第40師団 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第40師団
創設 1939年(昭和14年)6月30日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
所在地 中支-華南
編成地 善通寺
通称号/略称
補充担任 善通寺師管区
最終上級単位 支那派遣軍
最終位置 江西省 南昌
主な戦歴 日中-太平洋戦争
(大陸打通作戦)
テンプレートを表示

第40師団(だいよんじゅうしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。

沿革[編集]

盧溝橋事件華北から華中華南へと戦線が拡大し日中戦争が泥沼化するなかで、占領地の警備や治安維持を目的として1939年(昭和14年)6月30日に新設された歩兵三個連隊編制師団の一つであり、同時に第38師団第39師団第41師団が新設された。また同年2月7日には第32師団第33師団第34師団第35師団第36師団第37師団が新設された。

編成後、同年10月に第11軍指揮下に入り咸寧武昌方面の警備に当たる一方、1940年(昭和15年)5月からの宜昌作戦1941年(昭和16年)1月からの予南作戦、同年9月からの第一次長沙作戦第二次長沙作戦に参加した。

1942年(昭和17年)4月18日ドーリットル空襲があり、爆撃したB-25が中国に着陸したことをきっかけに浙贛作戦が実施されると、これにも参加した。1943年(昭和18年)2月には、江北殲滅作戦に参加。なお同年3月には山砲兵第40連隊を山砲兵第31連隊として第31師団に転用し、以後砲兵力を欠いての作戦遂行を強いられることとなった。

1944年(昭和19年)4月から大陸打通作戦に参加、湘桂作戦にて6月10日益陽を、7月9日金蘭寺を攻略した。粤漢作戦では、挺進隊が1945年(昭和20年)1月3日、師団主力が1月18日に行動を開始27日にはほぼ無傷で粤漢鉄道を確保することに成功、一時曲江に駐屯した。

その後更に南下し第23軍隷下華南広東に移駐、広東(マカオ近辺)に展開して連合軍の中国南部上陸に備えていたが、同年4月に連合軍が沖縄に上陸するなど戦局の変化により広東から上海方面に向け移動を開始、支那派遣軍直轄師団となり、まだ日本軍の支配地域であった南昌に入ったところで終戦を迎える(8月15日時点で南昌に到着していた部隊もあるが最後尾の部隊はまだ行軍中であった)。

終戦後は南京近郊に駐屯、1946年(昭和21年)5月上海から佐世保経由で復員する。

師団概要[編集]

歴代師団長[編集]

  • 天谷直次郎 中将:1939年(昭和14年)10月2日 - 1941年(昭和16年)8月25日
  • 青木成一 中将:1941年(昭和16年)8月25日 - 1944年(昭和19年)8月3日
  • 宮川清三 中将:1944年(昭和19年)8月3日 - 終戦

最終所属部隊[編集]

  • 歩兵第234連隊(丸亀):西川俊元大佐
  • 歩兵第235連隊(徳島):堀内勝身大佐
  • 歩兵第236連隊(高知):小柴俊男大佐(小柴昌俊の父)
  • 第40師団工兵隊:相徳定象少佐
  • 第40師団輜重隊:板橋勝少佐
  • 第40師団通信隊:高岡欽一少佐
  • 第40師団野戦病院:福田義美軍医少佐
  • 第40師団病馬廠:中山辰己獣医少佐

部隊歌[編集]

南国土佐を後にして(歩兵第236連隊の歌)
  • 作詞・作曲:不詳(女学生の慰問袋に入っていた歌とのこと)

南国土佐を後にして 中支へ来てから幾歳ぞ

思い出します故郷の友が 門出に歌ったよさこい節を
土佐の高知のはりまや橋で 坊さんかんざし買うをみた
よさこい よさこい

月の浜辺で焚き火をかこみ しばしの娯楽のひとときを
わたしも自慢の声張りあげて 歌うよ土佐のよさこい節を
みませ見せましょ浦戸をあけて 月の名所は桂浜
よさこい よさこい

国の父さん室戸の沖で 鯨釣ったと言うたより
わたしも負けずに励んだあとで 歌うよ土佐のよさこい節を
言うたちいかんちやおらんくの池にゃ 塩吹く魚が泳ぎよる

よさこい よさこい

戦後、「中支」を「都」に変え、1953年1954年頃に丘京子が、1955年に民謡歌手の鈴木三重子がレコードに吹き込んだ。そして1959年にはペギー葉山が歌い大ヒットした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]