バーチャファイター3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーチャファイター3
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケードゲーム[AC]
ドリームキャスト[DC](VF3tb)
開発元 [AC]:セガ・AM2研
[DC]:元気
発売元 セガ
シリーズ バーチャファイターシリーズ
人数 1人~2人(対戦)
メディア [DC]:GD-ROM
発売日 [AC]:1996年9月
[DC]:1998年11月27日
システム基板 [AC]:MODEL3
テンプレートを表示

バーチャファイター3』(Virtua Fighter 3)は、セガAM2研が開発した3D対戦型格闘ゲーム1996年、当時の最新3DCGアーケード基板「MODEL3」を使用しリリースされた。『バーチャファイター』シリーズの第3作である。

概要[編集]

バーチャファイター3[編集]

1996年9月、高まる続編の声に応えるべくリリース。航空機メーカーのマーティン・マリエッタ社製グラフィックチップによる大幅な画質向上と共に、ステージ形状が4角形から自由度のある形になり、高低差によるダメージの変動、エスケープボタンの導入による軸移動など意欲的な製品となる。キャラクターは更に追加され、力士鷹嵐合気柔術使いの梅小路 葵の2人が加わった。デモ画面の梅小路 葵の日本舞踊と鷹嵐のモーションキャプチャーは本職の人が起用されているが契約内容により名前は非公開となっている事が開発者インタビューで語られている。

登場と同時に全国的な人気を見せるが、ゲームバランス調整のため度重なるバージョンアップが行われ、ゲームセンターによってバージョンが異なるという事態も招いたため、プレイヤーを混乱させた(少なくともA/B/C/Dの4つバージョンがあり、ロケテスト版がA。ロケテスト店舗での先行稼動分がB、正式リリース版がC、Cバージョンの致命的なバグ[1]を修正した版がDバージョンとなる。なお、ゲーム中のバージョン表記は行われていなかったため区別が困難であったが、Dバージョンのみ、キャラクター選択時に名前の文字色が異なるので区別が容易だった)。

バーチャファイター3 tb[編集]

VF3から1年後の1997年9月、上記の複数バージョン混在の状況を打開すべく、『バーチャファイター3 tb』がリリースされる。tbはチームバトル(team battle)の略で、従来のシリーズが単一のキャラクター同士による個人戦であったのに対し、本作は複数のキャラクター(同一のキャラクターを選択することも可能)でチームを編成し、団体戦を行うシステムが大きな特徴である。ゲームバランス統一の意図を持った半ば強引な製品だったにもかかわらず、都市部のゲームセンターにおいては『バーチャファイター2.1』当時に迫る熱気を取り戻し、大ヒット作となった。

1998年4月6日アメリカのスミソニアン協会から本シリーズがコンピュータソフトウェアとして歴史的な足跡を残したことを評価され、「1998 コンピュータワールド・スミソニアン・アウォード」を受賞し、ワシントンD.C.にあるスミソニアン総合博物館の国立アメリカ歴史博物館に各種資料が保管されることになった。

1998年11月27日ドリームキャストのキラータイトルとして『バーチャファイター3 tb』が移植される。移植は元気が担当した。なお、当初はセガサターンに移植される予定だったが発売中止になった。

発売日[編集]

ストーリー[編集]

第2回世界格闘トーナメントは、結城晶とラウ・チェンの壮絶な戦いの末、結城晶の優勝で幕をとじた。ある者は再戦を誓い、そして、ある者は己の使命を果たし、それぞれの思いを胸に秘め、帰路についた。そして、1年と数か月が過ぎていった。一方、世界の影で暗躍する悪の組織「J6(ジャッジメント6)」。影であった組織がその影響力を強めていた。世界的な病原菌の蔓延、世界中で起こる抗争、終わらない戦争。じわじわと、しかし確実に、裏の世界に巨大な黒い影を落とし始めていた。トーナメントで優勝したものの、自分の強さに納得せず、更に高みを目指す晶は、祖父と共に道場で修行を続けていた。そんなある日、「第3回世界格闘トーナメント」の招待状が届いた。前回戦った顔ぶれが揃っており、更に新たに2人の挑戦者が加わっていた。今回のトーナメント参加者は全部で12人。懐かしい顔が思い出される。そして闘志を掻き立てる。読み終えた晶は、世界に散らばるライバル達の闘気を感じていた。そして数日後、祖父の許しを得て、トーナメント会場へ向かう…。

ゲームシステム[編集]

G(ガード)、P(パンチ)、K(キック)の3ボタンに加え、新たにE(エスケープ)ボタンが追加された。シリーズ唯一の4ボタン操作の作品である。

さらに「アンジュレーション」(高低差)の概念が追加された。ステージ全体の傾斜や段差、置いてある物に乗るなどする事で、相手との高低の位置関係が変化し、空中コンボなどに影響を与える。これにより「位置取り」と言う新たな戦略が生まれた。これも次作『VF4』で排されたので、シリーズ唯一の要素である。また、外縁に壁(フェンス)の有るステージが初登場した。

登場キャラクター[編集]

使用可能キャラクターは前作の10人に2人追加した計12人となった。

  • 結城晶(ゆうき あきら)
  • 陳佩(パイ・チェン)
  • 陳洛(ラウ・チェン)
  • ウルフ・ホークフィールド
  • ジェフリー・マクワイルド
  • 影丸(かげまる)
  • サラ・ブライアント
  • ジャッキー・ブライアント
  • 舜帝(シュン・ディ)
  • リオン・ラファール
  • 梅小路葵(うめのこうじ あおい)<新登場>
  • 鷹嵐(たかあらし)<新登場>

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 相手のキャラクターを適当な技で空中に浮かせて、落下軌道の最中に特定の操作を行うと、相手のキャラクターが直立したまま一切動けなくなる。その後、攻撃がヒットするかリングアウトになる、または勝敗が決定するまでその状態から回復しない。CPU戦・対人戦ともに起こる。Cバージョン(通常リリース版)において、最も致命的だったバグである。

外部リンク[編集]