ソニックアドバンス3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソニックアドバンス3(SONIC ADVANCE3)は、ゲームボーイアドバンス用ソフトとしてディンプス製作、ソニックチーム監修でセガより発売されたアクションゲーム2004年6月17日発売。ソニックアドバンスシリーズの3作目である。

今作は、エリアマップの追加や、パートナーシステムなど、前作までとはシステムが変わっている。前作に比べるとステージはやや狭くなったが、アクトが一つ追加された。 前作までに存在した、チャオのプチガーデンは廃止された。そのため、本作にはニンテンドーゲームキューブ用ソフトソニックアドベンチャー2バトルとの連動機能はない。

主な略称は、「ソニバンス3」。「ソニアド3」と略す人もいるが(ソニックアドベンチャー3は存在しないが)、あまり使用されない。

ストーリー[編集]

エッグマンがカオスエメラルドの力を使って、世界を7つに分断してしまった。世界を混乱に落とし入れ、それぞれの世界にエッグマンランドを築くのが目的だ。世界が分断されたため、ナックルズ、エミー、クリームとはぐれてしまったソニック。ソニックは分断された世界を元通りにするため、テイルスとともに走り出した。

ゲームシステム[編集]

ゲーム上のルール[編集]

基本的なシステムは、前作までとはやや異なる。今作は、5人の中から2人を選んでゲームを進めることになる。最初に選んだほうがプレイヤー、後に選んだほうがパートナーになる。ただし、使用できるキャラクターは、最初はソニックとテイルスのみである。ナックルズ、エミー、クリームは、条件を満たすことで使えるようになる(後述)。今作はクリアデータはキャラクターごとに独立してはおらず、ソニックファクトリーでキャラクターを交代することができる。今作には、各ゾーンにエリアマップが存在し、エリアマップから、アクト1-3、ボスステージ、SPステージ、ミニゲーム、ソニックファクトリーにアクセスすることができる。各ゾーンにAct1、Act2、Act3が存在するが、どのアクトからでも攻略可能である。アクト3の最後では、ジーメルと戦うことになる。3つのアクトを全てクリアすると、ボスステージにアクセス可能になる。ボスを撃破することで、次のゾーンに行くことが出来る。次のゾーンに行っても、ソニックファクトリーから前のゾーンに戻ることが可能である。ゾーン7のみ、ボスを倒すとファイナルゾーンへアクセス可能になる。カオスエメラルドを全て集めてファイナルゾーンをクリアすることで、ソニックのみエクストラゾーンへ行ける。 ミニゲームに関しては、各ゾーンに2つずつ存在し、クリアするのにかかった時間に応じて残機数が増える。

また、今作は、通常のモードを通信により二人でプレイすることができる。この場合、1Pがプレイヤー、2Pがパートナーを操作することになり、双方がタッグアクションを使うことができる。ただし、チャオの取得やスペシャルステージへのアクセスは不可能になる。

クリアまでの最速タイム競うタイムアタックモードもある。

新アクション[編集]

操作方法は前作と同じだが、今作の最大の特徴がタッグアクションである。タッグアクションは、パートナーにより違うものが発動し、うまく使えばステージの攻略が非常に楽になる。 前作で好評だったブーストとトリックアクションは、今作ではペア限定になった。ブーストはペアタイプがスピードタイプでなければ発動しなくなった。トリックアクションは、ソニック&テイルス及びエミー&クリームでなければ使えない。 ペアタイプについては、スピードタイプ、パワータイプ、フライタイプの3種類が存在する。ソニックがいればスピード、ソニックがおらずナックルズがいればパワータイプ、それ以外はフライタイプになる。

カオスエメラルド[編集]

各ゾーンのエリアマップ、アクト1-3に、合計10匹のチャオが存在する。10匹のチャオを全員集めると、各アクトのどこかにSPキーが出現する。SPキーを入手してアクトをクリアし、エリアマップ内のどこかにあるスプリングに乗ることでスペシャルステージにアクセスできる。 スペシャルステージでは、リングを規定数とることでカオスエメラルドを入手できる。前作同様、スペシャルステージは難易度が高い。失敗した場合は、再びアクトにSPキーを取りに行かなければならない。今作も、カオスエメラルドを全て集めるのは攻略情報無しでは非常に難しい。今作はカオスエメラルドの取得状況は5人のキャラクターで共通である。カオスエメラルドを全て入手し、プレイヤーをソニックにしてファイナルゾーンをクリアすることで、エクストラゾーンに行け、真のエンディングが見られる。

対戦[編集]

1カートリッジ対戦とマルチカートリッジ対戦がある。1カートリッジ対戦では、各キャラクターの固有アクションは使えない。マルチカートリッジ対戦は、必ずチーム戦になる。

ステージ[編集]

ROUTE 99(ルート99)
SUNSET HILL(サンセットヒル)
夕焼けの見える丘。
OCEAN BASE(オーシャンベース)
TOY KINGDOM(トイキングダム)
TWINKLE SNOW(トゥインクルスノー)
CYBER TRACK(サイバートラック)
CHAOS ANGEL(カオスエンジェル)
ALTAR EMERALD(アルターエメラルド)
NONAGRESSION(ノンアグレッション)


キャラクター[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

前2作とは違い、キャラクターに声が当てられている。ここでは、本作におけるキャラクターの特徴を記述する。各キャラクターの詳細な設定などは、各項を参照。

ソニック - 声優:金丸淳一
主人公。最初から使用可能。標準的な能力を持っており、誰とパートナーを組んでもあまり操作感覚は変わらない。
テイルスとパートナーを組むと、「友情ペア」となる。トリックアクションが使える以外は特徴はない。
ナックルズとパートナーを組むと、「ケンカともだちペア」になる。スライディングが強化され、Wスピンアタックやアッパースピン、バウンドアタックが使用可能になる。
エミーとパートナーを組むと「ラブラブ?ペア」となる。地上ではハンマーが使えるようになるが、スピンジャンプが不可能になるため、スピンアタックを手動で発動させることになる。
クリームとパートナーを組むとジャンプダッシュ(前作までとは別物)、ホーミングアタックが使用可能になる。また、水中では泡に包まれ、息継ぎがいらなくなる。
テイルス - 声優:広橋涼
最初から使用可能。パートナーにより操作感覚がかなり変わるため、慎重にパートナーを選ぶことになる。
ソニックとパートナーを組むと、「友情ペア」となる。トリックアクションが使える以外はいつも通りであるが、今作ではプロペラ飛行が弱体化しており、上昇速度が遅い。
ナックルズとパートナーを組むと、尻尾攻撃が強化され、竜巻攻撃になる。プロペラ飛行が滑空プロペラ飛行に変化する(壁登りも不可能)。
エミーとパートナーを組むと、地上ではハンマーが使えるようになるが、スピンジャンプが不可能になるため、スピンアタックを手動で発動させることになる。プロペラ飛行は、ハンマープロペラ飛行に変化する。プロペラ飛行に比べスピードが速く、飛行中に攻撃する事ができるようになる。
クリームとパートナーを組むと、ホーミングアタックが使用可能になる。プロペラ飛行は、ハイプロペラ飛行に変化する。ハイプロペラ飛行は、上昇速度は速いが、左右にほとんど動けず、通常よりも飛行時間が減ってしまう。
ナックルズ - 声優:神奈延年
ゾーン2のジーメルをソニックで倒すと使用可能になる。パートナーにより操作感覚がかなり変わるため、慎重にパートナーを選ぶことになる。
ソニックとパートナーを組むと、「ケンカともだちペア」となる。滑空飛行がダッシュ滑空飛行に変化するが、飛行というよりはただの空中ダッシュである。また、地上では壁登りが不可能になる(水中では可能)。
テイルスとパートナーを組むと、パンチ攻撃がアッパーに変化する。また、滑空飛行が二段滑空飛行になり、二段ジャンプした後滑空することが出来る。滑空中の方向転換や、壁登りも可能。
エミーとパートナーを組むと、地上ではハンマーが使えるようになるが、スピンジャンプが不可能になるため、スピンアタックを手動で発動させることになる。地上に向けて降下攻撃するドリルクロー、および、壁登り中にダッシュするダッシュ壁登りが使えるようになる。
クリームとパートナーを組むと、滑空飛行中にホーミングアタックが使用可能になる。それ以外は特徴がない。
エミー - 声優:川田妙子
ゾーン4のジーメルをソニックで倒すと使用可能になる。ソニックと組まないと共通アクション(スピンダッシュなど)が使えない。パートナーにより操作感覚がかなり変わるため、慎重にパートナーを選ぶことになる。
ソニックとパートナーを組むと、「ラブラブ?ペア」となる。エミーは、ソニックと組んだときのみ、スピンジャンプ、スピンダッシュ、スピン移動が可能になる。その他、ジャンプダッシュ、空中回転ハンマーが使用可能になる。
テイルスとパートナーを組むと、空中でのハンマー攻撃がハンマー二段ジャンプに変化する。これは、攻撃と移動を兼ね備えているため、使いやすい。また、風船飛行が使用可能になる。スピンダッシュのかわりに、ステップ移動が使える。
ナックルズとパートナーを組むと、地上ではハンマーが強化され、ビッグハンマー攻撃になる。また、ハンマージャンプが使用可能になる。空中回転ハンマーも使える。スピンダッシュの代わりにエミーダッシュが使えるようになる。エミーダッシュは、一見スピンダッシュに似ているが、スピン状態にならない点が異なる。
クリームとパートナーを組むと、「おんなのこペア」になる。ステップ移動、風船飛行ができる。また、トリックアクションが使用可能になる。
クリーム - 声優:あおきさやか
ゾーン6のジーメルをソニックで倒すと使用可能になる。パートナーにより操作感覚がかなり変わるため、慎重にパートナーを選ぶことになる。
ソニックとパートナーを組むと、チャオアタックがチャオボールアタックになるが、これはホーミング性能がない。また、水面を浮き輪で移動できる。
テイルスとパートナーを組むと、ファン飛行がパラソル飛行に変化する。
ナックルズとパートナーを組むと、チーズは常にクリームの周囲を回転し、ビットのように敵を倒してくれる。通常のチャオアタックも使用可能。
エミーとパートナーを組むと、「おんなのこペア」になる。地上ではハンマーが使えるようになるが、スピンジャンプが不可能になる。空中ではチャオアタックができるが、他のキャラと違いスピンアタックを手動で発動させることは不可能。地上に向けて降下攻撃するヒップアタックが使用可能になる。トリックアクションが使用可能になる。

非プレイヤーキャラクター[編集]

エッグマン - 声優:大塚周夫
ソニックを敵視する自称悪の天才科学者。今作は世界を7つに分け、混乱に乗じてエッグマンランド建設を企むなどスケールの大きい悪事を働くが最終的に、最近のソニックシリーズにおけるエッグマンとしてはありがちな展開になる。
ジーメル
ソニックバトルに登場したエメルを元にしてエッグマンが作ったロボット。各ゾーンのアクト3で戦うことになる。
クリームママ(ヴァニラ・ザ・ラビット)
クリームの母親。今作ではエンディングにのみ登場。

敵キャラクター[編集]

テントー
コンドール
スピナ
ゲコゲコ
ミニモグ
スティンガー
エイプー
ジョースン
タッコン
ウーツボ
ジャグリン
ブーブー
ガードン
ガオガオ
ヤドッカ
ハリーセン
ギンペー
ユキガセン
グルグル
キャッチャー
カマキー
クラーム
マールン
ムーカデン

ボスキャラクター[編集]

エッグハンマー3
ゾーン1のボス。
エッグボールNo.2
ゾーン2のボス。
エッグフット
ゾーン3のボス。
エッグキューブ
ゾーン4のボス。
エッグチェイサー
ゾーン5のボス。
エッグピンボール
ゾーン6のボス。
エッググラビティー
ゾーン7のボス。
ハイパーエッグロボ
アルティメットジーメル

シリーズ一覧[編集]

外部リンク[編集]