チュラチョームクラオ陸軍士官学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Chulachomklao Royal Military Academy
โรงเรียนนายร้อยพระจุลจอมเกล้า
CRMA Badge.jpg
Emblem of Chulachomklao Royal Military Academy
創立 August 5, 1887
学校種別 士官学校
学長 Lt.Gen.Porpol Maneerin
所在地 タイ王国ナコーンナーヨック県
ウェブサイト www.crma.ac.th
テンプレートを表示

チュラチョームクラオ陸軍士官学校タイ語表記 โรงเรียนนายร้อยพระจุลจอมเกล้า (รร.จปร).、英語表記: Chulachomklao Royal Military Academy、略称: CRMA)はタイ王国ナコーンナーヨック県ムアンナコーンナーヨック郡に位置する士官学校タイ王国陸軍の幹部や多くのタイの首相を輩出している。

概要[編集]

チュラチョームクラオ陸軍士官学校は、1887年8月5日ラーマ5世により創設された。創設当初、「王立陸軍士官学校」と呼ばれた。1948年1月1日に王立陸軍科学技術専門学校と合併し、創設者ラーマ5世の功績を称え、王の御名より「チュラチョームクラオ」と名づけられた。

学校のキャンパスはもともとバンコクサラーンロム宮殿(พระราชวังสราญรมย์)の一隅にあったが、1909年にラッチャーダムヌーンノーク通りに移転。さらに1986年7月10日にバンコク北140kmに位置するナコーンナーヨック県ムアンナコーンナーヨック郡の現キャンパスに移転。

教育[編集]

現在、タイ王国士官学校予科で2-3年間課程を修了した、男子学生にのみ入学を認めている。毎年、8名から10名の一年次優秀学生に奨学金を支給し、海外の士官学校へ留学させている。5年課程を修了すると、選択領域の学士号の学位が与えられ、タイ王国陸軍少尉の階級が与えられる。

学校の主な機関は、統括本部、士官候補生統括本部、教育部、軍事教練部、スポーツ教育部、サービス部、学校支援歩兵隊。

士官候補生の生活スケジュールは以下のようになる。05:30、起床し、身支度を整える。一時間の自習の後、朝食をとる。通常授業が08:00から15:00まで行われる。15:30から17:00まで軍事教練もしくは体育が行われる。夕食後後、19:00から21:00まで自学の時間となる。軍事訓練は二学期終了後の一月から始まる。それぞれ学年ごとに特別訓練があり、新入生は歩兵センターで訓練を行う。三年生になると航空機搭乗訓練があり、4年生はレンジャー訓練がある。

著名な卒業生[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]