ソニックシャッフル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソニックシャッフル
ジャンル パーティゲーム
対応機種 ドリームキャスト
開発元 ソニックチーム
ハドソン
発売元 セガ
人数 1~4人
メディア GD-ROM
発売日 2000年12月21日
テンプレートを表示

ソニックシャッフル』(SONIC SHUFFLE)は、2000年12月21日ドリームキャスト用ソフトとしてソニックチームハドソンの共同制作でセガより発売されたパーティゲーム

今作は、ソニックシリーズでは非常に珍しいボードゲームである。ボードゲームではあるものの、ソニックならではのアクション性はミニゲームという形できちんと入れられている。

ソニックチームオフィシャルウェブサイトでは、このソフトは一応ゲーム一覧に入れられているものの、リンクはソニックシャッフルの公式ページではなく、製品紹介のページに跳ぶようになっている(現在は消滅)。

ストーリー[編集]

夢と現実が交錯する不思議な世界、マージナリワール。そこは、様々な次元世界の人々の夢や希望がつむぎだす結晶体『プレシャストーン』によって支えられていた。ところが、ある日突然、ヴォイドという謎のモンスターが現れ、プレシャストーンを封じ込めてしまう。プレシャストーンの力を失ったマージナリワールは、崩壊の危機を迎えている。 マージナリワールの守護精霊である妖精、ルミナ・フロウライトは、別次元の人々へ助けを求めた。知恵と勇気を持つものへ向け、送られたメッセージ。それを受け取ったのがソニック達だった。ソニック達は、ルミナから与えられた魔法のカードと、不思議な力を秘めたフォースジュエルを手に、マージナリワールを救うために走り出した。

ゲームシステム[編集]

ゲームモード[編集]

ストーリーモード
1人プレイ専用。ソニック、テイルス、ナックルズ、エミーのいずれかのキャラを選択し、全5ステージを順番にクリアしていく。各ステージクリア時に一位にならないと次のステージには進めない。
バーサスモード
1〜4人用。好きなマップを選択し、遊ぶモード。条件を満たしていれば、隠しキャラクターを選ぶことも出来る。ストーリーモードとは、ルールが異なる部分がある。
チュートリアル
ルミナが、ゲームの目的やルールを教えてくれるモード。初めてプレイする場合は、見ておいたほうが良い。
ソニックルーム
ゲームのプレイ状況によって、様々な変化が起こる。ゲーム中で集めたリングを使用して、ギャラリーを購入することも出来る。ギャラリーのアナザー写真の左上を購入すると、ミニゲーム箱が出現し、プレイしたことのあるミニゲームを自由に遊べる(ただし、バーサスモード専用ではないミニゲームは、ストーリーモードでプレイしないと遊べない)。また、アナザー写真の真下を購入すると、オーディオが出現し、サウンドテストが出来る。

ゲーム上のルール[編集]

基本的に、ゲームの目的は、プレシャストーンをより多く集めることである。普通のボードゲームのように、マス目を進んでいくが移動はカードを用いて行う。カードは1〜6までのカード(4枚ずつ)、スペシャルカード(3枚)、エッグマンカード(1枚)の計28枚存在し、各キャラクターに7枚ずつ配られる。全てのカードがなくなると、また7枚ずつ配られる。カードを使ったり、フォースジュエルを使ったりして順番に行動する。プレシャストーンが出現しているプレシャストーンマスに止まることでバトルが開始し、カードを選んでモンスターよりも大きいか同じ数字を出せばプレシャストーンを手に入れることが出来る。全てのプレシャストーンを入手すると、最後のミニゲームが始まり、それが終了すると成績発表となる。 成績発表では、各キャラクターにエンブレムが配られ、一番多くエンブレムが配られたキャラクターが一位となる。エンブレムを貰える条件は、『プレシャストーンを持っている(一個につき一つ貰える)』、『リングを一番多く持っている』、『最後にミニゲームで一番になる』、『マップのクエストをクリアする』、『デュエルの勝ち数が一番多い(バーサスモードのみ)』、である。そのため、プレシャストーンを一番多く持っているからといって優勝するわけではない。

バーサスモードのルール[編集]

基本的にストーリーモードと同じであるが、ストーリーモードとは以下のような違いがある。

  • ストーリーモードでは、プレイヤーが最初に行動するが、バーサスモードは、最初に順番決めゲームを行い、その順位で行動順が決定する。
  • 他のプレイヤーと同じマスに止まるとデュエルが開始する。
  • バトルに勝つとフォースジュエルのほかにリングが貰える。クリティカルを出した場合は、貰えるリングの個数が倍になる。
  • ミニゲーム前のイベントシーンが存在しない。

なお、COM以外の全てのプレイヤーのコントローラーにビジュアルメモリが刺さっていないと、カードが画面に表示されてしまうので注意。

カードについて[編集]

カードは、移動やバトルの際に使用する。各キャラクターに7枚ずつ配られるが、他人のカードを使用することも可能である。なお、このゲームのCPUは、カードの引きが妙に良いため、プレイヤーが持っているスペシャルカードも簡単に持っていかれる場合が多い。バトルではカードルーレットが発生するが、目押しで数字を選ぶことは十分に可能である。

1〜6のカード
移動の際に使うと、その数だけ進むことが出来る。バトルで使用すると、1〜その数字までのルーレットが開始し、モンスターの数字と同じか大きい数字を出せば勝ち。
スペシャルカード
移動の際に使った場合は、『1〜7のルーレットが開始し、出た数だけ進むことが出来る』、『手持ちのカードを他のキャラクターと交換する』、『手持ちのカードが7枚になるまで奪える』、の3種類の効果の中で好きなものを選べる。バトルで使用すると、キャラクターの特殊能力が使える。
エッグマンカード
使ってはいけないカード。移動の際に使うと、エッグマンのイタズラルーレットが開始する。止まった場所によって、エッグマンは異なるワルさをする。赤い場所で止まるとエッグマンカードを引いたプレイヤーのみに非常に悪い効果が起こる。青い場所で止まると、全員に対して少々悪い効果が起こる。黄色い場所で止まると、全員にスワップジュエルが配られる。黄色い場所で止まる可能性は非常に低いが、エッグマンカードでは唯一アタリの効果である。バトルで使用すると無条件で負けになる。

マスについて[編集]

マスの上に乗ると起こる効果について説明する。

プラスリングマス
リングが3個貰える。最後のプレシャストーンが出現している場合は、貰える個数が倍になる。プラス、マイナスを問わず、連続でリングマスに乗るとコンボになり、貰える(減る)個数が5倍まで増える。全員で合計15回乗ると、マイナスモードになり、プラスリングマスで貰える個数が1個、マイナスリングマスで減る個数が5個になる。
マイナスリングマス
リングが3個減る。最後のプレシャストーンが出現している場合は、減る個数が倍になる。プラス、マイナスを問わず、連続でリングマスに乗るとコンボになり、貰える(減る)個数が5倍まで増える。全員で合計10回乗ると、マイナスモードになり、プラスリングマスで貰える個数が5個、マイナスリングマスで減る個数が1個になる。
バトルマス
バトルが開始し、モンスターよりも大きいか同じ数字を出せば勝ち。勝つとフォースジュエルが貰える(バーサスモードの場合は、リングも貰える)。同じ数字を出した場合はクリティカルとなり、フォースジュエルを二つ貰える(バーサスモードの場合は、貰えるリングの個数が倍になる)。バトルで負けた場合は、モンスターの攻撃力の分だけリングが減る。リングの個数が0の場合は、1回休みになる。
イベントマス
ミニゲーム、もしくはミニイベントが発生する。ミニゲームは4人全員が参加し、戦う。ミニイベントは、イベントマスに止まったプレイヤーのみで進行する。ミニゲームは、このゲームの醍醐味であり、かつリングを大量に稼げる(フォースジュエルが手に入ることもある)ため、戦略上とても重要なマスである。ミニイベントは、選択肢形式で進むものもあれば、自動的に進むものもある。似ているようで微妙に結末が異なる場合があるので、他のプレイヤーと同じ選択肢を選んだとしても同じ結果になるとは限らない。
ジュエルショップマス
リングを使用して、フォースジュエルを買うことが出来る。
クエストマス
各マップごとに用意されたイベントが発生、解決する。状況によっては、乗っても何も起こらないことがある。
回転マス
このマスを通過しようとすると、50%の確率でUターンしてしまう。このマスの上でぴったり停止すれば、回避できる。
通行止めマス
ストプナイト(フォースジュエル)で通行止めになった状態。このマスの上には乗れない。3ターンたつと元に戻る。
?マス
エッグマンの悪さによってマスの模様が隠されてしまった状態。見た目がわからなくなっただけなので、マスの効果は発揮される。
テイルスマス
テイルスのみ、このマスに侵入可能。
ナックルズマス
ナックルズのみ、このマスに侵入可能。
エミージャンプマス
エミーのみ、このマスからこのマスに向けて移動可能。エミーでなくても侵入は可能。
ジャンプマス
マップの隅に設置されている。スプリングを使用し、一気に対角線の反対側へ移動できる。
息継ぎマス
水中で息継ぎができる。
イルカマス
エメラルドコーストにのみ出現。どこかのマスにランダムで移動。
パワーリフトマス
ファイヤーバードにのみ出現。どこかのマスにランダムで移動。
トロッコマス
ネイチャーゾーンにのみ出現。どこかのマスにランダムで移動。
ヘリコプターマス
ライオットトレインにのみ出現。どこかのマスにランダムで移動。
煙突マス
ライオットトレインにのみ出現。特定のマスに移動。
光の帯マス
四次元宇宙にのみ出現。どこかのマスにランダムで移動。
プレシャストーンマス
プレシャストーンがあるときに止まるとバトル開始。バトルに勝つとプレシャストーンが貰える。通常のバトルと異なり、フォースジュエルは貰えない。また、クリティカルしても特典はない。なお、誰かがプレシャストーンを入手した際に、プレシャストーンマスから一番遠くにいるキャラクターは、リングが半分減らされてしまう。
ヴォイド空間
既に入手し終わったプレシャストーンマスに出現。リングを50個払うことで、ルーレットで止まったキャラクターからプレシャストーンを奪える。その後、どこかのマスにランダムでとばされてしまう。

フォースジュエル[編集]

バトルに勝つ、ミニゲーム中で手に入れる、などの方法で入手することが出来る。一度に5個(?)までしか持てない。移動前、およびバトル中で使用することが出来、プレイヤーを有利にするものや他のキャラクターを邪魔するものがあるが、基本的に、使いこなすのは難しい。

スピラルド
移動やバトルでカードを2枚出せる。たったの2枚だが、それでも結構役に立つ。特にプレシャストーンマスのバトルでは持っておきたい。
ハイスピラルド
移動やバトルでカードを3枚出せる。これも役に立つ。
ターボスピラルド
移動やバトルでカードを4枚出せる。やはり役に立つ。
MAXスピラルド
移動やバトルでカードを5枚出せる。相当役に立つが、これが必要な状況でこれをもっていることは少ない。
SONICスピラルド
方向は選べないが、30マス進める。30マスも進めるが、方向が選べないため、大博打である。
ヒュプノタイト
カードルーレットで出た数と同じカードを全て捨てる。1や2のカードを捨てたいところだが、そうなると他のプレイヤーも有利になるので、使いどころは難しい。
ファイブアライブ
5ターンの間、フォースジュエルが使えないが、5マス進める。プレシャストーンマスから遠いところにいるなら役に立つ。
ロウムーンストーン
バトルのモンスターを弱く出来る。手に入ったらとっとと使おう。
ワープクリスタル
ランダムにどこかにワープする。自力でプレシャストーンマスにたどり着くのがほぼ無理な場合に使おう。大博打だが。
プレシャサイト
カードルーレットで1が出ると、プレシャストーンにワープする。かなり便利。
テレポートルビー
ルーレットで決定した相手のそばに移動する。自分がプレシャストーンから遠い場合に使用するのが鉄則だが、専用マスでショートカットしたキャラクターのそばに移動する、といった使い方もある。しかし、カードルーレットと異なり、狙った相手にルーレットを止めるのは難しい。
スワップジュエル
ルーレットで決定した相手と場所を入れ替える。テレポートルビーの強化版である。
シャッファイヤ
全員が持っているフォースジュエルを集めて、均等になるように配り直す。プレイヤーがシャッファイヤ以外のフォースジュエルを持っていないときに使うのが基本。
ストプナイト
3ターンの間、その場のマスを通行止めにする。自分がプレシャストーンへ先行しており、かつ良い数字のカードがないときに使うのが良い。水辺の出口に設置して、敵を息切れにする、といった使い方もある。
バリアアンバー
5ターンの間、他のプレイヤーに追い越されなくなる。ストプナイトと似た使い方になる。
シーフズアイ
ルーレットで決定した人のフォースジュエルを奪う。他のプレイヤーが入手したフォースジュエルは記憶しておくべきである。
マハラジャイト
自分の小さなカードと、ルーレットで決めた相手の大きなカードを交換する。このゲームは、自分が良いカードを持っていてもCPUにあっさり持っていかれることが多いので、あまり役に立たない。
ウェイストーン
ルーレットで決めた相手は、可能ならば次のターンに強制的にフォースジュエルを使わされる。狙って使うのは相当難しいため、結局ただの嫌がらせに使うことが多い。
シールドクォーツ
4ターンの間、自分以外はフォースジュエルを使えなくなる。自分のフォースジュエルがいっぱいになってきたらとっとと使ったほうが良い。
ワープナイト
自分も含めて全員がバラバラにワープする。大博打。
デリータイト
ルーレットで決めた人のフォースジュエルを消してしまう。フォースジュエルを多く持っているキャラクターがいれば使おう。
パックライト
3ターンの間、プレシャストーンに入れなくなる。相手が選考しているときの時間稼ぎ用。
カースオパール
ルーレットで決めた相手の邪魔をする。どんな邪魔かはわからない。手に入ったらとっとと使おう。
ギアスダイン
ルーレットで決めた人を、3ターンの間強制的に6マス進める。一番先行している相手に使うべきであるが、そう上手くは行かない。
フールムーン
自分の大きなカードと、ルーレットで決めた相手の小さなカードを交換する。これが必要な場面はまずない。
トランスファイヤ
ルーレットで決めた相手をどこかにワープさせる。一番先行している相手に使うべきであるが、そう上手くは行かない。
ルーズクォーツ
4ターンの間、イベント、バトル、プラスリングマスをマイナスリングマスに変える。自分も不利になるが、プラスモードを発生させやすくなる。
ミーティンジウム
他の全員を自分のいるマスへワープさせる。自分がプレシャストーンから一番遠いときに使うべき。
ブロクナイト
他のプレイヤーからのフォースジュエルの効果を防げる。使ってもあまり意味がないことも多い。
カーバンクル
フォースジュエルの形をした妖精。フォースジュエルが大好きで、自分のターンが来るごとに持っている他のフォースジュエルを食べてしまう。最後には、自分自身を食べて(?)消滅する。非常に迷惑なフォースジュエルであり、もし手に入ったら運が悪かったと思って諦めよう。
デュプリケイオス
他のフォースジュエルをコピーする。手に入ったらとっとと使おう。
カメレオナイト
他のフォースジュエルに変身し、すぐに効果を発揮する。とっておいても肝心なところで役に立つことはない。博打系のフォースジュエルに変身されると困るので、それが恐ければとっておくのも良い。
リングジウム
4ターンの間、イベント、バトル、マイナスリングマスをプラスリングマスに変える。リングをかなり稼げるが、マイナスモードが発動することが多いので、あまり稼げないことも多い。プラスモード発動中か、最後のプレシャストーン出現中に使おう。ただし、他のキャラクターも有利になるため、微妙。
バトルビー
4ターンの間、イベントとリングのマスをバトルマスに変える。フォースジュエルを手に入れやすくなるが、ゲームのテンポが非常に悪くなるので、あまり好まれない。
マグニファイヤ
選んだ相手のルーレット範囲が大きくなる。フォースジュエルで攻撃しやすくなる。
レデューサイト
選んだ相手のルーレット範囲が小さくなる。フォースジュエルで攻撃しにくくなる。
1フォースマーチ
選んだ相手を、次の番に1マス移動させる。先行プレイヤーの足止め用。
6フォースマーチ
選んだ相手を、次の番に6マス移動させる。プレシャストーンに非常に近い相手の足止め用。

ミニゲーム[編集]

4人用ミニゲーム[編集]

コーラ爆発!
ソニックがころんだ
つり橋を越えて
ソニックガンマン
ソニックライヴ
エスパーソニック
ペタペタオニ
太陽がいっぱい
ソニックオンアイス
一寸先は闇
がまんがまん
ソニックタンク
ファンファンソニック
スネークジャンプ
無重力写真
トールハンマー
シンクロパネル
ツイスター
ナンバージャンプ
エッグマン危機一髪
手つなぎオニ

2VS2ミニゲーム[編集]

怪盗ソニック
手抜き工事
バケツリレー
ラグビーラグビー

1VS3ミニゲーム[編集]

逆エスカレーター
バンジージャンプ
ソニックメイズ
ソニックッキング
大きくな~れ~
エッグマンロボ発進!
ソニックDJ

順番決めゲーム[編集]

カウント・ゼロ
ソニックダーツ
ソニックカード

キャラクター[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

ここでは、本作におけるキャラクターの特徴を記述する。各キャラクターの詳細な設定などは、個別記事またはソニックシリーズに登場するキャラクターの一覧の項を参照。

ソニック・ザ・ヘッジホッグ - 声優:金丸淳一 / ライアン・ドラモンド
主人公。最初から使用可能。移動中に、前のターンと同じ数字を出すと、スピンダッシュで2倍進むことが出来る。上手く使えば他のキャラクターを大きく突き放してプレシャストーンまで先行できるが、上手く行かないことも多い。また、条件を満たすと強制的に発動してしまうため、前のターンに出したカードを覚えておかないと大変なことになる。そのため、上級者向けキャラである。バトルでは、スペシャルカードを出すことでカードルーレットで1〜7のダメージを与えられる。
マイルス "テイルス" パウアー - 声優:村田あつき / コリー・ブリンガス
最初から使用可能。移動中は、テイルスマスを移動してショートカットできる。バトルでは、スペシャルカードを出すことでさらに2枚のカードを選び、その合計数のダメージを与えられる。
ナックルズ・ザ・エキドゥナ - 声優:神奈延年 / ライアン・ドラモンド
最初から使用可能。移動中は、ナックルズマスを移動してショートカットできる。バトルでは、スペシャルカードを出すことでさらに2枚のカードを選び、その合計数のダメージを与えられる。
エミー・ローズ - 声優:本井えみ / ジェニファー・ドゥイヤール
最初から使用可能。移動中は、エミージャンプマスを移動してショートカットできる。バトルでは、スペシャルカードを出すことで5の固定ダメージを与えられる。敵の数字が6の場合は使ってはいけない。
ソニックアドベンチャー』以降、エミーの声を担当していた川田妙子が当時産休中の為、本井えみが演じている。
ビッグ・ザ・キャット - 声優:八代駿 / ジョン・セント・ジョン
『ソニックアドベンチャー』に登場したキャラ。ソニックルームのギャラリーで、テイルスの右下の絵を買うと出現する。バーサスモードでのみ使用可能。
移動中は、6のカードを出すと、1〜6までの好きな数だけ進める。バトルでは、スペシャルカードを出すことでさらに1枚のカードを選び、そのカード+1のダメージを与えられる。ショートカットが出来ないため、上級者向け(というより性能が低い)。
ガンマ - 声優:中田譲治 / スティーブ ブローディー
『ソニックアドベンチャー』に登場したキャラ。ソニックルームのギャラリーで、エミーの右下の絵を買うと出現する。バーサスモードでのみ使用可能。
移動中は、4〜6のカードを出すと、マイナスリングマスの効果を無視できる。バトルでは、スペシャルカードを出すことで3のカードルーレットが2枚出現する。ショートカットが出来ないため、上級者向け(というより性能が低い)。
チャオ - 声優:?
ソニックルームのギャラリーで、ナックルズの右下の絵を買うと出現する。バーサスモードでのみ使用可能。
移動中の特殊能力はない。バトルでは、スペシャルカードを出した後にバトルで使用するカードを1枚選ぶ。すると、負けてもモンスターから反撃されない。文句なしに最弱。
スーパーソニック - 声優:金丸淳一 / ライアン・ドラモンド
ソニックルームのギャラリーで、ソニックの右下の絵を買うと出現する。バーサスモードでのみ使用可能。
移動中に、前のターンと同じ数字を出すと、高速移動で2倍進むことが出来る。上手く使えば他のキャラクターを大きく突き放してプレシャストーンまで先行できるが、上手く行かないことも多い。また、条件を満たすと強制的に発動してしまうため、前のターンに出したカードを覚えておかないと大変なことになる。そのため、上級者向けキャラである。バトルでは、スペシャルカードを出すことでカードルーレットで4〜6のダメージを与えられる。

非プレイヤーキャラクター[編集]

Dr.エッグマン - 声優:大塚周夫 / ディム・ブリストー
今回は、プレシャストーンを狙ってマージナリワールへやってきた。エッグマンカードでワルさをしたり、ミニゲームの邪魔役として出現する。しかし、最後までストーリーに関わってくることはないので、何をしたかったのかは不明。
ルミナ - 声優:大谷育江 / エララ・ディストラー
マージナリワールの危機を救うため、ソニック達を呼び寄せた。ステージ開始時にステージの説明をしてくれる。ミニゲームの操作説明もしてくれる。
ヴォイド - 声優:高乃麗 / レニ・ミネルラ
マージナリワールに突然現れた、謎の存在。プレシャストーンを破壊し、マージナリワールを混乱に陥れた。ステージ中では、彼に50個リングを支払うことで他のプレイヤーからプレシャストーンを奪えるため、とてもありがたい存在である。
イルミナ - 声優:皆口裕子 / エララ・ディストラー
マージナリワールの女神。ヴォイドにプレシャストーンを破壊されたことで、力を失っている。

外部リンク[編集]