メガCD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メガCD/メガCD2
Mega Drive (Asia) + Sega CD (US NTSC).jpg
Mega-cd2.jpg
メガCDを繋いだメガドライブ(上)、メガCD2(下)
メーカー セガ・エンタープライゼス
種別 据置型ゲーム機
世代 第4世代
発売日 日本の旗 1991年12月12日
アメリカ合衆国の旗 1992年10月15日
欧州連合の旗 1993年4月19日
オーストラリアの旗 1993年4月19日
CPU MC68HC000
対応メディア CD-ROM
対応ストレージ バックアップRAMカートリッジ
外部接続 ミキシング端子
売上台数

世界 600万台[1]

日本の旗 38万台[2]
最高売上ソフト ソニック・ザ・ヘッジホッグCD
世界 全世界累計:150万本
互換ハード 日本の旗 アメリカ合衆国の旗 ワンダーメガ(北米では「X-EYE」)
アメリカ合衆国の旗 欧州連合の旗 マルチメガ(GENESIS CDX)
日本の旗 アメリカ合衆国の旗 レーザーアクティブ
テンプレートを表示

メガCD(メガシーディー、MEGA-CDSega CD)とは、セガ・エンタープライゼス(現:セガ)が発売したメガドライブ用の周辺機器。日本では1991年12月12日発売。価格は49,800円。

概要[編集]

メガCDをメガドライブに接続することで、メガCD用ゲームをプレイできるほか、オーディオCDおよびCD+G規格のCDを再生することが出来る。

メガドライブ本体側面の拡張用スロットを使用して、メガドライブ本体の下に接続する。初期型のメガCDのCD-ROMドライブは電動で開閉するトレイ式(フロントローディング式)であったが、後期型のメガCD2では手動で開閉するトップオープン式に改められた。メガCD・メガCD2はどちらもメガドライブ・メガドライブ2の両方の本体に接続可能だが、海外市場でリリースされているメガドライブ3(Genesis3)以降には接続できない。


メガCDは、先行して発売されたNEC HEPCエンジン CD-ROM2が採用していた、当時CDレーザーディスクなどチャプタースキップ時には毎回各トラックの先頭から一定速度でデータを読み出すといった、いわゆるカセットテープをCD媒体にしたようなCLV方式とは違って、フロッピーディスクハードディスクなどパソコン用記憶装置でも使われていたCAV方式を採用しており[3]、内周と外周のトラックで回転速度を変えて制御するランダムアクセスとエラー補正機能を備えた本格派のCD-ROM機として発売された。

本体内に大容量の6メガバッファRAMやスーパーファミコンを上回る2軸回転も可能な拡大縮小処理機能を装備し、メガドライブよりも高速な68000CPUを搭載してメガドライブと並列処理をさせることでデータと表示の同時処理を実現したメガCDは、当時としては最先端のゲーム制作環境を見越した作りになっており、背景動画の上にワイヤーフレームで破壊可能なオブジェクトを表示させた「スターブレード」、当たり判定がある毎秒15コマの全編背景動画の上でリアルタイムポリゴンキャラクターを動かすCPU並列動作という手法をとった「シルフィード」のほか、海外ソフトでも、再生と静止による動画処理で背景を任意スクロールさせる事が出来る「Bram Stoker's Dracula」や、時間軸で同時進行する複数の実写ムービーを切り替えるといった動画再生のインタラクティブ性を大幅に向上させた「ナイトトラップ」など、当時画期的とも云えるフルCGやフルビデオムービーを多用する次世代ゲームへの方向性を示した。

仕様[編集]

  • CPU : MC68HC000(12.5MHz)
  • RAM
    • プログラム、データ用 : 6Mbit
    • PCM音源用 : 512Kbit
    • CD-ROMデータキャッシュ : 128Kbit
    • バックアップメモリ : 64Kbit
  • ROM 1Mbit(BIOS、CD-G対応CDプレーヤー)
  • サウンド : PCM音源 ステレオ8ch(メガドライブ本体のFM音源6音、PCM1音、PSG3音、ノイズ1音を加えると19和音)
  • 電源 : ACアダプターとメガドライブより供給

展開[編集]

日本国内[編集]

日本で内々に開発されたメガCDは、1991年6月に開催された東京おもちゃショー'91にて初めて公表され、同年12月に発売となった。日本市場における販売台数は1994年5月の時点で38万台と推測されており、これは当時の日本におけるメガドライブユーザーの11%にあたる[4]

北米市場[編集]

北米版メガCDであるSega CD(SCD)は1992年1月にシカゴで開催されたCESで発表され、発売予定は同年11月と告知していたが、予定を繰り上げ10月15日となった。バックが雲の画面であったメガCDの起動BIOS画面は、北米版Sega CDでは地球を背景とした宇宙空間画像に変更され、BGMも改められており、SegaCDとSegaCD2でもBGMが異なる。

デザインは日本版と同一であるが、日本のメガCDソフトは北米版セガCDでは起動しない。但し日本版BIOS-ROMを装着すると日本版のメガCDソフトが動作する。

なお北米ではSEGA CD本体自体、やや高めの価格で設定されていたため、SEGA GENESIS本体程の勢いがある売上は見せていないものの、任天堂が「SUPER NINTENDO」用CD-ROMドライブである「プレイステーション」の開発を中止したり、NECの「TurboDuo」やPhilips社の「CD-i」がほとんど普及しなかった事もあって、海外ではSEGA CDが事実上のCD-ROMドライブユニットとしての高いシェアを誇った。

欧州市場[編集]

ヨーロッパでは日本と同様にMega-CDという名称にて1993年4月19日に発売された。既にメガCD2の登場後という時期に発売開始されたため、最初からMega-CDではなくMega-CD 2が発売された地域(スペインなど)もある。 全体的には、メガCDとSegaCDが混ざったようなものである。

欧州市場でもやはり北米市場のSEGA CDと同様、本体自体がやや高価格で販売されていたため、多少売れあぐんでいたものの、北米市場と同様、CD-ROMドライブユニットとして高いシェアを獲得している。

ブラジル市場[編集]

ブラジルでは北米版Sega CD 2がSega CDの名称で発売された。ただしブラジル版メガドライブ本体は北米版のGenesisではなく日本や欧州と同じMega Driveであったため、しばしば非公式にMega-CDの名称でも呼ばれる。製造販売はTectoy

バリエーション[編集]

日本国内[編集]

ワンダーメガ
日本ビクターから1992年4月1日に発売されたメガドライブ/メガCD一体型機。価格は82,800円で、メガドライブ+メガCDよりも高価だった。
MIDI出力、S端子、音質向上を図った独自開発のDAP(デジタル・アコースティック・プロセッサー)や重低音再生のEX(エクストラ)バス・ポジションなどを装備しており、CDドライブの開閉は電動トップローディング方式を採用している。スーパー32Xを接続する場合、ビクターにワンダーメガ本体のCDトレイを有償で交換の依頼を申し込む必要があった。
同年4月24日にセガからも「ワンダーメガS」として同一モデルの姉妹機が79,800円で登場し、発売当初はビクター製が家電販路ルートでセガ製は玩具販路ルートをとるなど共存する予定だったが、家庭用ゲーム機も取り扱う大手家電店や家電量販店などでは販売価格で競合したため、後にビクター製のみが販売を続ける事になった。なお、「フリッキー」など4つのゲームと4曲のカラオケが収録されたソフトウェア集「ワンダーメガコレクション」は日本ビクター製にしか付属していない。
発売同年にセガハード系統の中では唯一グッドデザイン賞を受賞している。
メガドライブ2の発売に合わせて1993年4月23日に発売した廉価版。価格は29,800円で、CDドライブの開閉はコストダウンが図られて手動のトップオープン方式に改められた。
付属の延長アタッチメントと金具の組み合わせで初代メガドライブ+メガCD2、メガドライブ2+初代メガCDといった組み合わせでも動作が可能である。
  • ワンダーメガM2、X-EYE(RG-M2)
日本ビクターから1993年7月2日に発売されたワンダーメガの廉価版。価格は59,800円で、コストダウンが図られてMIDI端子などが省略された。
CDドライブ開閉も電動式から手動式に変更されたが、ワイヤレス化されたコントロールパッドが同梱されており、2人プレイ時はワイアレスコントローラ下部に2P用端子があるため、デイジーチェーン方式での接続が可能だが、本体背面にもコントローラ接続端子が2つ装備されている。北米での名称はX-EYE。
  • CSD-GM1
セガサターンが発売される約2ヶ月前にSONYの完全子会社であるアイワから1994年9月1日に発売されたメガドライブ/メガCD/CDラジカセ一体型機。価格は45,000円でセガサターン発売当初の販売希望価格よりも200円高く、CDラジカセ部とラジカセ部底辺に装着されているメガドライブゲームユニットに分かれているため分離出来るのが特徴だが、電源供給はCDラジカセ部より行っているためメガドライブゲームユニット単体では動作しない。
  • エデュケイションギア
北米版GENESIS CDXと同一ハード。リンガフォンの英会話教材。
  • PAC-S1
パイオニアレーザーアクティブ用アドオン。

北米版[編集]

  • Sega CD
  • Sega CD2
ジェネシス2(北米版メガドライブ2)発売に合せて登場した廉価版。先行発売された日本版メガCD2と同一ハードウェアでCD-ROMドライブはトップオープン式に改められている。なお、初代ジェネシス+セガCD2、ジェネシス2+初代セガCDといった組み合わせでも動作が可能である。
  • GENESIS CDX
ジェネシス(北米版メガドライブ)/SEGA CD一体型機。付属ソフトは『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD(北米版)』、『エコー・ザ・ドルフィンCD』、『セガクラシック アーケードコレクション (北米版)』の3本。

欧州版[編集]

マルチメガ
  • Mega-CD
  • Mega-CD2
メガドライブ2発売に合せて登場した廉価版。先行発売された日本版メガCD2と同一ハードウェアでCD-ROMドライブはトップオープン式に改められている。なお、初代メガドライブ+メガCD2、メガドライブ2+初代メガCDといった組み合わせでも動作が可能である。
  • Multi-Mega
北米のGENESIS CDXと同一ハード。メガドライブ/メガCD一体型機。


周辺機器[編集]

メガドライブのカートリッジスロットを使用し、メガCD本体に内蔵されている各種セーブデータを保存・管理することが出来るだけではなく、データ持ち運びが可能のカートリッジタイプの外部用のバックアップRAM。保存領域はメガCDの内蔵バックアップRAMの約16倍である。
メガCD及びメガCD2を接続したメガドライブ、メガドライブ2と併用することで、家庭用のテレビで手軽にカラオケを楽しめる周辺機器。

ソフトウェア[編集]

日本国内で発売されたゲーム[編集]

Category:メガCD用ソフトも参照。

未発売ソフト[編集]

  • パワードリフト(セガ/電波新聞社
  • 新・覇邪の封印(セガ/工画堂スタジオ
  • ワールドラリー(ビスコ)
  • クライングドラゴン(トレコ)
  • スーパーギャルズパニック(KANEKO)
  • ヴァイスII(トレコ)
  • ミュータントハンター(トレコ)
  • テラフォーミング(パック・イン・ビデオ)
  • ポップンランド(シュールド・ウェーブ)
  • ノスタルジアII PRESENCE(シュールド・ウェーブ)
  • メリーゴーランド 第4のユニットシリーズ(データウエスト)
  • 銀河鉄道999(日本テレネット/RIOT)
  • Aランクサンダー 逆襲編(日本テレネット/RIOT)
  • スーパー大戦略III(セガ・ファルコム)
  • イース・マスク オブ サン(セガ・ファルコム)
  • スーパーブランディッシュ(セガ・ファルコム)
  • シスターソニック(セガ・ファルコム)
  • バーニングフィスト(セガ)
  • HUMMER(セガ)
  • サンダーフォースV(テクノソフト)
  • 狼兵(ランピン)(シムス)
  • 電忍アレスタ2(コンパイル)
  • ポリゴナルゴルフ(シムス)
  • 蓬莱学園(セガ)
  • 夢幻のごとく(セガ)
  • スーワーシャーク(セガ)
  • DUNE(ヴァージンゲーム)
  • インディージョーンズ アトランティスの運命(日本ビクター)

海外で発売されたゲーム[編集]

List of Sega Mega-CD gamesを参照。

出展[編集]

  1. ^ Blake Snow (2007年5月4日). “The 10 Worst-Selling Consoles of All Time”. GamePro.com. 2007年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月25日閲覧。
  2. ^ "MEGA". Future Publishing. August 1994. p. 24.
  3. ^ 太田出版 CONTINUE 『メガドライブ大全』 Special Interview Vol.3 ゲームアーツ社長宮路洋一氏、p285参照
  4. ^ "MEGA". Future Publishing. August 1994. p. 24.

外部リンク[編集]