せがた三四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

せがた三四郎(せがたさんしろう)は、セガの家庭用ゲーム機であるセガサターンの宣伝マスコットイメージキャラクター)。藤岡弘、(旧芸名:藤岡弘)が演じ、1997年11月から1998年11月にかけてテレビCMをはじめ、各メディアに登場した。

概要[編集]

せがた三四郎は、富田常雄の小説を原作に、黒澤明監督デビュー作品(1943年)をはじめ、様々なメディア作品として知られている『姿三四郎』をもじって名付けられた。演じる藤岡弘、の個性を活かし、武闘派なキャラクターに設定されている。CM初期には、子供や若者たちが、現れた三四郎に一本背負いで容赦なく投げられるシーンが多く見られた。

決め台詞だった「セガサターン、シロ!」とは、“セガサターンで遊べ”という意味のほかに、“セガサターン、白”(初期のセガサターンの外装色はグレーだったが、モデルチェンジして白色〈正確にはミストグレー〉に変わった)という意味も含んでいる。

1998年2月のCM好感度で2位を獲得した。セガサターンの後継機「ドリームキャスト」の発売前に契約満了となる予定だったが好評のため、同機発売まで延長された[1]

歴代CM[編集]

基本的に主演は藤岡弘、。かなり過酷な撮影内容もあるが、「極力CGを使わない」事にこだわり、可能な限りすべて藤岡本人が演じた[2]。ナレーションは藤岡主演時の『仮面ライダー』のナレーターであった中江真司である。 一部作品にはラジオCMも存在する(『バッケンローダー』等)。

01. 『ソニックR
これから野球をしようとする少年達に、せがた三四郎の鉄拳が下る。
02 『シャイニング・フォースIII
朝までクラブで踊ろうとする若者達に、せがた三四郎が制裁として男女の別なく次々と投げ飛ばし、ゲーム画面での宣伝後に死屍累々たるディスコから立ち去る
03. 『サターンボンバーマンファイト!!
道着で挑む青年をせがた三四郎が投げ飛ばす。放り投げられた青年は遠くの地面に落下し爆発炎上。ここで主題歌「セガサターン、シロ!」が初登場。締めは「ボンバーマン、シロ!」という台詞だった。ナレーションは杉山佳寿子
04. 三シローディスクもついてくる
クリスマス、家にやって来たサンタクロースに群がる子供達。しかしその正体はせがた三四郎だった。顔の皮をはぎ正体を表した三四郎が表現できない雄叫びを上げ、子供達は恐怖でおののく。ちなみにこのサンタはセガサターンのハードのみ置いていった。
05. 今年は凄いゾッ!
巨大なセガサターンを背負って山の中で修行するせがた三四郎。巨大なセガサターンのコントローラのボタンを高速パンチで連打したり本体を木に固定してコントローラのコードを使って背負い投げの打ち込みをするなどした。主題歌「セガサターン、シロ!」の1番のほぼ全てがBGMとして使われた。
06. 『ソロ・クライシス』
「表裏一体・頭脳ゲーム」の紹介ということで「頭を使う」ことがコンセプトだが、せがた三四郎は頭脳を使わず頭部でもって脳天かわら割りをし、画面に向けて「頭を使え!」と一喝する。三四郎はオチでかなり痛がっている。なおこの瓦割は藤岡本人が実際に行った。
このCMから三四郎の行動が紹介するゲームの内容に準ずるものとなった。
07. 『AZEL -PANZER DRAGOON RPG-
たいまつの燃える中、の面をつけたせがた三四郎が龍の舞を披露する。
08. 『Winter Heat』
せがた三四郎はスピードスケート選手とのレース対決に素足で挑み勝利した。オチで負けた選手は頭を抱えうなだれ、一方の三四郎は凍傷状態になった足の裏(?)を必死に暖めている。
09. 『プロ野球チームもつくろう!
ゲームの監修を手掛けた野茂英雄投手の写真を前に、せがた三四郎がを流しながら感謝の言葉を述べる。ナレーションはパンチョ伊東
10. 『バーニングレンジャー
火事の現場で取り残されている姉妹のもとにせがた三四郎が燃えるドアを蹴破って現れ、気を失っている姉に人工呼吸を施した。オチは脱出を促す妹に構わず、せがた三四郎はその場で人工呼吸を続けるというものだった。
11. 『GREATEST NINE '98』
バッティングセンターでも胴着姿のせがた三四郎は、飛んで来たボールをミドルキックでホームランにした。オチでは次々に飛んでくるボールを胸板で受け止めた。
12. 『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド
襲い掛かってくるゾンビと化した人々をいつものように投げ飛ばしまくるせがた三四郎だが投げられたゾンビ達はいくら投げても起き上がり迫り来る。壁を背にして「ひええええ、こいつら人間じゃねえ!!」と悲鳴をあげる三四郎に群がるゾンビ達。ゲームの紹介後に画面が戻りゾンビに群がられ引きつった表情を浮かべる三四郎の顔で締められる。三四郎が弱音を吐くという珍しいエピソードで、ナレーションでも「ゾンビは銃で撃て」と突っ込まれている。
13. 『ドラゴンフォースII
はじめに「セガサターン、シロ!」の独唱から入り、徐々に歌い手が増え、最後には大合唱となる。それとともに、何故か画面のせがた三四郎も増殖していき最後には巨大な三四郎と三四郎の軍団になり全員で「トォォォゥリャァァァ!!」と叫ぶ。
これは、『ドラゴンフォースII』が「大人数混戦」が楽しめるのを売りにしていることに由来している。最後は三四郎軍団が一斉に突撃している
14. 『サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜
桜舞い散る中、真宮寺さくら役の横山智佐とじゃれ合うせがた三四郎。花びらを掛け合い抱き合うその姿は、せがた三四郎シリーズ中でも異色である。
BGMは「もしも…」(岡本麻弥)、作品紹介時が「檄! 帝国華撃団(改)」。
15. 『DEEP FEAR
薄暗い室内でを捌くせがた三四郎。捌かれた魚はオチで舟盛りとなる。ホラーゲームらしい暗い雰囲気であり、せがた三四郎シリーズでもやや異色と言える。
16. 『ワールドカップ98 フランス』
サッカーフリーキックの場面で、ゴールキーパーのせがた三四郎はゴールポストをそのまま持ち上げゴールを死守したが、審判員にレッドカードを出されてしまった。
17. 『日本代表チームの監督になろう! 世界初、サッカーRPG
コーナーキックでボールが蹴られた瞬間、ベンチでその様子を見守っていたせがた三四郎は「選手交代」の声と共に隣にいた選手を投げ飛ばす。弾丸のごとく飛んで行った選手の頭にボールが当たり、ヘディングシュートとなってゴール。オチでは三四郎がゴール後のパフォーマンスを見せている。
18. 『バッケンローダー』
「せがたゲームチャート」なるものが登場。このチャートは「インパクト」「知性」「恋愛」「ユーモア」「スチーム度」によって五角形を形作っており、『バッケンローダー』はこの「スチーム度」なるものが満点であった。
19. 『せがた三四郎 真剣遊戯(仮)』
冒頭は「緊急特報」のテロップ。これまでCMで流れたせがたの登場シーンや名シーンとともに「炎の男が」「セガサターンに喝を入れる!」「せがた三四郎遂にゲーム化!」「ゲームに秘めるせがたの魂!」「只今、制作進行中」のテロップが続く。最後は「せがた三四郎 真剣遊戯(仮)10月29日発売予定 4800円(税別)」。
20. 『せがた三四郎 真剣遊戯
せがた三四郎CMシリーズ最終作。せがた主演のゲーム(せがた三四郎の登場するミニゲーム集)のCM。
謎の外国人によってドリームキャスト発売間近のセガ本社ビルに向けて発射されたミサイルを寸前で食い止めた三四郎は渾身の力をこめてミサイルの軌道を上空に逸らす。そしてミサイルにしがみついたまま(このシーンは『鉄腕アトム(アニメ第1作)』最終回のパロディとなっている。)「セガサターン、シロ、セガサターン、シロ・・」と唱え続けながら、宇宙の彼方まで飛んだ三四郎は、最後の「セガサターン・・・シロ~ッ !」の絶叫の後、ミサイルとともに爆発。CMの最後は「せがた三四郎は、君たちの心に」のナレーションと、青空にオーバーラップする三四郎の笑顔で終わる。
ちなみにクライマックスのミサイル爆発シーンでは、画面右上に人影か破片のようなものが映り込んでおり、ネット上などでは「パラシュートで脱出したのでは?」と、話題にもなっていた。ただ、これは決してスタッフが意図したものではなかったという[3]

主題歌[編集]

主題歌「セガサターン、シロ!」は1998年2月15日WEA japanよりCD化[4]され、10万枚に迫るヒットとなった。唄はCM同様とみたいちろう。c/wはせがた(藤岡)歌唱バージョンとカラオケが収録された。 また、同年6月にはリミックス盤の「セガサターン、りみっくすシロ!」[5]がリリースされた。

その他[編集]

  • 1998年10月にはMicrosoft Windows用デスクトップアクセサリとテレビCMの動画を収録した『せがた三四郎 超人伝説』が発売された[6]
  • 第49回NHK紅白歌合戦』ではせがた三四郎に扮した藤岡弘、が白組の応援で出演。舞台上に乱入してきたショッカー怪人イカデビルとショッカー戦闘員達と対戦。“本郷猛状態”となった藤岡の周囲に白煙が徐々に立ちこめるなか、変身ポーズをとり仮面ライダー新1号に変身、ショッカーを撃破するという趣向だった。この時に「白組を応援、しろ!!」とのコメントも披露している。
  • ドリームキャスト用ソフト「セガガガ」では巨人の姿となったせがた三四郎を登場させる予定だったが既に契約切れという事もあり、未登場に終った。

脚注[編集]

  1. ^ マーチャンダイジングライツレポート2000年1月号、株式会社エムディーアール(創通子会社)
  2. ^ (cache)藤岡弘、がせがた三四郎復活を熱望--イベントで明かされたセガサターンCM秘話”. CNET Japan(ウェブ魚拓によるキャッシュ) (2013年3月18日). 2013年10月28日閲覧。
  3. ^ (cache)藤岡弘、がせがた三四郎復活を熱望--イベントで明かされたセガサターンCM秘話 - (page 2)”. CNET Japan(ウェブ魚拓によるキャッシュ) (2013年3月18日). 2013年10月28日閲覧。
  4. ^ 作詞:安藤宏治、作・編曲:奥居文生、CD:WPDV-7138
  5. ^ WEA japan CD:WPCV 7436、アーティスト名は"DJ SEGATA"と表記された
  6. ^ ITmedia Gamez:PC版「せがた三四郎」の全貌、1998年9月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]