中裕司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中 裕司なか ゆうじ1965年9月17日 - )は、大阪府枚方市出身のゲームクリエイター株式会社プロペ代表取締役社長。『ソニックシリーズ』と『ファンタシースターオンライン』の生みの親。大阪府立西野田工業高等学校電気科卒業。

概要[編集]

1984年セガ入社。当初はゲームプログラマとして活躍し、その後ゲームプロデューサーとしてソニックチームを率い、のちにソニックチーム分社化により代表となった。セガR&Dクリエイティブオフィサー(役員)となる。

2006年5月23日、セガのゲームクリエイター独立支援プログラムを受け、株式会社プロペを設立し、代表取締役社長に就任した。資本金は1,000万円でセガの出資比率は10%。社名である“PROPE”とはラテン語で「すぐそばに/近い将来に」という意味であり、「ゲームエンターテインメントをもっと身近に。消費者と自分たちがより親密に。未来へ向けたエンターテインメントの創造」という想いが込められている。[1]

直接たずさわった初期の頃の作品ではプログラマーとして参加、スタッフロールのクレジットには裕司の名前をもじった「YU2」と表示されている(中裕司と同じくセガのプログラマーの鈴木裕の、2人の「裕」から由来しているという説もある)。入社してすぐに制作した作品は『ガールズガーデン』(SG-1000)。新人研修用で制作した作品だが完成度が高いため、製品化される。 また、当時サードパーティ向けのハードウェア仕様書などが不十分であった事から、外部製作ソフトの開発支援なども担当していた。

セガ・マークIIIの初期の名作として名高い『北斗の拳』や、ワイヤーフレームやポリゴンを用いずに3Dダンジョンを滑らかに動かした『ファンタシースター』等でメインプログラムを担当。完成度の高いゲームの土台を作り上げ、ゲーム業界の間では天才プログラマと評される。

代表作はメガドライブ用(ジェネシス用)『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』。同作は欧米において『スーパーマリオブラザーズ』を上回る人気を得た。また、中は開発当初より同作を指して「ポストスーパーマリオブラザーズ」とコメントしており、結果的に有言実行を果たしたと言える。また、『ソニック』の開発中にはプログラマーのマーク・サーニーと技術的な論議を交わしている。

メインプログラマーとしてはクリスマスナイツまで活躍。『ソニックシリーズ』以降近年はプロデューサー的な立場として作品に関わる事が多い。たびたびユーザーから過去の作品の移植や続編を希望する声があるが、本人は「オリジナル作品を作りたい」としている[2]

当人[編集]

任天堂はセガがゲームハード製造を行っていた頃のライバルであるが、中裕司自身は任天堂に対して好意的である事がインタビューなどで語られている。セガの任天堂ハード参入及びゲームボーイアドバンスローンチタイトルとして『チューチューロケット!』を出したり、『ファンタシースターオンライン』を当時ハードシェア首位だったPS2ではなくゲームキューブに供給したのも、中裕司及びソニックチームの意向だったためとしている[3]

『ソニックシリーズ』も、任天堂の『スーパーマリオブラザーズ』の完成度を認めたうえで、彼なりに「それを超えるゲーム」を目標として作られたという事をインタビューなどで何度となく語っている。

なお、中裕司が希望した、自身の手がけたキャラクターであるソニックの任天堂ゲーム出演はセガ在籍中に叶わなかったが、プロペ設立後に『マリオ&ソニック ATオリンピック』シリーズなどで実現した。また、中自身は、2011年発売の『Wiiリモコンプラス バラエティ』の開発において正式に任天堂と共同開発を行うこととなったが、それ以前にも任天堂宛に企画書を提出したことがあった(この際は選考漏れとなった)ことを明かしている(ちなみに、『Wiiリモコンプラス バラエティ』選考時も当初はこの選考漏れ企画の改良版を提出したのだが、同企画にアーゼスト代表参加していた大島直人(中と一緒に第1作目『ソニック』を製作した旧友)が提案したほぼ同内容の企画に敗北していたが、期間ギリギリで製作した新企画でどうにか採用された)[4]

作品[編集]

プロペ移籍後

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出典:株式会社PROPEウェブサイト-会社概要(閲覧月日2010年10月13日)
  2. ^ http://prope.jp/boshu_qa.html
  3. ^ ニンテンドードリーム』2001年5月号掲載のインタビュー記事より
  4. ^ 『社長が訊く『Wiiリモコンプラス バラエティパック』 2.みんなでおばけを探したい
  5. ^ SEGA AGES 2500 シリーズ Vol_23 セガメモリアルセレクション どきどきペンギンランド

外部リンク[編集]