トレジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社トレジャー
TREASURE Co.,Ltd
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:164-0011
東京都中野区中央1-1-1
設立 1992年6月19日
業種 サービス業
事業内容 アーケードゲーム・家庭用ゲームソフトの企画、開発
代表者 前川正人(代表取締役社長)
資本金 3,000万円
関係する人物 井内ひろし(元社員)
鈴木泰士(元社員)
外部リンク http://www.treasure-inc.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社トレジャー(TREASURE Co.,Ltd)は、アーケードゲームコンシューマーゲーム等を開発している日本のゲームメーカー。

概要[編集]

コナミスーパーファミコン用ゲーム『魂斗羅スピリッツ』を製作していたメンバーにより設立された。第1作目の『ガンスターヒーローズ』がメガドライブ専門誌で取り上げられた際に知れ渡り、その出来も前評判に違わなかったため、当時のセガハードのファン、いわゆる「メガドライバー」の間で一定の評価を得る。

翌年に発表した『幽☆遊☆白書 魔強統一戦』は、当時全盛期だった『ストリートファイターII』に全く囚われない新しい操作性とゲーム性を開拓した対戦型格闘ゲームだった。

その後、メインプラットフォームをセガサターンに移し、上記の2つの性質を融合させた『ガーディアンヒーローズ』を開発し、ユーザーから「セガハードにトレジャーあり」との評価を確固たるものとした。一方で同時期にはNINTENDO64などでもハードが持つ性能・機能を十分に生かしたゲームを制作しており、セガがハード事業から撤退して以降は、より様々なハードでゲームを発売している。

アーケードゲーム市場には『レイディアントシルバーガン』で参入し、シューティングゲームのメーカーとしても注目され始め、特に『斑鳩』は世界的に有名な作品となっている。『グラディウス』シリーズの正当な続編である『グラディウスV』の制作にも携わっている。

2008年現在では過去作品のリメイクの一方、原作が存在するいわゆるキャラクターゲームを多数制作している。デベロッパーとして、他社の下請けを担うスタイルが主流となっている。

主なゲーム[編集]

名前の後に「*」がついているものはWiiバーチャルコンソールで購入可能。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]