(よみうりテレビ、『11PM』枠内)、1992年の『スーパーヅガン』(麻雀漫画のアニメ化。フジテレビ)、1995年の『行け!稲中卓球部』(TBSワンダフル枠内)などが製作された[16]

これらの作品は話題とはなったものの、すべて単発の試みに留まっている。

アニメ評論家藤津亮太は、元々OVAとして発売された『銀河英雄伝説』が1990年テレビ東京の深夜帯で放送されたことや、再放送枠ではあるが1992年に開始された毎日放送(MBS)の『ヒーローは眠らない』枠の存在も、「テレビアニメにおける深夜枠開拓の先駆けの一つ」という見解を示している[16]

1990年代後半に入り、1995年テレビ東京系列水曜夕方枠で本放送され大人気を博した『新世紀エヴァンゲリオン』が、テレビ東京において数度再放送された際の視聴率が深夜帯としては驚異的な数字を叩き出したこと[16]や、その他系列局や系列外の地方局で再放送ないし遅れネットにおいても異例の高視聴率[17]や、人気漫画を原作とする『逮捕しちゃうぞ』の放送(製作局のTBSでは土曜夕方枠での放送だったが、一部地域では深夜帯に放送されていた[注釈 5])が大きな反響を呼んだ。テレビ東京でかつてアニメ部門のプロデューサーを務めた東不可止は、『新世紀エヴァンゲリオン』の1997年における再放送の反響が大きかったことを挙げている[17]

そんな中、テレビ東京は1996年に放送された『エルフを狩るモノたち』を皮切りに深夜アニメ枠の開拓を進めるようになった[16]。当時、大量生産に有利なデジタルアニメの実用化や、ビデオソフト会社主導で結成される製作委員会方式の確立で資金調達が容易になったことも相まって、首都圏の地上波における新作テレビアニメの放送数が急増し、深夜アニメ枠はちょうどその受け皿として機能することとなった[16]

それを受けて他の在京キー局や、在阪局在名局も次々と深夜アニメ事業に参入するようになる[4]

1998年には当初から独立局での深夜帯放送を念頭に製作された『LEGEND OF BASARA』が放送されたのを皮切りに、独立局各局でも深夜アニメの展開が開始され、その後深夜アニメの有力な担い手となる[18]

さらに2001年、前年に本放送を開始したTBSの子会社であるBSデジタル放送局・BS-i(現:BS-TBS)が『まほろまてぃっく』を独占放送(地上波では未放送)。当時は普及率が低かった「BSデジタル」という媒体、規制の緩い「深夜帯」という条件、「(機材を揃えれば)全国で視聴可能」な利点を利用して、萌えとお色気を重視した作風を取った結果、アニメマニアの間でBSデジタル放送初期のキラータイトルとなった。この頃からTBS自身もほとんどの作品において「BS-iとの併映」、さらには「BS-iのみで放送」という形で積極的に深夜アニメに関わるようになる。

2002年時点での深夜アニメは、その後に比べれば大きな盛り上がりではなかったともいわれ、本格的な活性化はその直後頃からとなる[19]

その一方で2000年代前半には、フジテレビやテレビ朝日を中心に放送トラブルが相次ぐなど、様々な事情から深夜アニメの総放送本数は一進一退を繰り返すようになっている[20]

その後、2007年末に開局した独立系BS放送局のうち、BS11が開局当初から、(無料放送局ながらも)積極的に深夜アニメを放送を始めたのを皮切りに、2010年代に入ると次第にBS放送局での深夜アニメ放送本数が増えている。MBSのプロデューサー竹田青滋デジタルハリウッド大学の講演にて『アニメ番組が地上波からBSへシフトするのは間違いなくトレンドとなる』とこの現状に関して言及している[21]

また、2000年代半ばに入るとインターネット配信を行う作品が増加傾向にあり、特にKADOKAWA・DWANGOが運営するニコニコ動画2010年代に入るとニコニコチャンネルにおいて公式配信(ニコニコ公式アニメ)に力を入れている。

現在の関東圏民放局における地上波での動向[編集]

アニメの制作に従事する、キー局アニメ制作会社出版社などの企業が集中し、同時に地上波で深夜アニメを発信する際に重要なキー局の拠点地である、関東圏における現在の状況は複雑にして多量な記述が必要なため、節を独立して解説する。

日本テレビ[編集]

2012年4月改編で水曜深夜枠へ移動し6月で放送終了の後、半年後に深夜アニメ枠復活の後は改編ごとに放送曜日の変動が激しい。

参考・NNS系列局(ytv他)[編集]

ytvの現状概要
その他系列局
  • 日テレ製作の深夜アニメ作品は基本的に番組販売によるネットのため、ytvや中京テレビ(CTV)などの主要基幹局などでも放送されない事例も少なくない。また、ネット局の放送の遅れの差も大きい傾向が強い。

変則的な放送パターン(NNS)[編集]

テレビ朝日[編集]

2007年以降は単発的に放送。

参考・ANN系列局[編集]

ABCの簡略的歴史
メ〜テレの簡略的歴史
メ〜テレ(名古屋テレビ)は、短編帯番組ながらテレ朝(旧:NETテレビ)よりも約30年も早く『六法やぶれクン』を製作した(当時はクロスネット関係にあった日テレ系列で放送された)。これは在名局のみならず、在京キー局以外が手掛けた史上初の深夜アニメでもある。
2007年4月期、テレ朝からのネット作品消滅以降は「38年ぶりの同局単独製作」およびハイビジョン制作・放送作品となる『ウエルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜』を放送開始し、関東圏ではTOKYO MXにネット供給するなど製作・放送意欲旺盛な姿勢を見せたかに思えたが、結果的にこの姿勢は一時的なものに終わった。
その他の局の放送事例

変則的な放送パターン(ANN)[編集]

TBS[編集]

2015年4月現在、TBSの深夜アニメは長年にわたり自社製作作品は一部の例外を除いて金曜未明(木曜深夜)、MBS製作『アニメイズム』枠を土曜未明(金曜深夜)に各2番組を放送。時期によってCBC製作作品を逆ネット。改編期には過去に放送した作品の特別編を放送することがある。TBSにおける『アニメイズム』枠は枠名制定前から基本放送時間の変更はなく、2015年4月よりMBSが金曜未明から土曜未明へ移動とともに、TBSがMBSより15分先行放送する事になった。

※TBS・MBS製作作品は字幕放送を実施(一部作品・ネット局を除く)。

参考・JNN系列局[編集]

MBSの簡略的歴史

MBSは『小松左京アニメ劇場』(1989年)で深夜アニメの製作に参入した。TBSが深夜アニメの製作に参入するのは1995年のことなので、MBSはTBSより先に参入したことになる。

また、キー局であるTBSでは現在は皆無のオリジナルアニメ作品にも非常に意欲的な姿勢である[22]

2003年以降は製作に関与しない独立局系深夜アニメも多数ネットしており、年々深夜アニメ枠を拡大しているものの、放送需要に対して枠数が追い付いていない状態が続き、その余波でTBSあるいはCBC製作作品が関西圏では独立局送りになる事例がしばしば発生している。

CBCの簡略的歴史

CBCテレビは2002年の『最終兵器彼女』で参入している。

2006年4月開始の『ウィッチブレイド』は、JNN系列局製作深夜アニメ逆ネット作品第1号である。

現在は自社製作に関しては断続的に留まっており、TBSあるいはMBSからのネット受け作品以外ではおよそ1クールごとに1~2本独立局系深夜アニメを放送している。

MBS・CBCにおける放送形態・品質

かつてはTBS製作作品同様、画面サイズを16:9で製作していてもサイドカットして放送していたが、2007年4月以降、両局が製作に関る作品においては「16:9フルサイズ放送」が基本フォーマットとなっている。

番組連動型データ放送に関しては、2007年に放送されたCBC製作『ロミオ×ジュリエット』においてCBCとTBSで実施、これは深夜アニメ史上初の事例であった(その後、『ラストエグザイル-銀翼のファム-』において、CBCのみ実施)。またMBSでも『革命機ヴァルヴレイヴ』シリーズ、『鬼灯の冷徹』・『悪魔のリドル』で実施している。

なお、MBS製作作品においては2012年以降開始のTBS逆ネット作品(2012年4月期より『アニメイズム』枠作品)を対象にBS-TBSでの同時期放送を開始している[注釈 8]。インターネット期間限定無料配信に関してもMBS製作作品は2000年代後半以降の殆ど全ての作品で実施、CBC製作作品も概ね実施している。

その他の局の放送現況

MBS・CBC以外ではRKB毎日放送・北海道放送(HBC)・東北放送(TBC)・中国放送(RCC)がCBCとの共同製作という形で深夜アニメの製作参加の実績があるが、これらの作品は関東圏では全て独立局で放送された。

かつてはMBS・CBC以外でも独立局系深夜アニメを比較的多く放送する系列局が多かったが、アニメスピリッツ(旧アニメ魂)枠が廃止されるなどの影響により2008年秋以降は少なくなっている。ただしアニメスピリッツをネットしていた熊本放送(RKK)では、アニメスピリッツ廃止後も深夜アニメを番組販売によって放送を継続しているほか、アニメスピリッツの放送実績が無いチューリップテレビ(TUT)では2014年7月以降継続的に[注釈 9]北陸放送(MRO)や長崎放送(NBC)や南日本放送(MBC)も断続的にではあるが深夜アニメを放送している。さらに『けいおん!!』終了後にごく一部の地方系列局が、一時的に深夜アニメ枠を設定したことがあった。

変則的な放送パターン(JNN)[編集]

  • 関西圏は独立局へネット
  • 関東圏は独立局へネット
  • 関東・中京圏は独立局へネット
  • 関東・関西圏は独立局へネット
  • CBC製作『琴浦さん』(TOKYO MX・サンテレビへネット)
  • TBSが製作委員会参加であるが、自局では放送せずに独立局系深夜アニメの形態で放送[注釈 13]
  • 独立局系深夜アニメの続編をキー局系列深夜アニメとして放送
  • 第1期『灼眼のシャナ』および第3期『灼眼のシャナIII(Final)』はMBSでも放送の独立局系深夜アニメであったが、第2期となる本作ではMBSが製作参加の上、放送局がTBS系列に統一された結果、史上初となるこの事例が誕生した(逆のパターンは過去に幾つか見られた)。
  • 関西・関東圏ではTBS系列、愛知県ではTVAで放送
  • 関西圏のみ夕刻帯放送(本放送当時)
  • 同枠は15分アニメ『びんちょうタン』と『REC』を2本立てで放送した(TBSとBS-TBSのみ)。TBSやBS-TBSでは編成の都合で途中打ち切りとなったが、MBSでは『びんちょうタン』は当時としては珍しく地上波16:9フルサイズ放送かつエンディング付き『完全版』を全話放送した一方、『REC』はMBSでは未放送となった。
  • 関東圏では異系列キー局で放送
  • MBSが本格的に深夜アニメに参入するきっかけとなった『フォーチュン・クエストL』は関東圏ではTBSではなく、腸捻転時代にネット関係があった名残で現在も株主に加わっているテレビ東京にて8ヶ月余り遅れてネットされた。
  • 独立局系深夜アニメをTBS系列東名阪ネットで(実質)再放送
  • 2009年10月期には『魔法少女リリカルなのはA's』の放送を行った。本作は2005年に独立局系深夜アニメとして製作・本放送されたが、このように関東圏ではキー局で(実質)再放送する事例は初となった。
  • 全国各地でネット系列が異なるパターン
  • 関東圏はTOKYO MX、中京圏はTVA、北海道はHTB、福岡県福岡放送(FBS)、大分県テレビ大分(TOS。日テレ/フジ系列)と、クロスネットを入れると地上波全系列局で本放送された。なお本放送終了後に遅れネット局が相次いでいる。2014年9月には特別編を『日5』枠で放送。

テレビ東京[編集]

テレビ東京での特徴[編集]

  • かつては関東ローカルの作品も少なくなかった[注釈 15]が、現在では再放送を除いたほとんど全ての新規作品が少なくともTVOおよびTVAにネットされている。
  • 東名阪以外の系列局(テレビ北海道(TVh)・テレビせとうち(TSC)・TVQ九州放送)の各局では、何れかの局で未放送の作品が多数ある。
  • その一方でTXN系列外の地方局(ぎふチャン(GBS)や三重テレビ(MTV)など)で、テレ東の深夜アニメ番組が放送されることもある。
  • テレビ東京で放送された深夜アニメは、CS放送では一部の例外を除いてテレビ東京ホールディングスの子会社であるAT-Xで初出となる。
    • AT-Xが製作委員会に参加している作品によっては、同局最速で放送される場合もある。
  • 一方、子会社のBSデジタル放送局・BSジャパンではほとんど放送されていない(継続的に放送されたのはかつて存在した土曜深夜小学館枠作品程度である)。
    • 2010年代に入るとAT-X製作委員会参加の独立局系深夜アニメ作品がBSジャパンではなく、BS11で遅れて放送される事例が増えている(その場合、地上波と同レベルのバージョンを放送)。
  • かつて一度だけ系列外であるMBS製作の深夜アニメを約半年以上遅れて放送したことがあった(『フォーチュン・クエストL』)[16]
  • インターネット配信に関しては2014年現在では大半の作品で実施している。

参考・TXN系列局(TVO・TVAなど)[編集]

かつてテレビ大阪(TVO)製作で、第2・3期は日曜朝9時30分枠で放送されていた『ギャラクシーエンジェル』の第4期を深夜アニメとして放送したことがあった。TVOとしては現在に至るまで唯一の自社製作深夜アニメであり、テレビ東京以外のTXN系列局が手掛けた唯一の深夜アニメでもある。

独立局系深夜アニメ放送の現況[編集]

TXN各系列局ではソフトメーカー・アニメファンからのニーズに応える形で独立局系深夜アニメも放送している。

  • テレビ愛知(TVA)は中京圏における実質的な独立局の代替的な存在となっており、特に2000年代半ばには相当数の作品を放送していた。テレビ東京系列作品も殆ど全て放送していることから、深夜アニメ放送本数は国内でトップクラスを誇る。
  • TVOでは2007年頃からTVA程ではないが放送作品が増えた時期もあった(現在は主に博報堂DYメディアパートナーズ広告代理店を担当する作品を断続的に放送するに留まる)。
  • TVh・TVQでも1クール中独立局深夜アニメが少数定期的に放送されている。
  • TSCは独立局深夜アニメを断続的にしか放送せず、その放送実績はTXN系列局中最少である。

変則的な放送パターン(TXN)[編集]

  • 全日枠作品の続編が深夜帯に放送されるパターン
ハヤテのごとく!』シリーズ(第2期以降)・『スレイヤーズREVOLUTION』・『スクールランブル二学期』・『ギャラクシーエンジェル』(第4期)など
  • 深夜アニメの続編が全日枠で放送されるパターン
マリア様がみてる〜春〜[注釈 16]・『ネギま!?
  • 内容を一部変更し、全日枠と深夜帯の両方で放送されるパターン
ソウルイーター』・『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』・『ケロロ軍曹(7thシーズン)[注釈 17]
  • 深夜アニメを全日枠で再放送するパターン
夏目友人帳』・『神のみぞ知るセカイ』・『ケロロ軍曹乙』(『ケロロ軍曹アンコール!』)
  • 全日枠作品の再放送・傑作選を深夜に放送するパターン
しゅごキャラ!』(『みればいーじゃん!しゅごキャラ!ナイト』)・『毎日かあさん』(『夜の毎日かあさん』)など
  • 独立局系深夜アニメの続編をキー局系列深夜アニメとして放送するパターン
まりあ†ほりっく あらいぶ
  • 独立局系深夜アニメをTXN系列局で(実質)再放送
魔法少女リリカルなのはStrikerS
  • 関西圏では異系列局(MBS)で放送
貧乏神が!

フジテレビ[編集]

フジテレビでの特徴[編集]

  • 2000年代前半に相次いだ放送トラブル(以下便宜的に“フジショック”と呼ぶ)[20][注釈 18]以降、現在では往時よりもかなり少ない枠数になってしまったが、この苦い経験を踏まえて局側も製作委員会の幹事役として積極的に関わり[24]、うち『ノイタミナ』枠に関してはキー局系深夜アニメとしては比較的浅い時間帯かつ1クール当たりの放送本数もおよそ11話と少なめに設定している。2011年10月期以降は大幅に地上波レギュラーネット局が増えている(ただしFNS全系列局での放送には至っていない)。
  • ノイタミナのBSフジでのネットは2013年3月で打ち切りとなったが、2014年7月現在はフジテレビ On Demanddアニメストアほかで同時期インターネット有料配信を行っている。

参考・FNS系列局(KTV・THKなど)[編集]

変則的な放送パターン(FNS)[編集]

独立局[編集]

特に南関東の独立局[注釈 21](TOKYO MX、tvkテレ玉チバテレビの4局[注釈 22])では、俗に“UHFアニメ ”と称する深夜アニメが多数放送されている。ただし作品によっては、2010年代に入ると特にTOKYO MXでプライムタイム(主に22時台)を含む全日枠で放送されるケースが増加している傾向にある。

関西圏でも主な独立局(サンテレビ・KBS京都)でも深夜アニメが放送されているが、阪神タイガース戦完全中継を売りにしている『サンテレビボックス席』(KBS京都では『KBS京都エキサイティングナイター』)が放送される期間は放送時間が不安定になりやすい。この関西圏特有の事情もあり、関東圏独立局放送の作品を在阪局がネットする事例も多い(特にMBSで顕著である)。近年では南関東の独立局同様にプライムタイム帯放送の作品が存在している。

中京圏では本来の独立局である三重テレビ(MTV)やぎふチャン(GBS)よりも、愛知県域放送局であるテレビ愛知(TVA)での放送本数が多い傾向が見られ、2000年代半ばには早朝に近い時間帯に放送された事例もあった。

これらの作品の多くは製作委員会方式で製作されており、独立局自身が製作に加わるのはつい最近までは極めて稀であった[注釈 23]。キー局と比べると表現規制が緩いなどの理由から、2000年代前半から放送本数が急増している(現在は時期によって放送本数の変動が激しい)。

これらの作品のネット形態はキー局系作品と比べて非常に複雑なものとなっているが、ここでは詳細は割愛する。なお、富山県に本社を置くアニメ制作会社・ピーエーワークス制作作品は、地元民放テレビ局(北日本放送(KNB)・チューリップテレビ(TUT)・富山テレビ放送(BBT)のいずれか)で積極的に放送されている。

BS・CS放送での同時期ネットや、ネット配信の普及により、現在では大半の作品が何らかの形で全国で視聴可能となっている。さらに2014年頃から「大都市圏は(独立局の)地上波、地方はBS」と役割分担する形で同時ネットするケースも実現したことで、従来のローカルセールス枠で放送のテレビアニメが抱えていた「全国一律でリアルタイムで視聴できない」問題が若干改善されるようになった(TOKYO MX・BS11が製作委員会に参加のメカクシティアクターズ、さらにABCも参加のアルドノア・ゼロなど。アニプレックス製作作品に多い)。

民間BS放送における深夜アニメの状況[編集]

BSデジタル放送局開局以後、地上波放送より遅れながらもBS民放局でも深夜アニメを放送することが多くなっている。地上波とは異なる編成が組まれているため、深夜枠以外にプライムタイム(主に20時〜22時台)を中心とした全日枠で放送されるケースも多い。

またBS放送の普及と共に2012年には深夜アニメの放送が増加傾向にあり、主に土日に各局が相次いで放送している。この影響で、同時間帯でアニメ作品が競合することがあり、競合同士で一部のスポンサーが共通になることもある。

民放BS各局の動向[編集]

デジタル開局前からWOWOWが上記のような商品販売促進の目的のため、あえて無料で視聴可能なノンスクランブルで放送の作品が多かった。かつては平日夕方枠での放送が多かったが、次第に深夜帯へとシフトしていった。しかし2008年以降の新作は2012年にスクランブル枠で放送された『カイバ』のみである。

BS日テレは、かつては日テレもしくは系列局製作作品の放送実績は少なかったが、2014年4月期以降は日テレ製作の深夜アニメを継続的に遅れネットしている。なお、独立局系深夜アニメは以前より断続的に放送していたが、2013年4月期からは継続的に放送している。

BS朝日はテレビ朝日もしくはANN系列局関連の深夜アニメを放送した実績が全くない(テレビ朝日で関東ローカル放送された『ZOMBIE-LOAN』はBS日テレで本放送時は未放送だった回と合わせて遅れネットされた)。一方で独立局系深夜アニメに関しては『アニメ魂(アニメスピリッツ)』枠を2008年4月まで持っていた(後にBS日テレに移籍)ほか、それ以外の作品を少数ながら放送した実績がある。2012年12月 - 2013年3月の間は同局製作委員会参加にして独占放送の短編アニメ『僕の妹は「大阪おかん」』を放送した。

BS-TBSでは2001年から2007年までは地上波で放送せず、BS-i独占放送の作品も積極的に放送していた(現在ではテレビシリーズの特別編を断続的に独占放送する程度である)。

また2000年代以降、先述のようにTBS製作作品のほとんどを遅れネットしているほか、2012年1月期からは系列準キー局であるMBS製作作品の同時期遅れネットを開始している(2015年4月現在ではMBS『アニメイズム』枠は地上波レギュラーネット局より1日、TBS製作作品はTBSより9日、とそれぞれ遅れネットとなっている)。

BSジャパンでは先述のようにテレビ東京で放送の深夜アニメを放送する事例は極めて少なく(近年では全日枠作品ですら放送しない事例も多い)、大半は有料CS放送のAT-Xを優先して放送している現状である。独立局系深夜アニメでは2008年10月期の『かんなぎ』および2009年7月期の『化物語』の2作品(いずれもアニプレックス製作)のみである[注釈 24]

BSフジは土曜深夜枠NOISE枠→ノイタミナ枠をレギュラーネットしていたが、2013年3月をもって打ち切りとなってからは、2015年1月期の自社製作委員会参加の『暗殺教室』までフジテレビ製作深夜アニメの放送は途絶えていた。独立局系深夜アニメに関しては断続的に放送しており、2014年1月期および7月期には自ら製作委員会に参加した『スペース☆ダンディ』シリーズ、『SHIROBAKO』を放送。

BS11は無料の民放BS放送局では唯一、開局当初から深夜アニメの放送を年々強化している。2011年末頃より新作アニメの放送が徐々に増加傾向を見せ、2014年4月期には合計27枠の大台になった結果、現在では独立局系深夜アニメの大半を放送するに至っている。また『迷い猫オーバーラン!』や『ぬらりひょんの孫』シリーズ、『黒子のバスケ』シリーズなどでは製作委員会にも参加しているほか、一時期無料テレビ放送において独占放送する事例があった。

TwellVは同時に開局したBS11とは対照的に長らく新作深夜アニメの放送実績は無かったが、2013年1月期から4月期まで独立局系深夜アニメ『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』と『デート・ア・ライブ』の2作品を放送した。

Dlifeは2012年の開局以来新作深夜アニメの放送実績はなかったが、2014年7月期から独立局系深夜アニメ『東京喰種トーキョーグール シリーズ』を放送。その後は、他局で放送したアニメ作品を実質再放送する形で、深夜アニメを放送している。

2011年秋からBS放送を開始したスカパー!アニマックスは、2012年7月期より毎週土曜22時台にて新作深夜アニメの遅れネットをノンスクランブルで放送している。

2012年10月期から、BS11とBSアニマックスのノンスクランブル枠で放送した一部の作品で同時期にネットすることがあり、どちらかの放送局が遅れ日数次第で、実質再放送になることがある。

NHKにおける深夜アニメの状況[編集]

NHKの深夜アニメは基本的に衛星系チャンネルで初回放送している。

2008年4月からBS2の深夜帯アニメ枠「衛星アニメ劇場」で新作テレビアニメを放送した(第1弾は『今日からマ王!(第3シリーズ)』と『アリソンとリリア』)。2011年3月にBS2が閉局後、その代替チャンネルとして新設されたBSプレミアムにて1年間BS深夜アニメ館枠で過去作を再放送。2012年4月以降は別の時間帯に本放送する作品の再放送などを実施。2013年6月からは約2年半ぶりに新作の深夜アニメ『キングダム(第2シリーズ)』を放送。

なお上記の事例の他、過去には主に教育テレビ(Eテレ)やBS2で本放送した作品が再放送されることがあった[注釈 25]。また、総合テレビでは2011年4月に『もしドラ』を(冒頭5分間はプライム帯からフライングスタート)、2014年8月にはFLASHアニメ目玉焼きの黄身 いつつぶす?』を深夜帯で放送している。

表現規制[編集]

テレビアニメでの全体的な傾向に関しては、テレビアニメ#表現規制を参照。

一般的に深夜番組は性的描写や暴力描写などへの表現規制規制が緩い傾向が見られるが、1990年代後半以降、深夜アニメに関しては日本国内の放送局は厳しい自主規制を行っている。一方、オンエア時には隠していた表現をBD/DVDソフト化時に「無修正」化することで、逆にソフトの販売促進の手段として活用するケースも多く見られる。

在京キー局における現状

特にテレビ東京は1997年暮れの「ポケモンショック」を起こした局ということもあって各種規制の始祖的存在であり、特に規制が厳格であるともされる。

TBSは流血描写に関してはテレビ東京に匹敵する厳格な規制を敷いているとされ、同局製作のアニメではその描写をほとんど削除する傾向が見られる(ただし系列局のMBSではその限りではなく、時間帯を問わずMBS製作アニメがTBSで放送される場合、TBS独自の規制が入るということは基本的にはない)。

その他

重大な事件や事故災害等が発生した場合、時期柄不謹慎と思われる場面が含まれる回の放送見送りや自主規制なども発生することがある。

代表的な例[編集]

本作放送までは比較的この種の表現に寛容と考えられていたフジテレビ系で放送することを念頭において製作され、本来は入浴シーンを始め、各種お色気描写がかなり満載となっている。
しかしフジはこの作品の本放送開始と時を同じくして規制を厳格に転じ、その影響で放送版では大幅な修正を余儀なくされ、肝心の入浴シーンは濛々たる湯気で真っ白となった。性的描写の問題が最も先鋭化した問題の一つとして知られている。(この件に関してはGIRLSブラボー#アニメを参照)。なお、本作の続編『GIRLSブラボー second season』はWOWOWへ移籍の上で「R-15指定相当(年齢制限という訳ではない)」で放送された[注釈 26]
本来AT-Xでの放送を念頭においた作品だったこともあるが、地上波の放送において女子小学生(相当)キャラクターの裸体および入浴シーン(エロティックなものではなく、作劇上必要かつ自然なもの)に対して修正が入り、物議を醸した(詳細は別項を参照)。
原作では流血シーンやパンチラなどお色気描写が多々存在するが、テレビアニメ版ではその類の描写がほとんど削除され、流血絡みの作品設定も変更を余儀なくされた(後にOVA化された際にはこの種の表現規制は無くなっている)。
通行人やクラスメイトなどが惨殺される場面において、流血表現が光や影の挿入で規制されている[25][26]。一方でヒロインが裸身を晒す場面ではほとんど規制が行われなかった[26]。全般的に規制が緩いMBS製作作品でこのような規制が入るのは珍しい。
物語終盤に東日本大震災が発生し、報道特別番組が暫く放送された事や、震災を想起させる場面が含まれており、レギュラー放送が途中で打ち切られた。残りは翌月に一挙放送の形で対処した[27]

放送版とパッケージ版の差異[編集]

深夜アニメの一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 過去にキー局系列でネットワークセールス枠にて22時台に放送されたアニメは通常「全日枠アニメ」に区分され、深夜アニメからは除外される。
  2. ^ 2006年においては、全日帯が68,794分、深夜帯が66,736分。なお、全日帯と全日帯以外を区分する時間帯の境界線は24時であるが、本項の集計における時間帯の境界線は23時としている[5]
  3. ^ 現在(2015年春季)放送中の3期を含め、それぞれ2クールずつ放送。
  4. ^ 平日の標準的な全局合計視聴率は24時の時点で約35%(プライムタイムの約半分)、26時では約12.5%となる。[8]
  5. ^ 製作局では全日枠放送の作品が一部ネット局では深夜帯放送のパターンは、この『逮捕しちゃうぞ(第1期)』や『HUNTER×HUNTER(日本テレビ版)』が代表的な事例として挙げられる。ただし後者は2013年10月改編で日テレでも深夜枠に降格。
  6. ^ ただしHTBとtvk以外は全日枠放送だった。
  7. ^ 但し『ウエルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜』の第2期『第二幕』と『CODE-E』の続編『Mission-E』に関してはメ〜テレは製作に関与せず、放送も行っていない。
  8. ^ それ以前の一部の作品はBS-TBSもしくはBS11で放送。また、木曜深夜以外での放送作品もBS11かBSアニマックスノンスクランブル枠で放送するケースが出ている。
  9. ^ それ以前にも一時的に深夜アニメ枠を設定したことがある。
  10. ^ 元々MBSはCBC製作深夜アニメの放送を後回しにする傾向が見られ、『ウィッチブレイド』・『のらみみ』シリーズに至っては関西圏では未だ放送されていない。
  11. ^ 独立局系深夜アニメでは「(MBSほか)在阪広域局 - TVA - 関東圏独立局」と言うネットパターンも多く観られる。
  12. ^ HBC・TBC・RKBなどで共同製作作品はいずれも関西圏ではMBSで遅れネットされた。
  13. ^ 『中二病でも恋がしたい!』(第1期)・『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』以降の作品はBS放送ではBS-TBSではなくBS11で放送。
  14. ^ 関西圏では1975年3月まで腸捻転ネット関係にあったABCで放送。
  15. ^ となりの関くん』・『ミス・モノクローム -The Animation-』などの短編アニメや、『エル・カザド』は近年において数少ない関東ローカル作品。また、『ケロロ軍曹乙』も本放送時はTXNでは関東ローカルだった。
  16. ^ 第3期『マリア様がみてる 4thシーズン』は独立局系深夜アニメとして放送された。
  17. ^ それぞれ『ソウルイーター レイトショー』・『あにゃまる探偵 キルミンずぅ+』・『ケロロ軍曹乙』のタイトルで全日枠とは別に深夜での放送実績もある。
  18. ^ GAD GUARD』に至っては、納期に間に合わなかった回を局側の判断で急遽前回の再放送に差し替える事例まで出たほどの混乱状態となった挙句に、地上波ではシリーズ途中で打ち切られた。読売新聞(2003年5月30日)は納期トラブルの一件を当初は5月28日午後4時に納品予定だったが、製作が遅れるなどしたため、放送局に完成作が届いたのは翌日深夜0時35分になった。このため、局の判断で前週分の再放送に踏み切ったと報道した[23]
  19. ^ 後にMBS「アニメシャワー」枠でも放送)
  20. ^ 2013年4月期より『ノイタミナ』枠にて再放送。この再放送においては関西圏ではKTVで放送。
  21. ^ 一方で北関東の独立局(群馬テレビとちぎテレビ)での放送本数は、南関東各局と比べると大きく水を空けられている(ただし2011年頃からTOKYO MXの土曜深夜枠で放送のアニプレックス製作作品の同時ネットを行うなど、以前よりは放送本数は増えている)。茨城県に至っては未だ県域放送の民放テレビ局自体が存在しない。
  22. ^ TOKYO MXはNHKや在京キー局同様に東京タワーから、より高層の東京スカイツリーへ送信所が移転したこともあり、2012年10月期を境に関東圏ではTOKYO MX単独放送の独立局系深夜アニメ作品が急増した一方、首都圏トライアングル3局における独立局系深夜アニメ作品は激減している。
  23. ^ 2013年の『東京レイヴンズ』を皮切りにTOKYO MX製作委員会参加作品が増加傾向にある。その他、先述のように在阪もしくは在名局製作の深夜アニメが関東圏では系列キー局ではなく独立局での放送となる事例もある。また、近年ではBS民放局もしくはアニメ専門チャンネルが製作委員会に加わる作品もある。
  24. ^ 前者に関しては当初はBS11での放送予定が急遽変更になったことによるものであり、後者に関しては続編の『偽物語』はBS11がネットした。なお、前者に関しては2012年4月期に改めてBS11で放送。
  25. ^ 例:定時枠では今日からマ王!(第1・第2シリーズ、教育)、SAMURAI 7(総合)など
  26. ^ ただしDVDソフトでは映像倫理協議会によってR指定を受けているため中学生以下は視聴できない事になっている。

出典[編集]

  1. ^ “ただし書き”の少ない3番組録画、ソニー「BDZ-AX2700T」を試す (1/3) ITmedia +D LifeStyle 2012年6月23日閲覧。
  2. ^ [TOKYO MX アニメ番組表 http://s.mxtv.jp/anime_list/]
  3. ^ a b c d e “アニメ産業(2) TVで年約200本放送”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年7月7日). オリジナル2011年7月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110711085850/www.asahi.com/business/topics/keizainavi/TKY201107060328.html 2011年8月9日閲覧。 
  4. ^ a b 岡田有花 (2005年5月23日). “萌えアニメ、増えても暮らし楽にならず、じっと手を見る”. ITmedia News (ITmedia). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0505/23/news062.html 2011年8月8日閲覧。 
  5. ^ a b c d 『アニメ学』 NTT出版、2011年4月28日、pp.33-35。ISBN 978-4-7511-4270-12011年9月3日閲覧。
  6. ^ 福田淳 (2005年11月9日). “系列超え アニメよ育て”. 読売新聞 (読売新聞社). オリジナル2005年11月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20051126111910/www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20051109et02.htm 2011年8月9日閲覧。 
  7. ^ 日本総合研究所. “「neo anime」産業のビジネスモデルに関する調査研究 (PDF)”. 経済産業省. p. 13. 2011年11月19日閲覧。
  8. ^ “日テレ広告ガイド テレビCM検討編 占拠率”. 日本テレビ放送網. http://www.sales-ntv.com/kento/senkyo.html 2015年3月23日閲覧。 
  9. ^ “特集:「けいおん!」 京の楽器店が“聖地”に? テーマ曲は記録的ヒット”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2009年6月26日). オリジナル2010年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20100426085243/mantan-web.jp/2009/06/26/20090626mog00m200010000c.html 2011年8月8日閲覧。 
  10. ^ a b 田村麻里子 (2006年7月27日). “P-TVにアニメ「地獄少女」が登場〜高視聴率記録の深夜アニメ”. RBB TODAY (株式会社イード). http://www.rbbtoday.com/article/2006/07/27/32644.html 2011年8月9日閲覧。 
  11. ^ a b 糸井一臣 (2010年2月22日). “フジテレビ"ノイタミナ"が1時間枠に! 「ノイタミナ ラインナップAR記者発表会」開催”. マイコミジャーナル (毎日コミュニケーションズ). http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/02/22/noitamina/index.html 2011年8月9日閲覧。 
  12. ^ “日本テレビ、深夜枠アニメをオンデマンド配信、第1弾は「闘牌伝説アカギ」”. 日経トレンディネット (日経BP社). (2007年11月8日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20071108/1004323/ 2011年8月9日閲覧。 
  13. ^ 市原尚士 (2007年2月1日). “深夜アニメ枠「ノイタミナ」好調 フジテレビ”. 読売新聞 (読売新聞社). オリジナル2007年2月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20070203140943/www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20070201et07.htm 2011年8月9日閲覧。 
  14. ^ “「のだめカンタービレ巴里編」が6.6%、深夜アニメ最高視聴率を記録。”. Narinari.com. (2008年12月5日). http://www.narinari.com/Nd/20081210697.html 2011年8月9日閲覧。 
  15. ^ “『Angel Beats!』第6話が毎日放送で高視聴率を記録!”. 電撃オンライン (アスキー・メディアワークス). (2010年5月10日). http://news.dengeki.com/elem/000/000/260/260557/ 2011年8月9日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g “藤津亮太のテレビとアニメの時代 第22回 深夜アニメ前史”. 藤津亮太 (アニメ!アニメ!). (2011年2月1日). http://www.animeanime.biz/archives/7239 2014年7月6日閲覧。 
  17. ^ a b “深夜アニメ :エヴァ再放送きっかけに大人向けで新市場 元プロデューサー・東さんに聞く”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2011年10月16日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/qHfIG 2011年10月17日閲覧。 
  18. ^ “藤津亮太のテレビとアニメの時代 第23回 ’90年代後半の深夜アニメの変転”. 藤津亮太 (アニメ!アニメ!). (2011年4月1日). http://www.animeanime.biz/archives/8024 2014年7月6日閲覧。 
  19. ^ 丸山博雄 (2012年3月19日). 「まどマギ」「タイバニ」テレビ局から見たヒットの背景【前編】. インタビュアー:渡辺由美子. アスキー・メディアワークス.. http://ascii.jp/elem/000/000/677/677980/ 2012年3月19日閲覧。 
  20. ^ a b “藤津亮太のテレビとアニメの時代 第24回 00年代 テレビアニメ放映過去最高へ”. 藤津亮太 (アニメ!アニメ!). (2011年5月5日). http://www.animeanime.biz/archives/8445 2014年7月6日閲覧。 
  21. ^ 厳しい環境でこそ作品作りが面白い、竹田靑滋プロデューサーのアニメ戦略 GIGAZINE 2012年1月31日、同年2月19日閲覧。
  22. ^ 「まどマギ」「タイバニ」テレビ局から見たヒットの背景【後編】(その4) 渡辺由美子の「誰がためにアニメは生まれる」 ― 第26回
  23. ^ 福田淳 (2003年5月30日). “フジ深夜アニメ 制作遅れ前週分再放送 業界の過酷な状況の表れ”. 読売新聞 (読売新聞社). オリジナル2003年6月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20030604035656/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tv03053002.htm 2011年8月8日閲覧。 
  24. ^ 堀内彰宏 (2011年7月7日). “DVDだけではないビジネスを模索したい――フジ・ノイタミナプロデューサーが語るアニメの今 (1/6)”. 誠(ITmedia). 2014年12月25日閲覧。
  25. ^ 水島努 (2011年8月19日). “6話。”. 月夜の上機嫌. 2011年9月3日閲覧。
  26. ^ a b 清水サーシャ (2011年9月3日). “【アニメ】「BLOOD-C」第8話は「かげろうお銀」な展開(ネタばれ注意)”. 日刊テラフォー. マキシムライト. 2011年9月3日閲覧。
  27. ^ 「魔法少女まどか☆マギカ」放送再開!関西は2話連続、関東と東海は3話連続で完結へ”. exciteニュース (2011-4-13更新). 2014年12月12日閲覧。

関連項目[編集]