第201師団 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第201師団
創設 1945年(昭和20年)4月2日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
人員 約20,000名
所在地 東京
編成地 東京
通称号/略称 武蔵
補充担任 東京師管区
最終上級単位 第36軍
最終位置 東京府 国立
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示

第201師団(だいにひゃくいちしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。

太平洋戦争の末期、1945年昭和20年)1月20日帝国陸海軍作戦計画大綱が策定された結果、本土決戦に備えるべく急造が決定した54個師団の一つであり、本土決戦第二次兵備として、1945年(昭和20年)4月2日に編成された8個の機動打撃師団の一つである。

沿革[編集]

第201師団は、1945年(昭和20年)4月2日東京で編成、第36軍戦闘序列に編入、東京府国立に在って連合国軍の関東上陸作戦に備えていたが、連合国軍の関東上陸は無く当地で終戦を迎えた。

師団概要[編集]

歴代師団長[編集]

最終所属部隊[編集]

  • 歩兵第501連隊(東京):染谷満蔵大佐
  • 歩兵第502連隊(甲府):山下誠一中佐
  • 歩兵第503連隊(佐倉):岩瀬武司中佐
  • 野砲兵第216連隊:勝沼静中佐
  • 迫撃第216連隊:塩田一中佐
  • 第201師団速射砲隊:浜田春生少佐
  • 第201師団機関砲隊:梶井勝美大尉
  • 第201師団工兵隊:高木博少佐
  • 第201師団輜重隊:福瀬悦夫少佐
  • 第201師団通信隊:高橋俊夫大尉
  • 第201師団兵器勤務隊:
  • 第201師団第4野戦病院:

関連項目[編集]