4コマまんが王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

4コマまんが王国(4こままんがおうこく)とは、双葉社が発行していた主にテレビゲームを題材にしたパロディー・ギャグ4コマ漫画やショートコミック、同名の雑誌のレーベルで、双葉社アクションコミックスのシリーズである。略称は4コマ王国ファミコン王国ファミ4ファミ王など。

概要[編集]

スクウェア・エニックス4コママンガ劇場に次ぐ歴史を誇る。編集元はG.G.C.。質の高い数々の爆笑ネタや作家が誕生した。最盛期には任天堂のゲームを対象にしたものが多く出版されており、ゲームコミックレーベルの中でも高い人気を誇っていた。このレーベルをきっかけに頭角を現した作家は少なくない。

4コマまんが王国の刊行は2003年の『ロックマンX7 4コマまんが王国』が最後となった。最盛期を支えた作家の多くは光文社4コマギャグバトルといった他社のレーベルや一般の4コマ誌などに活躍の場を移している。現在双葉社が刊行しているゲームコミックは「4コマKINGDOM」がある。

沿革[編集]

1991-95年[編集]

  • 1991年に双葉社は「4コマまんが王国」をレーベルとして立ち上げる。これは月刊誌ではなく同名の単行本レーベルだった。この時期は佐々木亮が表紙を担当し、誌上の4コマ漫画でも活躍した。
  • 「4コマまんが王国」は人気を集め、1993年3月には一雑誌「月刊ファミコン4コマ王国」を創刊するまでになった。月刊ファミコン4コマ王国はさらに人気を集め1993年12月には4コマ漫画以外の短編漫画も扱う「コミック ファミコン王国」に改題し、ページ数増大及び値下げを行うまでに成長する。このことをきっかけにライバルの4コママンガ劇場のエニックスが月刊少年ギャグ王を創刊するきっかけとなる。
  • 1993年頃にはその後を支えることになる主力作家陣(佐々木亮中村里美まつやま登森田屋すひろ福原君など)の顔ぶれが揃う。
  • 1994年12月、「コミック ファミコン王国」が「コミック ゲーム王国」に改題。
  • この時期はスーパーマリオを扱った「スーパーマリオ 4コマまんが王国」がエニックスの「4コママンガ劇場」の「スーパーマリオ 4コママンガ劇場」と並ぶ知名度と人気を誇った。その他、「ゼルダの伝説」や「ファイヤーエムブレム」など任天堂系列のゲームタイトルにおいて「4コママンガ劇場」と人気を競った。原作ゲームのイメージを壊さない雰囲気のコミック化が中心だった「4コママンガ劇場」に対し、こちらは作家の個性を出したマンガを掲載する風潮があり、誌面は多くの作家が活発に作品を発表していた。
  • しかし、5・6・7巻では当時人気を集めていた中村里美森田屋すひろの二大作家が誌面をほぼ独占するという事態も起こった(特に6巻は、中村・森田屋二大作家のみの漫画しか掲載されていないというほどである)。
  • 任天堂のゲームソフト以外にも任天堂のゲーム機で発売されたゲームタイトルは積極的に4コマ漫画化されている。「ストリートファイターII 4コマまんが王国」はその典型である。ここでは、スーパーマリオのコミック系で活躍していた作家とは毛色の異なる作家が独自の地盤を固めて活躍していた。「ベガ父さん」ネタ等で人気を博した小林真文などはその筆頭である。
  • プレイステーションの発売後は(闘神伝鉄拳藤丸地獄変など)を題材にした4コマ漫画が幾つか出版されている。

1996-2000年[編集]

2001年以降[編集]

雑誌[編集]

月刊ファミコン4コマ王国(1993年3月号 - 1993年11月号)
1993年3月創刊。創刊号はスーパーマリオ特集。以後も各社のゲーム4コマを掲載。
コミック ファミコン王国(1993年12月号 - 1994年10月号)
1993年12月号より改題。サイズがA4判からB5判に縮小された。非4コマの短編も掲載されるようになったことに伴う。
コミック ゲーム王国(1994年12月号 - 1996年8月号)
発行ペースが隔月となった。プレイステーション用のソフトも取り扱う。

読者コーナー[編集]

  • 王立ファミ4アリーナ(1993年3月号 - 1993年11月号)
  • 王立ファミ王アリーナ(1993年12月号 - 1994年10月号)
  • スーパー王立アリーナ(1994年12月号 - 1996年8月号)

登場キャラクター[編集]

  • アンナ姫
  • リ・ラスィ
竪琴を持った、吟遊詩人のような王宮魔導師。
  • エウレカ
カブのような姿のキャラクター。
  • つっこみ太郎ダッシュターボプラス(1994年5月号以降)
「新キャラ募集!」のコーナーで、読者投稿から選ばれたキャラクター。

スタッフ[編集]

構成:きくたけ(1994年5月号以降は監修)
イラスト:みやすみ(宮須弥)

4コマ投稿コーナー[編集]

  • ファミ4バトルロイヤル(1993年6月号 - 1993年11月号)
選考人:中島一基竹薮ヤケ太
  • ファミ王バトルロイヤル(1993年12月号 - 1994年5月号)
選考人:中島一基・竹薮ヤケ太
  • ファミ王投稿4コマバトルロイヤル(1994年6月号 - 1994年10月号)
選考人:中島一基・小我
  • 投稿4コマバトルロイヤル(1994年12月号 - 1996年8月号)
選考人:中島一基・小我

その他[編集]

ゲーム王国となる以前は、ゲームの漫画のほかに、クレヨンしんちゃんが掲載されることがあった。

主なラインナップ[編集]

無番は全て1巻のみ出版されている。

1991-97年[編集]

1998-2000年[編集]

2001年以降[編集]

4コマ戦線[編集]

カプよん[編集]

主な作家陣[編集]

年数は本誌で執筆していたおおよその時期であり、完全に正確なものではないので注意すること。

1991-95年[編集]

1996-2000年[編集]

2001年以降[編集]

外部リンク[編集]