マリオvs.ドンキーコング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオシリーズ > マリオvs.ドンキーコング
ドンキーコングシリーズ > マリオvs.ドンキーコング
マリオvs.ドンキーコング
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ゲームボーイアドバンス
開発元 Nintendo Software Technology
発売元 任天堂
人数 1人
メディア ロムカートリッジ
発売日 2004年6月10日
売上本数 約18.1万本
テンプレートを表示

マリオvs.ドンキーコング』(マリオ ブイエス ドンキーコング)は2004年6月10日任天堂よりゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売されたパズルゲーム、またはそれ以降発売されたシリーズの名称である。開発元はニンテンドーソフトウェアテクノロジー

1994年に発売されたゲームボーイ版ドンキーコング(以下『GB版』)の続編となる。カードeリーダー+対応。

概要[編集]

2代目ドンキーコングの生誕10周年作品。アーケード版『ドンキーコング』でデビューしたマリオが当時のアクションを使う、マリオの原点回帰とも呼べる作品である。システムはGB版を引き継いでいるが、画面がカラーになった事から、色に関連した仕掛けが追加されている。

2代目ドンキーとマリオの間に直接の因縁は無い為、対決理由は「ドンキーが盗んだミニマリオを取り返す」とされた。このため、ポリーンは登場しない。

後にシリーズ化されており(ドンキーコングシリーズ#マリオvs.ドンキーコング参照)、それぞれクリア条件などルールが異なるものとなっている。

8月10日の値下げ以前にニンテンドー3DSを購入した人対象のお詫びである「アンバサダー・プログラム」にてバーチャルコンソールの配信が2011年12月16日に開始された。

ゲームシステム[編集]

基本的にGB版を踏襲しているが、マップ画面は廃止され、ワールド毎に分けられたフォルダの中からステージを選択する方式に改められた。勿論、クリアしていないステージより先のステージは選べない。

ステージ構成[編集]

ステージの区分はGB版より更に複雑になり、通常ステージ6面+mm(ミニマリオ)ステージ1面+DK(ドンキー)ステージ1面の8面が1ワールド(レベルから改称)とされた。これにより各ワールドのステージ数が統一されている。

通常ステージ[編集]

通常ステージは中で更に2面に分かれており、前半はGB版同様鍵を見つけて扉を開ける、後半はミニマリオが閉じ込められたカプセルを見つけて割るといった内容になっている。また、後半では前半の残りタイムが引き継がれる。後半でやられた場合は、後半面からの再開となるが、残りタイムやポイントは引き継がれなくなってしまう。

通常ステージに点在するプレゼント箱を全て集めると、クリア後にミニゲームが始まる。内容は、欲しいプレゼントをドンキーに潰されないよう位置を入れ替えるものと、高速で動くカーソルと欲しいプレゼントが重なるようタイミングよくボタンを押すものの二種類ある。最大5up出来るが、ハズレ(ドンキー)もある。

ミニマリオ(mm)ステージ[編集]

mmステージは、それまでに見つけたミニマリオ6体を連れ歩き、おもちゃ箱まで誘導する。ステージ中に散らばった「T」「O」「Y」のパネルを集めないとおもちゃ箱を開ける事はできない。また、このパネルはマリオ自身が集める事はできず、ミニマリオを上手く誘導して集めさせる必要がある。パネルを全て集めた状態でおもちゃ箱まで連れて行くとミニマリオが独りでに箱の中に入る。おもちゃ箱を持ち上げた時点でクリア(連れて来たミニマリオを全て入れなくてもクリアできる)。ここでは、マリオがやられるだけでなく、ミニマリオが全滅してもミスとなる。ここで最後まで残ったミニマリオの数がそのままDKステージでのマリオの体力となる。

ドンキー(DK)ステージ[編集]

DKステージはmmステージクリア後直に始まる。GB版の時と違い、爆風に巻き込む、木の実を落とすなどの攻撃方法を使わなければならない事もある。DKステージ単独で遊ぶ事も出来るが、その際は体力が4となり、引継ぎのポイントも無くなる。

また、最後にはドンキーからキノピオを助け出すという特別ステージがある。このステージでは何をしてもポイントは入らない(スコア表示とポーズしたときのハイスコア表示はあるが、それに0以外の数字が表示されることはない)。

エキスパート[編集]

ワールド6まで攻略し、前述の特別ステージをクリアすると、続いて2周目「エキスパート」に突入する。今度は各ステージでミニマリオを連れ歩く事になり、ミニマリオが持った鍵でドアを開ける。マリオ及びミニマリオしか通れない道等も存在し、ミニマリオがやられてもその時点で失格となる為、お互いがやられないよう慎重な操作を求められるステージも多い。後半面、mmステージは存在しない。

DKステージは、1周目とほぼ同じステージで戦う。但し、ドンキーや仕掛けの攻撃が激しくなっている。最後は、ロボットに乗ったドンキーと戦う特別ステージがある(1周目と同じくここでは何をしてもポイントが入らない)。これに勝つと本編はクリアとなる。

チャレンジステージ[編集]

本編の各ステージには、あらかじめ設定されたポイントがあり、それを上回る得点を出せばスターが貰える。このスターを一定数集める毎に1つずつ、計12の「チャレンジステージ」が現れる。形態は本編1周目の通常ステージ前半面と変わらないが、レベルはやや高い。尚、残機数は本編と連動している。

また、カードeリーダー+には一応対応しているものの、結果的に対応するカードe+は販売されず、一部雑誌向けの景品として作られた物が数種類存在するのみとなっている。やはり、本編1周目の通常ステージの形態だが、ステージ名が存在する点、残機数が無限である点、ステージの難易度が事前に表示される点など、他とは大きく異なる。

登場キャラクター[編集]

メインキャラクター[編集]

マリオ
主人公。GB版で披露した「逆立ち」「大車輪」「バックフリップ」等といった多彩なアクションを見せる。「オモチャこうじょう」にドンキーコングが現れ、ミニマリオを盗まれたと騒ぎを聞きつけ、ドンキーを追い掛ける。
ドンキーコング
本作では悪役として登場する。ミニマリオをテレビCMで知り、オモチャ屋へ急ぐが品切れ。そこで、ミニマリオの発売元である「オモチャこうじょう」を襲い、ミニマリオを数体強奪する。性格は普段よりかなり幼く描かれており、ラストではマリオにミニマリオを奪い返された事で悔し泣きしているが彼に同情したマリオからミニマリオをもらい和解した。
ミニマリオ
マリオを模した「アクションフィギュア」。歩いたり喋ったりする。青いカプセルに収納されており、割る事で自由に動き回る。
エキスパートステージでは扉を開けるための小さな鍵を持っているため、マリオはステージの何処かにいるミニマリオと合流し、やられないよう誘導しながら扉まで目指す事になる。耐久性が低く、上から敵キャラに乗ろうとしてもやられてしまう。ジャンプ力はブロック一個分で、ハシゴやロープを乗り降りしたりスイッチを押したりする事はできない。また、画面外に出ると迷子になりそのまま動けなくなってしまう。
キノピオ
「オモチャこうじょう」に勤める赤・青・黄の三色のキノピオが登場する。ミニマリオを全て落としたドンキーを嘲笑した事でさらわれてしまい、ワールドの特別ステージでは三色の箱に閉じ込められたキノピオ達を助ける事となる。全て助けると、ドンキーを倒す為の巨大なタルを運んで来てくれ、最後はとどめも刺してくれる。

敵キャラクター[編集]

括弧内は倒した時に得られる点数(倒せないもの・倒せるが無得点のものはハイフンで表記)。ステージに登場する敵キャラクターの種類はワールド毎に異なるが、中には複数のワールドに共通して登場するものもいる。

ワールド1[編集]

カタカタヘイホー(300点)
ヘイホーを模したゼンマイ仕掛けのオモチャの敵キャラ。動きも遅く、これといった攻撃もして来ない典型的な雑魚キャラ。持ち上げたり投げたりできる。マリオがハンマーを持つと動きが一時的に速くなる。
オイル缶(300点)
ドンキーコング及びGB版にも登場した火の点いたオイル缶の敵キャラ。上下を移動しており、ハンマーで倒せる。
火の玉(300点)
バブルに似た火の玉の敵キャラ。同じくハンマーで倒せるが、上に乗る事ができない。
スパーキー(-)
ワイヤーに一定間隔で走る電流。もちろん触れたら感電してミスとなる。敵キャラと言うより障害物に近い。
バケツマン(300点)
バケツに擬態した敵キャラ。普段は動かないが、マリオが上に乗ると歩き出す。持ち上げる事はできないが、他の敵キャラをぶつけて倒す事はできる。一見無害にも見えるが、歩いている状態で横から触れるとミスとなる。
ブロックン(-)
ブロックに身を包んだ敵キャラ。一定間隔で大量のブロックを落として来る。本体は壁に囲まれているため、倒す事はできない。

ワールド2[編集]

ラムラム(300点)
ジャングルに住むサイ。挙動はカタカタヘイホーと同じ。
たねパックン(-)
パックンフラワーの亜種。口から種を吐いて攻撃する。倒す事はできない。
モンキッキ(-)
シンバルを鳴らすサルのオモチャをモチーフとした敵キャラ。長い尻尾を垂らしており、マリオはこれに捕まり移動する事ができる。片手で通常のロープに捕まった状態で尻尾を掴むと動きを止める事ができる。一見無害にも見えるが、本体に横から触れるとミスとなる。
バード(-)
お椀型の巣から出て来て左右を往復しながら下降する黄色い鳥。マリオの頭上に着くとタマゴを落として来る。タマゴは逆立ちで跳ね返す事ができる。倒す事はできない。
かみつきワニ(500点)
ワニを模したオモチャの敵キャラ。時々ロープを使って移動する。上から触れてもミスとなるため、倒すにはフルーツを落としてぶつけなければならない。DKステージにも登場する。

ワールド3[編集]

カタカタかえんヘイホー(300点)
火炎放射器を装備した青いカタカタヘイホー。時々火炎放射器で攻撃して来るが、リーチは非常に短い。
カタカタハックン(-)
ハックンを模したオモチャの敵キャラ。同じ場所を飛び跳ねている。横から触れてもミスにはならないが、下から踏み付けられるとミスとなる。
クラッシャー(-)
上からマリオを押し潰そうとするブロック。上に乗って移動する事もできるが、逆に天井に押し潰されないよう注意。
ファイヤーバード(-)
バードの上位種。全身が炎に包まれており、落として来るタマゴも火の玉となっており、逆立ちで応酬する事ができない。また、巣も炎で出来ており、こちらも触るとミスとなる(バードの巣はお椀型に対し、こちらは巣の形はドーナツ型になっている)。
バブル(-)
マリオシリーズおなじみの火の玉。一定間隔でマグマから飛び出して来る。

ワールド4[編集]

ゆーれいヘイホー(-)
赤・青・黄の三色登場する。普段は左右を往復で移動しているが、押されたスイッチの色に応じてブロックに変化する。DKステージにも登場する。
ドッスン(-)
マリオシリーズおなじみの石のお化け。マリオが近付くと勢い良く落ちて来る。
コトン(-)
スーパーマリオワールドから登場した小型のドッスン。二点間を放物線を描くように跳び続けている。
テッカメン(-)
大きな盾を持った敵キャラ。触れてもミスにならないが、マリオを見つけると突進して盾で押し潰そうとして来る。これを利用して狭い隙間も潜れる事ができる。
テレサ(-)
マリオシリーズおなじみの恥ずかしがり屋のお化け。マリオと目を合わせている間は動かないが、背中を向けていると近付いてくる。マリオがやられると大きくなり、アカンベーをする。意外とかなり厄介。
ろうそく(300点)
蝋燭のお化け。挙動はオイル缶と同じ。

ワールド5[編集]

カタカタヤリホー(300点)
槍を持った紫のカタカタヘイホー。普段は眠っているが、マリオを見つけると突然突進して来る。ハンマーで倒す事ができるが、上に乗る事ができない。
ボム兵(-)
マリオシリーズおなじみの爆弾の敵キャラ。砲台から一体ずつ飛び出した後左右を歩いているが、マリオが近付くと赤く点滅し、数秒経つと爆発する。この爆風を利用して特定のブロックを破壊する事ができる。DKステージには紫のものが登場し、こちらはマリオが近付かなくても決まったタイミングで爆発する。
こうもり(-)
動きはバード、ファイヤーバードと同じだがタマゴは落とさない。触れてもミスにはならないが、マリオの首に咬み付いてそのまま落下させようとする。そのため、下にトゲ等の障害物があったりロープの位置が高かったりする時は注意が必要。高度に関係なく落下時は無条件で気絶となる。
鉄球(-)
一定間隔で砲台から発射される。砲台は一発発射する度に向きを45度ずつ変える。敵キャラと言うより障害物に近い。
たねパックン(再登場)
モンキッキ(再登場)

ワールド6[編集]

カタカタスパナヘイホー(500点)
黒いカタカタヘイホー。マリオを見つけるとスパナを投げて攻撃して来る。
ロボキッキ(-)
モンキッキと同じく長い尻尾を垂らしたロボット。こちらは移動速度がやや速い。
スパーキー(再登場)
バケツマン(再登場)
ブロックン(再登場)
テッカメン(再登場)
ボム兵(再登場)

ステージ[編集]

ノーマルステージ[編集]

ワールド1「オモチャこうじょう」[編集]

ミニマリオを製造している工場。基本的な操作やテクニックの大部分はここで習得できる。難易度は低めで、それほど高度な思考を求められるパズル要素も少ない。

DKステージ
上中央の台座にいるドンキーが三色のスイッチをランダムで押したり障害物を落として来たりする。スイッチの色に応じた足場やバケツが出現するため、バケツを持って上まで辿りドンキーにぶつけて攻撃して倒す。

ワールド2「ドンキージャングル」[編集]

木々の生い茂ったジャングル。ロープや鉄棒が多く、敵を利用して障害物を乗り越えるステージが多い。

DKステージ
画面下にいるドンキーが左右に動く台に乗りながらかみつきワニをけしかけて来る。ドンキーの動きを読みつつ、ロープに実る果物を落とし攻撃して倒す。

ワールド3「ファイヤーマウンテン」[編集]

火山のステージ。クラッシャーや時間が経つと上昇するマグマ等危険なトラップが多い。

DKステージ
ドンキーが中央の台座からタル又はマグマブロックを投げて攻撃して来る。タルは縦に転がっている時は地面に着いた時に自動的に安置されるが、横に転がっている時はそのまま画面外へ落ちて行くので、投げ返したい時は逆立ちを利用するとよい。時々真下にタルを投げて来る事がある。

ワールド4「おばけやしき」[編集]

ゆーれいヘイホーやドッスン、テレサ等が棲むお化け屋敷。

DKステージ
ドンキーが押したスイッチと同じ色のゆーれいヘイホーがカタカタヘイホーに変わるため、持ち上げてドンキーにぶつけて攻撃する。

ワールド5「しんぴのもり」[編集]

鬱蒼とした夜の森林。ベルトコンベアーが多く、カタカタヤリホーやボム兵、こうもり達が行く手を阻む。

DKステージ
足場がベルトコンベアーになっており、ドンキーが中央の台座からボム兵を投げて攻撃して来る。また、頻繁にベルトコンベアーの向きを切り替えたりする。爆発しないうちにボム兵をドンキーに投げ返して攻撃して倒す。

ワールド6「トワイライトシティー」[編集]

夜の都会のステージ。リフトやトゲが多く、カラーレーザーが厄介となる。

DKステージ
ドンキーが投げたボム兵を、ベルトコンベアーの切り替えスイッチを操作し上手くドンキーの所まで誘導し攻撃する。2つの切り替えスイッチにはカラーレーザーが走っているため、注意が必要。

VS.ドンキーコング[編集]

ドンキーに誘拐され色のついた箱に監禁されたキノピオを先に救出しなければならない。ドンキーはトゲの付いたタルと巨大なタルを転がして来る(巨大なタルはバックフリップでかわす事ができる)。タルは二種類とも突然転がる方向を変える事もあるので要注意。ドンキーが押したスイッチと同じ色のカギが出現し、そのカギで同じ色の箱のキノピオを助ける事ができる。3体とも助けた後、しばらくすると運んで来てくれる巨大なタルをドンキーに3回ぶつければクリア。

エキスパートステージ[編集]

ノーマルステージを全てクリアすると出現する。ストーリー上、ノーマルで巡って来たステージをもう一周する形となるが、ミニマリオを連れてゴールを目指す等ゲームルールが大幅に変わっている上難易度も上がっている。

ワールド1+「オモチャこうじょう+」[編集]

ノーマルとは異なり、工場内を冒険する。

DKステージ
ノーマルと同様色のついたスイッチとバケツが登場する。

ワールド2+「ドンキージャングル+」[編集]

崩れる足場が多く登場する。

DKステージ
ロープから果物を落としてドンキーを倒す形式はノーマルと同様だが、足場にはトゲ(落ちると一発でミス)もあるため注意が必要。

ワールド3+「ファイヤーマウンテン+」[編集]

ノーマルと比べてマグマが出て来る割合は少ないが、より高度なパズル要素を含んだステージも存在する。

DKステージ
衝撃を与えると崩れる足場で敷き詰められたステージ。下のマグマに落ちるかクラッシャーに潰されると一発でミスとなる。

ワールド4+「おばけやしき+」[編集]

ドッスンやトゲにミニマリオがやられないよう注意を払った操作が求められる。ノーマルに登場したテッカメンとろうそくは登場しない。

DKステージ
ノーマルと同様、カタカタヘイホーに変わるゆーれいヘイホーをぶつけて倒す。落ちて来るトゲに当たると一発でミス。

ワールド5+「しんぴのもり+」[編集]

ノーマルと同じく砲台やボム兵、こうもり等トラップが豊富。

DKステージ
地面のトゲに注意しつつ、ベルトコンベアーを乗り越えてボム兵を投げ返す。

ワールド6+「トワイライトシティー+」[編集]

トゲやカラーレーザーが大量に設置されている為、ミニマリオは慎重に誘導するだけでなく、合流するタイミングもよく考える必要がある。

DKステージ
カラーレーザーの本数を除けばノーマルとこれといった違いはない。

VS.ドンキーコング+[編集]

巨大ロボットに乗り込んだドンキーと戦う。6体のミニマリオが捕まっており、タルで一回攻撃する毎に1体救出される。全て救出してからもう一度攻撃を与えるとクリアとなる。二本のアームでマリオを潰したり、地面を叩いて振動を起こしたり、障害物やタルを降らして来たりする。

ドンキーコング プラス[編集]

任天堂は2002年E3において、GB版ドンキーコングの発展作「Donkey Kong +」(ドンキーコング プラス)を発表したが、発売には至らなかった。この作品はゲームボーイアドバンスとニンテンドーゲームキューブを連動させて好みの面を作れ、自作した面はゲームキューブ用メモリーカードに記録できるという物で、続編『マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進!』(ニンテンドーDS)ではこの要素がステージエディットとして活かされた。

関連項目[編集]

  • 中植茂久 - 本作のパッケージイラスト・ミニマリオのデザインを担当。

外部リンク[編集]