ソニック・ザ・ファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソニック・ザ・ファイターズ
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケード[AC]
プレイステーション2[PS2]
ニンテンドーゲームキューブ[GC]
プレイステーション3[PS3]
Xbox 360
開発元 AM2研
発売元 セガ
人数 1〜2人
メディア [AC]:MODEL2
[PS2]:DVD-ROM
[GC]:光ディスク
発売日 [AC]:1996年5月
[PS2][GC]:2005年8月11日
[PS3][360]:2012年11月28日
対象年齢 CERO:全年齢対象
その他 PS2、GC版はソニック ジェムズ コレクションに収録
テンプレートを表示

ソニック・ザ・ファイターズ』は、セガ1996年に発売したアーケードゲームソニックシリーズのキャラクターが戦う3D対戦型格闘ゲーム。北米向けアーケード版のタイトルは『Sonic Championship』。ただし、移植版の『ソニック ジェムズ コレクション』では共通してオリジナルタイトルが使われている。

ストーリー[編集]

悪の科学者ドクター・エッグマンは、宇宙要塞「デスエッグII」を建造し、また何か悪さを企んでいることを察知したソニックとテイルス。宇宙に発つ手だてとして、1人乗りのロケット「ルナフォックス」が準備されていたが、動かすには8つのエメラルドが必要不可欠であった。果たして、誰が8つのエメラルドを手中に収め、エッグマンの悪事を食い止めるのだろうか?

システム[編集]

基本システムはファイティングバイパーズに近い。当たり・食らい判定が大きく、避ける要素は少なめ。

操作は、8方向レバーとバリア(B)、パンチ(P)、キック(K)の3ボタン。操作方法は以下の通り(右向きの時の説明)。

移動
→→で前にダッシュ。←←で後にダッシュ。一度→に押して→を入力し続けると走ることができる。P+K+B同時押しで回り込むことができる。
攻撃
↓+Kでダウン攻撃ができる。相手に近づきP+Bで投げる。←P+Kでハイパー状態になる。
ダウン
ダウン時に→、←と入力すると前転か後転、↑、↓で横転できる。浮かされた時にP+K+Bで体勢を修復可能。
ハイパーモード
P+Kを押せばハイパーモードになる。ハイパーモード中は特定の技が使える。その代わりバリアが一つ減る。

バリアについて[編集]

1回の試合で使用可能なバリアの回数は5つに限られていて、全て使い果たすとバリアが不可能になる。ラウンドを跨いでもバリアが回復する事はない。

キャラクター[編集]

キャラクターの詳しい説明はソニックシリーズ#キャラクターを参照。 名前・年齢・性別・ステージの順で表記。

ソニック・ザ・ヘッジホッグ
15〜16歳 男 Giant Wing
マイルス・テイルス・パウアー
8歳 男 Canyon Cruise
ナックルズ・ザ・エキドゥナ
16歳 男 South Island
エミー・ローズ
8歳 女 Flying Carpet
ファング・ザ・スナイパー
 ?歳 男 Casino Night
ビーン・ザ・ダイナマイト
15歳 男 Dynamite Plant
エスピオ・ザ・カメレオン
17歳 男 Mushroom Hill
バーク・ザ・ポーラーベアー
17歳 男 Aurora Icefield
ハニー・ザ・キャット
 ?歳 女 PS3及びXBOX360版のみ使用可能。

隠しキャラクター[編集]

スーパーソニック
ソニックがカオスエメラルドでパワーアップした姿。一人でプレイしている時にメタルソニック戦の1ラウンド目まで一回もラウンドを取られずに勝利し続け、2ラウンド目でハイパーモードになるとソニックがスーパーソニックに変身する。スーパーソニックはどんな攻撃を受けてもダメージはないが、条件の通り2人対戦では使えない。

ボスキャラクター(PS3、XBOX360版のみ使用可能)[編集]

メタルソニック
エッグマンがソニックと互角の力で戦うように作ったロボット。最終ステージでエッグマンの前に登場する。他のキャラクターと違い、攻撃しても何も飛び散らない。ステージはDeath Egg's Eye。
ドクターエッグマン
ソニックを敵視する悪の天才科学者。メタルソニックを倒した後爆発まであと30秒と表示され、その後15秒のデモの後エッグマンが登場し対戦となる。攻撃するとリングではなく機械にあるネジが飛び散る。

移植作品[編集]

2005年8月11日プレイステーション2ニンテンドーゲームキューブで発売されたソニック ジェムズ コレクションに収録されている。なお、アーケード版稼動当時はセガサターンに移植予定であったが、発売中止になった。また、MODEL2コレクションとしてプレイステーション3とXbox 360の移植も決定しており、2012年11月28日配信。

その他[編集]

  • 本作には「ハニー・ザ・キャット」という没キャラクターが存在し、『ファイティングバイパーズ』のハニーの原型となっている。ステージ曲はサウンドトラックにボーナストラックとして収録されている。
    • PS3版、XBOX360版では隠しキャラとして使用可能。技はソニックと同じ。
  • オープニングデモで「Robotnik」が「Robotonic」と誤表記されている。
  • ステージ曲はそれぞれ固有の物が使われているが、2人対戦でソニックとナックルズが対戦した場合はどのステージでも専用の曲が流れる。

外部リンク[編集]