下関条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日清講和条約
《马关条约》签字时的情景.jpg
調印の様子 向かって左に着席するのが
日本の伊藤全権、右が清国の李全権
通称・略称 下関条約
署名 1895年4月17日(赤間関市
効力発生 1895年5月8日
主な内容 日清戦争の講和条約
条文リンク 東京大学東洋文化研究所
ウィキソース原文
テンプレートを表示

下関条約(しものせき じょうやく)正式名称・日清講和条約(にっしん こうわじょうやく)は、1895年4月17日春帆楼(しゅんぱんろう)で締結された、日清戦争後の講和会議における条約である。

会議が開かれた山口県赤間関市(現下関市)の通称だった「馬関」[1]をとって、一般には馬関条約(ばかん じょうやく , 簡体字马关条约繁体字馬關條約ピン音:Mǎguān tiáoyuē)と呼ばれた。「下関条約」は、この「馬関条約」の言い換えであり[2][3]、もう一方の当事国である中国では、共産党時代の現在でも「馬関条約」という。

条約概説[編集]

1895年4月17日に調印された日清講和条約
1895年11月8日、三国干渉の結果、遼東還付条約に調印
  • 主な内容
    • 清国は朝鮮国が完全無欠なる独立自主の国であることを確認し、独立自主を損害するような朝鮮国から清国に対する貢・献上・典礼等は永遠に廃止する。(第一条)
    • 清国は遼東半島台湾澎湖諸島など付属諸島嶼の主権ならびに該地方にある城塁、兵器製造所及び官有物を永遠に日本に割与する。(第二条、第三条)
    • 清国は賠償金2億テール[4]を日本に支払う。(第四条)
    • 割与された土地の住人は自由に所有不動産を売却して居住地を選択することができ、条約批准2年後も割与地に住んでいる住人は日本の都合で日本国民と見なすことができる。(第五条)
    • 清国は沙市重慶蘇州杭州を日本に開放する。また清国は、日本に最恵国待遇を認める。(第六条)
    • 日本は3か月以内に清国領土内の日本軍を引き揚げる。(第七条)
    • 清国は日本軍による山東省威海衛の一時占領を認める。賠償金の支払いに不備があれば日本軍は引き揚げない。(第八条)
    • 清国にいる日本人俘虜を返還し、虐待もしくは処刑してはいけない。日本軍に協力した清国人にいかなる処刑もしてはいけないし、させてはいけない。(第九条)
    • 条約批准の日から戦闘を停止する。(第十条)
    • 条約は大日本国皇帝および大清国皇帝が批准し、批准は山東省芝罘で明治28年5月8日、すなわち光緒21年4月14日に交換される。(第十一条)
  • 調印
  • 影響

開港開市の規定などについては、英仏などの欧米列強は既に最恵国待遇を得ていたので、日本も同じ恩恵に与ることが出来た。

なお賠償金のテール(両)は、1テール=37.3gで2億両(746万kg相当)の銀払いだった。その後の三国干渉による遼東半島の代償の3000万両(111.9万kg)を上乗せして合計857.9万kg(現在価値(2011.4 日中銀取引相場価格)で銀1kgが12万円程度なので、1兆294億円前後。当時価格で日本の国家予算8000万円の4倍強の3億6000万円前後)以上の銀を日本は清国に対して3年分割で英ポンド金貨で支払わせた。日本はこれを財源として長年の悲願だった金本位制への復帰を遂げた。一方賠償金の支払いは清国にとって大きな負担になり、清国は更に弱体化した。

経過[編集]

講和会議の会場となった春帆楼

陸奥宗光が後に記した『蹇々録』によれば、交渉は以下のように進んだ。

1894年11月上旬から米、英、露が調停のための斡旋を開始する。しかし12月4日、伊藤博文内閣は「威海衛を衝き台湾を略すべき方略」を大本営に提出。実際に台湾を占領しなければ、世論に応え、台湾の譲与を和平条約の要件として盛り込むことはできないと確認した[6]

1895年1月31日、清国使節の張蔭桓邵友濂が講和のために広島に到着したが、陸奥宗光は翌2月1日の会談において、両者の持っている書簡は全権委任状ではなく、地位についても不十分なので、講和を結ぶことができないとした。伊藤博文は清国使節団の随員伍廷芳李鴻章恭親王を全権大使として求め、第一回の使節団は2月12日、長崎を離れ帰国した。

3月19日、全権大臣の李鴻章と甥の李経方が下関に到着。翌20日、全権委任状を持っていることをお互いに確認、同地の割烹旅館・春帆楼で講和会議が始まる。清側はまず休戦を求めるが、21日、日本側は徹底した譲歩を要求した条件提示したので休戦は先延ばしとなった。23日、日本側は歩兵一個旅団を台湾島西方の澎湖諸島に上陸させた。

24日、清国側は休戦よりも講和条約の締結を望み、条約の条項に他国の干渉を招くような項目を控えるように望んだ。この会談の帰途に李鴻章は小山豊太郎に襲われ負傷する。これによって各国の同情が清に集まることとなり、休戦の先延ばしが困難になる。

28日、日本側は休戦条約の草案を清側に提示するが、「台湾、澎湖列島およびその付近において交戦に従事する所の遠征軍を除く他」などという文面を清側が訂正を求める。日本側は「日清両帝国政府は盛京省、直隷省、山東省地方に在て下に記する所の條項に従ひ両国海陸軍の休戦を約す」という文面に変更し、30日に休戦定約が締結される。

4月1日、講和条約の草案を日本側が提示する。5日、清側は草案について以下のような修正を望む。(1) 朝鮮の独立については、清側だけでなく両国が認めるという形に訂正すること、(2) 割譲地は全面拒否、(3) 賠償金の大幅な減額、(4) 開港場所の見直し他

8日から、負傷した李鴻章に加えて李経方が欽差全権大臣として交渉の席につく。9日の清側による訂正案は、(1) 前回と同様、(2) 割譲地は奉天省内の安東県寛甸県鳳凰県岫巌州澎湖列島にとどめ、台湾を除くこと、(3) 賠償金は無利子の1億両他などが出された。

10日、陸奥は(1) 朝鮮については訂正を許さず、(2) 台湾は絶対の条件だということ、(3) 賠償金は2億両、(4) 新規開港の数は減らすなどの訂正案を提示し、これについて受諾かどうかのみを問うた。清側は (2) 台湾は武力で占領されたものではないので受け入れ不可、奉天省内も営口を除くこと、(3) さらなる賠償金の減額を求めた。11日にも清側はかさねて (2) 台湾の除外と (3) 賠償金のさらなる減額を求めたが、日本側はこれを退けた。

15日、割譲地の微細な変更や支払いの方法等の調整がなされ、17日に講和条約が結ばれた。

日清講和記念館[編集]

春帆楼に併設されている日清講和記念館

1937年、日清講和記念館が春帆楼の敷地内に設置された。館内には会議の様子が再現されている。

補注[編集]

  1. ^ 「赤間関」は「赤馬関」とも表記され、江戸時代の漢学者がこれを漢風に縮めて「馬関」としたもの。
  2. ^ 条約調印後に「馬関」(赤間関市)が「下関」(下関市)になっても、「馬関海峡」が「関門海峡」になっても、この「馬関条約」の名称は長らく使われ続けた。「下関条約」という言い換えが完全に定着するのは、戦後になってからのことである。
  3. ^ 明治時代に作られた鉄道唱歌の第二集(山陽九州編)にも「世界にその名いと高き 馬關條約結びたる 春帆樓の跡とひて 昔しのぶもおもしろや」との歌詞で登場している。
  4. ^ (現在価値[いつ?]で銀1kgが12万円程度なので、8950億円前後。当時価格で日本の国家予算8000万円の4倍強[疑問点 ]の3億6000万円前後)
  5. ^ 崔 基鎬『韓国 堕落の2000年史』 ISBN 4-396-31407-8
  6. ^ 当時、海軍では台湾全島を望む上で遼東半島は朝鮮に任せてもよいという意見が主流であり、逆に陸軍では最も血を流した遼東半島は無論のこと山東省も希望していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]