ワンワン (ゲームキャラクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオシリーズ > キャラクター > ワンワン (ゲームキャラクター)

ワンワン (Chomp) は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに出てくる架空のキャラクター。

概要[編集]

マリオシリーズに登場するワンワンの体は球体で、基本的に鉄製である。基本色は黒。その一部をくし型に切り取ったような大きな口には真っ白な歯が並んでいる。『スーパーマリオブラザーズ3』(1988年)から登場しているが、体の大きさは作品によって40cm~2.5mと未だに変動が激しいが、作品によっては成長することが判明しているため「不自然ではない」という考え方もある。

名前も示す通り、性質はに近い。あまりにも凶暴なため、昔はクッパによって魔法の鎖で封印されていたが、近年では解放されている事も多い。『スーパーマリオブラザーズ3』では、長時間放置していると鎖が壊れ飛びかってくる。攻撃方法は、体当たりと噛み付き(プレイヤーキャラクターが攻撃の届く範囲まで接近すると突然噛み付いてくる場合がほとんど)だが、作品によってはプレスなどが追加されていることもある。

スーパーマリオRPG』は、クッパの武器としても登場(もちろん敵としても)。同作品ではワンワンの抜け殻がクッパの武器として登場しており、脱皮する事が分かっている。また同作品で「電撃に弱い」ということが判明した。『ゼルダの伝説 夢をみる島』ではペットとして飼われている。『スーパーマリオギャラクシー』ではマリオが近づいても喰いつこうとせず、ほぼ敵キャラというよりも障害物と化していて、鎖につながれていない所為もあるのか、その丸い体を活かしステージ上を転がっている。

マリオパーティ3』では「おたすけキャラ」で登場し、給料が6コインと高額なだけに、ライバルチーム全員に攻撃できるという特殊能力を持っており、防御力も若干高かった。『マリオパーティ4』ではスターの位置を変えるアイテム「ワンワンホイッスル」を使うと登場し、『マリオパーティ5』へ登場した際は、「ワンワンカプセル」で登場し、他のキャラからスターコインを奪う役として登場。その後、『マリオパーティ6, 7』にも登場し、一定のマップでコインの数に応じた分、サイコロを叩かせ、出た数の分を進み、すれ違ったキャラからスターを強奪するという、ゲームの勝敗の鍵を握る重要なキャラとして登場した。これらの作品では、ミニゲームにも姿を見せている(『マリオパーティ5』の「ギリギリワンワン」や『マリオパーティ6』の「ワンワンレース」など)。

マリオカートシリーズ』では、コース上の障害物として走行するプレイヤーを体当たりで攻撃するお邪魔キャラクターとして登場。『64』と『DS』では鎖に繋がれていないものが、『Wii』の「マリオサーキット」では鎖に繋がれたものがいる。『ダブルダッシュ!!』ではルイージサーキットやマリオサーキットでお邪魔キャラとして登場し、さらにベビィマリオとベビィルイージのスペシャルアイテムとして登場と出番が比較的多い。アイテムの「ワンワン」を使うとライバルやクッパ城の障害物「ドッスン」、さらにルイージサーキットやマリオサーキットに出るワンワンも弾き飛ばしながら、高速でコースに沿ってプレイヤーを引っぱって行く。ちなみに『DS』以降でこの能力を持つアイテムは「キラー」となっている。

マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック』ではドリームアルペンの障害物として登場し、アドベンチャーツアーズでは、クッパの命令でマリオとソニック達を追い払うため、ワリオの前に立ちはだかる。

派生したキャラクター[編集]

ワンワン岩
スーパーマリオ ヨッシーアイランド』に登場。ワンワンの形をした。転がす事で、足場として使ったり、敵を倒したりできる。稀にバットくんボール代わりに打ち出してくる事もある。
後に『マリオ&ルイージRPG2』でも同じものが登場するが、こちらはマリオが好きに転がすことはできず、ゲームの進行に合わせてヨッシーが転がすのみである。
ビッグワンワン
『ヨッシーアイランド』・『スーパープリンセスピーチ』に登場。巨大なワンワン。『ヨッシーアイランド』では画面左側から突如高速で襲ってくる。歯が硬い部分に当たると歯にひびが入り、涙を流して勝手に落下していく。倒せない。
『スーパープリンセスピーチ』では画面右側から登場する。地形のくぼみなどを利用してかわす必要がある。
ワンワンドスン
『ヨッシーアイランド』に登場。背景の奥から突如こちらに向かって飛んできて、地面を破壊しながら落下してくる。これが出てくる地帯には標識のようなものがある。
バウンドワンワン
ヨッシーアイランドDS』に登場。名前の通り、バウンドしているワンワン。
キャンキャン
スーパーマリオサンシャイン』に登場する、ワンワンに似た中型のキャラ。ワンワンの子供という設定となっている。形は砲弾型で、キラーに近い形状をしている。また、尻尾は伸ばす事ができ、離すと前へ飛んでいくという性質を持つ。モンテの村で放し飼いになっている模様。同じ名前のキャラが『ゼルダの伝説 夢をみる島』にも登場している。
『マリオ&ルイージRPG2』でブラザーアイテム「ポケットワンワン」を使ったとき、ワンワンの代わりに稀にキャンキャンが登場することがある。
ちびワンワン
スーパーマリオギャラクシー』に登場する一回りも二回りも小さいワンワン。小さいので、よけるのは比較的楽。
ゴールドワンワン
『スーパーマリオギャラクシー』に登場する金色のワンワン。パワースターを隠し持っている。
サーチワンワン
スーパーマリオギャラクシー2』に登場する銀色のワンワン。マリオを追うように転がる。
シャンデリワン
スーパーマリオRPG』に登場。クッパ城のシャンデリアを支えているワンワン。ピーチには「鎖」と言われていた。後にシャンデリホーと交代する。
トゲワンワン
『スーパーマリオRPG』に登場。トゲの生えたワンワン。クッパの武器として登場した。
ワン・ツー
『スーパーマリオRPG』に登場。スーパーマリオRPGに登場した、ワンワンの上級種。金色の体をしたワンワン。ワンワンと同じく電撃に弱い。
ストーンワンワン
マリオストーリー』に登場。体が岩で出来たワンワン。防御力が通常のワンワンよりも劣る。
レッドワンワン
ペーパーマリオRPG』・『スーパーペーパーマリオ』に登場。真っ赤なワンワン。『ペーパーマリオRPG』では通常のワンワンより弱いが、『スーパーペーパーマリオ』では通常のワンワンより強い。「ものしり」によると赤いのは塗装によるものらしく、誰かに赤ペンキを塗られたとも、返り血で赤くなったとも様々に言われているらしい。
ヘルワンワン
『スーパーペーパーマリオ』に登場。赤・青・黄の3匹1セットでワンワン。地獄に相当する死後の世界「アンダーランド」の出口に配された番犬で、ギリシア神話ケルベロスがモデルとなっている。戦闘がコマンド式のターン制で行われ、3匹全てを倒すと勝利になる。元のケルベロスと同様に、音楽を聴くとすぐ眠ってしまうという弱点を持つ。
ワンマー
マリオ&ルイージRPG』に登場。ワンマーブロスが持つ小型のワンワン。ハンマー投げの様な攻撃をしてくる。
ギャンギャン
マリオ&ルイージRPG2』に登場。ワンワンに似た中型のキャラ。ゲドンコ姫がバトル中に召喚するワンワンに酷似した地球外生命体。ゲドンコ星人特有の毒々しい紫色をしており、噛み付きで攻撃する。
ゲラワンワン
マリオ&ルイージRPG3!!!』に登場。ゲラコビッツに操られており、頭についているゲラコビッツ顔の物体がなくなることで、正気に戻る。

登場作品[編集]

他のゲームへのゲスト出演[編集]

ケルビン
ゼルダの伝説 神々のトライフォース』に登場。名前は違うが、基本的な性質はマリオシリーズと同じ。どんな攻撃でも倒すことのできない無敵キャラ。
ワンワン
ゼルダの伝説 夢をみる島』に登場。基本的な性質は『マリオシリーズ』と同じ。ただし、「敵キャラは何でも食べられる」、「鎖を持つ者の命令に従う」という設定が追加されている。また、リメイク版の『夢をみる島DX』ではワンワンと一緒に写真を撮ることができる。
キャンキャン
『ゼルダの伝説 夢をみる島』に登場。小型のワンワン。襲ってはこない。オシャレするのが好きらしい。
ワンワン
ゼルダの伝説 4つの剣』に登場。通信プレイモードにおいて、めったに出現しないレアアイテムとして出現。アイテムとして持ち歩く事ができ、他プレイヤーを自動で攻撃してルピー(お金・スコア)をばら撒かせる事ができる。