第106師団 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第106師団
創設 1938年(昭和13年)5月15日
廃止 1940年(昭和15年)4月
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
人員 約22,000名
所在地 熊本-華中-華南
編成地 熊本
通称号/略称 無し
補充担任 第六師管区
最終上級単位 南支那方面軍
最終位置 熊本
主な戦歴 日中戦争
テンプレートを表示

第106師団(だいひゃくろくしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。

沿革[編集]

日中戦争が拡大の一途をたどっている時期に編成された特設師団の一つ。1938年(昭和13年)5月15日に留守第6師団の担当で編成された。

編成後、ただちに中支那派遣軍戦闘序列に編入され華中に出動、現地での応急訓練後新設の第11軍戦闘序列に編入され武漢作戦に参戦した。しかし作戦地域が山岳地帯であったため輓馬砲兵の前進をはばまれ悪戦苦闘した。9月20日徳安周辺の攻撃に砲兵火力抜きで出動し中国軍に包囲され壊滅の危機に直面、参謀の成富政一中佐が戦死。師団首脳部からも戦死者を出す事態となる。第27師団第101師団の救援、攻勢で最悪の事態は免れる。

その後、1939年(昭和14年)3月20日南昌作戦緒戦の修水河渡河作戦では、第101師団とともに野戦重砲兵第6旅団など約250門の大砲兵部隊の配属を受けて戦い、敵を圧倒し面目を新たにした。南昌作戦の後本土に帰還する予定であったが華南戦線に派遣されることになり、12月20日第21軍の指揮下に入って汕頭方面での掃討作戦に参加した。この作戦を最後に1940年(昭和15年)3月9日復員、4月に廃止された。

師団概要[編集]

  • 上級部隊:中支那派遣軍 - 第11軍 - 第21軍 ※1940年(昭和15年)2月9日第21軍は廃止、新設の南支那方面軍隷下となる

師団編制[編集]

  • 師団全体:人員21902、馬匹5879
  • 師団司令部:人員340、馬匹165、乗用車2、側車自動車2
  • 歩兵旅団(2個):人員7103×2、馬匹874×2
  • 騎兵連隊:人員451、馬匹431
  • 野砲兵連隊:人員1922、馬匹1508、野砲36
  • 工兵連隊:人員672、馬匹99
  • 師団通信隊:人員246、馬匹45(有線3個小隊、無線1個小隊)
  • 輜重兵連隊:人員1898、馬匹1451
  • 師団衛生隊:人員1095、馬匹128
  • 師団野戦病院:人員951、馬匹304(第1~第3:236人75頭、第4:243人79頭)
  • 師団兵器勤務隊:四輪起動小型乗用車1、自動貨車8、武器修理車1組、軽修理自動車1組

歴代師団長[編集]

  • 松浦淳六郎 中将:1938年(昭和13年)5月16日 - 1939年(昭和14年)5月19日
  • 中井良太郎 中将:1939年(昭和14年)5月19日 - 1940年(昭和15年)3月9日

所属部隊[編集]

  • 歩兵第111旅団
  • 歩兵第136旅団
    • 歩兵第123連隊(鹿児島)
    • 歩兵第145連隊(大分)
  • 騎兵第106連隊
  • 野砲兵第106連隊
  • 工兵第106連隊
  • 輜重兵第106連隊
  • 師団通信隊

関連項目[編集]