F355チャレンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
F355チャレンジ
ジャンル レースゲーム
対応機種 アーケード[AC]
ドリームキャスト[DC]
PlayStation 2
開発元 セガトーセ[PS2]
発売元 セガ
人数 1〜8人(3画面筐体版では1人プレイのみ)
メディア [AC]:NAOMI
[DC]:GD-ROM
[PS2]:DVD-ROM
発売日 [AC]:1999年
[DC]:2000年8月3日
[PS2]:2002年9月26日
デバイス [PS2]:GT FORCE
テンプレートを表示

F355チャレンジ』 (F355 Challenge) は、セガ1999年に発売したアーケード用レースゲーム2000年8月3日ドリームキャスト版が発売。
2001年1月にはアーケードにてバージョンアップ版となる『F355チャレンジ2』が、2002年9月26日にはPlayStation 2版が『フェラーリ F355チャレンジ』というタイトルで発売された。

フェラーリ社の正式なライセンスを受けた作品。
プロデューサーはアウトランバーチャファイターを手がけた鈴木裕。なお、F355は彼自身の愛車でもある。

筐体[編集]

  • デラックス筐体

29インチのモニターを3台使用しており、クラッチペダルと6速シフトレバーが付いている。ゲーム終了後に走行記録をプリントアウト可能。
筐体の外装部は当初稼動していた無印版は赤色、F355チャレンジ2にバージョンアップされた筐体は黄色と、フェラーリのコーポレートカラーがそれぞれ使用されている。

  • ツイン筐体

こちらは1画面になっており、最大で8人まで対戦可能。ビジュアルメモリに走行記録を保存可能。

アシスト機能[編集]

このゲームにはドライバーの運転を補助するアシスト機能が付いている。筐体に付いているボタンを押すとON、OFFを切り替え可能。ある程度慣れたら段階的にOFFにしていくと良い。

  • SC(スタビリティ・コントロール)

コーナリング中の車の動きを安定させる。

  • TC(トラクション・コントロール)

ホイールスピンした時に車を安定させる。

ブレーキ時にタイヤがロックするのを防いでくれる。

  • IBS(インテリジェント・ブレーキ・システム)

オートマチックトランスミッション選択時のみ使用可能。ブレーキ操作を自動で行ってくれる。

モード[編集]

  • トレーニング

コース上に赤いラインが表示され、音声でコーナーの種類、ブレーキのタイミングを教えてくれる練習モード。

  • フリー走行

単独で練習するモード。コース上に赤いラインは表示されない。制限時間が無くなるまで走行可能。制限時間が無くなったらコインを投入することで継続可能。

  • レース

8台でレースを行う。

コース[編集]

ドリームキャスト版追加コース[編集]

DC版で以下のコースが追加された。ただし最初は選択できず、特定の条件を満たす必要がある。F355チャレンジ2にも収録され、PS2版では最初から選択可能。