メガモデム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メガモデム
Sega megamodem.jpg
メガモデム
メーカー セガ・エンタープライゼス
種別 据置型ゲーム機
発売日 日本の旗 1990年11月3日
対応メディア ロムカセット
対応ストレージ バッテリーバックアップ
オンラインサービス メガアンサー
テンプレートを表示

メガモデムは、メガドライブ用の通信モデム。電話回線を利用してゲーム配信などのサービスを受けることができる。また、メガアンサーを使えばホームバンキングシステムの通信機能も使用できる。

開発はサン電子

諸元[編集]

  • 型番: HAA-2951
  • 通信速度: 1200bps
  • スピーカ・マイク: 内蔵(半二重対応)。使用ソフトによってはモデム内蔵のマイク・スピーカを通じて通話可能。
  • 価格: 9,800円/12,800円(ゲーム図書館同梱版)
  • 発売日: 1990年11月3日

対応ソフト[編集]

  • ゲーム図書館(セガ
    800円/月の定額料金(通信費別)でオリジナルゲームソフトをダウンロードして遊べた。ゲームのダウンロード中は配信予告などのお知らせを表示。配信されたオリジナルソフトの一部は、後にメガCD用ソフトとして発売された『ゲームのかんづめ VOL.1』『- VOL.2』に収録されたり、ドリームキャストの「ドリームライブラリ」やPC向けの「セガゲーム本舗」などでも配信が行われた。代表的なソフトは「ファンタシースターII テキストアドベンチャー」シリーズ、AC関連タイトルでは「フリッキー」、「テディボーイブルース」等。
  • TEL・TELまあじゃんサンソフト
    通信対戦可能な麻雀ゲーム。1人でも遊べるCPU対戦モードも搭載。
  • TEL・TELスタジアム(サンソフト)
    野球ゲームだが、相手とはいわゆる「監督モード」で対戦。機器の仕様上リアルタイム対戦が難しかった為このような形式になったと思われる。1人用としてペナントモードを搭載。
  • 日刊スポーツプロ野球VAN
    プロ野球の試合状況(ヒット、アウトや1球毎のカウント等)をリアルタイムで配信する。リアルタイム配信の他に、終了した試合のデータを一度でダウンロードし、コントローラの操作によって任意のプレイを見る事も可能。情報提供は日刊スポーツ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]