スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!』(スーパーマリオブラザーズ ピーチひめきゅうしゅつだいさくせん)は、テレビゲームマリオシリーズの『スーパーマリオブラザーズ2』のタイアップとして、1986年7月20日から松竹系で公開されたアニメ映画。同時上映は『スーパーマリオブラザーズ2 完全攻略法』。

ビデオバップから発売されている。ただし、同時上映の作品は収録されていない。

なお、本作はゲームでの『マリオ』シリーズとは設定や名称が異なるため、本項では本作の設定や名称に沿って解説をする。

あらすじ[編集]

GROCERY日用雑貨店の意)」を営むマリオ兄弟。ある夜マリオはファミコンに熱中していたが、突如テレビの画面が消えたかと思うと、その中から突然、誰かに助けを求めるピーチ姫が飛び出して来た。姫に会ったマリオは一目惚れし、彼女を守ってあげることを決意する。しかし、同じくテレビ画面から後を追ってやって来たカメ一族のクッパ大王にマリオは全く歯が立たず、ピーチ姫はあっけなくさらわれてしまう。この時、ピーチはマリオのもとに大事なブローチを落としていった。

翌日、マリオは昨夜のピーチ姫のことが気になって仕事が手に付かないありさまだったが、ピーチの残したブローチが「宝の国にある幻の宝石」であることがルイージによって分かる。宝の国の情報を聞くためマリオが104番に電話をかけると、電話先の謎の男から「今、使いの者をやるからすぐに来てくれ!」と言う声を聞く。直後にやって来た子犬のキビダンゴは、マリオの持っているブローチを奪い取ることで、マリオとルイージの2人を導く。マリオたちがキビダンゴを追いかけ着いた先は、宝の国とされる「きのこの国」だった。

そこに現れたきのこ仙人は「きのこの国を支配しようとしているクッパ大魔王は、国の住民たちを魔法でレンガつくしの姿に変えてしまった[1]。今、この国を救えるのは、古くから語り継がれる『マリオブラザーズ』である君たちしかいない。さらに、このままでは今度の13日の金曜日にクッパ大王はピーチ姫と結婚してしまう」と、きのこの国の現状を語った。そして、そのクッパを倒すには不思議な力を持つ「3つのパワール」(真実のきのこ、愛の花、無敵の黄色星)のチカラを借りなければならないことをマリオたちに告げる。マリオたちはピーチ姫を救うため、「3つのパワール」を探す冒険の旅へ出かける。

様々な困難を乗り越えながらも、マリオたちはついに「3つのパワール」を手に入れる。かくして、13日の金曜日。満月の夜に執り行われるクッパとピーチ姫の結婚式に忍び込み、マリオは手にした「3つのパワール」の力でクッパを倒し見事に姫を救出することに成功したのだった。

こうしてクッパの魔法は解け、きのこの国は元通りになった。マリオからピーチ姫へと返される彼女のブローチ。姫によれば、これを持っていれば同じブローチを持った素敵な王子様に会えるという。マリオはその王子様が自分ではないかと期待するが、マリオたちと冒険を共にしていた子犬のキビダンゴに掛かっていたクッパの魔法が解けると同時に、彼はピーチ姫と同じブローチを持ったハル王子へと姿を変えた。

マリオの恋も終わりを迎え、マリオとルイージは姫の幸福を願いながら。ルイージは背中に目一杯の宝を負いながら、自分たちの町へ帰り、「GROCERY」を営む日常生活へと戻る。

エンドロール後のおまけ[編集]

マリオたちがカメラ目線で満面の笑みで入る土管には、アニメ制作のグルーパープロダクションのロゴが描かれている。

エンドロールの後には後日談のような物が収録されている。物語序盤と同じように、ミスエンドレスが「GROCERY」に買い物に来るが、マリオの代わりにクッパ大王の一味が注文の品を持って出て来る。それを見たミスエンドレスが「クエッ!」とポーズを取ると共に、「GAME OVER」のテロップで幕を閉じるという終わり方である。

登場人物[編集]

キャストロール順。また下記以外にも台詞は無いものの、キラーメットプクプクゲッソーといった原作の敵が多数登場しているが一部設定が異なっている。

マリオ
- 古谷徹
正義感あふれるチョビ髭の男。一人称は「俺」もしくは「私」。ゲームが大好き。本作ではルイージと共に日用雑貨店「GROCERY」を営んでいる。ゲーム画面から現れたピーチ姫に一目惚れし、クッパの手から彼女を救い出すためルイージ、キビダンゴと旅に出る。
直接戦闘はルイージでなく主に彼の仕事であり、3つのパワール(真実のキノコ、愛の花、無敵のきら星)の力を手にしクッパと決闘する。
「マリオラーメン」「マリオふりかけ」(当時実在した商品)が好物で、おとぼけでドジな所があるため、自分を食べようとするパックンフラワーにコショウをかけようとして逆に自分がくしゃみをしたり、クッパとの戦闘中にマリオふりかけに気を取られたためクッパに隙を付かれてやられてしまうなど、情けない場面も。てれびっこ『マリオとヨッシーの冒険ランド』でも声を古谷が担当しているが性格は異なり、一人称も「僕」になっている。
服装はオーバーオールが赤で服が青と公式画のものとは色が逆になっている。
ルイージ
声 - 水島裕
欲張りなマリオの弟。一人称は「俺」。マリオのことを「アニキ」または「マリオ」と呼ぶ。お金や宝石に目がない欲張りで、マリオを見捨ててしまうようなこともしばしばする。今作ではカラーリングが帽子とオーバーオールが青色で、服が黄色である。きのこの国へ旅に出る目的も、彼の場合ピーチ姫でなく宝が目当てで、きのこ仙人に「ギャラはたんまり貰えるんでしょうね?」と聞いているほど。
ただし真面目に戦闘に参加しないのが幸いして、閉じ込められた牢屋からの脱出のための穴を掘ったり、紛失したスターを見つけてくるなど、陰ながらしっかり活躍している。
マリオと同じ店を営む。マリオのツッコミ役に回ることもある。本作では泳ぎが苦手(金づち)。てれびっこ『マリオとヨッシーの冒険ランド』でも声を水島が担当しているが、一人称は「僕」でマリオの呼び方も「にいさん」になっており、マリオばかりヨッシーたちに感謝されて愚痴るところも同じ。
ミスエンドレス
声 - 堀絢子
マリオ兄弟の店の常連客のおばあさん。趣味は料理。ケーキの材料を買いに来て、「小麦粉、バター、砂糖、卵、牛乳、ふくらし(粉)」など注文するが、マリオがピーチ姫のことで上の空でめちゃくちゃな材料(大根や靴など)を出されたので怒鳴って帰ってしまう。エンドロール後にも登場する。
ジュゲム
声 - 堀絢子
天気を自在に操る雲の上に乗っているメガネをかけたカメ一族。パックンフラワーを「お花ちゃん」と慕って大事にしている。マリオをお花ちゃんのエサにするべく襲い掛かってくる。
「ジュゲムジュゲムジュゲムのパイポ」(落語『寿限無』より)が口癖。怒るとパイポを降らせてくる。
キビダンゴ
声 - 千葉繁
きのこ仙人の使者である子犬。人間の言葉は喋れないが、本作では一番の真面目キャラクターである。
本が読めたりギターを弾けるなど器用。
ハル王子
声 - 菊池正美
キビダンゴの正体。ピーチ姫と同じブローチを持つ、フラワー国の王子。クッパの魔法で犬の姿に変えられていた。
きのこ仙人
声 - 宮内幸平
きのこの国を作った仙人。マリオとルイージにキノコ王国の現状を伝え、本人は枯れ果てたキノコの姿に還ったが、ラストシーンで再び現れている。
ハンマーブロス
声 - キートン山田
マリオたちを監禁する。斧使いの名人であり、怒らせると怖いが「ゲホー!」としか喋らない。
ゲーム上ではハンマー「ブロス」と言う名の通り2匹セットで現れるが、同作品では単独行動である。
キノピオ
声 - 山本百合子江森浩子
ピーチ姫の侍女。マリオに真実のキノコと愛の花を渡した。
クリボー
声 - 丸山裕子小宮和枝
クッパの手下。マリオたちに幾度と罠をハメていくがことごとく失敗に終わる。実は手がある。
パタパタの親
声 - 中野れい子
巨大なパタパタ。巣で待つ子供たちにエサを運んで来る。ゲーム版と違い敵キャラクターではない。
パタパタの子供
声 - ベリーズ
見た目は小鳥であり、亀の甲羅は無い。
ノコノコ
声 - 水鳥鉄夫佐藤正治
クッパの手下。かなり多数存在する。
司祭
声 - 八奈見乗児
クッパ大王とピーチ姫の結婚式の司祭。
ピーチ姫
声 - 山瀬まみ
きのこの国のお姫様。美人な半面、少々おてんばな面もある。
クッパの求婚を拒み、マリオの救助を待ち続ける。
クッパ
声 - 和田アキ子
カメ一族の大王。一人称は「わし」(ピーチ姫の前では「わたし」)。多くの部下を従え、魔法が使え(小熊のぬいぐるみなどに)変身が得意である。巨大化や指先1本でつついただけでマリオを床下まで沈めるなど、ボスらしい強さを見せる。
3つのパワールの力を借りたマリオと最終決戦に挑むが敗北し、ルイージの元で部下とともに働いている。
見た目に似合わず、ピーチ姫を「ピーチちゃん」と呼ぶ、可愛らしい一面もある。
ピーチ相手には基本的に敬語で話すなど、礼儀正しい一面もある。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

なお、オープニング曲とエンディング曲は、作中でもインストゥルメンタルにアレンジされた曲も含みBGMとして流れる。

オープニング「ドキ・ドキ Do it! 〜ビシッとバシッと Rock'n Roll 学校編〜」
唄 - 未来童子 / 作詞 - 葉山真理 / 作曲・編曲 - 木森敏之
エンディング「アデューマイラブ」
唄 - 石川千香子 / 作詞 - 葉山真理 / 作曲・編曲 - 木森敏之
挿入歌「水晶球」
唄 - 山瀬まみ / 作詞 - 松本隆 / 作曲 - 宮城伸一郎 / 編曲 - 船山基紀
クッパ城直前のシーンにて用いられた。

関連商品[編集]

いずれも廃盤のため入手困難である。

VHSレンタル
『スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!』
発売元:バップ
レコード
『スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦! オリジナル・サウンドトラック』
発売元:バップ、型番:10242-07
  1. ドキドキ Do It 〜スキスキクラクラ恋愛編〜
  2. ドキ・ドキ Do it! 〜ビシッとバシッと Rock'n Roll 学校編〜
レコード (LP)
『スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦! オリジナル・サウンドトラック』
発売元:バップ、型番:30191-25
  1. アデューマイラブ
  2. ドキドキ Do it 〜スキスキクラクラ恋愛編〜
  3. ドキ・ドキ Do it! 〜ビシッとバシッと Rock'n Roll 学校編〜
カセットテープ
『ファミコン漫画映画 スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦! サウンドトラック』
発売元:バップ、型番:50191-25
SIDE A
  1. マリオ・ザ・グレード
  2. ドキ・ドキDo it 〜スキスキクラクラ恋愛編〜
  3. 夢・夢・夢…
  4. ドキ・ドキDo it 〜ビシっとバシっとRock'n Roll学校編〜 インスト
  5. カメ・一族の陰謀
  6. アデュ・マイラブ 〜グランドテーマ 僕の気持ち
SIDE B
  1. ドキ・ドキDo it 〜ビシっとバシっとRock'n Roll学校編〜
  2. マリオ・ザ・グレード 〜マリオとダンシング
  3. マリオ ウォーク
  4. 水色のワルツ
  5. アデュ・マイラブ

永谷園[編集]

作中、当時永谷園とタイアップして発売していた「マリオラーメン」がブロックから大量に出てきて登場し「マリオふりかけ」がクッパに追いつめられた瞬間突然現れるといった具合で登場。

テレビCMの「マリオふりかけ」も、同キャスト(古谷徹山瀬まみ)が出演した。

備考[編集]

  • 本作ではゲームのBGMや効果音がそのまま使用されている(ただし、一部だけ映画用にアレンジされているものもある)。
  • 松原市文化会館などの一部の文化会館で上映されている場合がある。
  • 電気グルーヴの楽曲「電気ビリビリ」の中の台詞「マリオ助けてー」は、今作でピーチ姫が叫んだものが元ネタ。ピエール瀧は「やる気のない棒読みっぷりに感化された」と語っている。

脚注[編集]

  1. ^ goo 映画でのあらすじには「クッパは姫の水晶玉を奪った」と書かれているが、本作(ビデオ版)にはその描写が見られず、「クッパは自分の魔法によって、きのこの国を支配する」となっている。

外部リンク[編集]