ソニック・ザ・ヘッジホッグ (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソニック・ザ・ヘッジホッグ(Sonic the Hedgehog)は、アメリカ合衆国のアニメ。セガのアメリカ支社とパートナーシップを結んでいるDIC Entertainment(現:クッキー・ジャー・エンタテインメント)が制作したが、原作との関連性は低い。 1993年9月18日から1995年5月までアメリカン・ブロードキャスティング・カンパニーで放送された。 作品にはダークでシリアスな雰囲気が漂っており、同じ月に初回放送のなされたAdventures of Sonic the Hedgehogとは対照的である。 放送終了後も漫画という形をとって話を続けている。

あらすじ[編集]

幻の第3シーズン[編集]

脚本家のベン・ハーストはインタビューで、第3シーズンの構想が番組の打ち切りより前に出来上がっていたことを話した。ファンからの要望にこたえ、ハーストは正体が明かされていなかった敵役が、魔法使いIxis Naugusであることを明かした。ドクター・ロボトニックは第2シーズン最終回で死んでおらず、Ixis Naugusのところに幽閉される予定であった。 スニヴェリーは、一時的に力をつけ、おじに代わって支配者の座を手に入れようとしたが、ソニックと仲間たちに阻止された。彼は、Naugusを無の世界から救出し、ついでにおじとエイコーン大王も救出するが、今度はその2人がNaugusにとらえられてしまう。Naugusは第3シーズンにおけるソニックの宿敵になり、エイコーン大王を人質にしてサリー王女も捕える。全てを失ったスニヴェリーはソニック側につく(なお、この展開はアーチー・コミック版のストーリーラインに組み込まれている)。 また、第3シーズンではソニックとテイルスが特殊能力に目覚め、仲間たちのピンチを救う他、2人の関係にも変化が現れる予定だった。さらに、サリー王女が、ソニック以外の他の誰かと恋に落ちる展開や、スニヴェリーとロボトニックの過去についてのふれる場面も予定していた。

ハーストは第3シーズン放送を実現させようと努力したが、受け入れてもらえず、最終的に脚本を書くのをあきらめたとインタビューで話した[1]。そして、彼は2010年8月10日に亡くなった[2][3]

また、この番組は、話が消化不良のまま打ち切られてしまったABCの子供向け番組のひとつとなった。(このようなケースに初めて陥った番組は1985年に放送された"en:The 13 Ghosts of Scooby Doo")

登場人物[編集]

ソニック・ザ・ヘッジホッグ
声(原語版) - ジャリール・ホワイト、タージ・モーリー(幼少期)
マイルス "テイルス" パウアー
声(原語版) - ブラッドリー・ヒアース
サリー・エイコーン姫
声(原語版) - ケイス・スシー、ダナ・ヒル(幼少時)
NICOLE(ニコル)
声(原語版) - ケイス・スシー
サリー姫の携帯型パーソナルコンピュータ。自分の意志を持っている。
(Antoine D'Coolette)
声(原語版) - ロブ・ポールセン
本名Antoine Depardieu。漫画版ではカッコ内の名前で通じている。
バニー・ラボット
声(原語版) - クリスティン・カウゲァナー
南部なまりで話すサイボーグのウサギ。
Rotor
声(原語版) - マーク・バルー(第1シーズン)→キャム・ブレイナード (第2シーズン)
ダルシー・ザ・ドラゴン
声(原語版) - クリー・サマー

[編集]

ドクター・ロボトニック
声(原語版) - ジム・カミングス
ソニック・ザ・ヘッジホッグでいうDr.エッグマンに該当する悪役。
なお、原作でのロボトニックという苗字はエッグマンを初め、祖父のプロフェッサー・ジュラルドや、エッグマンの従姉妹のマリアの姓名として登場。
スニヴェリー
声(原語版) - チャーリー・アドラー
ロボトニックの助手。第2シーズンでロボトニックの甥だということが判明。
Ixis Naugus
声(原語版) - マイケル・ベル
エッグマンの恩師である魔法使い。

その他[編集]

チャックおじさん
声(原語版) - ウィリアム・ウィンダム
ソニックの伯父で、人々が長生きできるよう生物を機械化する装置を発明した。しかし、それは個人の意思を奪うという思わぬ副作用があり、その装置をロボトニックに悪用された。
Ari Ram
声(原語版) - ドリアン・ヘアウッド
雄の羊。かつてエッグマンのもとで働いていたことがある。
Lupe
声(原語版) - シャーリー・ベラフォンテ
Rosie the Nanny
声(原語版) - エイプリル・ウィンチェル
Ro-Becca
声(原語版) - エイプリル・ウィンチェル
Ro-Beccaのみ登場。
エイコーン大王
声(原語版) - ティム・カリー

サブタイトル一覧[編集]

No. サブタイトル 補考
第1シーズン
第1話 Heads or Tails パイロット版
第2話 Sonic Boom
第3話 Sonic and Sally
第4話 Ultra Sonic
第5話 Sonic and the Secret Scrolls
第6話 Super Sonic
第7話 Sonic Racer
第8話 Harmonic Sonic
第9話 Hooked on Sonics
第10話 Sonic's Nightmare
第11話 Warp Sonic
第12話 Sub-Sonic
第13話 Sonic Past Cool
第2シーズン
第14話 Game Guy
第15話 Sonic Conversion
第16話 No Brainer
第17話 Blast to the Past (Part 1)
第18話 Blast to the Past (Part 2)
第19話 Fed Up with Antoine/Ghost Busted 2話構成
第20話 Dulcy
第21話 The Void
第22話 The Odd Couple/Ro-Becca 2話構成
第23話 Cry of the Wolf
第24話 Drood Henge
第25話 Spyhog
第26話 The Doomsday Project

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.saturdaymorningsonic.com/forums/viewtopic.php?f=4&t=2914
  2. ^ Nique's announcement from the Fans United for SatAM message board
  3. ^ ArchangelUK's announcement from the Sonic City Blognik

外部リンク[編集]