トゲゾー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トゲゾー (Spiny[1]) は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに出てくる架空のキャラクター。

概要[編集]

無数のトゲが生えた赤い甲羅を持つカメ。通常の踏み付けでは倒せず、逆にダメージを受けてしまう。ただし、ファイアやマントといった攻撃には弱く、基本的に一撃で倒せる。『スーパーマリオブラザーズ3』では、しっぽマリオやたぬきマリオのしっぽ攻撃で裏返すことで、ノコノコのように甲羅を攻撃に使用できる。

パイポ(落語の「寿限無」に由来)といい、ジュゲムがこれを投下してくる事もある。パイポにはの2種類がおり、赤いものは着地すると孵化してトゲゾーになるが、緑色のものはそのまま地面を転がる習性を持つ。なお、『New スーパーマリオブラザーズ』では、トゲゾーが水につかるとパイポになって浮き上がる。

マリオブラザーズ』の敵キャラ「シェルクリーパー(ノコノコの原型)」は上から踏めないため、『スーパーマリオブラザーズ3』のミニゲーム以降では上から踏めると勘違いしないようトゲゾーに変更されている。

マリオカートシリーズ』ではトゲゾーの甲羅がアイテムとして登場する。進路上にいる他キャラを跳ね飛ばしながら、トップを走るキャラに当たるまで追尾し続けるというアイテムだった。弱点は地形に沿って進むため、何かにぶつかったり落ちたりすると消えてしまう。マリオカート ダブルダッシュ!!以降はトップの所へ飛んで行き、着弾すると大爆発するという性質に変更された。2位以下を攻撃できる可能性は少なくなったが、空を飛ぶため地形の影響を受けなくなった。なお、トンネルなどの天井がある場所だと爆発で上に吹き飛ばされてから走行可能になるまでの時間が短くなる。マリオカート7ではトップの所で大爆発する点は同様だが、羽がなくなりコースに沿って低空飛行するようになり、2位以下をはね飛ばすこともあるというマリオカートアドバンス以前の特徴も兼ねており、強力なアイテムとなった。これらの作品では、甲羅が青色になっている。なお、自分がトップのときに使うと自分が攻撃される。

他に、『マリオパーティシリーズ』にもアイテムやお邪魔キャラとして出演している。

客演[編集]

星のカービィ3
ゲスト出演。吸い込むと「ニードル」の能力がコピー出来た。
ゼルダの伝説シリーズ夢をみる島』『ふしぎの木の実』『4つの剣』『ふしぎのぼうし
敵としてゲスト出演している。盾がないと倒すことができない。

派生型[編集]

逆さトゲゾー
天井を歩いており、マリオが接近すると自分から落ちて、体当たりしてくる。『マリオ3』では、逆さなのに何故か踏む事が出来なかった(リメイク版では踏めるように調整されている)。
トゲロー
2足歩行のトゲゾー。『マリオパーティ』のミニゲーム「キー!KEY!キープ!」にのみ登場する。
マメゾー
マリオ&ルイージRPG』で登場。寄生されたトゲゾー。全身黄色という毒々しい姿をしている。
ソライロトゲゾー
ペーパーマリオRPG』で登場。クモリジュゲムが投下する空色のトゲゾー。通常より強い。
トゲへい
スーパーマリオRPG』で登場。仮面を付けたような顔をしている。マリオが使うジャンプ系のスペシャル技ではダメージを与えることが出来ない。甲羅の色は赤色。フィールド上では、ジュゲムが投下してきたり、死角から突然飛び出してきたりする場合がある。
イガへい
『スーパーマリオRPG』で登場。トゲへいの上級種。甲羅の色は緑色。フィールド上ではトゲへい同様ジュゲムが投下してくるものがいるほか、穴に埋まっているものも存在する。後者はある方法で戦うことなく全滅させられる。
ウニへい
『スーパーマリオRPG』で登場。イガへいの上級種。甲羅の色は青紫色。フィールド上ではジタンダが地面を踏みつけた際に天井から落下してくるものもいる。
トゲリアン
マリオ&ルイージRPG2』で登場。顔は無く細い手足だけが出ているという不気味な姿をしている。甲羅の色は紫色。野生で出現する他、UFOジュゲムに召喚されることもある。

トゲメット系統はメットの項を参照。

登場作品[編集]

その他の登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 英語版名称。「スパイニー」と発音する。本来は「とげがある」「面倒な」という意味の英単語。