ローンチタイトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローンチタイトル (Launch Title) とは、新しくゲーム機を発売する際、同時に発売されるゲームソフトのこと。ローンチソフト (Launch Soft)、同発タイトル・ソフトともいう。発音からローンチという表記が一般的だが、ロンチ、ラウンチとも表記される。

概要[編集]

ゲーム機はゲームソフトなしでは成り立たないため、新型ゲーム機の発売時は良質なゲームソフトの多寡がゲーム機の売り上げを大きく左右する。また発売当初の勢いは非常に重要で、マスコミなど社会的にも注目される。新型ゲーム機の発売初期で売り上げにつまづくと、「ゲーム機の出荷台数が少ない→ゲームパブリッシャーが消極的になる→タイトルが揃わず、ゲーム機の出荷が伸びない」という売り上げ悪化の悪循環となりやすい[1]。そのためゲーム機メーカーは人気シリーズの続編などをローンチタイトルのラインナップとして注力し、場合によってはゲーム機の発売を前後させる時もある(『スーパーマリオワールド』や『スーパーマリオ64』などの事例が有名)。また顧客も、ローンチタイトルのラインナップと内容に大きく注目し、早期のゲーム機購入の判断材料とする。

もっとも、ゲームソフトの販売面で見た場合、土台となるゲーム機の普及と同時進行であり、ゲーム機が普及するか否かという点において不確定性が高いため、販売数は伸び難く且つ読み辛い。そして、技術的にもゲーム機に関する知識の蓄積度や習熟度が低く、長い開発期間を必要としたり、ゲーム機の性能を生かしきることが難しかったりして、環境として良い状態とは言い難い。

また、新たなブランド構築としての意義がある。つまり、新型ゲーム機の登場による関心度の高さと、同時発売される他ゲームソフトが少ないなどで注目度は高いため、良いゲームソフトであればユーザーの心証に深く根付く。その結果シリーズ化されることがあるため、戦略的な投資としてゲームソフトが出される面もある。

開発の問題[編集]

ゲーム機が発売される前のため、開発機材の数やライブラリなどの周辺ソフトウェアの整備状況が十分ではないことがある。そのため、ローンチソフトに関われるメーカーは決して多くはない。ローンチタイトルを作成するのはゲーム機メーカー自身による開発か、大手ゲームソフトメーカーや、ゲーム機メーカーの前世代ゲーム機においてゲームソフトの投入実績のあるメーカーが多い。またゲームソフトメーカーとしても、早期に開発機材を入手するためにゲーム機メーカーと信用関係を築いていなければ難しい。

タイトル数と主なタイトル[編集]

ファミリーコンピュータ以降の主なゲーム機におけるのローンチタイトル数と、主なゲームソフト名を下記に記する。

  • ゲームソフト名及び発売日は、日本国内販売のものとする。
  • 未発売のハード(未来の事象)は取り扱わない。
  • 複数タイトル発売の場合は下記順で番挙げ、シリーズ一作目は控える。
    1. マリオシリーズ」や「リッジレーサーシリーズ」などローンチタイトル常連の人気シリーズや、そのスピンオフされたもの。
    2. アーケードゲーム等多機種で人気を博したもの。
    3. ハードメーカーが発売したもの。
ゲーム機名 発売日 主なローンチタイトル 販売会社
ファミリーコンピュータ 1983年7月15日 3 ドンキーコング 任天堂
セガ・マークIII 1985年10月20日 2 ハングオン セガ
PCエンジン 1987年10月30日 2 ビックリマンワールド ハドソン
メガドライブ 1988年10月29日 2 スペースハリアーII セガ
ゲームボーイ 1989年4月21日 4 スーパーマリオランド 任天堂
ネオジオ 1990年04月26日 4 ナムNAM-1975 SNK
ゲームギア 1990年10月6日 3 コラムス セガ
スーパーファミコン 1990年11月21日 2 スーパーマリオワールド 任天堂
3DO 1994年3月20日 6 ウルトラマンパワード バンダイ
プレイディア 1994年9月23日 3 ドラゴンボールZ 真サイヤ人絶滅計画 -地球編- バンダイ
セガサターン 1994年11月22日 5 バーチャファイター セガ
PlayStation 1994年12月03日 8 リッジレーサー ナムコ
PC-FX 1994年12月23日 3 ソツキヨウ卒業II 〜Neo Generation〜 NECホームエレクトロニクス
バーチャルボーイ 1995年7月21日 5 マリオズテニス 任天堂
NINTENDO64 1996年6月23日 3 スーパーマリオ64 任天堂
ネオジオポケット 1998年10月28日 6 キング・オブ・ファイターズ R-1 SNK
ドリームキャスト 1998年11月27日 4 バーチャファイター3tb セガ
ワンダースワン 1999年3月4日 4 クンヘイGUNPEY バンダイ
PlayStation 2 2000年3月4日 10[2] リッジレーサーV ナムコ
ゲームボーイアドバンス 2001年3月21日 30 スーパーマリオアドバンス 任天堂
ニンテンドーゲームキューブ 2001年9月14日 3 ルイージマンション 任天堂
Xbox 2002年2月22日 12 デッドオアアライブ3 テクモ
ニンテンドーDS 2004年12月02日 12 サワルさわるメイド イン ワリオ 任天堂
PlayStation Portable 2004年12月12日 6 リッジレーサーズ ナムコ
Xbox 360 2005年12月10日 6 リッジレーサー6 ナムコ
PlayStation 3 2006年11月11日 5 リッジレーサー7 バンダイナムコゲームス
Wii 2006年12月2日 16 ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス 任天堂
ニンテンドー3DS 2011年2月26日 8 nintendogs + cats 任天堂
PlayStation Vita[3] 2011年12月17日 20 リッジレーサー バンダイナムコゲームス
Wii U 2012年12月8日 11 New スーパーマリオブラザーズ U 任天堂
PlayStation 4 2014年2月22日 12 KNACK ソニー・コンピュータエンタテインメント

麻雀、将棋ゲームの謎[編集]

ローンチタイトルには、なぜか麻雀将棋を取り扱ったソフトが多い(ここ10年ではほぼ麻雀)。これらのゲームソフトはそれほど注目されることも無く、売り上げに直結するゲームソフトとは言いがたい。しかし、同じ題材を取り扱うことにより単純にグラフィックやコンピューターの思考能力を比較するのに有用なジャンルであると見る向きがあり、いわばこれらのゲームソフトは新型ゲーム機のマシンパワーを比べるための試金石ともいえる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 後藤弘茂のWeekly海外ニュース 2006年5月18日
  2. ^ この日の日本のPS2のローンチタイトルは全てサードパーティーソフトであり、SCE初のPS2ソフト『ファンタビジョン』の日本版は本体の発売から5日後の2000年3月9日に発売をした。海外版『ファンタビジョン』はローンチタイトルである。
  3. ^ アークシステムワークスのソフト、『NAX MUSIC PLAYER』もローンチタイトル予定だったが2012年12月5日まで発売が延期された。

関連項目[編集]