第5師団 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第5師団
Hiroshima Chindai Headquarters.JPG
明治期の広島鎮台
創設 1888年(明治21年)5月14日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
自動車化歩兵及び上陸戦(1940~))
人員 約25,000名
所在地 広島-満州-北支-南支-マレー-インドネシア
編成地 広島
通称号/略称
補充担任 広島師管区
最終上級単位 第2軍
最終位置 インドネシア セラム島
主な戦歴 日清戦争-日露戦争-満州事変-シベリア出兵-支那事変-太平洋戦争
テンプレートを表示
1930年頃(昭和初頭)の廣島市の地図。第5師団は地図上の中央やや上の広島城内にあり、周辺も含めて日本軍の施設が集中した。
(左・被爆前、右・被爆後)被爆前後の広島城本丸周辺。広島鎮台(上写真)は本丸中央に置かれ後に第5師団司令部となり、日清戦争勃発後広島大本営となった。大本営設置後は本丸内の左下3つ並ぶ建物が司令部となり、戦中は中国軍管区司令部。 (左・被爆前、右・被爆後)被爆前後の広島城本丸周辺。広島鎮台(上写真)は本丸中央に置かれ後に第5師団司令部となり、日清戦争勃発後広島大本営となった。大本営設置後は本丸内の左下3つ並ぶ建物が司令部となり、戦中は中国軍管区司令部。
(左・被爆前、右・被爆後)被爆前後の広島城本丸周辺。広島鎮台(上写真)は本丸中央に置かれ後に第5師団司令部となり、日清戦争勃発後広島大本営となった。大本営設置後は本丸内の左下3つ並ぶ建物が司令部となり、戦中は中国軍管区司令部。

第5師団(だいごしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。

1873年明治6年)に設置された広島鎮台を母体に1888年(明治21年)5月14日に編成された。島根広島山口出身の兵隊で編成され衛戍地広島とする師団である。

なおマレー作戦後の1942年昭和17年)にフィリピン攻略の増援として、歩兵第9旅団司令部及び歩兵第41連隊基幹の河村支隊を編成、その後歩兵第41連隊(福山)は、堀井富太郎少将指揮の南海支隊に編入され、第5師団は三単位師団に改編された。

概要[編集]

明治・大正期[編集]

1894年(明治27年)7月の日清戦争では他の師団に先駆けて大島義昌少将指揮の大島旅団を編成し派遣した。大島旅団は京城南方で国軍と交戦した。この戦闘は僅か1日で決着がつき日本軍の勝利であったが、これは明治維新以後初めて日本軍隊が外国軍と交戦したものである。旅団はこの後平壌攻略戦鴨緑江渡河作戦牛荘の戦いに参加した。

北清事変では義和団鎮圧に出動し、8か国連合軍の中核となった。日露戦争では沙河会戦奉天会戦に参加し、1911年(明治44年)から2年間、満州駐剳を命ぜられ、同年4月30日に師団司令部は遼陽へ移転し5月1日より事務を開始[1]1913年(大正2年)4月19日、師団司令部が帰還した[2]1919年大正8年)にはシベリア出兵に参加し、同年8月24日に全部がシベリアに到着[3]

大陸戦線[編集]

1937年(昭和12年)支那事変が勃発すると、7月27日には支那駐屯軍隷下となり華北に出動、8月31日に支那駐屯軍が廃止され北支那方面軍が新設されると北支那方面軍直轄師団となりチャハル作戦太原攻略戦に参戦した。1938年(昭和13年)3月30日に第2軍に編入され徐州会戦を、同年9月19日には第21軍に編入され華南に転じ広東作戦を戦い、11月29日に第12軍隷下となり華北に戻る。さらに翌1939年(昭和14年)10月16日にはふたたび華南の第21軍隷下となった。

1940年(昭和15年)2月9日には第21軍の廃止後に新設された第22軍に編入され、北部仏印進駐を担当した。

太平洋戦線[編集]

太平洋戦争開戦前の1940年(昭和15年)10月12日に大本営直轄となった。第5飛行集団とともに九州での上陸作戦演習に参加するなどの上陸訓練の後、1941年(昭和16年)11月6日山下奉文中将率いる第25軍に編入、南方作戦に投入された。そして、12月8日の開戦とともにイギリス領マラヤに向けタイ領のシンゴラとバタニから上陸し、翌1942年(昭和17年)1月11日にはクアラルンプール占領、さらにシンガポール攻略の主力となった。

1942年3月に隷下の歩兵第41連隊がフィリピン方面の掃討作戦に回され、7月にはそのまま南海支隊への増援としてニューギニアの戦いに投入された。同連隊はその後に第30師団隷下に移ったため、第5師団は3単位師団に変わった。

1943年(昭和18年)1月に師団は第19軍隷下となるが、1945年(昭和20年)2月28日に第19軍は廃止、第2軍隷下となった。大戦後半は地上戦に参加する機会はなく、島嶼防衛用の海洋編制師団への改編途上、セラム島終戦を迎えた。終戦直前には、部隊移動に病院船を使用した戦争犯罪が発覚して拿捕され、1500人以上の将兵がアメリカ軍の捕虜となる橘丸事件を起こしている。師団長の山田清一中将と参謀長の浜島厳郎大佐は、8月15日敗戦の報に接すると橘丸事件の責任を取って自決した。

歴代師団長[編集]

  • 野津道貫 中将:1888年(明治21年)5月14日 - 1894年(明治27年)11月29日
  • 奥保鞏 中将:1894年(明治27年)11月29日 - 1896年(明治29年)10月14日
  • 山口素臣 中将:1896年(明治29年)10月14日 - 1904年(明治37年)3月17日
  • 上田有沢 中将:1904年(明治37年)3月17日 - 1904年(明治37年)11月2日
  • 木越安綱 中将:1904年(明治37年)11月2日 - 1909年(明治42年)9月3日
  • 大谷喜久蔵 中将:1909年(明治42年)9月3日 - 1915年(大正4年)5月24日
  • 小原伝 中将:1915年(大正4年)5月24日 - 1917年(大正6年)8月6日
  • 福田雅太郎 中将:1917年(大正6年)8月6日 - 1918年(大正7年)10月10日
  • 山田隆一 中将:1918年(大正7年)10月10日 - 1919年(大正8年)3月8日
  • 鈴木荘六 中将:1919年(大正8年)3月18日 - 1921年(大正10年)6月15日
  • 山田陸槌 中将:1921年(大正10年)6月15日 - 1923年(大正12年)8月6日
  • 岸本鹿太郎 中将:1923年(大正12年)8月6日 - 1926年(大正15年)7月28日
  • 牧達之 中将:1926年(大正15年)7月28日 - 1928年(昭和3年)8月10日
  • 原口初太郎 中将:1928年(昭和3年)8月10日 - 1930年(昭和5年)8月1日
  • 寺内寿一 中将:1930年(昭和5年)8月1日 - 1932年(昭和7年)1月9日
  • 二宮治重 中将:1932年(昭和7年)1月9日 - 1934年(昭和9年)3月5日
  • 小磯國昭 中将:1934年(昭和9年)3月5日 - 1935年(昭和10年)12月2日
  • 林桂 中将:1935年(昭和10年)12月2日 - 1937年(昭和12年)3月1日
  • 板垣征四郎 中将:1937年(昭和12年)3月1日 - 1938年(昭和13年)5月25日
  • 安藤利吉 中将:1938年(昭和13年)5月25日 - 1938年(昭和13年)11月9日
  • 今村均 中将:1938年(昭和13年)11月9日 - 1940年(昭和15年)3月9日
  • 中村明人 中将:1940年(昭和15年)3月9日 - 1940年(昭和15年)10月15日
  • 松井太久郎 中将:1940年(昭和15年)10月15日 - 1942年(昭和17年)5月11日
  • 山本務 中将:1942年(昭和17年)5月11日 - 1944年(昭和19年)10月2日
  • 山田清一 中将:1944年(昭和19年)10月2日 - 1945年(昭和20年)8月15日
  • 小堀金城 少将(師団長代理):1945年(昭和20年)8月15日

最終所属部隊[編集]

  • 歩兵第11連隊(広島):佐々木五三大佐
  • 歩兵第21連隊(浜田):佐々木慶雄大佐
  • 歩兵第42連隊(山口):吉川章大佐
  • 野砲兵第5連隊:中平峯吉大佐
  • 捜索第5連隊:藤村信吉大佐
  • 工兵第5連隊:後藤之敏中佐
  • 輜重兵第5連隊:上木隆之大佐
  • 第5師団通信隊:後藤好夫大尉
  • 第5師団兵器勤務隊:守田晟大尉
  • 第5師団衛生隊:寺松芳松少佐
  • 第5師団第2野戦病院:呉羽新次軍医少佐
  • 第5師団第4野戦病院:松下勲雄軍医中佐
  • 第5師団経理勤務隊

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8363号、明治44年5月11日。
  2. ^ 『官報』第220号、大正2年4月26日。
  3. ^ 『官報』第2121号、大正8年8月29日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]