第37師団 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第37師団 (日本軍)
創設 1939年(昭和14年)2月7日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
所在地 華北-華中-華南-仏印-タイ
編成地 熊本
通称号/略称 、大陸打通作戦時は
補充担任 熊本師管区
最終上級単位 第38軍
最終位置 タイ王国 ナコーンナーヨック県バーンナー
主な戦歴 日中戦争-太平洋戦争
テンプレートを表示

第37師団(だいさんじゅうななしだん)は、大日本帝国陸軍師団盧溝橋事件華北から華中華南へと戦線が拡大し日中戦争が泥沼化するなかで、占領地の警備や治安維持を目的として、1939年(昭和14年)2月7日に新設された三単位編制の治安師団の一つである[1]大陸打通作戦北京からバンコクまで踏破し、日本一歩いた軍隊と言われている[2]

沿革[編集]

編成後ただちに中国戦線に投入、華北第1軍戦闘序列に編入され八路軍の活動に対抗するため山西省晋南の警備に当たると同時に、ほかの治安師団と同様に1939年(昭和14年)夏以降に行われたさまざまな治安作戦に参加する。

太平洋戦争開戦後も第1軍隷下にあり山西省に駐屯していたが、1944年(昭和19年)3月31日第12軍戦闘序列に編入され大陸打通作戦に参戦、4月17日に戦闘が始まった第一段の京漢作戦においては4月23日河南省密県4月30日には許昌を占領する。続いて同年7月17日には第11軍戦闘序列に編入、第二段の湘桂作戦において9月29日湖南省宝慶を占領、11月24日広西省南寧に至り、12月10日には綏禄にて仏印方面から北上してきた第21師団の部隊と連絡し大陸打通を達成、12月19日印度支那駐屯軍戦闘序列に編入される。印度支那駐屯軍(同年12月20日第38軍に改称)隷下タイ王国ナコーンナーヨック県バーンナー近郊に駐屯して対イギリス戦に備えていたが、当地で終戦を迎え1946年(昭和21年)に復員した[3]

師団概要[編集]

歴代師団長[編集]

  • 平田健吉 中将:1939年(昭和14年)3月9日 - 1940年(昭和15年)8月1日
  • 安達二十三 中将:1940年(昭和15年)8月1日 - 1941年(昭和16年)10月15日
  • 長野祐一郎 中将:1941年(昭和16年)10月15日 - 1945年(昭和20年)4月7日
  • 佐藤賢了 中将:1945年(昭和20年)4月7日 - 終戦

最終所属部隊[編集]

  • 歩兵第225連隊(熊本):鎮目武治大佐
  • 歩兵第226連隊(都城):岡村文人大佐
  • 歩兵第227連隊(鹿児島):河合自一大佐
  • 山砲兵第37連隊:河野武夫中佐
  • 工兵第37連隊:遠藤秀人中佐
  • 輜重兵第37連隊:米岡三郎大佐
  • 第37師団通信隊:丸田憲治郎少佐
  • 第37師団第1野戦病院:陸哲之軍医少佐
  • 第37師団第2野戦病院:岩崎豊次軍医大尉
  • 第37師団第4野戦病院:阿部隣太郎獣医少佐
  • 第37師団防疫給水部:関三千夫軍医大尉
  • 第37師団病馬廠:阿部隣太郎獣医少佐

脚注[編集]

  1. ^ 同じく1939年(昭和14年)2月7日に第32第33第34第35第36師団が、同年6月30日には第38第39第40第41師団が新設された。
  2. ^ 隷下の歩兵第227連隊の中隊長として大陸打通作戦に参戦し、中国大陸から仏印・英領マレーを転戦、マレーで終戦を迎えた太田武男大尉の著書に『歴戦1万5000キロ―大陸縦断一号作戦従軍記』がある。
  3. ^ 戦後、ナコーンナーヨック県の駐屯地は、タイ王国陸軍のジュラジョームクラオ士官候補生学校に転用された。また、ナコーンナーヨック県のプランマニー寺慰霊碑奉賛会が納めた石碑がある。

関連項目[編集]