ドッスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドッスン (Thwomp) は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに出てくる架空のキャラクター。

概要[編集]

スーパーマリオブラザーズ3』から登場。全身がで出来た化け物で、直方体の本体にトゲ状の突起物が付いている。灰色を基調とした色をしている事が多い。普段は天井付近でじっとしているが、マリオなどが近づくと急降下してきて押し潰そうとする。潰されると勿論ダメージを受ける他、体の表面にあるトゲに触れてもダメージを受けてしまう。

スーパーマリオ64』以降の作品では、立方体の形状かつ青い色をした新たなデザインに変わり、同時に表面のトゲも無くなった為、側面に触れてもダメージは受けなくなり、また上に乗ることも可能となった。近年では再びトゲのあるデザインに戻っているが、3D系のマリオシリーズではやはり触れてもダメージは無い。なお、『スーパーマリオギャラクシー』『スーパーマリオギャラクシー2』では押し潰されると即ミスとなる(ただし同作品ではドッスンに限らず、他の敵や障害物に潰されても即ミスとなる)。

マリオ&ルイージRPG2』では、四角いタイプのドッスンが集まってできた火山、ドッスン・ボルケーノが出てくる。この山にはかつて旧オヤ・マー研究所があった。内部には、ドッスン兄弟などがいる。

マリオカートシリーズ』では全作において障害物として登場。主にクッパ城をモチーフにしたステージに登場し、触れてもスピン等はしないが、上から押し潰されるとしばらくカートの性能が落ち大幅なタイムロスとなる。64版のみ青いものであり、表面から当たってもスピンする。SFC版・3DS版では触れるだけでスピンするスーパードッスンや、GBA版・3DS版では落ちる位置が変わる種も存在する。

マリオパーティ3』ではおたすけキャラの一員となり、初めてマリオ達の味方になる。給料は1ターン4コインと割高だが、他のおたすけキャラに遭遇すると押し潰して一撃で倒してくれる。その他の『マリオパーティシリーズ』にもよく登場する。同じ石仲間であるバッタンとは仲がいいらしい。喋る時は語尾に「~どす」を付ける。

大乱闘スマッシュブラザーズDX』、『大乱闘スマッシュブラザーズX』、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』では、カービィの下必殺技「ストーン」の変身パターンのひとつとして登場。このとき変身するのは『DX』『X』は『スーパーマリオ64』の時の姿だが、DXのフィギュアではトゲがあるタイプのデザインとなっている。『for』は『スーパーマリオギャラクシー』の時の姿である。

マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック』では、ドリームフィギュアスケートの障害物として登場し、アドベンチャーツアーズで不機嫌だったため、道を通せんぼしていたがピーチの優しさにより、機嫌を直し、通してくれた。

バリエーション[編集]

横ドッスン
横方向に動くドッスン。
ななめドッスン
斜め方向に動くドッスン。

派生型[編集]

特記無きものはドッスンと性質は変わらない。

コトン
小型のドッスン。名前の由来は落下時の「コトン」という音から。放物線を描くように左右に軽快にジャンプしている。『スーパーマリオワールド』などに登場する。
ドンカク
全身を包帯で覆面したドッスンの一種。各面は完全に平面である。『スーパーマリオ64』や『マリオパーティ2』のミニゲーム「パンチでアタック」などに登場する。
ドングル
体の形状は六角柱。足場を転がって、押し潰そうとする。『スーパーマリオ64』などに登場する。
メカドッスン
機械でできたドッスン。『ペーパーマリオRPG』ではメガバッテンのアジトでクイズを出題する。
エアドッスン
立方体風船のドッスン。色は青色で半透明になっている。『マリオパーティ4』のミニゲーム「エアドッスン」に登場し、このエアドッスンの上にプレイヤーが乗り、ヒップドロップで空気を抜かれる。
一つ目ドッスン
ゼルダの伝説 夢をみる島』や『ゼルダの伝説 ふしぎの木の実』に登場する、ドッスンの一種。
通常のドッスンと異なり、上に乗ることができる。
オシン
夢をみる島に登場する、ドッスンの一種。通路に詰まっているが、などを持って乗ると、下へ下がっていく。
ドシン
夢をみる島に登場する、ドッスンの一種。通路に詰まっているが、体当たりすると、下へ落ちていく。
ドドン
スーパーマリオランド3 ワリオランド』に登場する敵で、ドッスンと同じ習性を持つ無敵キャラ。それ以外にドッスンとのつながりは無い。本家ほど手強くは無いがなぜか頭の上に乗れる。
スーパードッスン
スーパーマリオカート』のレインボーロードで登場する光るドッスン。他のマリオカートのドッスンと違い、無敵以外の状態で当たるとスピンする。『マリオカート7』のSFCレインボーロードにも登場、着地の衝撃で周囲の道路を揺らす。
大ドッスン(でかドッスン)
New スーパーマリオブラザーズ』、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』、『スーパーマリオギャラクシー2』に出てくる大きなドッスン。性質はドッスンと同じだが落下時に下のブロックを壊すほどの破壊力がある。
『スーパーマリオギャラクシー2』に出てくるものは、他の巨大化した敵同様に、でっかでっかギャラクシーに登場する。
オニマスドン
スーパーマリオギャラクシー』などに登場する。『スーパーマリオ64』に登場した「オニマスクン」がドッスンのような容姿になったもの。転がってマリオを押し潰そうとしてくる。立方体で一面だけ空洞になっており、そこが下にくる位置が安全地帯となる。ただし、空洞の面が下に来る時に端の位置にいると、潰されることがある。敵の動きが速くなるクイックモードで出現する機会が多い。
ヅッツン
マリオ&ルイージRPG3!!!』に登場。風邪をひいているドッスン。熱を冷ますため頭に氷のうのようなモンスターを乗せており、それを吸い込むと、熱を下げられなくなってダメージを受ける。クッパに風邪をうつしてくることもある。
ドッスン(ダークボコスカ)
『マリオ&ルイージRPG3!!!』で登場。ラストボス、ダーククッパの必殺技「ダークボコスカ」で登場するクッパ軍団を模した暗黒モンスター。オリジナル同様空中で待機し、クッパが近づくと急降下攻撃を仕掛ける。
しっぽドッスン
スーパーマリオ 3Dランド』に登場。タヌキのしっぽが生えたドッスン。同じ位置で上下を繰り返す通常のドッスンと違い、しっぽを振って前後に移動する。
?(名称不明)
スーパープリンセスピーチ』に登場。背景一面に出現する、顔だけで全身が収まり切れないほど超巨大なドッスン。3つある部屋を監視しており、定期的にこちらを見張ってくる。見張っている間にそれぞれの部屋にある石像と同じアクションを取りながら進まなければならない。アクションが間に合わなかったり、アクションの途中で違う行動をしてしまうと見つかってしまい、不思議な魔力で最初の入り口まで戻されてしまう。現在のところ名称は不明である。

近種[編集]

ゴロボー
マリオ&ルイージRPG2』の過去のドッスン・ボルケーノのボス。女性。ドッスン・ボルケーノが噴火するのが楽しみだった彼女の夫(ドッスン)がマリオ達に溶岩を消火されてしまい、ショックを受けた事から、ゴロボーが激怒し、バトルする。HPが0になると、4体に小さく分かれる。そのうちの一体が、ゴロボーの真の姿(それ以外は、小さなクリボー)。
クルンパ
スーパーマリオギャラクシー2』に登場。ドッスンに似た顔がついた、四角いパネルの敵。溶岩などの上に浮いており、足場として利用することができるが、一定時間ごとに回転してマリオ(ルイージ)を振り落とそうとしてくる。

登場作品[編集]

関連項目[編集]