マリオパーティシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオシリーズ > マリオパーティシリーズ
マリオパーティシリーズ
ジャンル パーティゲーム
開発元 ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント
シーエイプロダクション
エヌディーキューブ
カプコン
発売元 任天堂
1作目 マリオパーティ
1998年12月18日
最新作 マリオパーティ アイランドツアー
2014年3月20日
テンプレートを表示

マリオパーティシリーズ(MARIO PARTY series)は、任天堂株式会社が発売したマリオシリーズキャラクターが登場するパーティーゲームシリーズ。公式に使われる略称は「マリパ」。

概要[編集]

マリオパーティシリーズとは、すごろく風の「ボードゲーム」と「ミニゲーム」が組み合わさった、最大4人(作品によっては最大8人)まで同時に遊べる対戦ゲームのシリーズ作品である。開発は『8』および『DS』まではハドソン、『9』以降のシリーズはエヌディーキューブが担当している。

ゲームは基本的にボードマップ(ステージ)をすごろくの要領で進んでいき、プレイヤー全員が1回ずつ移動を終えたり、特定のマスにとまると「ミニゲーム」をプレイするという流れで進行する。1作目から『マリオパーティ8』および『マリオパーティDS』までと、『マリオパーティ9』以降ではボードゲームのルールが大幅に異なっているが、基本的な操作方法やゲームのシステムは全編を通じて大きな違いはない。

シリーズで登場するプレイヤー及びサポートキャラはマリオシリーズのキャラクターが中心となっている。『マリオパーティ9』まで発売されている現在、途中で引退した者も含めれば、今までに使えたプレイヤーキャラクターは19人いる(一部のモードでのみ使用可能なキャラは除く)。なお、『マリオパーティ5』以降の据え置き型作品では必ず新規参加者がおり、その中で現在もプレイヤーキャラとして使える者は12人となっている。この人数は第1作目『マリオパーティ』で使用できるキャラの人数(6人)より多く、これらがチラシ等での宣伝に利用されたケースもある。ちなみに、据え置き型ゲーム機用のマリオパーティシリーズは『マリオパーティ3』以降、その作品での新キャラは次回作では最初から使え、新たな新キャラが登場している。海外では米国で非常に人気があり、「ミニゲームのやりすぎで手を痛めた」という事例がある。

NINTENDO64、ゲームキューブ時代は年末に新作が発売された。日本国内の売上では『2』・『3』・『8』・『DS』の4作品がミリオンセラーとなっている。

シリーズ一覧[編集]

数値は全て日本のもの。日本未発売、発売中止は除外する。

タイトル 発売日 ハード 販売本数
マリオパーティ 1998年12月18日 NINTENDO64 82万本
マリオパーティ2 1999年12月17日 109万本
マリオパーティ3 2000年12月7日 102万本
マリオパーティ4 2002年11月8日 ニンテンドーゲームキューブ 92万本
マリオパーティ5 2003年11月28日 75万本
マリオパーティ6 2004年11月18日 53万本
マリオパーティ アドバンス 2005年1月13日 ゲームボーイアドバンス 24万本
マリオパーティ7 2005年11月10日 ニンテンドーゲームキューブ 45万本
マリオパーティ8 2007年7月26日 Wii 150万本
マリオパーティDS 2007年11月8日 ニンテンドーDS 202万本
マリオパーティ9 2012年4月26日 Wii 60万本
マリオパーティ アイランドツアー 2014年3月20日  ニンテンドー3DS
マリオパーティ10 2015年予定 Wii U
タイトル 発売日 ハード 販売本数
マリオパーティカードe 2003年2月 ゲームボーイアドバンス
スーパーマリオ 不思議のころころパーティ 2004年9月 アーケードゲーム
スーパーマリオ 不思議のころころパーティ2 2005年10月
マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー 2009年5月

プレイヤーキャラクター[編集]

○ :基本キャラ /△ :隠しキャラ /▲:自動操縦キャラ/× :使用不可 /※ :一部のモードでは使用可能 Aはアドバンス、3DSはアイランドツアー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 A DS 3DS
マリオ
ルイージ
ピーチ
ヨッシー
ワリオ ×
ドンキーコング × × × × × ×
デイジー × × ×
ワルイージ × × ×
キノピオ × × × ×
テレサ × × × × × ×
ミニクッパ × × × × × × × × ×
キノピコ × × × × × × × × ×
キャサリン × × × × × × × × ×
カロン × × × × × × × × × ×
ゲッソー × × × × × × × × × × ×
ハンマーブロス × × × × × × × × × × ×
ノコノコ × × × × × × × × × ×
ヘイホー × × × × × × × × × ×
カメック × × × × × × × × × × ×
クッパJr. × × × × × × × × × × ×
クッパ × × × × × × × × ×
Mii × × × × × × × × × × ×

ボードゲーム[編集]

ここでは『マリオパーティアドバンス』『マリオパーティ9』『マリオパーティ アイランドツアー』を除くシリーズのボードゲームの流れについて説明する。

ゲームの流れ[編集]

最初に、参加する人数・プレイヤー・ボードマップ・ターン数などの設定を行い、ボードマップに着くとそのボードマップについての説明を受け、その後プレイヤー全員で「サイコロブロック」を叩いて出た数の大きい順にターンの順番が決まる。最後にプレイヤー全員が10コインを受け取って、スターの位置を確認してからゲームがスタートする。

ゲームが始まると4人のプレイヤーが順番にサイコロブロックを叩き、出た目の分だけ「マス」を進み、止まったマスによって様々なイベントが発生する。通常、サイコロブロックから出る目は1 - 10となっている(なお、サイコロブロックの数字が変わる速さは、1~4、DSが0.05秒、5が0.2秒、6~8が0.1秒となっている)。4人全員が移動し終わると、プレイヤーパネルの色(止まったマスの色)によって、行われるミニゲームの種類・プレイヤーのチームの組み合わせなどが決まり、「ミニゲーム」が始まる。

ミニゲームでは、最初にそのミニゲームのルールや操作方法などの説明画面が表示される。ただし、マリオパーティ1~7ではボードマップのポーズ画面の設定でミニゲームの説明画面を省略することも可能。また、『マリオパーティ2』から以降のシリーズでは、ミニゲームの説明画面からそのミニゲームの練習をすることも可能である。本番で勝利したプレイヤーは10コインもらえ(プレイするミニゲームの種類によってもらえる枚数が変わることもある)、途中結果が表示される。

これらの流れを「1ターン」として、設定したターン数だけゲームが続く[1]。また、ラスト5ターン(マリオパーティ7のみラスト4ターン)になると、「ラスト5(4)ターンイベント」が発生し、途中経過が発表され、さらに特別ルールが追加されたり特殊なイベントが発生する。全てのターンが終わるとゲーム終了となり、ルールの設定によっては最後に「ボーナススター」の発表が行われ、条件を満たしているプレイヤーにスターが1つ贈られ、最後にスターを最も多く持っていたプレイヤーが優勝となる。なお、スターの数が同じプレイヤーがいた場合はコインの数が多い方が上の順位になる。極めてめずらしいがスターもコインも同じ数のプレイヤーがいた場合は、そのプレイヤー同士でサイコロブロックの出目勝負を行い、大きい目を出した方が上の順位となる。

結果発表後、各プレイヤーの持っているスターの数・コイン数・ミニゲームで稼いだコイン数・各マスに止まった回数などのゲームの詳しい成績を見ることができる。なお、マリオパーティ5~7、DSでは、各プレイヤーのスターとコインの数の変化を記録したグラフも表示されるようになった。ただし、『マリオパーティ8』ではこのようなグラフは表示されない。

なお、『マリオパーティ9』では、ボードゲームのルールが大きく変更された。詳しくはマリオパーティ9のページを参照。

ボードマップ上のマス[編集]

ボードマップ上には様々な「マス」が設置されており、移動が終わった時に止まったマスに応じたイベントが発生する。作品ごとに登場するマスの種類や名称が異なるが、ここでは主なものを記す。

青マス・プラスマス
全てのシリーズに登場。ここに止まるとコインを3枚入手し、プレイヤーパネルは青に変化する。
赤マス・マイナスマス
全てのシリーズに登場。ここに止まるとコインを3枚失う。プレイヤーパネルは赤に変化する。
 ?マス・ハプニングマス
全てのシリーズに登場。ここに止まるとイベントが発生する。プレイヤーパネルは緑に変化し、ミニゲーム開始直前にランダムに赤か青に色が変化する。この点は他のマスでプレイヤーパネルが赤・青以外になった場合も同様である。
クッパマス
全てのシリーズに登場。止まるとクッパが現れ、迷惑な「クッパイベント」が発生する。ただし、作品によってはコイン・スターとも持っていない(または少ない)時に止まると、良いイベントが発生することもある。プレイヤーパネルは赤に変化する。
ドンキーマス
マリオパーティ5から登場。止まるとドンキーコングが現れ、プレイヤーにとって良いイベントが発生する。「クッパマス」とは対の存在となっている作品もある。プレイヤーパネルは青に変化する。
キノコ青マス
マリオパーティ1作目に登場。止まるとルーレットを行い、出た目が「キノコ」だと続けてもう一度サイコロブロックを叩いてマスを進むことができる。「毒キノコ」だと次のターンは1回休みとなる。
 !マス
マリオパーティ1・2・3に登場。止まると「チャンスミニゲーム」に挑戦できる。
ミラクルマス
マリオパーティ4・6に登場。マリオパーティ4では止まると「ミラクルピンボール」に挑戦できる。その結果に応じてプレイヤー同士でスターやコインの交換・プレゼントをする。マリオパーティ6ではルーレットで同様にそのやりとりの内容を決める。
アイテムマス
マリオパーティ2・3に登場。止まると「アイテムミニゲーム」がプレイできる。
バトルマス
マリオパーティ2・3・4に登場。止まると「バトルミニゲーム」が始まる。なお、マリオパーティ5以降はターン終了時の通常のミニゲームの代わりに、ランダムで「バトルミニゲーム」が発生するようになった。
ギャンブルマス
マリオパーティ3に登場。止まると「ギャンブルミニゲーム」が始まる。
ワープマス
マリオパーティ4に登場。止まると、ルーレットで決めた他のキャラクターがいるマスにワープする。
キノコマス
マリオパーティ4に登場。止まると、大小2つの箱が出現しどちらかを選ぶと「デカキノコ」か「チビキノコ」をゲットできる。
けっとうマス
マリオパーティ6・7・DSに登場。止まったプレイヤーは対決相手を選び、スターやコインを賭けて「デュエルミニゲーム」で勝負を行う。
ともだちマス
マリオパーティDSに登場。止まると自分とほかのプレイヤー1人がそれぞれ5コインずつもらえる。誰と一緒にコインをもらうかはマスに止まった時に選択する。尚、CPUは必ず最下位(複数人いる時はランダム)のキャラクターを選択する。また、ラスト5ターンになるとこのマスは「けっとうマス」に変化する。

ボードマップ上のイベント[編集]

ボードマップにはその場所を通過することで発生するイベントも設置されている。マスとは違い、通過しても残りの移動するマス数にカウントされることはない。シリーズによっては「通過イベント」と呼ばれることもある。シリーズごとに様々な種類が用意されているが、ここでは主なものを記す。

分岐点
すべてのシリーズに登場。ルートが枝分かれしている場所で、ここで進みたい方向を選ぶことができる。ただし、場合によっては進む方向が自由に選べないこともある。
スター
すべてのシリーズに登場。ボードマップによってはスターの入手条件(手に入れ方)が異なる場合もあるが、たいていは20コインを支払うことでスターを1つ入手できる[2]。ゲームの目的地であり、シリーズによっては「スターエリア」と呼ばれることもある。
テレサ
マリオパーティ4までとマリオパーティ6で登場。必要な枚数のコインを支払うことで相手のコインやスターを横取りできる。1作目ではコインは無料で横取りしてもらえるが、その分効果も薄い。マリオパーティ4では「よこどりの館」という名称で登場する。マリオパーティ6ではテレサがプレイヤーキャラとして参加しているため、代わりに「あかテレサ」がこの役割を担当している。また、シリーズによってはアイテム(「テレベル」「テレサのすいしょう」)でその場に呼び出すこともできる。
アイテムショップ
マリオパーティ2より登場。通過するときにコインを払ってアイテムやカプセル、キャンディを1度に1つだけ購入できる。作品によっては最下位及び3位の場合はアイテムの価格が割引されることもある。マリオパーティDSでは、コインがある限り1度に複数のアイテムを購入することができる(そのためなのか、他のシリーズに比べてアイテムの販売価格がかなりの廉価となっている)。なお、ラストターンになると利用できなくなる。ちなみに、マリオパーティ5ではアイテムショップの代わりに「カプセルマシン」が登場する(通過する際に無料でカプセルを1つもらうことができる)。
カプセルマス・?カプセル
マリオパーティ6・7で登場。通過するとカプセルを無料で1つ入手できる。ただし、どの種類がもらえるかはランダムに決まる。ちなみに、マリオパーティ6では「カプセルマス」という名称で登場するが、通常のマスのように止まることは出来ず通過しても残りの移動するマス数にカウントされることもない。
しかけマスエリア
マリオパーティDSで登場。通過すると「しかけマス」を無料で1つ入手でき、もらえる種類はランダムに決まる。なおラストターンになるとしかけマスはもらえなくなる。

アイテム[編集]

マリオパーティ2以降のボードゲームでは、ボードマップ上で使用ができる「アイテム」が登場する。シリーズによって種類や使用方法が異なるが、基本的にはサイコロブロックを叩いて移動する前に持っている物の中から1ターンに1つだけ使用できる。

アイテム
マリオパーティ2・3・4・DSで登場する。アイテムは、主に「アイテムショップ」や「アイテムマス」で手に入れることができる。1人のプレイヤーにつきマリオパーティ2では1つ、マリオパーティ3DSでは2つマリオパーティ3・4・DSでは3つまで持つことができる。4のチームバトルではパートナーのアイテムも使用可能。
カプセル
マリオパーティ5・6・7で登場する。「カプセル」は「アイテム」のように自分に使えるほか、マップ上のマスに仕掛けることも可能。マリオパーティ5では「カプセルマシン」で、マリオパーティ6・7では「カプセルマス」や「カプセルショップ」で手に入れることができる。1人のプレイヤーにつき3つ(チームバトルでは最大5つ)まで持つことができる。
キャンディ
マリオパーティ8で登場する。「アイテム」に近いタイプで、「カプセル」のようにマスに仕掛けることは出来ない。「キャンディショップ」で購入するか、「?キャンディ」を通過することで手に入れられる。1人のプレイヤーにつき3つまで持つことができる。
しかけマス
マリオパーティDSで登場する。「カプセル」のようにマスに仕掛けて使用するもので、仕掛けたマスに他のライバルが止まると、そのライバルからスターやコインを奪えるなどの様々な効果が発生する。カプセルと違い、1度誰かが止まるとそのしかけマスは消滅し元のマスに戻る。しかけマスは「しかけマスエリア」で入手でき、同じくマリオパーティDSで登場する「アイテム」と合わせて3つまで持つことができる。

ボーナススター[編集]

設定したターン数が終了すると、全員のスター・コインの数が発表された後「ボーナススター」が3つ発表され、受賞したプレイヤー全員はスターを1個もらえる。「ボーナススター」の内容はシリーズによって少しずつ異なっている。『マリオパーティ7』からは6つのボーナススターの中から3つが毎回ランダムに選ばれるようになった。なお、マリオパーティ2以降ではルール設定でボーナスの設定を「なし」にすると、このボーナススターの発表は行われない(最後のターンが終了した時点の手持ちのスター・コインの数でそのまま勝敗が決まる)。

ミニゲームスター
(全作品)
ターン終了時のミニゲームで一番コインを稼いだプレイヤーが選ばれる。なお、1作目の「1人用ミニゲーム」はカウントされるが、「バトルミニゲーム」(ターン終了後のミニゲームルーレットで発生した場合を除く)「デュエルミニゲーム」「ドンキーミニゲーム」で稼いだコイン、およびクッパマスの「クッパミニゲーム」で失ったコインはカウントされない。また、マリオパーティDSでは「稼いだコイン数」ではなく「ミニゲームで勝った回数」がもっとも多いプレイヤーが選ばれる(ボーナスミニゲームは1コインでも取れば勝ったことになる)。
コインスター
(マリオパーティ5まで)
「コインを一番多く持っていたときの枚数」が一番多いプレイヤーが選ばれる。
カプセルスター
(マリオパーティ6・7)
「カプセル」を使った回数が一番多いプレイヤーが選ばれる。
キャンディスター
(マリオパーティ8)
「キャンディ」を使った回数が一番多いプレイヤーが選ばれる。
ハプニングスター
(全作品)
「?マス」・「ハプニングマス」に止まった回数が一番多いプレイヤーが選ばれる。
アイテムスター
(マリオパーティDSのみ)
「アイテム」を一番多く使ったプレイヤーが選ばれる。
ランニングスター
(マリオパーティ7以降)
一番多くマスを進んだプレイヤーが選ばれる。ただし、7でワンワンに乗って移動したマスはカウントされない。
ショッピングスター
(マリオパーティ7以降)
「カプセルショップ」「キャンディショップ」など、アイテムが購入できるお店で一番多くコインを使ったプレイヤーが選ばれる。
レッドスター
(マリオパーティ7以降)
「マイナスマス」に一番多くとまったプレイヤーが選ばれる。
しかけまスター
(マリオパーティDSのみ)
「しかけマス」を一番多く仕掛けたプレイヤーが選ばれる。
ともだちスター
(マリオパーティDSのみ)
「ともだちマス」に一番多く止まったプレイヤーが選ばれる。

ステータスパネル[編集]

『マリオパーティアドバンス』『マリオパーティ9』『マリオパーティ アイランドツアー』を除く9作品では、ボードマップ中に画面に表示される「ステータスパネル(プレイヤーパネルとも呼ばれる)」の表示が作品ごとに少しずつ異なる。

ステータスパネルの枠
1,5,8は長方形(四隅が丸い)、2は長方形(左側が半円、四隅が丸い)、3は2に加えて、枠の右側がギザギザ模様、4は長方形で枠の下側が立体的、6は長方形(左右が半円)、7とDSは正方形(左右が半円)となっている。なお、8のみ移動中のプレイヤーは画面左上に表示され、待機中のプレイヤーは画面右上にまとめて表示される。他の作品はいずれも画面四隅に1人ずつ表示されている。
フォント
1,2~6,7,8,アドバンス、DSとではフォントが異なっている。また、6以降はボタンの役割表示の「…」がなくなった(例:「A…サイコロ」→「Aサイコロ」)。
スター・コインの表示
1のみ上段にコインの枚数、下段にスターの枚数が表示される。2~7は上段にスターの枚数、下段にコインの枚数、8は一段(左がスター、右がコイン)で表示される。
1,2,3,8では9枚までは「☆×9」のように表示、10枚以上は「☆10」のように表示される。4,5,6,7では10枚以上も「☆×10」のように表示される。DSでは「×」の表示がなく、「☆1」「☆10」のように表示される。通常のプレイではあり得ないが(PAR等を使用した場合や一部マップを除く)、1,2,3,8,DSは最高99枚まで、4,5,6,7は最高999枚までカウントされる。7,8では枚数が増減する時に数字が飛び出してくるアニメーションがある。
コインの枚数カウント
DS以外は…「(コイン)×9」…「(コイン)×99」「(コイン)100」…のように表示される。DSのみスターと同じく、「×」の表示がなく、100枚を超えても表示に影響はない。全作共通で999枚までカウントされる(1000枚以上でも999枚にしかならない)。スターと同じく、7,8では枚数が増減する時に数字が飛び出してくるアニメーションがある。
順位の表示
いずれも1位が「1st」、2位が「2nd」、3位が「3rd」、4位が「4th」と表示されるが、数字の部分の文字色がシリーズで異なり、3までは数字と英語の部分が別の色になっており、4以降は数字と英語の部分が同じ色になっている。
「1」は4人共通で、数字の左から右にかけて黄色から橙色のグラデーション。「2」は1位が「1」と同じ、2位が白から銀のグラデーション、3位が白から赤のグラデーション、4位が水色。「3」は1位と3位が「2」と同じ、2位が白から水色のグラデーション、4位が緑。「4」は1位が黄色、2位が白、3位が茶色、4位が青緑。「5」は1位が黄色、2位が空色、3位が茶色、4位が緑。「6」は1位が黄色、2位が銀色、3位が茶色、4位が緑。「7」は1位が黄色、2位が銀色、3位が茶色、4位が紫色。「8」は1位が黄色からオレンジのグラデーション、2位~4位は全て白から灰色のグラデーション。「DS」は1位が黄色、2位が銀色、3位が肌色、4位が青緑色。「9」は1位が金色、2位が銀色、3位が銅色、4位が紫色。
アイテム・カプセル・キャンディの表示
「2」ではスターの枚数表示の右にキノコマーク、「3」と「4」と「DS」では1,2番のプレイヤーはコインの枚数の下に、3,4番はスターの枚数の上にアイテムが表示、「5」~「7」ではカプセルの色だけ表示(「7」は表示位置が枠の右側)される。

ミニゲーム[編集]

ほとんどのマリオパーティシリーズでは、ボードゲームで毎ターン終了時に「ミニゲーム」を使った対戦が始まる。ミニゲームで勝利するとコインを獲得できるため、ミニゲームはボードゲームの勝敗を左右する大きな要素となっている(『マリオパーティアドバンス』『マリオパーティ9』『マリオパーティ アイランドツアー』では形態が異なる)。ミニゲームをプレイする前にはそのミニゲームのルールや操作方法の説明画面が表示される。マリオパーティ2からは、本番を始める前にこの説明画面からミニゲームの練習をすることが出来るようになり、マリオパーティ5からは各ミニゲームの説明画面に表示されていたそのミニゲームの画像が動画に変更された。マリオパーティ1作目~7・DSではミニゲーム終了後に画面と音楽が切り替わってリザルト画面(ボードゲームの成績の途中経過)が表示されるが、マリオパーティ8のみ、ミニゲーム終了直後(○○WINと表示された後)にミニゲームの画面でリザルトが表示される。また、マップ上の特定のマスに止まると発生するミニゲームや、特定のゲームモードでしかプレイできないミニゲームも存在する。なお、マリオパーティ3以降の作品では、収録されているミニゲームが毎回全て新作のものに総入れ替えされている。

ミニゲームの数[編集]

ミニゲームのリストや各ミニゲームのルール・詳細については、各作品の記事のミニゲームの節を参照。

タイトル ゲーム数
マリオパーティ 53
マリオパーティ2 65
マリオパーティ3 71
マリオパーティ4 62
マリオパーティ5 75
マリオパーティ6 82
マリオパーティ アドバンス 50
マリオパーティ7 88
マリオパーティ8 81(重複含む、重複除くと73)
マリオパーティDS 94(重複含む、重複除くと62)
マリオパーティ9 80
マリオパーティ アイランドツアー 80
---- 合計
881

主なジャンルのミニゲーム[編集]

4人用ミニゲーム
ターン終了時に登場する、4人全員で競うミニゲーム。作品によっては「4にんでミニゲーム」「vs4ミニゲーム」と表記されることもある。1作目では、勝利したプレイヤーは10コインもらえる・負けたプレイヤーからコインをもらうなど、ミニゲームごとにコインのやりとりが異なっていたが、マリオパーティ2以降は「勝利したプレイヤーは10コイン獲得」というルールに統一された。ミニゲームによっては複数のプレイヤーが勝者になることもある(マリオパーティ9・アイランドツアーでは、ボードマップ上において同じ順位だった際に限りサイコロで順位を決める)。また、勝ち負けが無くミニゲームの中で集めたコインがそのままもらえる「ボーナスミニゲーム」もある。
1vs3ミニゲーム
ターン終了時に登場する、1人側と3人側に分かれて競うミニゲーム。1作目では、上記の4人用と同様に勝利した側はコインをもらえる・負けた側からコインをもらうなど、ミニゲームごとにコインのやりとりが異なっていたが、マリオパーティ2以降は「勝利した側は10コインずつ獲得」というルールに統一されている。また、勝ち負けが無くミニゲームの中で集めたコインがそのままもらえる「ボーナスミニゲーム」もある。
2vs2ミニゲーム
ターン終了時に登場する、2人1組でチームに分かれて相手チームと競うミニゲーム。1作目では勝利したチームは負けたチームのプレイヤーからコインをもらうルールだったが、マリオパーティ2以降は「勝利したチームのプレイヤーはそれぞれ10コインずつ獲得」というルールに統一されている。また、勝ち負けが無くミニゲームの中で集めたコインがそのままもらえる「ボーナスミニゲーム」もある。
バトルミニゲーム
「バトルマス」に止まったときやターン終了時にまれに発生する(マリオパーティ5以降)4人全員で競うミニゲーム。バトルミニゲームでは基本的に所持コイン数が最小のキャラクターに合わせて、全員から5枚(マリオパーティ4~7のみ)・10枚・20枚・30枚・50枚のいずれかの枚数のコインが回収される。マリオパーティDSでは3ターン目以降で全員が20コイン以上所持している場合に発生することがあり、「現在のターン数×2」の枚数のコインをプレイヤー全員から回収する。そしてミニゲームの結果に応じて、1位は合計回収金の70%(マリオパーティDSは65%)、2位は25%(マリオパーティ2~5・DSは30%)、3位は5%(マリオパーティ2~5はなし)のコインを得られる。ただし、いずれも小数は切り捨てで余ったコインはランダムで誰かに振り分けられる(4位に振り分けられる可能性もある)。この余ったコインを誰かに配分するアニメーションはマリオパーティ8ではカットされている。なお、マリオパーティ3では回収金額が「0枚」になることがあるが、この場合はバトルミニゲームは発生しない(いわゆるハズレ)。また、マリオパーティ8の「タッグマッチ」の場合は回収金はチーム毎となっているため、その分配当金も少ない(マリオパーティ4~7はプレイヤー1人ずつ回収される)。
デュエルミニゲーム(けっとうミニゲーム)
特定のアイテムを使用したときや、「けっとうマス」といった特定のマスに止まったときなどに発生する、1対1で競う2人用のミニゲーム。作品によってゲームのながれやルールは多少異なるが、基本的にはミニゲームの前に戦う相手とかけるものを決め、その後ミニゲームで勝利したプレイヤーがお互いがかけたものを全てもらうというルールとなっている。マリオパーティ2では「けっとうミニゲーム」という名称で登場し、お互いの持つコインのかける枚数を決めてからミニゲームを行う。マリオパーティ3以降では「デュエルミニゲーム」という名称に変更された。マリオパーティ5からはコインのほかにスターをかけて勝負をすることができるようになった。
クッパミニゲーム
クッパマスで発生。クッパの攻撃を避けながらミニゲームの目的を達成する。逃げ切れなかった場合コインなどを取られる。
ボス戦
マリオパーティ3以降から登場(ただし、マリオパーティ6には登場しなかった)。ストーリーモードでボスと対決するためのミニゲーム。マリオパーティ4と5では「ストーリーミニゲーム」、マリオパーティ8では「ラストミニゲーム」、マリオパーティDSでは「ボスミニゲーム」と表記されている。

ミニゲーム中の文字表記[編集]

ミニゲーム中の画面に表示される文字は、各作品によってフォントが微妙に変更されている。ミニゲーム中の掛け声も1、2~3、4~7、8で違う。DSは文字が表示されるのみ。ちなみに、マリオパーティ4の掛け声は5~7と一緒だが音質が悪い。

スタート
マリオパーティ3まで,8では「START」、4~7,DS,9では「スタート」、アイランドツアーでは「スタート!」。
フィニッシュ
マリオパーティ3まで,8では「FINISH」、4~7,DS,9では「フィニッシュ」、アイランドツアーでは「フィニッシュ!」。
レディ ゴー!
マリオパーティ2までは「READY GO!」、アイランドツアーでは「レディ ゴー!」。これ以外の作品にはない。
ゴール
マリオパーティ2まで「GOAL」、3以降は廃止。
勝ち
マリオパーティ1作目では「勝ったプレイヤー名(英語)WIN!」、2,3は「勝ったプレイヤー名(英語)WON!」、4 - 7,DSは「勝ったプレイヤー名(カタカナ)かち」、8では「勝ったプレイヤー名(カタカナ)WIN」、9・アイランドツアーでは「勝ったプレイヤー名(カタカナ)1st」。
負け
マリオパーティ1作目では「負けたプレイヤー名(英語)LOSE」、3のギャンブルミニゲームは「負けたプレイヤー名(英語)LOST!」。1作目と3以外では表示されない(ボスミニゲームも同様)。
引き分け
マリオパーティ3までと8では「DRAW」、4では、「ひきわけ!」、5~7,DSでは「ひきわけ」。9では全員最下位の順位表示。
ただし、ナレーションはどの作品でも「DRAW」。
ポーズ
マリオパーティ3までと6~9では「PAUSE」、4,5,DSでは「ポーズ」。
ニューレコード
マリオパーティ4までと8では「NEW RECORD!」、5~7,9では「ニューレコード!」、DS,アイランドツアーでは「ニューレコード」。
リザルト
マリオパーティ6までと8では「RESULTS」、7,DSでは「リザルト」。
タイム(残りの制限時間の表示)
マリオパーティ3まではオレンジ色の文字、4,5は角は丸い正方形の枠に水色の文字、6は八角形の黄色の枠に水色の文字、7は楕円の枠に水色の文字、8は六角形の枠に青色の文字、アイランドツアーでは丸い長方形の黄色の枠に白色の文字。ただし、残り5秒以下になると、3までは強調表示のみだが、それ以降は強調表示に加え、文字色が変わり、4 - 7はピンク色、8は赤色、DSは赤紫色、9とアイランドツアーでは白と橙のグラデーションとなる。また、3までと4~7,8、アドバンス、DS、9・アイランドツアーとではフォントが異なり、8は「いせきでパズル」のみ4~7と同じフォントとなっている。さらにカウンドダウンの表示の仕方は、3までとDS、アイランドツアーは「…→10→9→…→0」、4 - 9とアドバンスは「…→10→09→…→00」となっている。

マリオパーティ4~7までは文字の表記がカタカナ化する傾向があったが、マリオパーティ8ではキャラクターの名前以外は全て英語の表記に戻った。その後、マリオパーティ9では再びカタカナ化している。

マリオパーティ3までは1人が勝った場合と複数が勝った場合との勝ちのBGMが異なっていた。

なお、マリオパーティアドバンスでは「スタート」等の表記が一切出ず、その代わりジュゲムが始めと終わりにホイッスルを吹いたり、ニューレコードが出た場合にBGMを流し、マークに王冠が付けられたりしている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『マリオパーティ3』ではアイテムの「アフター5」を使用すると以降は、強制的に残り5ターンとなる。
  2. ^ ただし、『マリオパーティ3』では蜃気楼による偽物のスターが存在するマップもある。

外部リンク[編集]