セガ・マークIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セガ・マークIII
(SG-1000III)
Sega Mark III.jpg
セガ・マークIII
(SG-1000III)
メーカー セガ・エンタープライゼス
種別 据置型ゲーム機
世代 第3世代
発売日 日本の旗 1985年10月20日
CPU Z80A
対応メディア ロムカセット
マイカード
コントローラ入力 ケーブル
外部接続 拡張スロット
互換ハード セガ・マスターシステム
次世代ハードウェア メガドライブ
テンプレートを表示

セガ・マークIII(セガ・マークスリー、SEGA MarkIII)とは、1985年10月20日セガ・エンタープライゼスが発売した家庭用ゲーム機である。流通用の型番はSG-1000M3で、正式名称はSG-1000III。

概要[編集]

SC-3000シリーズ(SG-1000/SG-1000II)やオセロマルチビジョンとの互換性を維持しつつ、同時発色数、スプライト、スクロール機能などを強化したゲーム機である。接続端子はSC-3000シリーズにあったものの他に、マイカード専用スロットが追加された。

発色数などで任天堂ファミリーコンピュータ(ファミコン)を上回る仕様もあったが、ファミコンの爆発的な普及、サードパーティー制導入の遅れによるソフトラインナップの偏りにより、劣勢を覆すには至らなかった。しかし、ゲーム専門雑誌Beepでは大きくページを割いて取り扱われていて、「セガ人」と呼ばれるような熱狂的なマニア層を作り出した。

日本国外では外装を変更し「Sega Master System」の名称で販売された。

1987年10月にPCエンジンが発売されるまでほぼ唯一のファミコン対抗機だった[1]。発売から2年後の1987年10月にはFM音源と連射装置などを内蔵したマイナーチェンジ機のセガ・マスターシステムを発売。アメリカではシェアが10%程度で、ファミコンの日本国外版であるNintendo Entertainment System(NES)が市場の90%を占めてほとんど普及しなかった[2]。ヨーロッパではかなり健闘し、ほぼ二分するほどの普及を見せたが、市場が小さく[3][4]、世界シェアでは9.1%にとどまった[5]韓国ブラジルでも市場を開拓した[6]。SG-1000からのセガの8ビットゲーム機の1992年までの累計は780万台。日本を含む台湾、韓国、香港などのアジアで150万台、アメリカで180万台、ヨーロッパで350万台という内訳である[7]。一方、ファミコンは累計で6191万台を販売した。

当時セガの社長の中山隼雄は8ビット世代での敗因として、それまで家庭用ビジネスをしてきた任天堂と家庭用ビジネスをしてこなかったセガとの差、セガは業務用が主体で任天堂のように家庭用への絞り込むをしなかったこと、任天堂が独走して任天堂神話を確立したことを挙げている[7]

日本オリジナルの版権ものタイトルのゲームが何点かあったが、『あんみつ姫』『スケバン刑事』などはコントローラーの操作性の悪さも相まって、対象年齢とは裏腹に苛烈な難易度のゲームとなっている。

マークIIIと同性能のアーケード基板もあり、『ファンタジーゾーンII』などが逆移植された(後述)。セガ直営店などでは日本未発売の光線銃使用ソフト等が5種類遊べる筐体があった。中には、『北斗の拳』の日本国外版のタイトルである『ブラックベルト』が入っているのもあった。

仕様[編集]

本体付属のコントローラ
「ジョイパッド」
  • CPU: NEC uPD780C-1(Z80A相当品) 3.579545MHz
  • RAM: 8KiB
  • VRAM: 16KiB
    • 画像表示LSI(VDP)はTMS9918上位互換ヤマハ製315-5124
    • 画面表示 : 256 × 192ドット(8 × 8ドットのBGキャラクターが32 × 24)、BGキャラクターのパターン数は最大512
    • 色数 : BG面 64色中の16パレット、スプライト64色中の16パレット
    • スプライト : 8 × 8ドット、8 × 16ドット、最大64個、横1ラインに8個まで同時表示可能
    • ハードウェアスクロール機能あり
  • サウンド機能 315-5124に内蔵、SN76489PSG互換、矩形波3ch + ノイズ 1ch)
  • ジョイパッド接続端子2個、パッド2個付属
  • ポーズボタン 本体に設置、ゲーム一時停止 / 再開用
  • ROMカートリッジスロット、マイカードスロット各1個 マイカードスロットは3-Dグラス使用時の3-Dアダプタ接続にも使用
  • 拡張用スロット1個 外付けキーボードSK-1100、FM音源パック等の接続に使用
  • 映像出力 本体背面のRF端子よりRF出力の他に、DIN(8PIN)コネクタより別売のAVケーブルでビデオ出力が可能である。また公式には非対応であるがRGB信号が出力されている為、別途RGBケーブルを作成することによりRGB出力が可能となる(ただし信号が弱いためブースター回路が別途必要)。

使用可能ソフト[編集]

マークIIIではマークIII専用ソフトの他、SG-1000/SC-3000/オセロマルチビジョン用ソフトも使用可能である。ただしVDPの仕様の違いにより発色が大きく異なり、全体的に暗くくすんだ画面表示となる。

マークIII発売後、SG-1000/SC-3000/オセロマルチビジョン用ソフトは「全機種対応ソフト」と改称された。

マークIII専用ソフトの種類[編集]

マイカードマークIII[8]
マークIII専用ソフトを記録したマイカード。当初マークIIIのソフト供給はすべてマイカードマークIIIにて行われた。最後のマイカードマークIII作品はウッディポップ。パッケージのみゴールドカートリッジに似たもので、GOLD CARTRIDGEの表記がSEGA MYCARD MARK IIIになっており、容量表記はない。ゴールドカートリッジ時期に発売されたマイカード作品は他には存在しない。
ゴールドカートリッジ[9]
セガから発売された、容量1Mビット~4Mビットのカートリッジ。基本的にマークIII専用だが、例外として全機種対応ソフト「ロレッタの肖像」は1Mビットだったためゴールドカートリッジとして発売された。地色を金とし、データ容量数を強調したデザインの箱及びカートリッジラベルを特徴とする。カートリッジの色は当初は白、マスターシステム発売後にはSG-1000専用カートリッジの色と同じ黒色に変更された(スペースハリアー3Dの場合、カートリッジの色が白のまま)。
シルバーカートリッジ
唯一のサードパーティであるサリオから発売されたマークIII専用カートリッジ。ゴールドカートリッジに倣い地色を銀とし、データ容量数を強調したデザインの箱及びカートリッジラベルを特徴とする。マスターシステム発売後に登場したため、カートリッジの色は黒のみ。

主なゲーム[編集]

アーケードゲームのアレンジ移植[編集]

版権もの[編集]

パソコン版移植[編集]

オリジナル作品[編集]

周辺機器[編集]

3D-グラス(海外版)
テレコンパック[10]
AV出力端子に接続。映像・音声をUHFの電波で飛ばし、テレビとの接続がコードレスになる。
FMサウンドユニット[11]
拡張スロット・AV出力端子に接続する。日本版マスターシステムと同等のFM音源。本体の音源をFM音源と一緒に鳴らすとノイズが入るため、BGMをFM音源で鳴らすソフトでは、本体音源の使用は音声合成などに限られた。なお、マスターシステムにこの制約は無いが、対応ソフトはマークIIIに合わせて作られている。一部のマイカードマークIIIソフトにて操作に支障をきたす現象が確認され、その場合拡張端子からコネクタを外すよう対応を促すメッセージがマニュアル別紙にて同梱された。またマークIII本体のAV端子から出力されるRGB信号はサウンドユニット側においてはサポートされず、結果RGB出力が使えなくなる為にそれを克服させるRGBケーブルが同人ハード作家によって製作販売されたりもした。
ラピッドファイアユニット[12]
オート連射機能を付加する。コントローラーと本体の間に付けて使用する。
3-Dグラス[13]
マイカード端子につなぐ。「ザクソン3D」のソフトに標準で付属。

セガ・システムE[編集]

1986年にリリースされたマークIIIをベースとした業務用システム基板。マークIIIで使用されている音源内蔵VDP(315-5124)を2個搭載しており、BGレイヤー、表示可能スプライト数、PSGの同時発声数が2倍になっている。CPUもZ-80Bをクロック周波数8MHzで駆動させ強化されている。

主なタイトル[編集]

  • ハングオンJr.
  • アストロフラッシュ
  • ピタゴラスの謎
  • オパオパ
  • ファンタジーゾーンII(システム16Cリメイク版とは別物)
  • テトリス(システムE版)

脚注[編集]

  1. ^ 中田宏之『任天堂大戦略 マリオがトヨタを超える日!』JICC出版局、1990年、p.32
  2. ^ 大下英治『セガ・ゲームの王国』講談社、1993年、p.285
  3. ^ 大下英治『セガ・ゲームの王国』講談社、1993年、p.302
  4. ^ 内海一郎『任天堂ガリバー商法の秘密』日本文芸社、1991年、p.126
  5. ^ 逸見啓『任天堂・セガ』大月書店、1997年、p.45
  6. ^ 逸見啓『任天堂・セガ』大月書店、1997年、p.161
  7. ^ a b 大下英治『セガ・ゲームの王国』講談社、1993年、p.14
  8. ^ マイカードマークIII
  9. ^ ゴールドカートリッジ
  10. ^ テレコンパック
  11. ^ FMサウンドユニット
  12. ^ ラピッドファイアユニット
  13. ^ 3-Dグラス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]