アドバンスピコ・ビーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドバンスピコ・ビーナ
Advanced Pico Beena.jpg
アドバンスピコ・ビーナ
メーカー セガトイズ
種別 電子知育玩具
据置型ゲーム機
発売日 日本の旗2005年8月6日
CPU ARM7TDMI 32bit 81MHz[1]
対応メディア 絵本ソフト(ロムカセット
対応ストレージ 本体内蔵
バッテリーバックアップ
SDメモリーカード[2]
コントローラ入力 タッチペン(有線)
外部接続 マイク入力端子
拡張ポート
売上台数 日本の旗35万台以上
(2008年5月時点[3]
最高売上ソフト ビーナタウンへようこそ![4]
互換ハード ビーナLite
前世代ハードウェア キッズコンピュータ・ピコ
テンプレートを表示

アドバンスピコ・ビーナ(Advanced PICO Beena)は、セガトイズ2005年8月6日に日本で発売した電子知育玩具。略称はビーナ。当時のメーカー希望小売価格は専用ソフト『ビーナタウンへようこそ!』が同梱され税込13,440円。

2008年7月17日には本体のデザインと配色を変更した上で、本体セットからACアダプタと専用ソフトを省いた廉価機ビーナLite(ビーナライト)を税込9,975円で発売し、同時に機器ロゴを改めた。

概要[編集]

テレビゲームの技術を知育玩具へ転用したキッズコンピュータ・ピコの後継機として開発・発売された。ただしピコとの互換性はない。タッチペンによるテレビ絵本の連動やお絵かき遊びなどピコの特徴はそのままに、画像や音声の表現能力を向上させ、本体によるセーブデータ管理や時計機能などを追加した。これらはセガトイズとアプローズテクノロジーズが共同開発したLSI「AP2010」の搭載により実現した。対象層は従来の未就学児を中心にその家族、小学生低学年、高齢者層にまで広げた。

本体のみでは動作せず、絵本状のページが取り付けられたロムカセット「絵本ソフト」を本体へ差し込んで使用する。ビーナ用絵本ソフトの外形や端子部はピコ用絵本ソフトと異なり、ピコ本体でビーナ用のソフトを使うことも、逆にビーナ本体でピコ用ソフトを使うこともできない。絵本ソフトは主にページをめくる動作と、本体へ取り付けられたタッチペンを使用することによるページやタブレットへのタッチ動作により操作する。タブレットの両端へ取り付けられた丸い大きなボタンと小さな4つのボタンはミニゲームなどで補助的に用いる。ピコと同じ簡単な操作方法のため、すでにピコに慣れている子供たちやその家族にも違和感なく操作でき、ピコに触ったことのない人でも簡単に扱うことができる。

ユニバーサルデザインに沿い、左利きのプレイヤーがタッチペンを持ったまま違和感なく操作できるよう、タッチペンの取り付け端子は本体左右へ2か所用意され、操作ボタンもタブレットの左右両端へ対になるよう取り付けられた。このボタン配置は2人同時プレイにも対応する。

テレビへ繋がずに、ビーナ本体と絵本ソフトのみで音声の出る絵本として使用できる機能も用意された。この機能を利用するには専用AVケーブルを本体から抜き取り電源を投入する。タッチペンでページに印刷された文字やイラストに触れるとそれらの読み方や名前などを発音するほか、ソフトによってはしりとりや名前当て、音階当てなどの簡単なゲームも用意される。

セガトイズはロングセラー玩具となったピコの後継機として期待し、2005年度中で25万台出荷の販売計画を公表した[5]が、2006年11月公表の販売数は15万台以上に留まった[6]

ソフトウェア[編集]

専用ソフトは遊びと学習を融合させた「知育シリーズ」と、より学習要素の強い「学習シリーズ」に分けられており、パッケージの表記と色で区別することができる。

ローンチタイトルおよび2005年8月中に発売されたソフトは以下の通り。

  • ビーナタウンへようこそ! - アドバンスピコ・ビーナ本体標準セットに試用ソフトとして同梱された。セガトイズから部品扱いで購入する場合の価格は送料・税込3,000円[7]。主人公はビーナのイメージキャラクター「グリーンミント」。
  • Partner in TV おうちにわんちゃんがやってきた♪
  • それいけ!アンパンマン はじめてかけたよおぼえたよ ひらがな・カタカナ
  • ふたりはプリキュア Max Heart
  • GO!GO!アドバンスドライブ 6つのマシンにちょうせんだ!
  • ディズニー たのしいおべんきょうシリーズ マイクでかんたんABC♪

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アプローズテクノロジーズ (2005年4月5日). “株式会社アプローズテクノロジーズ、マルチメディアLSI「AP2010」発表―8月発売の株式会社セガトイズの新製品「Advanced PICO BeenaTM」に搭載。- (PDF)” (日本語). 2008年12月26日閲覧。
    アプローズテクノロジーズ (2005年4月5日). “AP2010” (日本語). 2008年12月26日閲覧。
  2. ^ 周辺機器のビーナ専用SDカードリーダーとSD対応ソフトが必要。
  3. ^ セガトイズ (2008年6月18日). “知育・教育玩具「ビーナ」がお求めやすい価格になって登場!! 『Beena Lite(ビーナ ライト)』 7月17日新発売 (PDF)” (日本語). 2008年12月26日閲覧。
  4. ^ 「グリーンケアビーナ」「アンパンマン おえかきセット」「ビーナLite」などを除くアドバンスピコ・ビーナ本体標準セットに同梱。
  5. ^ セガトイズ (2005年4月5日). “食育、安全などの“五育”を取り入れ、エデュテイメント事業を推進「遊びながら学ぶ」が進化する『Advanced PICO BeenaTM』(アドバンスピコ ビーナTM)8月発売 (PDF)” (日本語). 2008年12月26日閲覧。
  6. ^ セガトイズ (2006年11月30日). “ビューティーカメラでおしゃれに へんしん! 「パシャッとへんしん ビューティーアカデミー」 発売!”. 2008年12月26日閲覧。
    セガトイズ (2007年5月2日). “平成19年3月期(2006年度)決算発表会社説明会 (PDF)” (日本語). 2008年12月26日閲覧。
  7. ^ セガトイズ. “お客様相談センター Beena(ビーナ)こんな時は” (日本語). 2008年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]